しょうこ先生の日々。

埼玉県草加市のピアノ教師です。内容はその日その日の心を動かした数々を、思ったままに書きつづっていきます。

2018年01月

池田奈生子さん『虹色&花色パレット』レクチャーコンサートのお誘い

みなさま・・ただいま!です。
無事帰還いたしました。

そこで・・・
ゆっくりしていなさい~~~~~と言っても、やっぱりできないので(笑)
皆様に、素敵なお知らせをプレゼントしますね!


昨年末に「虹色パレット」の楽譜を出版された、私が大好きな作曲家池田奈生子さんが、2月15日に第2弾!「花色パレット」を発売されます。

そこでそこで・・・・
やっぱり!!!と思われるでしょうが・・・

『笑夢(M)ホール』に札幌からお越しいただき、レクチャーコンサート&公開レッスンを行うことになりました!(やった!)

27073180_2049964851952375_7470993479580451793_n[1]

新曲書下ろしです!

日時2018年4月22日(日) 

10時~12時 「花色パレット」「虹色パレット」レクチャーコンサート

12時~13時 懇親会&ランチ会

13時半~15時半 公開レッスン聴講

    *聴講は自由です。


参加費 5000円(ランチ付き)

会場 ますこぴあの教室『笑夢(M)ホール』
    東武スカイツリーライン獨協大学前下車 徒歩12分
   
    埼玉県草加市中根2-11-41
    048-935-6850



お申込み。お問い合わせは下記まで
    ↓
 chocorinn-pianoschool@zpost.plala.or.jp

『件名』に4月22日「池田奈生子レクチャーコンサート&公開レッスン」

『内容』に
①お名前
②ご住所・お電話番号
③ランチ会の参加有無
④一言メッセージ

を添えてお申し込みください。

お早目にね!!



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

大切な時間~病室の窓辺にて

大量放射線治療のため、昨日入院し、たった4粒のカプセルに詰まった放射線に祈りを込めて飲み込みました。

他人への被爆予防のため、重たい扉の完全個室です。

窓がひとつ。
そこからは、アップル社のショールーム内が良く見えます。
場所が表参道ですから、おしゃれな若者が溢れんばかりに店内でiPadやiPhoneを自分に合ったものを探そうと集まってきています。

普段、家からほとんど出ない私にとって、ぼーっと人間観察して、また、自分の生き方など考える時間は、申し訳ないくらい贅沢な時です。

そして、
たぶん、
今と、これからの私にとって必要な時間だと、神様がおっしゃっているような気がしています。

入院のために揃えて持ってきた本は15冊も。
小説を読んでみたかったけれど、そこまでの集中力を持てる自信がなかったので、興味のあるエッセイ集、インテリアの本、ディズニーの魔法の本やら、断捨離の本など。

もっと、普段の暮らしや仕事が潤って、周りの人も心地良い空間を作りたいな…

そんな本が多くて、一日で、すでに4冊読みました。

すると、
帰ったら、こうしたいな!ああしたいな!みんな喜ぶかな?

こんなこと考えていると、ちょっぴり気持ち悪くてもあっという間に時間が過ぎていきます。

時間がなくなると視野が狭くなるでしょ?
普段だって意識していけばいいものを、私もすぐに目の前の事に没頭しちゃって、視野が狭い狭い!

だから、強制的にでも独房に入ったことに、別の意味で感謝です。


病気については、たくさんのかたに心配していただいて、素直な気持ちで、ありがとう!と思っています。
私は、小さな時から「20歳までは生きられないかも」とか「失明するかも」とか、お医者様に脅されても、この通り60歳近くなるまで、たぶん人一倍元気なのは、家族や大切な友人たちがいるからなんだよね。
だから。ありがとう。

わたしだって、もっと、みんなが幸せになること、がんばっていくからね!


居心地の良い場所。
魅力ある人になれるように。


そういえば、ここの病院の看護師さんも、かわいくて!感じの良い方ばかり!
思わず、食器を下げに来てくださった、かわいい看護師さんに「本当に笑顔が素敵!ありがとう!」って声をかけてしまった私。
えっ???って、びっくりされてから、お顔くしゃくしゃに笑って部屋を出ていきました。

あとすこし、素敵なことをいっぱい考えて過ごそうと思っています。

また、雪が降るかもという予報ですが、心は春を感じられるような、すてきな一日をお過ごしくださいね!

4月からの継続ホームセミナー『教室運営編』『レッスン実践編』募集

今日は、平成29年度継続ホームセミナー『レッスン実践編』8回目
テーマは<ソルフェージュレッスン>についてでした。

毎回みなさん本当に熱心に(そして明るく!!)参加されています。


そもそも・・・



「ソルフェージュ」って何?

というお話から。


中には、すぐに「聴音」を思い浮かべる方もいれば
「新曲視唱(視奏)」?{楽典の事?」「読譜力?」・・・


そう言われてみれば、自分で思い込んで使っている言葉を、もしも意味が違っていたら?




私が調べてみると(広辞苑、Wikipedia他)
「ソルフェージュとはフランス語で、『音楽の基礎教育の総称』」という事が書いてあるのですが・・・

そこそこ!その「音楽の基礎」のために、は具体的には???
となるのです。



要するに~~全部!


音楽的に自立するために、先ほども書いたように

①『読譜力』
②『聴音』
③『新曲視唱・視奏』
④楽典
⑤歴史などの背景も
⑥和声、コード

などなど・・・

全部大切なことも分かっている物ばかり。


でもね・・・・
私たち指導者が、常に意識しないと力がついていかない部分も多いのです。


私がおススメの、呉暁先生の「リズムとソルフェージュ」シリーズを使っても、

やり方1つで、
*楽曲分析
*音程間感覚
*調性
*和声感
*リズム感
*初見力など・・・力を付けていけるけれど、
ただ順番に取り組んだだけだと、ただ「やっただけ」で終わることだってあるよ。

と、、、
またまた2時間、熱く熱く語ってしまった私です(笑)

模擬レッスンも行いました!

20180126_121124

20180126_121746

20180126_122614



継続セミナーは、レッスンで、教室運営で、やっぱり大切なことばかりです。
じっくりと、自分のやり方を振り返り、
私のやり方を押し付けることはしません。

1つの提案として、私が身をもって本当に実感したことだけお話し、
そこで、みなさんお意見が加わっていく、素晴らしい時間が毎回作られていきます。

メンバーが違えば、方向も変わるし、
他でいろいろな勉強をされてきている方も多いので、とても参考になります。
私も毎回、唸るほど勉強させて頂いています。


さぁ!4月から、また新しいクラスを開講します。

私にとっては、ちょっと気合いの入った年です!

初回のクラスの卒業生がこの3月に初めてでて、すべてのカリキュラムが実践され、
次に続く『中級編』なども安定して開講決定となりました。


先日から、この新しいクラスの募集で、少しずつメンバーも集まってきています。
きっとその年に合った仲間が集まってきてくださるのだと、楽しみにご連絡をお待ちしているところです。


詳細をお知らせしますので、ご興味のある方は、ご連絡をお待ちしています。


<継続ホームセミナー>の概要

『教室運営編』では「街の人に愛されるピアノ教室」を目指し、毎回のテーマに沿って、いろいろな角度から子自身の教室を振り返り、考え、実行してみます。
このコースに参加された方は、ほとんどの方が生徒数が大きく増加されています。


『レッスン実践編』では、「生徒たちの可能性をピアノレッスンにより効果的に引き出すためにはどうしたらよいか?」を皆さんと一緒に学びあい、高め合っていくセミナーです。各回2~3人ずつ『模擬レッスン』も行いながら、実践力を見についていきます。
このセミナーに参加された方の声を聞くと「毎回のレッスンがとても楽しくなった」「生徒が明るくなってやる気になった」などと言う声を聞かせて頂いています。

単発セミナーとは違い1つ1つコツコツと積み上げていく事ができご自身の軸が作られていきます。
大切なことは、自分のペース!という事です。

1年間は長いかもしれませんが、新しいお教室を作り上げる気持ちで、一緒に頑張っていきましょう。






『教室運営編』(第2木曜日)10時~12時30分

受講費、各回4500円

【第1回】(4月12日)
<オリエンテーション~街のピアノ教室の可能性>
 ①ピアノ教室の役割と可能性
 ②長く続ける意味
 ③ピアノ教師としての『覚悟』は?
 ④自分が目指す方向について考えてみよう

【第2回】(5月10日)
<5つの管理体制について>
 ①経営者としての大切な管理
  (人・物・金銭・情報・時間)

【第3回】(6月14日)
<生徒募集と事前準備>
 ①募集の方法と効果
 ②連絡があったときの注意点
 ③『体験レッスン』

【第4回】(7月12日
<コミュニケーションについて>
 ①生徒とのコミュニケーション
 ②保護者とのコミュニケーション
 ③地域とのコミュニケーション
 ④家族とのコミュニケーション

 (8月はお休み)

【第5回】(9月13日)
<魅力って何だろう?>
 ①魅力を見つけよう!
 ②音楽の魅力
 ③先生(教室)の魅力

【第6回】(10月11日)
<年間行事計画について>
 ①教室のイベントの可能性
 ②外にも目を向けよう!
 ③ますこぴあの教室の年間行事計画

【第7回】(11月8日)
<発表会の可能性>
 ①教室の集大成
 ②運営上の注意点
 ③すべての人を笑顔につる工夫

【第8回】(平成31年1月10日)
<プロとしての心構え>
 ①愚痴は言わない
 ②「仕事」ということ
 ③人のため・自分のため

【第9回】(2月14日)
<家庭との両立・時間術>
 ①女性の対t場~輝く女性になるために
 ②時間貯金をしよう
 ③夢に向かって・・手帳術

【第10回】(3月14日)
<求められる教室になろう>
 ①ピアノ教室に求められることは?
 ②これからの課題
 ③修了式~修了コンサート


『レッスン実践編』(第4木曜日)
受講費4500円

【第1回】(4月26日)
<オリエンテーション~レッスンで内を伝えるのか?育てるのか?>
 ①レッスンを行う時の準備(心構え・教材・教具・環境・・)
 ②レッスン時間をどう組み立てていくか?
 ③自分が目指す方向について考えてみよう

【第2回】(5月24日)
<生徒募集と体験レッスンの実例>
 ①『体験レッスン』の目的と実例
 ②準備と指導案

【第3回】(6月28日)
<指導案とレッスンカルテ>
 ①個人記録(レッスンカルテ)
 ②「指導案」の作り方とその効果

 (7月はお休み)

【第4回】(8月23日)
<ウォーミングアップレッスン>
 ①「受け身」から「能動的」なスタートに変える
 ②やる気スイッチをどう入れるか?
 ③「自立」から得られる力

【第5回】(9月27日)
<カウンセリングレッスン>
 ①誰のためのレッスンか?
 ②生徒の心の声を聞く
 ③問題意識を持つこと・達成感

【第6回】(10月25日)
<月別ポイントレッスン>
 ①レッスンの中で、どう取り入れていくか?
 ②押さえるポイントは?
 ③ワクワク取り組むコツ

【第7回】(11月22日)
<グループレッスンの可能性と調べ学習>
 ①みんなと一緒だから効果が上がる
 ②いろいろな角度から音楽をとらえるために
 ③実体験が大きなカギ

 (12月はお休み)

【第8回】(平成31年1月24日)

<ソルフェージュレッスン>
 ①ソルフェージュって何?
 ②『読譜力』『聴音』『楽典』『音楽史』『コード』・・などをレッスンの中でどう取り入れるか?

【第9回】(2月28日)
<教材について>
 ①どのような教材を使うか?
 ②『メソッド』『テクニック』『楽曲』・・
 ③教材に振り回されないために・・

【第10回】(3月28日)
<イベントとレッスンの折り合い>
 ①発表会までのレッスン
 ②まとめ・質問
 ③修了式・修了コンサート



*両テーマ受講の場合は1000引き(8000円)になります。


お問合せ、お申し込みは下記まで。
    ↓
 chocorinn-pianoschool@zpost.plala.or.jp

『件名』に「平成31年度継続ホームセミナー申し込み」

『内容』
①お名前
②希望コース名
③ご住所・お電話番号
④一言メッセージ


ご連絡をお待ちしています!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

「お別れの時」がやってくる~その時・・・

そろそろ今年度の締めくくりと、来年度に向けての準備に入る時期になってきましたね。
(少し、気が早いかな?)


今の時期、塾などは2月から新学年のスケジュールで動き始めるところが多いので、
「先生~2月から、レッスンの曜日と時間・・変更できないですか?」というご相談も数人から受けました。

もちろん、1年の途中であっても、いろいろなご事情に対して出来る限りのご相談に乗っています。
曜日の空きはほとんどないので、ご事情をお話して、個人的に交代していただくこともできて、ホッとしたり・・
それでも、「来たい!」と思ってくださる生徒たちに心から感謝です。



それで、「年度替わり」に、どうしても付き物なのが、とっても寂しい「お別れ」です。

まぁ・・「小学校に上がるので・・」という理由の方は、まずいない。
居たとしたら、これはレッスン自体に大きく反省すべきところがあるのかもしれませんね。
またはお引越しはご家庭の避けられない事情によるものかな?

でも、よく聞くところでは「中学受験のために塾が始まるから」「中学校(高校)に入るから」「就職するので」・・という理由が『年度替わり退会』の理由になるのでしょう。


どの理由も、納得できるもののように聞こえます。
・・・・・が・・・・・

冷静に考えてみると・・・
「何かと何かを比較して考えたり、優先順位を考えた結果の・・・・ピアノをやめる、の意思」という事です。
(が~~~~~ん!!!)


いかなる理由であっても、生徒とのお別れは、辛いですよね。
「あ~~~事前にご相談いただければ、通いやすくなる方法もご相談に乗れたのに・・・」
なんて思うかもしれません。
「急に『退会』だなんて・・・今まで一生懸命育ててきたのに残念。」と思うかもしれません。
「これからもっと素敵な時間を作ろうと思っていたのに・・・」としょぼんとする気持ちにも、当然なるでしょうね。

誰1人として、ピアノ指導者の方から「辞める決断されてよかったです」なんて思うわけない。


しかし、たとえ、「相談」と言う形で来られたとしても、
その前の時間で、ご家庭での話し合いがた~くさんあって、お話に来るときにはほぼ気持ちが固まっていることが多い。少しだけ迷っている時にはほとんど来られないので、気が付かなくて、いくら誠意をもってお話しても、手遅れになる事の方が多い。
(( ノД`)シクシク…)


私だったら・・・気持ちを固めて来られても、それでも「もう1度お話しませんか?」と言って、お互いの本音が言えるような状態を作ります。数%の可能性があれば、熱く熱く語ります。
そこでもう1度ワンクッション置いて(ちょっとしつこくて困っちゃうかな?)、更に考えていただくことで、結果がどちらになっても、お互いが納得出来る事。それが生徒にとっても大切なことだと思っているからです。
留まるにしても、今の状態では気持ちよくレッスンを受けることが難しいのであれば、歩み寄るし、もしも悲しい事に退会になったとしても、心からその後の生徒の幸せを願うことが出来るからです。



話は戻りますが・・・

『退会』されると・・・・・かなり落ち込みますよね。
「生徒がやめない!ピアノ教室」というタイトルの本が出ていても、
私の所だって、今まで辞められた生徒はたくさんいます。
だから、この時期になってくると、私だって気持ちはざわつきますし、
多くの教室の先生の気持ちがよ~~~くわかります。

1人だって辛いのに・・・・
一気に15人くらい辞められた教室のお話も聞きました。
とってもいい先生のお教室なのに・・・・
当然「悪徳」とか「インチキ」とか・・そんなことは全くなくても・・・・
なんだろう・・・「流れ」という・・よくわからない状況からそうなる時も、長く教室をやっている時には起こるのかもしれません。

辛いですよね・・・・
理由もわからずに、去られてしまったら・・・



でも・・「カムバックミー!!!!!」と叫んでみても、どうしようもないのです。



さぁ・・・その時・・・
その苦しい状態からどうしたらいいでしょうか?


「去る者は追わず」という先生もいました。
「いつまでも立ち直れない」という先生もいました。
「忘れる努力をする」
「何が良くなかったのだろう・・とずっと考える」


どれも、納得の気持ちです。
それが「割り切れない」という気持ちです。


その、普段感じない、苦しい気持ちは大きなエネルギーを持っています。
たしかに前向きになる「+のエネルギー」には見えません。
でもね・・「エネルギー」なんです。
今は、地中に深く深く突き刺さって、重力に逆らえない埋もれこむ「エネルギー」の方向かもしれないけれど、
これだけ心を動かす力を、次にどう使って行くのか?

そのまま、地中の奥の奥まで行ったら・・・?もしかしたら地球の裏側から芽を出すかもしれませんよ。!(^^)!
または、地中の中でそのエネルギーのたねが「時」を待って、次に降り注ぐ太陽や水によって(周りの人たちの温かい支えによって)動き出すことができたり、または、急に新しい発想が天から舞い降りて来て「復活~!」となるかもしれません。


いずれにしても・・・・
生きている以上、「このまま」ではないのです。


ショックなことはいっぱいあるけれど、
でも、たとえお別れになっても、その生徒と笑った時間があり、その生徒の成長を一緒に見届けてきたことは、何にも代えがたい「宝物」だという事は確かです。

だから・・
「忘れたり」「なかったことにしたり」しないで、もちろん去っていく人を「うらめしや~~」なんて微塵も思わず、今までの時間を大切に宝箱に入れて「ありがとね・・・」と言って蓋を閉じていけたら素敵じゃないかな?と思います。


そして、それから・・・





また・・・・・


新しい風が吹きます。




きっと更に素敵なお教室が出来るはずです。



新しい自分も発見できます。
まだまだ自分の可能性を信じて・・・



歩き続けるしかないから・・・・





その時に・・・・どうするか?

ここが大切なことです。

・・・がんばって!




ピアノの先生が、顔を上げて輝いていける事を、心から応援しています。
それが、1人でも多くの生徒や保護者を幸せにするからです。





4月からの継続セミナー受講者も募集中です!
   ↓
詳しい内容はこちらをクリック


こちらもね!
   ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

忙しい中学生がニッコリした楽譜(ジャズピアノ・・いかが?)

20180125_072519

新学期が始まり、今は試験期間ではないけれど
いつも忙しくて疲れ気味の中学生に
楽しい楽譜を引っ張り出してきたよ。


吹奏楽部の子も多い。
そして、中学生になると、ちょっぴり大人っぽいジャズにも興味ある。

でも・・
和音、つかむのも難しそうだしなぁ~


厄介なことはやりたくない~~



そっか・・・



私の楽譜の棚には3000冊くらいの楽譜が並んでいるけれど・・・
不思議なんだけれど・・・

その時に必要とされている楽譜が、目の前にパぁ~っと出現するんだーー



自分でも買ったことも忘れていた楽譜だったんだけど、

えっ!!??こんなところに、こんな楽譜が!!!


中を開くと、初見で弾けそうなジャズの曲がいっぱいだ!
吹奏楽をやっている子は
「あ!!インザムード!テイクファイブ!A列車で行こう!!黒い瞳!茶色の小瓶!・・・わぁ~~知っている!知ってる!!」

ちょっと長いクラシックの楽譜を目の前に、フぅ~とため息が出そうなときに、この楽譜が舞い降りてきた。

「弾きたい!!弾いてみる!!」


その場で、音にしてみる。

4分音符が、ただ続いているように見えても、
スゥイングのノリを感じると・・・ほぉ~~ら!かっこいいっしょ????


「うん!うん!うん!」


そして、この楽譜には、パートキャンセルのCD付き!

即!セッション!って感じになる訳で。

20180125_072538


中学生が続いて、
前後の生徒もニコニコ顔だ!

来週は、これに電子ドラムでも出してリズムも入れようかなぁ~~



今日も、疲れ顔をピカピカにして帰っていったよ。



いろいろジャンルの曲を、
彼らの今の気持ちを読んで、すぐに引き出しから引っ張り出せる技。

音楽丸ごと、楽しめる術。


その場所が・・・・ここだっ!




10年以上前に出版されている楽譜だったけれど、今でも売っていますよ!
私も弾いたら楽しかったので、
練習時間の取りにくい、疲れた中学生に・・おススメです!

ジャズ・ピアノ・インストゥルメンツ (マイナス・ワンCD付)









ドレミ楽譜出版社
2012-11-30

こっちもよろしく~
  ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

しょうこ先生

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC