しょうこ先生の日々。

埼玉県草加市のピアノ教師です。内容はその日その日の心を動かした数々を、思ったままに書きつづっていきます。

2018年06月

オリジナルTシャツは、アイロンプリントで作る

私の教室では、サマコンの合唱や、全体で行う演目の時はTシャツを揃えることが多い。


昔は、業者にオリジナルデザインで頼んでいた。
イラストは、生徒から募集して。


でも、ちょっとだけコストがかかってしまう事から、
ここ数年は、アイロンプリントの用紙に、マークを印刷して渡し、
各自で付けてもらう事にしている。


今年のマークは・・・・これ!
20180630_063300


先月、お友達が・・・
「しょうこ先生~~今年、20周年ですよね~~~
こんなマーク作ってみたけど、使いますか~~~?」
と言って送ってくれたんです。


わぉ~!
音符の中に、ちゃんと「20周年」の文字が!!

私には作れないもの。

使う!使う!




という事で、早速今までのように、アイロンプリントで試作してみたら・・・

あれぇ~なんか、いい色にならないなぁ~~
20180630_063317



いろいろ調べてみると、
カラーのTシャツにはそれ専用の用紙を買わなければいけないことが判明。
ちょっと割高だけど、早速買って試してみた。
20180630_063236

この用紙は、写真なんかもバッチリプリントできるもので・・
おおおお~いい感じに発色しているね~(左側)
20180630_063342



今回は、マーブルチョコレートのように、カラフルなTシャツを自由に選んでオッケー。
そこに、各自、これ、付けてね!



今までは、
「白」
DSC_2476


「黄色」
DSC_3871

(この赤いグランドピアノのマークは、実は・・・・
『れっすんのーと』のマークです~。
私がチョキチョキ色画用紙を切ってデザインしたもの・・・の再利用(笑))

img392 (358x550)

または、「グループごと」など、
こちらでTシャツの色を決めていたけれど、
DSC_4613



今回は色は自由!


みんなの大好きな色で!
でも・・・・
胸のマークで「みんな仲間!」が出るように。

「アイロンプリントの付け方」の資料も、自分で工程の写真を撮って作りました(しょうこ先生親切でしょ!?(#^^#))
20180630_070313


着々と進んでいま~す。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

『笑顔のたね』300件目

『笑顔のたね』が誕生した当初から、

「楽譜が欲しい」という問い合わせがあって、
作曲してくださった後藤ミカさんとご相談の上、
無料でお譲りすることにした。
20180629_054203

日に日に問い合わせが多くなり、
私も、作詞した「我が子」が、どこで、誰に可愛がっていただいているのか?
記録に取ろうと思った。

そう思ったのが昨年の7月から。



その時から、問い合わせが来ると、
①日にち ②お名前 ③幼稚園・保育園・学校・ピアノ教室・個人などの記録 ④連絡先

これらを、コツコツと記録していた。
20180629_054215


そして、昨日、とうとう300件目のお問い合わせが来たのでした。

20180629_054224


初めのうちは個人のピアノ教室からのお問合わせが多かったけれど、
最近ではダントツ、幼稚園&保育園からの依頼が多くなった。


私の生徒の保護者からも
「先生~うちの幼稚園で今度『笑顔のたね』歌うんですよ~~と聞いて、
私の方がびっくり!
そして・・・心の底から、嬉しいな。と思います。


種を植えて・・・・
全国各地で、花が咲いているようで、本当に幸せです。

ありがとう♥


300件のお問い合わせは、九州から北海道まで、全国からです。
ネットの力って、本当にすごいですね。


私の教室でも、また今年のサマコンのエンディングです。

そして、・・・・
初めて、・・・・

後藤ミカ先生の指揮(福岡から来てくださいます)
そして、私の伴奏・・

更に・・・
川合左余子さんのヴァイオリン
安大登志子さんのチェロによる

『室内楽バージョン』で歌います。



会場中に、子供たちの歌声で「笑顔のたね」をお届けしますね!



本当に・・・
全国で、歌ってくださって・・・・


ありがとうございます。
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

「指導案」と「レッスンカルテ」

今日は「レッスン実践編」3回目
テーマは・・
『指導案』と『レッスンカルテ』です。


私が、ずっと前からセミナーで「指導案!」「指導案!」と叫んで(笑)いたけれど・・
みなさん、ほとんどの方が
「指導案って?・・・・書いたこと・・・ないですと仰います。


正直言って・・・初めは、ものすご~~~く驚いた事実。


・・えっ?????

私たち・・・「指導」しているんだよね?
何のプランも立てずに、「レッスン」するってこと??


このレッスン時間を、いかに有効な時間にするか?
絶対、絶対、プランを立てなきゃダメに決まっているでしょ?


それが仕事でしょ?????????




どんな会社だって、どんな仕事だって、
どんな工程で仕事を進めていくか?
段取りは?準備は?と考えているでしょ?


もちろん・・
「考えてます」と仰るかもしれないけれど、
頭の中だけで済む問題でもないと思うんだよね。


私の継続セミナーに関わった人たちは、否が応でも「指導案」を書く課題が出され・・・
「ひぃ~~~~なんでこんな事しなきゃならないのよ~~」と思っている人もいるけど、
私は笑顔で「は~~い。書きましょう~~~。〇日までに送ってね~~」と、言い放っているので、みなさん、本当に忙しい中、頑張って書いて来てくださいます。
(今回は、全員提出してくれましたね)
20180629_012039


せっかく、みなさん時間をかけて書いて来てくれた指導案です。
私は事前に全部、目を通していきます。

私が見るのは・・・
①指導内容に偏りがないかな?(例えば、「読譜」ばかりやっていて、他のものが入っていないとか・・)
②構成に無理がないかな?
基本的には「導入」「展開」「まとめ」で構成するのが1番生徒に内容が伝わるやり方なので、
いきなり弾かせるとか、ギリギリまでアドバイスをするのではなく・・・
*生徒の気持ちに「スイッチ」をいれ、内容に入り、必ず「まとめ」の時間を取る事。これ大事。
③内容がバラエティに富んでいても、流れがスムーズかどうか?
*ただのこちら側がやりたい事の羅列になっていないか?
*メニューが変わる時に、わずかな「間」を取る事が、効果をもたらすのです。
④その先生らしさが表れているところは「ほほぅ~~っステキだ」と思いながら、花丸💮をいっぱいつけました。


私、赤ペン先生です(笑)

素晴らしい先生方が書かれた「指導案」です。
どれもこれも、本当に素晴らしいけれど、あえて書き込んでいきます。
初めは、失礼かしら?なんて思ったりしましたが、
みなさん、とっても喜んでくださいました。

「花丸付けてもらったり、アドバイスを書き込んでくれたり・・・本当に嬉しいです!」と言ってもらえて、良かった♡



今日は、大きなテーマです。

初めにお話したのは・・・「ピアノ教育の目標地点」の話から。

今、忙しい子供たちを見ていて、私たちは、何歳ころまでに、何を伝えて行けば、その後のその子の人生の中で、音楽を潤いをもたらすことができるか?と言う話です。

もちろん個別指導ですから、学校のように「何年生では何をマスターさせる」という事は決まってはいませんが・・・
では、その子のペース重視で行ったらどうなるでしょうか?

あっという間に3~4年生。
塾やお稽古事で時間が無くなります。
そのうちに受験体制に入っていきます。
ピアノは、どんどん後回しになります。

それは仕方がない事だと思うけれど・・・
そう思うと、4年生くらいまでに、基礎力を付けて行かなかったら、
その後辞めてしまった時に何も残らなくなるどころか、
「ピアノは大変だった」という負のイメージがついていくのです。

なので・・・4年生までに何を教えていくのか?
メソッドの最後までを4年生までに伝えられたら、きっと自信を持って自分らしくピアノに寄り添って行けるのではないかしら?と思うわけです。

そう考えると、ウカウカしていられないでしょ?

4年生まであと何年?
今どんなことをやっている?
年間40回~44回のレッスンの中で、毎回きちんと前に進ませていかなければ到着しない。

焦ることではなくて、
そこで、毎回の「指導案」です。


今日は、これを伝えて行こう!
じゃ、どういうアプローチで行けば、すんなり理解できるかな?
やっぱり「プラン」を立ててレッスンに臨まなければ、大きく無駄なレッスン時間になってしまうでしょ?
逆に言えば、「指導案」を立てることで、着々と前に進み、
出来る事が増えるから、生徒も楽しくなる。


そして、日々の記録として「カルテ」が必要で。
<短期カルテ><中期カルテ><長期カルテ>の作り方もお話しました。



指導案作りでも「わぁ~大変!と言い、
また、私の「カルテ」をお見せした時には
「こんなの書けない~と言いました。


でもね、書けるって!
その子を見ていれば、その実態を記録すればいいんだから、大丈夫。

時間はかかるけれど、本当に生徒を育てたいなら、書かなきゃ。




ピアノ講師は、上司がいない。
「こうしなさい」と言われることがない。

自由に考えて進んでいく事はとても素敵な事だけど、
やっぱり大切なことを教えてもらえないのは、残念だと思う。

自分から、セミナーに通い、勉強している先生は恵まれているけれど、なかなかそのような勉強のチャンスに恵まれないと、大切な事がわからないままになっちゃう。



だから・・・
私は、ピアノの先生に伝えて行きたい。

子どもを、人を、音楽で育てていくために、大切なことを。



私もまだ学び続けて行きますから・・・
ステキなピアノの先生になるように、みんなで学びあっていきましょう。


恒例の「模擬レッスン」も楽しかったね!


36288557_861238820732964_1955100290306801664_n[1]




ランチ会の時に、お話組曲を披露しました。

おもしろくって、泣き笑!
36414516_594097167642965_2309214270778245120_n[1]

36341530_594097177642964_6105364722150801408_n[1]



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

年に1度の「トンネルの中」

はぁ・・・・・


またやってきた。。。。。



いつも6月のこの時期になると、
ゴソゴソ・・・と一人でトンネルを掘っている感じです。




私だって、いつでも「GO!GO!」ってわけじゃないんです。


言わないだけ。





頑張っているけど、

頑張ればいいってもんでもないときもある。



トンネルの中で、膝を抱えている感じ。
動きたくないな・・・って思う時だって、たまにはあるよ。


でも・・自分で掘らなきゃ、出口に行けないから、
重たい体をよっこらしょ、って立ち上げて、また穴を掘る・・そんな感じ。


なにか問題があるわけでもない。
ちゃんと進んでいるけれど、
進んでいてもザワザワ・・・・
自分の歩く方向に迷いが出る時もある。当然。




そんな時は、動かないほうがいい。
じぃ~っと、膝抱えていても・・いいよね。



心の中を、一旦停止。
きっとそのほうがいいと思う・・・・そんな時期。
体は、動きます。



(今日のは、ただの独り言でした)
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

センスが欲しい~!

昨日は、サマコンで2台ピアノの演奏をご一緒していただく友人宅へ、
ピアノの練習へ行ってきました。

20180625_122646


さて・・・・今日のタイトル!

センスが欲しい~。


・・・・・って・・・・・

暑さで、扇子(せんす)が欲しい~~!
(パタパタパタ~)

・・・という事ではなくてね!




今プログラムの最終段階なのですが、
全部手作りのため・・・


自分のセンスのなさに、がっくりしているところなのです。



もちろん、
どこかの印刷屋さんのテンプレートを使う手もあるでしょう。

絶対に、そのほうがセンスいいに決まっている。
(だってそちらはプロだもの)


でも、ずっとずっと自分で作ってきたプログラム。
20回目の区切りまでは、自分でけじめ付けたいと、

なんでそんなに意地張ってるのかと呆れちゃう。
他にもやらなきゃならない事・・・い~~っぱい!

でもでも、やっぱり自分でやるのだ!


字体、色、レイアウト・・

本当に難しいなぁ~~



何回も、何回も、校正して・・
きっと少しずつピッタリくるものになっていくのかな?



「プログラム」
「台本」


何回も初めから、「7時間分」見直しているけど・・


見れば見るほど、

生徒達が愛おしいと思う。




よ~し・・あとちょっと・・がんばろう!







すこしずつ、近づいています。

あと…46日だ!


応援よろしく!
  ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

しょうこ先生

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC