しょうこ先生の日々。

埼玉県草加市のピアノ教師です。内容はその日その日の心を動かした数々を、思ったままに書きつづっていきます。

2016年11月

「伝達術」

100人近い生徒たちと迎える年末。
大切な連絡を、すべての生徒と保護者に、確実に伝えるためにはどうしたらいいか?



クリスマスコンサートのこと
       ↓
合同練習のそれぞれの日程連絡

*2箇所で行う「施設訪問コンサート」のこと

年末・年始のレッスンのこと

*すでに・1月の「お弾き初め」のこと



など・・・・・
私だって、頭の中が混乱しまくりそうな、大変な事態!!(ぎゃ~


そして・・・・学年によって。とか、クリスマスコンサートに出る子?出ない子?とか、
施設訪問コンサートも、参加?不参加?どっちの施設に行くの?とか

1人1人、伝えなくてはいけないことが、微妙に違う
週に1回のレッスン時間内、貴重な時間の中で、
『的確』に伝えるためには・・・・?



もちろん・・・まずは『手紙類』の準備。

20161130_070447 (550x309)


わかりやすいように・・・・
フォントや、字の大きさ、色など・・・

1つの手紙で、要点を10秒で伝えられることができれば大成功!




大切な事を言う時は・・・・

「今日は、大切な事を『3つ!』言うのでよく聞いてね!」

と、初めに、聴く側に「からっぽの引き出しをつたえたいだけ用意してもらう」
(もちろん、いくつでもいいけれど、「5つ」は多い。「10こ」では聞く気が起きなくなるよ。数が多ければ、また伝えるための『間』の取り方など、コツが必要になってくるのだ)


そして・・・

スゥ~っと深呼吸をして、相手の目を見て、・・・

ニッコリ!  と笑う。


「1つ目はね・・・・『クリスマスコンサート』のこと・・・
合同練習がいよいよ始まるよ! 
(ここでも、結論を言う)

〇ちゃんの、練習日はね・・・この日と、この日。
・・どう?来られそうかな? 
(と、質問することで、ただ受け流して聞くのではなく、自分の頭で考えるようになる)」

「うんと・・・この日は、くもんがあるけど、そのまま来ると間に合うと思う!」

「オッケー!じゃ、、この日に合同練習~ってことは、今月中に、自分の練習完璧~!って目標は、達成できている? ・・・・・ドキッ!・・と緊張の瞬間だけど、責めているわけではない。あと少しだけ余裕の時間があるときに言っているので大丈夫(^_-)-☆)」



自分が、「できそう!」「たのしそう!」と感じることは、人は受け入れてくれるもの



レッスン時間のたった3分くらいでも、多くのことをしっかりと伝達するには、コツが要るのです。



➀「手紙」の準備
    ↓
②「今日は〇つ、大切な事を言うから、よく聞いてね」
    ↓
③目を見て、笑顔で、確認しながら話を進めていく
    ↓
④「できそう!」「たのしそう!」「わかる!」の積み重ね
    ↓
⑤「なにかわからないことあったら、今、聞いてね!」
 (といっても、「質問」は出てこないもの)
    ↓
⑥「今日言った、大切な「〇つ」ってなんだっけ?」と確認する。




気持ち、切り替えて・・・・


「じゃっレッスンだー!!!」


さっさと事務連絡はおしまいにする。








そう言ってもね・・・

人は忘れちゃう動物だから、伝わらないことだってある。




当たり前のことだから・・・・人は責めない。

「自分の伝え方って、へったくそーーーーーーって思おう!


また言わなくちゃいけないのーーーー!って時間がもったいない気がしたって・・・・

死にゃしないよ(^_-)-☆あははは~





さて・・・

11月も、今日でおしまいです。


明日からの「師走」
悔いなく過ごせるように・・・
今日は頭の中でシュミレーションしよう!

みなさまも、お体に気をつけてね!

こっちもよろしく!
  ↓

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

後藤ミカ『新しいくつと青い空』レクチャーコンサートのお知らせ


20161124_223623 (550x309) (550x309)

友人である後藤ミカさんが、
この度、オリジナルの曲のみの「こどものためのピアノ曲集」を出版されましたよ~。

タイトルは『新しいくつと青い空』

今日は、ミカさんの地元、福岡で「祝賀会」も開かれたそうです。
15271514_1142802092494132_630094947_o (412x550)

15224699_1142802065827468_1134215179_o (550x412)

ミカさん・・・・・本当におめでとうございます!!!!



私も、今日は、この曲集を開き、1曲ずつじっくりと・・すべて弾いてみました。

気に入った曲に付箋を付けて・・・・





すると・・・





やだ。





全部の曲に付箋がついてしまう。・・・思わず笑ってしまった





ミカさんの曲は、嬉しいように予想を裏切ってくれるんだ。

どんな短い曲にも、演奏者がドラマを感じさせることができる。

決して押し付けがましくなく、ミカさんしか作れない曲風だけど、

どんな人にもやさしい。




そんなミカさんの曲が大好きです。




さて・・・・

早速ですが・・・・



この『笑夢(M)ホール』にて、このミカさんの曲集のレクチャーコンサートを行うことになりましたよ!!

日時・・平成29年 2月22日(水)にゃんにゃんにゃんの日(^_-)-☆)
     10時~12時半
受講料・・5000円(ランチ会参加無料<参加・不参加はお知らせください>)

<参加資格>
この『新しいくつと青い空』の楽譜を、それぞれ手にしていただき、全曲弾いて来られる方。
(きっとどの曲も気に入ることと思いますが・・・別に、「突然弾いて!」とは言いませんのでご安心くださいね)

自分にピッタリくる曲に出会った方で、「演奏希望の方」を募集します(先着10人)
是非、このレクチャーコンサートで、演奏者として参加してください。
この曲を自分で弾くとき、また、生徒たちに指導するときのポイントを、直接ミカ先生にお聞きできるチャンスですよ。


来年のことですが、それまでにこの曲たちと仲良くなってね!!


後半には「1音」の連弾もあり、導入の生徒にも使えますし、
本当に・・本当に・・ワクワクする曲集です!


お申し込みは、こちらまで!(お早めにどうぞ~!)
  ↓
 chocorinn-pianoschool@zpost.plala.or.jp

『件名』に「2017年2月22日 後藤ミカ レクチャーコンサート参加希望」
『内容』に
➀なまえ
②ご住所
③お電話番号
④「演奏希望」の有無(曲名は後日で大丈夫です)
⑤ランチ会参加の有無
⑥一言メッセージ

でお申し込みください。
定員になり次第、締め切ります。


『笑夢(M)ホール』でお会いできることを楽しみにしています。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

私を作ってくれた人たち

20161126_222742 (550x309)

先週末の事・・・素敵な集まりがありました。

このメンバーは、「ママ友」ではあるのだけど、
とってもとっても大切な人たちです。


それは・・・

今の私を作ってくれた人たちだからです。



すべて、私の息子の友達のママたち。
息子が幼稚園の年長の時に、

「ますこさんって、ピアノ弾けるんでしょ?
うちの子供に教えてくれないかしら?」



そう、私に声をかけてくれた人たち。
1人を除いて、あとの全員、私の生徒のママになってくれた人たちなのです。



今は、子供たちも社会人になったり、また大学院でさらに学び続けていたり・・
そんな状況報告をしながら、ずっと笑いとおしゃべりが止まらなかった。




「いろんなこと・・・あったよね・・・・」



そんなこと言いながらも、20年ずっと仲良くいてくれて、





ありがとう!






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

か・ん・ど・う!!『アジグルライヴ~<秋の章>』

素晴らしすぎた!!!
『アジグルライヴ【秋の章】』

1480258844333 (550x309)




『笑夢(M)ホール』の椅子が、足りなくなるほどのお客様・・・
ギュウギュウ詰めで、息苦しくなかったでしょうか?
後ろの方は、見えたでしょうか?

お土産や進行など、ご満足頂けたでしょうか?


主催する側としては、お客様の表情を時々拝見しながら進めていました。
でも、みなさん・・・ニッコニコ笑いながら聴いて、見て、参加してくださいました。


ありがとうございます。

20161127_111510 (550x309)

20161127_114254 (550x309)

20161127_140156 (550x309)

20161127_140210 (550x309)

20161127_140224 (550x309)


私としては、主催者としての客観的な進行を全く忘れるほど、
今回のアジグルライヴは、特に感動しました。


開催して・・・・・本当に!!!!よかった!!!
1480230275330 (550x309)


アジグルのお2人の演奏は、大好き。

ピアノの砂川彩乃さんの演奏は、キレッキレで・・カッコ良すぎる!

作曲も、アレンジもご自分でやるので、まさに、彩乃さんから吹き出てくるようなエネルギーを間近で受け取ることのできる感動!!!


そして、辻本好美さんは、先月メジャーデビューをされて、テレビ・ラジオ・ライブ活動に大忙しの中、愛くるしい笑顔で、また来てくださった。
でも、尺八を演奏される時の好美さんは、ガラッと変わり、まるで人の声のように尺八を奏でる。
むせび泣くような音、覚悟を決めたような意思のある音、人の心にス~っと入って優しさに包まれる音、
そして、このアジグルのテーマである『日本の美』の情景が、目の前に広がっていくような音楽・・・


トークも楽しい!
20161127_163117 (550x309)

1480230597295 (550x309)

1480231961378 (550x309)

1480231902821 (550x309)

1480233853259 (550x309)


こんなふうに、感動をなんとか文字にしようとしてもしきれないよ!




もう1つ、今回の目玉は・・・・

中野マサアキさんの朗読とアジグルの演奏のコラボ
『オツベルと象』
1480234092547 (550x309)

1480234085771 (550x309)


素っ晴らしすぎて、失神しそうでした!

これは3月に東京で上演され、私がそれを見て、どうしてももう1回観たい!と、彩乃さんと相談して実現できたものです。

味のある俳優さんとして活躍している中野マサアキさんのスケジュールをお聞きして、この<秋の章>に来ていただける事になった時の、興奮・・・




マサアキさんの朗読が始まります。
内容や言葉が少し難しい部分もあり、小さなお客様にはわかるかな?と、心配していましたが、
目の前で繰り広げられる「朗読」と「ピアノ」と「尺八」の<生の舞台>に、会場の全員の目と耳が釘付けになりました。

マサアキさんの一言一言は、私たちの心の中で映像化されていきます。
あえて、「オツベルと象」の絵本の絵は見せないところが、私たちのイメージを膨らませていくんです。

後半・・仲間の象が助けに来る場面では、息をするのも忘れる程でした。



あ~~~~~~~

やっぱり、文章で、その白熱した様子をお伝えするのは難しすぎます。


そのあとの抽選会では、3人のサイン入りの『オツベルと象』の絵本と、アジグルのCDがプレゼントされました。

1480235894238 (550x309)

1480235841782 (550x309)

1480235930381 (550x309)

1480235935818 (550x309)

でもね・・・
やっぱり・・・


足を運んで、<生>に触れることは、「生きている意味」を感じさせるほど、心を動かすものだと実感したのでした。

思い切って、生のライヴやコンサートに出かけてみてくださいね。



いよいよ来年4月2日(日)は、
『アジグルライヴ【春の章】』
20161128_060014 (309x550)

このシリーズの企画の最終回です。

2019年 4月2日(日) 16時から~
場所・・『笑夢(M)ホール』(東武スカイツリーライン松原団地駅下車徒歩12分)
チケット代・・大人4000円子供3000円



この日は、たぶん・・・私の家の前の桜が満開になっていることと思います。

すでにチケットのお申し込みはどんどん来ていますので、お申し込みはお早めに!
  ↓
 chocorinn-pianoschool@zpost.plala.or.jp

件名に「アジグルライヴ春の章」チケット希望
内容に
➀おなまえ
②ご住所
③お電話番号
④チケットの枚数(大人?子供?)
⑤一言メッセージ


ご連絡お待ちしています!




それと、あと2点。

今回の、中野マサアキさんとアジグルのコラボ
「オツベルと象」を、是非多くの人に聴いて欲しい!と思います。

またどこかで公演の機会があれば、やっていただけるそうですよ。
もしも企画されたい方は、ご本人たちにでも、私にでもご連絡くださいね。
ご紹介させていただきます。


最後に・・・
ピアノの砂川彩乃さんが音楽を担当、そして中野マサアキさんも出演される舞台が来月行われます。

『青い十字架』
場所・・中目黒キンケロ・シアター
日程・・12月7日~11日

20161127_211313 (309x550)

こちらも・・おすすめの舞台です!!


あ~~~本当に充実の1日だったなぁ~~
幸せいっぱいです。

お客様全員に・・とチクチク巾着を縫ってくれた母も聴きに来てくれました。
20161127_140129 (550x309)

1480241611121 (550x309)




それと・・事務連絡です~

お忘れ物が1つありました。
お心当たりの方は、ご連絡下さいませ!
20161127_182636 (550x309)



さて・・今週はいよいよ12月。
体調に気をつけて頑張っていきましょう~(^_-)-☆


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ムジカノーヴァと歩いてきた18年間

私がピアノ教室をはじめた18年前。


今まで、まったくピアノを教えたことがなく

指導法も・・・
教材も・・・
何一つわからなかった時に、

私を支えてくれたのが・・・「ムジカノーヴァ」という音楽情報誌だった。



今のように「セミナー」なんてないし、
あっても、とっても専門的な楽曲分析の講座や
とにかく、私にとってはとてつもなく大きな壁の前でウロウロしながら自信をなくすことばかり

誰かに、何かを教えて欲しくても、何を聞いていいのかもわからない

「こんなこと聞いたら、きっと呆れられちゃう・・・

そう思うと、誰にも聞けない。


今、振り返ると、
「わからないことがあったら、なんでも聞いてね!と、今では私も口にしてしまうけれど

質問すらできない自分が悲しくて、悲しくて・・・情けなくて


そんな時に、1人でこっそりと、何度も何度もこのムジカノーヴァを読み返し、
いつも、次の号が出るのを楽しみにしていた。
18年間、定期購読したムジカノーヴァは、全部、今でも棚にある。

単純にかけ算しても、18年かける12ヶ月=216冊!20160303_083505 (550x309)

20160303_083456 (550x309)

昔は、サイズもB5サイズで字も細かくて、
でも、私にとっては「師」とも言える雑誌だった。

ムジカノーヴァから勇気をもらい、
1歩1歩外に足を向けていった

いろいろな指導法も、今まで知らなかったピアニストのことも
教育家のことも・・・すべて、スタートはこの本だったように思う。

少しずつ、「セミナー」というものに(ドキドキしながら出かけて行き、
恥ずかしくて、情けなくても「質問」ができるようになった

思い切って自分をさらけ出してみたら
「私も同じ気持ちよ!と、分かり合える仲間も増えてきた。

初めは、「ピアノ教育」という、未知の世界に、自分を合わせていかなければいけないんだと、無理をして、背伸びをして、また落ち込み、疲れていた

でも、ムジカノーヴァから大村典子先生藤原亜津子先生のような、「教育者」のお考えを読ませていただいているうちに、もともと「教育者」からのスタートだった私も、自分が歩いてきた道を生かしたピアノ指導を考えていってもいいんだ・・・という気持ちになってきた。

1人で本を読みながら、
1人で、そこに登場する素晴らしい先生方に感謝の気持ちになっていった。
大先生方は、私のことは知らないのだけれど、本気で尊敬する先生方を追っかけてセミナーに足を運び、声をかけさせていただいた。

いつか、こんな素敵な先生になりたいと思っていた。

その後、ピアノランドの樹原涼子先生のもとで10年以上学ばせていただき
「音楽」の本当の意味を教えていただいた。

ほかの教材についても、シリーズになっているものは何年もかけて勉強に行った。


「知る」ことは楽しい。

「知らないこと」があるのは、恥ずかしいことじゃない。


今だって、知らないことだらけだけど、それがウキウキするきっかけにもなることがわかる。



ピアノ教師を始めて10年目に、ムジカノーヴァのどこかのページの隅っこにちっちゃく書かれてあった一言。

『レッスンアイディア募集』・・・・・

このちっちゃな文字が、今の私を作った。

「うん。そうだ!私が取り組んだ10年をまとめてみよう~~っと

別に何かに採用されたい、とか、掲載されたいとか思ったわけではなく、
ただ、まとめるきっかけとして、その「文字」が私を動かした。

まとめて・・・送って・・・
そのまま、なにも変わらない半年が過ぎた頃・・

ムジカノーヴァの方から、「特集記事を書いてください」
・・という依頼が来たのが2010年

その次の年に、巻末ドリルのコーナーで「音楽のタイムトラベル」という連載を半年受け持つようになった。

少しでもムジカノーヴァに出ている先生のようになりたくて、ホームページを作ったりブログを書いたり・・
そのうちにセミナー依頼、出版・・・という形になっていく。


自分では、いつもビックリの展開なんだけれど
やってみると、実は自分が行きたかった方向に進んでいることが実感している。


すべて・・スタートはこのムジカノーヴァから。


その後、ちょくちょくこの本に記事を書かせていただいたり、取材していただいたり・・と仲良くさせていただいている。


そして・・・今日の本題~パート1!

今月12月号では、「発表会特集」として、巻頭5ページに渡って、私の教室の「サマーコンサート」の記事を掲載していただいています。

とっても素敵に記事にしてくれているので、ご興味があれば、是非見てね!


今回は、他にも、後藤ミカさんの、「カノンコードでのアレンジ術」や、ほかの先生方の記事も、とっても面白いですよ!!
20161123_222511 (550x309)

20161123_220940 (550x309)

20161123_220945 (550x309)

20161123_220954 (550x309)

20161123_221006 (550x309)

20161123_221210 (550x309)

20161123_221226 (550x309)

20161123_221233 (550x309)

20161123_221242 (550x309)





そして・・・もう1点、お知らせです。


来年から2年と少し・・・『連載』が決定しました。



内容は、
私が『笑夢(M)ホール』で行っているホームセミナーをベースに
<教室運営>についてと<レッスン実践>について、その後<各イベント>のテーマ。

『プロ意識を持ったピアノ指導者になろう!』です。



大学を卒業して、ピアノを教え始めた途端に、私たちは「プロ」として仕事をしなくてはいけない。
でも、18年前の私のように、誰に?何を?聞いたらいいのかわからなくて困っている先生はたくさんいるのではないかしら?

迷って、落ち込みながらでも、生徒はやってくる。

先生方が、1日も早く、胸を張って「プロ意識」を持った指導者になって欲しい。
そのお役に立てるような連載は始まります。


この連載は、今までホームセミナーや全国各地でお会いした先生方からのご意見やご質問、悩みなどをまとめていきますので、私だけでは経験できないことや、客観的な情報も加味して書いていきたいと思っています。

発売は(たぶん)12月20日から・・

私の記事だけでなく、ムジカノーヴァはとっても勉強のきっかけを作ってくれる情報誌なので、定期購読がおすすめです~♪


少しずつ寒くなってきました。
お体に気をつけてね!


こっちもよろしく♥
  ↓

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

しょうこ先生

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC