しょうこ先生の日々。

埼玉県草加市のピアノ教師です。内容はその日その日の心を動かした数々を、思ったままに書きつづっていきます。

2017年02月

音楽の価値って・・・・

今週もいろいろなイベントがありました。

「後藤ミカさんのレクチャーコンサート」や
今日の「レッスン実践編」セミナー・・・


この2つの取り組みも、とても心に残るもので・・
これについては、また明日ゆっくり書こうかと思います。



今、書きたいのは・・・・

「音楽の価値ってなんだろう?」ということです。





今日の夕方、人と会って話し込んでしまった事。

その方は、ピアニスト兼ピアノ指導者です。

どんなことでも、腹を割って話せる昔からの友人です。



2人でビールと梅酒を飲みながら、熱く熱く「音楽談義」に花を咲かせていた。

私は、ピアノ指導が本業なので、生徒たちに音楽の素晴らしさをピアノを通して伝えることが仕事。

この仕事は私の生きがいであり、こんな素晴らしい仕事はない!と思っている。


「そうだよね・・・・」「そうだよね・・・・」
「音楽~~いいよね」
「伝えたいよね~」
「うんうん・・・うんうん・・・」

子供たちに、音楽っていいよね!をいかに伝えていくか??
そんな話をしている私たちは、まるで夢見る子供のように
きっと顔を紅潮させて、話が止まらない状態だったと思う。

楽しいな・・・・


「音楽」によって、世界の人の心が潤ったり、
「音楽のキャッチボール」で、人と人がつながっていったり、

生まれた時から、当たり前に耳に入るお母さんの子守唄や世の中に流れている音楽。
その音楽に助けられたり、励まされたり・・・
当たり前すぎて、まるで空気のように感じていても、
常に私たちの周りには音楽があるし、
もしもそれがなくなったら・・・・・

死んじゃうかも知れないよね。
きっとね。




でも・・・そんな弾むような話をしているうちに・・・


・・・・・実はね・・・・・って・・・

私たちの「理想」がそのまま社会に受けいられているわけではない話になっていく。




音楽家は、世の中にゴマンといる。
音楽家になりたくて、音大に行っても・・・・・

認められ、求められるのは、ほんの・・・ほんの・・ひと握り。


「求められる」というのは、
・・・はっきり言うと、

「お金を払って聴きたい」と思われる音楽家という意味。



本当に優秀な若い(若くなくても)音楽家の演奏の場があまりにも少ない、ということ。


「演奏の場をあげるから・・・・ボランティアで演奏してね」と言われる。

1日、拘束されても・・・・ギャラが・・・・3000円・・・とかの世界もある。


また、個人でリサイタルを開こうと思っても、チケットは売れず、
知人に頼み込んで買ってもらう。
・・・・赤字・・・・


それでも、音楽家たちは演奏の場があることを生きがいにする。
演奏の場がなければ、いいものを伝えることができないから。


受け取る人がいて、
「いいね!」と言ってくれるためには、どんな状況でも聴いてもらう場がないと始まらない。


無理無理、来てもらって、聴いてもらっても
演奏中にふゎ~~とあくびをして聞いてくれない事もある。



話題性のあるアーティストだったら、大きなホールでも完売ということもあるかもしれないが、
その「話題性」が、必ずしも、音楽性や演奏力だけではない場合も多い。

イケメンだったり(笑)
どこかのメディアで取り上げられたり
今までのイメージを変えた斬新な音楽を提供したり

それが悪いわけじゃない。
人に音楽へ近づく1歩を提示してくれるのだから、すごいことだと思う。

・・・でも、地味で優秀な音楽家たちは、結局、細々と自分の演奏の場所を作っていくしかないて。




本当は・・・・・そうじゃない。


そうじゃないと思うんだ。




生まれた時から当たり前に音楽がそばにあるからといって、
その価値を忘れていいわけじゃない。

テレビで流れてくる(気がつかない程度の)BGMだって、
作っている人もいれば、それを選んでいる人もいる。

この場面には、この「音楽」を。と選ばれているから、
切ない場面では、心から切なくなるし
希望に溢れる場面では、勇気をもらえるわけです。

パチンコ屋さんの勇ましい音楽が、もしも、エリーゼのためにだったら、やる気も出ないだろうし、
逆に、高級レストランで軍艦マーチもありえない。

ということは・・・
音楽の力に助けられて、私たちは心を動かして生きているってことじゃないのかな?





当たり前に流れてくる音楽も、実は当たり前じゃなくて

その音楽の意味を知れば、もっともっと音楽を大切に扱うようにはならないのだろうか?と思うのです。




「ボランティアで」・???
「演奏の場をあげましょうか?」???
「音楽にお金を払うのですか?」???



どうしてそんなことが言えるのでしょう?



「音楽なくても死にゃしないし・・・」
いやいや・・・死んじゃうかもしれないよ。
100人中100人が死ぬことはないまでも、多くの人が苦しくなるかもしれないよ。




音楽を勉強して、音楽を奏でられる人って・・・・すごくないですか?
自分との戦いで、自分の音楽に打ちのめされながらも
それでも音楽と一緒に歩いてきた音楽家たちがいるから、私たちは幸せでいられるんだと。



音楽家たちが、のびのび演奏でき・・・・

それが求められる世の中にしたいです。




そのために、私ができることは・・・小さいけれど・・・

聴衆を育てること。




今まで当たり前に見える「音楽」を、もっと紐解いていって
「なになに???音楽って面白いじゃん!」
「聴きに行こうよっ!!」
「今度の人はどんな演奏するのかなぁ~?」
「あ~~~この曲~~~好きなんだ~~~~生で聴けて幸せだ~」


「今度、ここで演奏して下さい」と言われるように職業として、「音楽家」の活動する場所の底上げをしていきたい。




演奏の場がたくさんあって、
そこに足を運ぶ人がたくさんいて
演奏者と聴衆が、音楽という言語でキャッチボールをする。



いろいろな場所で、いろいろな音楽が求められて
「今日は、こんな気持ちだから、この音楽聴きに行こう!」
「うんうん・・・明日は、こんな音楽・・・聴きに行かない?」



生の演奏を聴きに行ったら、
いっぱいプレゼントをもらえることがわかれば、きっと・・・行くよね。



音楽家たちも、あと1歩、聴衆の気持ちに近づいて行ければ

きっと・・・・

少しずつ・・・・

音楽文化の価値が輝くのではないか??って思うのだけど。




難しいよね~~~~って言っているだけじゃ、変わらない。





クラシック音楽や、伝統的な音楽の演奏家たちは
その世界の中で生きてきているから
たとえばポップスやロック・現代音楽に眉をひそめるかもしれないけど

でも、
そこをなんとか・・・・・

「音楽」って何?と考えると、
『伝統』を守り続けることだけじゃなくて、
今、生きている人の心をどう動かすか?ってことではないのかな?



もっと、音楽を聴きに行きましょう!

絶対に楽しいし、

きっと知れば知るほど、楽しくなるから。






音楽家たちの永遠のテーマだから、
簡単に一言ではすまないけれど・・・・・




もっと、音楽を大切にして欲しいし、愛してね。



音楽・・・・聴きに行こうよ!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

2月22日(にゃんにゃんにゃん)

今日(2月22日)は、後藤ミカ先生のレクチャーの日です~
20170110_104520 (550x309)

にゃんにゃんにゃん!!!(222)



みかんも「にゃんにゃんにゃん~」と、ミカ先生を応援しています!

20170221_212615 (550x309)


ミカ先生は、ちょっと声が出にくいので
参加される皆さんは、耳を澄ませて、ミカ先生の言葉を聞き逃さないようにね!

20170211_173541 (309x550)




初めてお会いする方もたくさん来てくださるので、とても嬉しいです。


みなさま、気をつけてお越し下さい。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

「名前」で声をかけること

みんな1つずつ持っている「名前」

お母さん、お父さん、・・もしかしたら・・
おじいちゃん・おばあちゃんが・・・・

きっと・・何日も何日もかけて考えた「名前」



私の名前は「祥子」で・・「祥」は「めでたい」なんだって~

ふ~ん・・だから、こんな「おめでたい奴になっているわけだ・・


我が子も考えたよ・・
「和磨」(かずま)・・・「和」を「磨く」・・人と人のつながりを大切に。人と人の絆を大切に出来る人に。
「有里」(ゆうり)・・・「人の心のふる里」になれるような、人を包み込むような女性になって欲しいと。
「貫志」(かんじ)・・・字のごとく「志」を「貫く」強さを持って欲しいと。



同じように・・・
誰でも、その名前には誰かの愛が加わり、願いが込められ
大切に付けられた名前に違いない。




最近・・・・特に、意識していることは・・・・

生徒たちとの会話の中に「名前」を多く入れて話すこと。



〇〇ちゃん、こんにちは~~!!!」

〇〇ちゃん~よく頑張ったね~~!」

〇〇ちゃん~~さようなら!また来週待っているよ!!」



名前を呼ぶということは、
その人を大切に想うことだと思うんだ。






これはね・・・実は・・・・

今私が通っている「健康体操」(カーブス)のスタッフに
毎回声をかけていただいて、
本当に嬉しく感じることがわかったから。



しょーーーこさーーーーん!!こんにちはーーーー!!」

しょーーーーこさんーーーー!!いいかんじ!ばっちりですねーー!」

しょーーーこさーーん!!おつかれさまーーー!!」

しょーーーこさーーーーん!!またあした!
・・・おまちしていますーーー!!」




・・・・この「カーブス」には・・・なんと!400人通ってきているそうだけど
名札なんて付けていないのに、全員の名前を覚えて声をかけてくれるスタッフさん。

素晴らしすぎる!!


「みんな・・覚えているんですか???」と聞くと
「もっちろんです~~~~!!」と元気に答えてくださった。





そういえば・・・・以前・・・逆の気持ちも感じたことを思い出した。



長く通っていた教室の先生は、
いつになっても私のことを
「あなた」と呼ぶ。


先生は私の名前を覚えていないんだ・・・・と悲しかったっけ



そう。
「あなた」は悲しすぎる。


誰でも「あなた」
誰でもいい。
そんな印象を受けたことを思い出した。





だから・・・
生徒たちには名前で呼ぶ。
いっぱいいっぱい名前を呼ぶ。




でも、気をつけていることは、
本人がどう呼ばれたいか?ということ。


たとえば「花子」さんという子がいたとしたら(実在しませんが・・)
「はなちゃん」がいいのか?
「花子ちゃん」がしっくりくるのか?
「はーちゃん!」と呼ばれたいのか?
また、呼ばれたくない言い方もあると思うので

「みんな何て呼んでいるの?『はーちゃん」?・・
じゃ、先生もこれからそう呼んでもいい?」って聞く。


私も「先生」だけより「しょうこ先生」と呼ばれると、より嬉しいもの。




そして・・・・

相手の名前を呼べば呼ぶほど・・・・
その子、その人を大切に感じる気がする。





最近は、とてもよく似た名前もあるし
同じ名前でも漢字が違うと、意味も違うし、
少しだけ、頭を使わないと覚えられない時もあるけれど(笑)


大切な生徒たちの名前を
今日も大きな声で呼ぼうと思っています。


そして、生徒が帰るときには

「〇ちゃん~~また来週!!待っているよ!
と・・・・・声をかけることも忘れずに!







ところで・・・・


昨日のこと・・・


主人と映画を観に行った・・・・





遅ればせながら「君の名は」






最後に・・・・・

大切な人なのに、どうしてもどうしても名前を思い出せなくて・・・




切ないね






私たち夫婦も・・・・
もう少ししたら・・・・・



「君の名は?」って、お互いわからなくなっちゃうのかな?
この映画を見て(『にんちしょう・・・・』という)現実に置き換えてみている、微妙な年齢の夫婦でした(^_-)-☆





今日もめでたい気持ちで(!)頑張りましょう!(^_-)-☆

こっちもよろしくね。
  ↓



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

3月~6月までのセミナーのお知らせ

3月~6月までのセミナーをまとめてお知らせします。


<出張セミナー>

①3月9日(木)10時半~12時半

テーマ『生徒がやめない!ピアノ教室』

会場*島村楽器 二子玉川ライズショッピングセンター店

お申し込み*03-5797-5464

20170218_061819 (550x309)



②5月21日(日10時~12時

テーマ『生徒がやめない!ピアノ教室』

会場*北海道 江別市大麻えぽあホール研修室1号

お申し込み*090-2819-9019(信定千尋)
        FAX011-839-2381
20170218_140708 (550x309)


③6がつ5日(月)
テーマ・・未定


会場*宮地楽器小金井店

こちらは、まだチラシが出来上がっていないので、直接お店にお問い合わせください。




<単発ホームセミナー>


<平成28年度最終回>
3月16日(木)10時~12時半


テーマ『生徒がやめない!ピアノ教室』

会場*ますこぴあの教室『笑夢(M)ホール』




このテーマでは、今まで何10回も出張セミナーでお話してきましたが
また、ホームセミナーで行うことは、いろいろな資料なども全てお見せすることができるのでいいかな?と思います。

このテーマではいつも『弾丸トーク』になりますが(笑)
その後のアンケートで<特に印象に残ったところ>が多数書かれた所について、詳しくお話します。

それは・・・

ウオーミングアップレッスンの効果に驚きました

レッスンノートの使い方を具体的に知ることができてよかったです

発表会の実例を沢山見ることができてよかったです

ポイントレッスンをテンポよく取り組むやり方がよくわかりました

イベントについての可能性を知れてよかったです

10年続ける意味がよくわかって、保護者に説明できるような気がします

やる気の見られない生徒への対処に光が見えてきました。

・・・その他・・・
参加申し込みされた方からの直接のご質問や不安を解決できるように、頑張ります!


お申し込みは、こちらまで
     ↓
 chocorinn-pianoschool@zpost.plala.or.jp



<平成29年度第1回>
4月20日(木)10時~12時半

テーマ『生徒募集と体験レッスン』

会場*ますこぴあの教室『笑夢(M)ホール』


お申し込みは、こちらまで
     ↓
 chocorinn-pianoschool@zpost.plala.or.jp


<平成29年度第2回>
5月18日(木)10時~12時半

テーマ『レッスンノート活用術』

会場*ますこぴあの教室『笑夢(M)ホール』


お申し込みは、こちらまで
     ↓
 chocorinn-pianoschool@zpost.plala.or.jp


<平成29年度第3回>
6月15日(木)10時~12時半

テーマ『発表会についてpart1 プログラミング~当日までの準備』

会場*ますこぴあの教室『笑夢(M)ホール』


お申し込みは、こちらまで
     ↓
 chocorinn-pianoschool@zpost.plala.or.jp


<平成29年度第4回>
7月20日(木)10時~12時半

テーマ『発表会についてpaet2 選曲と成功に導くポイント』

会場*ますこぴあの教室『笑夢(M)ホール』


お申し込みは、こちらまで
     ↓
 chocorinn-pianoschool@zpost.plala.or.jp




何度もご紹介してきましたが・・・・

『継続ホームセミナー第4期生』も、4月からスタートします。



教室を、より素敵にするために、いろいろな角度から丁寧に考える
『教室運営編』では・・・

*生徒募集
*管理体制
*コミュニケーションについて
*レッスン内容と時間配分
*年間行事計画
*発表会やイベントを成功させるために
*プロとしての心構え
*家庭・子育てとの両立・時間術



・・・など・・・・
1人で抱えて、なかなか人に相談することができない問題について学びます。


『レッスン実践編』では・・・

*体験レッスンの実例
*指導案の書き方
*レッスンカルテ
*ウォーミングアップレッスン
*カウンセリングレッスン
*月別ポイントレッスン
*グループレッスン
*調べ学習の効果
*ソルフェージュレッスン
*教材について


・・・・など・・・
受講生の体験談なども大きな力になります。



実際に、継続ホームセミナーを受講された方々のお教室が、みるみる活気づいていらっしゃるのがびっくりです。

これは・・・
この場所で、自分を見つめ直し、丁寧にピアノ教育に取り組まれている成果だと思います。

みなさんが、それぞれの状況の中で、「自分らしい教室作り」を考えていて、それを認め合い、高め合う仲間の存在が素晴らしいと感じます。


生徒数も、びっくりするほど増えていらっしゃる方が多いです。
*年間30人増えた方
*片手の中に入るくらいの生徒数だったのが、2倍、3倍、4倍になった方・・
*毎月体験レッスンのお問い合わせが入るようになり、お待ちいただく状態になった方・・



街の中で、求められる素敵なお教室に、どんどん変化していく様子は眩しいです。


私が思うのは・・・

「生徒が増えればいい」のではなくて・・・・

「ピアノって素敵!」を伝えてくれる教室が増えること。

子供たちや保護者が、ピアノで笑顔になる教室・・・

ずっと辞めないで、ピアノが家族のようになる教室。




きっと街の人たちは、ちゃんと見ていらっしゃるので、
その先生の取り組む姿を見て、お問い合わせされているのだと思います。



私は・・・「集客」という言葉は嫌いです。

「多く集まればいい」とも
「生徒さんも辞めなければいい」、とも思っていません。



本当に「音楽の素晴らしさ」を伝えられる教室が増えて
素敵な先生のもとで、長くピアノを愛していける生徒さんを育てていくことが・・・



セミナーを行っている本当の目標です。



また、新年度は新年度のメンバーでのスタートです。

よかったら一緒に勉強し合いませんか?


ご連絡お待ちしています








ちなみに・・・初級編が終わると、『中級編』そして『上級編』と続いていきます。
(こちらは、もちろん任意で進んでいくコースです)





にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

もっともっとピアノを大好きになって欲しくて!

今月の「調べ学習」のテーマは・・・


ずばり!!!


『ピアノ』!!!



自分たちが大好きなピアノ!

毎日弾いているピアノ!



優しい気持ちの時はやさしい音を出してくれるピアノ!

怖い音も、不安な音も、勇気の出る音も・・・・



自分の気持ちを表してくれるピアノ!






楽譜通りに、鍵盤を押すと音が鳴るから楽しいんじゃない。

それだけじゃない・・・ってことを、レッスンで伝えたいの。




だから・・・


もっともっと、ピアノを好きになって欲しいし・・・
興味を持って欲しいと思う。



それって、なかなか自分から湧き出ることは少ないし、

はじめ、「大好きなピアノが、
そのうちに「練習しなくてはいけないものに変わるのは

ピアノ指導者として、こんなに悲しいことはない。



「大好きだからピアノを弾く!

「もっと、ピアノのことを知りたい!って思うために、

きっかけを作るのも私たちの仕事じゃないかな?って思うのです。





でも・・・


「調べてきなさいね!きっと楽しいから~」で、生徒が喜んで動くとは考えられないから・・・




私たちも、調べるよ!(^_-)-☆



ピアノの歴史、

各メーカーのピアノの特徴、

調べていくと、面白いことがいっぱいだ!!

20170216_213744 (309x550)

20170216_213751 (550x309)

20170216_213756 (550x309)

20170216_213801 (550x309)

20170216_213808 (550x309)

20170216_213812 (550x309)

20170216_213819 (550x309)


生徒たちが調べてきてくれたレポートと、
私たちが調べたものを、

壁いっぱいに貼って・・・・・
20170216_213826 (309x550)



もっとピアノ大好きになろう~~!!




春休みには、恒例!
浜松楽器博物館ツアーに新幹線に乗って出かけます。

(これは昨年の写真)
20160330_094702 (550x309)

20160330_104039 (309x550)

20160330_104107 (550x309)

20160330_104117 (309x550)

20160330_104135 (550x309)

20160330_105034 (550x309)

20160330_105045 (550x309)

20160330_105054 (309x550)

本当に楽しい楽器博物館。
いつもは「民族楽器コーナー」で大盛り上がりだけど、
今年は、もっと鍵盤楽器コーナーで
学びます!!!!!


私たちも、ワクワクです。

こんな本もオススメです!
51tzC+kUigL__SX356_BO1,204,203,200_ (358x499)
    ↓
ビジュアルで楽しむ~ピアノの世界


51J9ejE-+8L__SX352_BO1,204,203,200_ (354x499)
   ↓
ピアノの歴史

51WxhEWj4WL__SX350_BO1,204,203,200_ (352x499)
   ↓
世界のピアノ名曲




知らないことを知るって素敵だ!・・・と教えていきたい。

生徒と一緒に、ピアノの世界に浸りたい!!




本当はね・・・・・

私も、1人で調べるのが大変なので~
生徒たちに協力して!って言っているのでした~





そして、私の今年の「ピアノ熱」はまだまだ収まらず・・・

こんなのにも申し込んじゃいました!!

ピティナ主催のセミナー2つ。
直接調律師さんのお話が聞けます。

よかったら一緒に勉強しませんか?
    ↓

「ピアノ指導者のためのピアノの構造&調律体験セミナー」

「今さら聞けないピアノのこと」




では、今日も長いブログを読んでくださってありがとうございました~


また明日ね!(^_-)-☆
  ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

しょうこ先生

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC