しょうこ先生の日々。

埼玉県草加市のピアノ教師です。内容はその日その日の心を動かした数々を、思ったままに書きつづっていきます。

2019年09月

9月が終わります。

9月の大きなイベントを3つ、無事に終了する事が出来ました。


私の意地。

それと、

そのイベントに支えてもらった日々でした。



9月15日「ハートフルコンサート」

仲間とのコンサートで、私も演奏するというハードルの高いイベントだったけれど、
やっぱり仲間との時間は、私にエネルギーをいっぱいプレゼントしてくれました。


9月26日「轟千尋さんの公開レッスン&レクチャーコンサート」

ここでも、メンバーの方が「しょうこ先生も一緒に弾こう!」と声をかけてくれたおかげで、少し辛くなってきた体でも、ピアノに向かうきっかけを作ってくれた。
千尋さんも本当に魅力的で、大好きな方だから、私の細胞が喜んでいた。
参加者の方も充実の1日だった。

作曲家からの1音にかけるメッセージをどう読み取って行こうか?
ますます楽譜を見るのが楽しくなりそうだった。



そして、昨日9月29日「小原孝さんの公開レッスン&レクチャーコンサート」

もう第7回目になる、この『笑夢(M)ホール』の企画です。

素晴らしいピアニストの小原孝さんが、ここに来てくださり、
本当に温かいお人柄そのままで、私たちのためにピアノを弾き、お話してくださる!
なんて贅沢な時間でしょう。

「8回目もやりましょう!」と、言ってくださって、本当に嬉しいです。

日程が決まりましたらお知らせしますね。
公開レッスンは、お一人の時間は少ないですが、『小原マジック』で、みるみる魅力的な音楽に生まれ変わる瞬間を、是非、ご一緒しましょう。





本当に・・・・・

私は人が好き!
ピアノが好き!
みなさんの笑顔が大好きなんです。



そんなイベントの企画をこらからも、どんどんやってみたい!
本当にそう思うのですが。。。。。。







最近の体調について。

日に日に変わる体調の変化を、冷静に分析してみたりしています。



9月10日に、胸にたまった水を抜くためにチューブを挿入し、
スムーズに水が抜けると、やっぱり少し楽になります。

でも、時々、詰まってしまい、うまく抜けないときは、痛くて、苦しくて、だるくなります。
何もやりたくなくなります。

思考も、ピタッと停止します。



最近の感じでは・・

夜は眠れます。
すごく寝汗をかいているので、麻薬のおかげで眠られているだけなのかもしれませんが、
でも、朝までほぼ目が覚める事がなく寝られるのはありがたいです。

なので、朝、5時に起きて、主人とのお喋りタイムは、笑顔で過ごせます。

6時に主人が仕事に出かけてから、だんだんだるくなります。
たぶん、仕事もやらなくてはいけないこともないので、気が抜けちゃうんだと思います。

だからイベントとかある時は、思考が前に!前に!進むので、だるくなることはありません。


だるい時はそのまま、またうつらうつらと寝てしまいます。

ソファーに座ると、げっそりと肉が落ちてしまったので、お尻が痛くなってきます。



げっそり肉が落ち始めたのは、5月の入院からがすごかった。
それまでも、食欲がなくなってきていたので、少しずつ痩せて来ていたけれど、
もともと筋肉質の私から、筋肉がほとんどなくなってしまった。

入院の時は「心不全」だったため、動くときも車いすを使っていて、ほとんど動かない1週間だけで、これだけ肉が落ちてしまうのか???びっくりでした。

でも、それでも「痩せた!痩せた!」と、なるべく嬉しい受け止め方でいたかったので、気にしないようにしていたんです。



でも・・・・そのうちに・・・・
筋肉がなくなると、動きたくなくなる。という現象になってきました。

「無理しないでね~」という言葉の通り、
だるくて動きたくないのだから、動かない。


でも、この「動かない」と言うのは、『休憩』とか、次の行動のために『エネルギーチャージ』する事ではなかったんですね。

「動かない」と更に「動けなくなる」と気が付いたのは、最近の事です。


体の細胞は、使わないと、使えなくなる。
それを知りました。


テロテロになった筋肉を、戻すことは簡単だとたかをくくっていたんです。

でもでも、とんでもない!

頑張って食べるようにしていても、肉なんてつきません。
力も出ません。



焦ってきました・・・・・・・


歩くことが出来なくなり、これも一時的な事ではなく、
そんな体になってきていると、自覚するようになりました。


「ガン」の治療は、無数にあって、
「ガン患者」が食べて良いもの、良くないもの。
サプリがいい、とか、針や灸がいい、とか、どこどこの神様がいい、とか・・・・

病院の先生は西洋医学で立証できること以外は勧めて来ないので、
だからと言って 他の物は「まゆつば」か?と言うと、本当はそんなことはないのに・・・

いろいろな方法が、誰にでも通用するわけではないので、



結局・・・・・・
今のドクターでさえ「決めるのは益子さん」と仰る。


だから~~~~~
何をどうしたらいいのか?わからないから困っているんじゃない!

と、時々イライラする自分もいます。



でも、そう言っていること自体、他力本願。
ドクターの言っている事は正しい。



自分で自分の体を守る以外ない。



それだけは、少しずつ、ハッキリと分かってきたことです。




今、丸1日元気!という日はない。

突然、電池が切れて思考停止になっている時は、
自分で頑張ろうと思う事すら出来ない。

でも、1日中、電池が切れているのではない。まだ。

だから、それがその日は午前中だったり、夕方だったり・・・
いつやってくるかわからない「動ける時間」を、無駄にしないで行こうと思う。



今日の場合・・・
午前中から3時過ぎまで、座っている事しかできなかった。

そのまま夕方までテレビ付けて終わってしまうかと思ったのだけど、

一旦、立ち上がってみた。


立てた。


「家庭菜園」が気になった。
ベランダを開けようと思ったら、扉がものすごく重くて大変だった。

少し開けて、プランターをのぞいてみたら、
「いちご」「ブロッコリー」の葉が、昨日より大きくなっていると思った。

じょうろに水を入れて、水やりが出来た。



少し弾みが付いたのか・・・・

「歩かなきゃ!」と思った。



私の家から200メートルくらいかな?
手作りのお豆腐屋さんがあって、そこではお豆腐や湯葉など、今の私の体には優しいものが売っている、小さな小さなお店だけど、「歩いてみよう」と思った。

朝から具合が良くなかったからお化粧なんてしていなくてすっぴん。
ヨロヨロしているし、ガリガリしているし、
首からは、水を抜くボトルもぶら下げているし(洋服の中に入れて隠すけれど)

自分がみすぼらしいなぁ~と思って、帽子で顔を隠して玄関のドアを開けた。

レッスン室では、有里先生が2歳の子のレッスンをケラケラ笑いながらやっている事が聴こえた。


「またレッスンが出来るようになる!」って信じていたけれど、
今の現実を考えると、どうなんだろう?
ん~~~~考えるのはやめよう。


1歩1歩、ゆっくりお豆腐屋さんまで歩いていく。

外に出るのも久しぶり。
だからダメなんじゃない!歩けなくなっちゃうじゃない!


ヨタヨタ歩くのは恥ずかしい。
でも、いま歩かなかったら、もう歩けなくなるから、歩く。



テロテロでも、ガリガリでも、ヨタヨタでも、フラフラでも、

今の私はそれが現実で、


今まで目を背けてきたけれど、
背けている以上、きっと改善されないと、本気で思うようになった。




主人も、頑張ってくれている。

いっぱい調べて、最近では
「オリーブオイルと、質の良いレモン汁」や
「セロリ・ゴーヤ・果物・・などの野菜ジュース」など、
朝、私が起きる5時前に作ってくれる。


母も、「気がまぎれるでしょ?」と言って、
ガンが治る、と書かれてある本を送ってくれる。

娘も、出来る限りの家事を引き受けてくれたり、
私が楽しくなるように買い物や外出に誘ってくれたり、

みかんも!
ちょっとしょんぼりしていると、膝の上に
トントン・・・「ここに乗ってもいい?」って来てくれる。
本当に私の気持ちが分かっているみたいなみかんです。



頑張れない時もあるけれど、
頑張ったら、家族もきっと嬉しいと思うから。




そして、今日は、孫の陽多が来てくれた。

少しだけ歩けるようになっている。

どや顔で、笑っている。

長男夫婦も、すごく心配してくれて、陽多に会わせてくれることで、私を励ましてくれる。

「ひーくんも歩くの頑張っているよね!今のしょうこおばあちゃんと同じだね!」

IMG_5177



支えてくれる人がたくさんいるから、がんばる。



明日も、

目指せ!豆腐屋さん!!
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

変わりたいから、変えたこと

仕事を休止し、
自分の体と向き合ってから
私が取り組んできたこと・・・・・



今までと同じ生活が出来なくなり
時間もたっぷり手に入れて
何をして行ったらいいのか?
毎日毎日考えて生きています。




少し、焦りもあるのは本当です。




「変わらなきゃ!」
「病気の流れを変えて行きたい!」
「何かが変われば、良い方向に行くに決まっている!」



ジッと、病気の現状に向き合うだけでなく
(そうしていると、だんだん気持ちが下に向いてしまうので・・)
気分を前に向かせたくて・・・




<新しく変えて行ったもの>

(元気だった5月)

*退院後1週間くらいから、『ウォーキング』を始める
*毎日『野菜ジュース』を飲む
*食材も研究・・
 ・・・玄米食・野菜中心・砂糖類はなるべく取らない・・・・

でも・・・そのうちに食欲がなくなる。


体重がどんどん減って、初めは内心「痩せた!痩せた!」と喜んでいた。


この頃は、いい子で医者の薬を飲んで入れば、元気が保たれると思った。
でも、痛みや不快感は取れなかった。



(6月・・放射線治療)

医者が、私が「左胸が痛い」と訴え続けたので、検査をしてくださって
「左の肋骨への転移のせいじゃないか?」
(CTで、2~3か月前より少し膨らんでいる肋骨を発見)
でも、はっきり『肋骨転移』と断言されたわけじゃない。

『放射線治療』の2週間は、最悪の体調になり、動けなくなった。

何かしなきゃ!
楽しいこと考えたい!


*『ウォーキング』には行けなくなり『テレビ体操』を一生懸命やっていた。
*電化製品の調子が次々に悪くなったので、
 『ドラム式洗濯機』『エアコン』など、買い替えてみる。

体重が1年で13キロ減ってくる。
すると、当然、また体力がなくなり、動けなくなってくる。
筋肉質だった私の筋肉が、すべて落ちてしまった
テロテロ~


(7月・・教室のサマコン間近)

生徒達を励ましたい!と思い『レッスン見学』&『一人一人へのメッセージ』を書いた。

この日が、私がレッスンに顔を出す、最後になった。

生徒たちの顔を見て、レッスン室に入った途端、病気を忘れる場所なんだ!と思った。
レッスン室が私を元気にさせる!と心から自覚した。

でも、みんなでまっすっぐにサマコンに向かっている時に、邪魔をしてはいけない!
そう思った。

「サマコンには、絶対に行って、生徒たちの応援をする!
この大きな目標を掲げて、なるべく『食べる!』そして『笑う!』

左胸は、放射線治療の効果は見られず、どんどん腫れていった。
痛かった。

『入院』・・・・水を少し抜いてもらったけれど、あまり効果は感じられなかった。

『ガーデニング』・・玄関の外の花壇。今までは主人が手入れしてくれていたけれど、花の苗を買ってきて、植物の手入れを始めた。


(8月・・サマコン)

前日まで、体調が良くなくて、ゴロゴロしていたのに・・・
8月4日の本番の日は、奇跡のように元気だった。

久しぶりにたくさんの友人やピアノの先生方に会って、
本当に病気なんて忘れる1日だった。




2日後に、娘と一緒に旅行。
これも寸前まで体が動かなかったけれど、当日は元気で『楽しい1泊旅行』が出来た。

8月末には、主人が、ガンに効くという、『山梨県のラドン温泉』に連れて行ってくれた。
宿の食事も、少ししか食べられなかったけれど、
昇仙峡に行きたくて、ソロリソロリ歩いて、温泉旅行を楽しんだ。
昇仙峡で『パワーストーン』を、主人が買ってくれた。
「ガンに良く効くのよ」と言われ、ネックレスとブレスレットを、それからずっと付けている。

キッチンの扉も壊れてきたので、『新しいシステムキッチン』に変える、大きなお買い物をした。

*9月に行われる、友人との『ハートフルコンサート』のために「ピアノを弾こう!」と決心した。
主人が仕事に行った6時頃から、防音室でピアノの練習。
痛い胸を押さえ、痛み止めを服用しながらも、「諦めちゃだめだ!」と、自分のペースで頑張った。


(9月・・イベント類、どうするか?)

9月に入っても、体調は一向に良くならず、
今までで来ていたことが出来なくなってきていた。

体がだるくて、午後の時間は、ずっと横になっている感じだった。

9月15日の「ハートフルコンサート」も奇跡の日だった。
これはブログに書いたけれど、
やっぱり『目標』があること、
分かり合える『仲間と会う事』
それは大きな力だった。


でも・・・・・
絶好調の日の次の日は、体調は最悪で、悲しくなった。

胸の痛みは、水が溜まってきている事は分かっていたけれど、
体が変形するほど、肋骨の間から盛り上がってきている水。
『再度入院。』

前回は細い注射針で水を抜く処置だったけれど、今回は、少し太めのチューブを外から挿入して抜いてもらった。
初日に650cc抜け、そのチューブをつけたまま帰宅。
家では吸い取る事は出来ないけれど、溜まってきた水が抜ける道を作ってくださった。

今日も、首からボトルをぶら下げて自然に出る水をためています。
それでも毎日100cc以上、どんどん水が出ます。

何故、水が溜まるのか?
このまま、ずっとボトルをぶら下げておくことは出来ない。
(感染症になってしまうから)

原因をしっかり調べてもらって、その部分に水が溜まらなくなれば、きっと元気になるはず!
今は、それだけが願い。


*『家庭菜園』でもすれば、すくすく育つ植物から元気をもらえそう。
そう思って、「いちご」「ぶろっこりー」「ニンニク」など、プランターと苗を買って育て始めた。

『オーブンレンジ』も新しくしたので、大好きな料理もがんばろう!と思った。
(でも、だるさで動けない。)

『断捨離』・・洋服・食器など、どんどん捨てた。
(嫌な事も一緒に捨てたいと思った)

*『髪の毛をバッサリ切った』
*『ネイル』
にチャレンジした。

*『エンディングノート』を書いた。




今、私がやることは、この体を守る事。

でも、それが出来る状態を作る事も大切だと思っていて、
気持ちが前向きになるために、どうしたらいいのか?

ちょっと頑張って、人に会ったり、話をするのもいいのかな?
いやいや、その後疲れちゃうのだから、ゆっくりしていたほうがいいのかな?


その兼ね合いを考えながら、
気持ちがワクワクする時間を過ごしていきたいと思う。

今週の木曜日の『轟千尋さんの公開レッスン&レクチャーコンサート』では、私も友人と1曲弾かせてもらう事になり・・・楽しみです。

そして、今度の日曜日は、『小原孝さんの公開レッスン&レクチャーコンサート』です。

楽しい事をいっぱい考えていく事・・・
それが大切だな!と思っています。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

轟千尋さんと、小原孝さん、公開レッスン&レクチャーコンサート

数か月前から予定していた 2つのイベント。


9月26日(木)
『轟千尋さん、公開レッスン&レクチャーコンサート』

IMG_5079


9月29日(日)
『小原孝さん 公開レッスン&レクチャーコンサート』

IMG_5080



この2つのイベントですが、
予定通り、行います。



いずれも、公開レッスンの受講者は、既にお申込み満席で決定しています。

9月26日(木) 10時半~
轟千尋さんのイベントは、聴講のお席も満席の為
募集は行いません。

内容は・・・
*千尋さんの楽譜の中から、連弾曲を選び、作曲者本人からのアドバイスをいただく。
*その後、先日発売された音楽物語「わたし、ピアノ好きかも🎵」のお話を聴かせて頂きます。


楽しみ!!!!!!



9月29日(日) 10時半~
小原孝さんの公開レッスン&レクチャーコンサートは、
公開レッスン希望者は、既に多くの方がお申込み下さいまして、
抽選によってメンバーは決定しています。


聴講のお席は、まだ少しだけご用意できます。
(聴講代・・・6000円)


小原さんの公開レッスンは、今まで6回行っていますが、
1つのアドバイスが、即、レッスンで生徒達に分かりやすく降ろして行ける物ばかりです。
目の前で、音色や表現力がガラッと変わる
『小原マジック!』

限りなく、美しい音・・・・・
そして、
小原さんの、最高にピアノを愛している姿に、
いつも、心が満たされます。


ランチ&デザートもご一緒できる方は、是非!
(こちらは、費用はかかりません)


今からでも、「聴講希望」の方は、ご連絡をお待ちしています。





私の体調を心配して
「開催されますか?」というお問い合わせをいただいたので、
あらためて、こちらからご連絡させて頂きます。




「轟さん&小原さんの公開レッスン&レクチャーコンサート」は

予定通り、開催しますよ~~~!!



私も楽しみにしていますので、
是非、素敵な時間を共有しましょう。


ご連絡をお待ちしています。

「小原孝さん 公開レッスン&レクチャーコンサート」のお申し込みは、こちらまで。
    ↓
chocorinn-pianoschool@zpost.plala.or.jp



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

10日ぶりのブログです。「ハートフルコンサート」で演奏できました。感謝♡

10日ぶりに、書いています。


1日1日、予想のつかない日々を過ごしています。



先週・・・
胸の圧迫感が辛すぎて、入院を早めて頂き
胸にチューブを入れて水(?)を抜く治療をしています。


まず入院中に650ccの水が抜け、
これだけ溜まっていたのでは苦しいわけだ。と納得。


チューブを入れたまま、次の日に退院して、家で様子を見ています。
その後も水が抜け、今日までに1リットル以上。



でも、水が抜けてきたことで、
圧迫されていた胃や食道、肝臓など他の臓器が動きやすくなったのか、
少し楽になりました。



9月15日は、11年目になる仲間とのコンサートの日でした。

IMG_5066

IMG_5038

日によって体調は良かったり、動けなかったり・・・
水が抜けたからといって、回復しているのではないため、
そうそう簡単には行きません。



「弾きたい・・・・・!」



そう思って数か月、朝練をしながら、
自分の体調と相談しながら、
痛み止めを服用しながら、
取り組んできた2曲。



・・・でも・・・・無理かもしれない。


そう思って、体調の良い日に動画を撮り、
最悪、弾けないときは、これを皆さんに見て頂こう。

そう思って準備もしていました。



14日・・・・・前日。


あまり体調は良くなかった。


「ハートフルコンサート」
今年の会場は、ここ・・・『笑夢(M)ホール』です。

いつも「社長」という代表が交代でコンサートの計画を進めていくのですが、
昨年の第10回ハートフルコンサートが終わったときに、
今回の「社長」さんから「益子さんの『笑夢(M)ホール』でやりたいのだけど」とお話を頂いた。

その時には、既に私の病気への道は始まっていたため、
少し躊躇したのだけど・・・・

きっと「社長」さんは、ここの場所で開催する事が、私のエネルギーになると思ってくださったのかもしれない。

内心・・・・
「もしも、もっと弱っていたらどうしよう。みんなに迷惑をかける事になる・・・」と迷いはあったのだけど、
そう思いたくなかった。というのも本音。
「きっと元気いっぱいに出来るに違いない」
・・そう思いたかった。


でも・・・・
ここ数か月の私の体調は下降するばかりで、
メンバーの人たちがどれだけ心配していたことか・・・・

私の「やりたい」という気持ち。
「無理をさせてはいないだろうか?」という気持ち。
みんな、落ち着かない気持ちでいたと思う。


私は・・・・
当日の事を、ハッキリ約束できないもどかしさの中でも
「ここでやろう。私も楽しみにしているのだから」と、みなさんにお伝えして、15日を迎えた。


朝から、ピカピカのいい天気。

そして・・・・

私は・・・・・元気でした。




朝ごはんも、ちゃんと食べられました。

「・・・この気力が、どこまで持つだろう・・・・・」


そんなことをチラッと考えながら、
会場のセッティングを始めました。



9時過ぎ・・・
仲間たちが、次々やってきました。

飛行機で来た人
前の夜から新幹線で着て前泊した人

スーツケースの中にドレスを入れて
ガラガラと駅から歩いてきた人



1年ぶりに会う仲間たち。

この日のために・・
私だけじゃなく、それぞれの生活の中で自分の曲と向き合ってきて
それを持ち寄って集まった。



私は・・・・・
本当に元気だったよ。



いっぱい心配してくれた仲間に申し訳ない位(?)
お昼ご飯もしっかり食べて、コンサートが始まった。


あらかじめ、くじで順番が決まっていて、
私は2番。

よかった・・・・電池が切れる前に弾ける!


ブラームスの間奏曲 op118-2
それと、後藤ミカさんが書き下ろしてくださった
「スマイルアゲイン」

途中、あららら~という部分もあったけれど、
自分が出したい音を求めて弾くことが出来た。

IMG_5029


そう。

弾く事が出来たのです。





何度も何度も「出来ない」って諦めかけたけれど、
前日まで、迷っていたけれど・・・・

当日の朝、
主人と娘に
「弾くからね!」と宣言して、弾くことが出来た。



諦めないで良かった。
ピアノがあって良かった。

心からそう思った、1日でした。



仲間からは、素敵なお花と色紙を頂き、
本当に「ハートフル」心がいっぱいのコンサートになりました。



その後の「打ち上げ」は、行きたかったけれど、無理だと判断し、キャンセルさせて頂きました。





ピアノ・・・・続けていてよかった。



楽しみにしていた「ハートフルコンサート」は、終わってしまったけれど、
これからも、自分のペースで弾くことが出来たらいいな。って思います。

IMG_5044



素敵な仲間たち・・・

そして応援してくださった多くの人たち・・・




ありがとうございました。






にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ブログ・・書けなくなりそうです・・

体調は、正直言って
日に日に辛さが増しています。


それでも、大好きな人と会ったり、
気持ちの良い自然に触れたりすると
少し、いい気分になりますが・・・



今、左胸にどんどん水が溜まり
パンパンに腫れてしまい、
それが臓器類を圧迫しているために


食べられない・・・・
呼吸も苦しい・・・・

不快な痛み・・・・・


そして、だるくて動けない状態になっています。



何とか、家事くらいは、自分のペースで楽しくやろう。
そう思っているのですが・・・・・・
食事を作っていても、途中で電池が切れるため、
そのまま動きが止まってしまいます。
(本当に、キッチンでも、立ったまま動きが止まっています(笑))


私の場合・・・・
ガン細胞自体がむくむく大きくなっているのではないので、
何らか、ガン細胞で炎症があり、どんどん水が溜まっているのか?
お医者様も、今の状況の原因はよくわからない。と仰います。



原因が、ハッキリと分からない以上、
今出来る事は、たまった水を抜き取る、
それしかないようです。


先月、入院して1度水を抜いたけれど
ほんのすこししか抜けなくて、あまり効き目は感じられなかった。

でも、あまりにもひどいので、
もう1度入院・その処置をしようと言う事になり、
今回はもっと太いチューブによって抜けるといいね。
・・と言う事です。



昨日の相談で、
再来週に入院。と言う事になりましたが・・・

今日、あまりにも体調が良くなくて、
これが、あと10日も耐えられないと思い、病院に電話をして、
入院を早める事になりました。

来週の火曜日に入院です。


緩和ケアの病室は、広くて、ホテルのようです。

「緩和ケア」の趣旨が、少しでも快適な時間を・・・ということなので・・・
元気であれば、大喜びのお部屋です。

でも、たぶんその部屋にいても、快適さを感じられるかは疑問です。




病気になっても、
諦めずに頑張っていきたい。

ブログを読んで、応援してくださっている方々がいるから
書き続けて行きたい。

この場所が、生きがいになっていた私でした。


でも・・・
今の私には、みなさんを元気づける事は書けそうにありません。



ピアノレッスンについては、
この前の会のブログで書いたように、
「教室のブログ」を、これからもご覧くださいね。



私は・・・・
少し落ち着くことが出来たら・・・・

またこの場所で、書くこともあると思いますが・・・


今は・・・・

自分の体と向き合う事。
家族や、大切な友人の事を考える事だけで、いっぱいになってしまいました。

なので・・・
まだお会いしたことがない、たくさんのブログを読んでくださった方に、
この場を借りて、心からお礼を言いたいと思います。


今まで、本当にありがとうございました・・・・・・・






最期に・・・・・

5月に「心不全」で倒れ、緊急入院してからの4か月・・・
私が取り組んできたことは、
すべて『終活』です。



私がもしも動けなくなったり、
いなくなってしまった時に・・・・・


周りの人が、すこしでも戸惑わないように・・・
その後の生活で不便が無いように・・・・


今まで言わなくてもよかった私個人の事も、全て、家族がわかるように整えたり・・・
「エンディングノート」を書いて、
伝えるべき人に、伝える事を書いて行ったり・・・・

そして、家の事も。

今まで気になっていた、数々の場所を断捨離して。
「いらないものはどんどん捨て」
「本当に大切な物だけ残し」

驚くほどのタイミングで、家電や家具が壊れて行ったため、
主人には大きな出費をさせてしまったけれど、
新しいエアコン・ドラム式洗濯機・レッスン室の看板設置・
今日は、電子レンジも新しくします。

自分自身・・・
もしも新しくしても自分で使いこなせないかもしれない・・・
それなのに、新調してもらうなんてもったいない。
そう思ったのですが、私が使わなくても家族が便利に使える環境になる事は良い事だと思います。

仕事面では・・・
娘が、教室を全て引き継いでくれました。
細かい経理管理から、連絡方法など・・・・
今は、全く手を出さなくてもしっかりと生徒達を導いてくれるようになったことを見届けられました。



もう・・・安心です。


私は、自分の残された時間を、
きちんと生き抜くことを考えられる準備を・・・・
4か月かけてできたことが、
本当に良かった・・・・・
自分でも「よくやった!」って・・・・

そう思っています。



『終活』・・・・
前にも書いたと思いますが・・・・

誰でも、いつかはやってくるのです。


じわじわかもしれないし・・・・
突然かもしれません。


突然だと、
いっぱい「やり残したこと」が出てくると思うので・・・・


やはり・・・
いつでも、「その時」を、考えたくなくても、考えておくことはとても大切な事だと思います。



「あの人に、これを言っておけばよかった」
「あれを、こうしたらよかった」

絶対に思う事ですから。




今回・・・・
今まで忙しくて見直さなかった「保険」や「預金」や「年金」など・・・・
また、いろいろなカード類の事。
人への連絡の事。



たくさん書き出して、
毎日、1つ1つ熟していました。


大切な時間だったと思います。



同時に・・・・

自分の体が、自分の意思ではどうにもならない事。

今まで、「人には自然治癒力があるのよ~」と、豪語していたことが、
実は、そうじゃないことを知った事。
そして、それをどのような気持ちで受け止めて行くのか?という迷い。



私の寿命が、どこまで続いていくのかは、誰も分かりません。
「余命・・・ってどうなんですか?」とお医者様に聴いても
「わかりません。何とも言えません」としか仰らないので、

もしかしたら、このままのんびりと時間が流れ、何年もしょうこ先生は生きて行くのかもしれませんね。

でも、
ここ数日、良かったり、良くなかったりの状況の中・・・
良くないときは、本当に・・・・
「きっと明日死んじゃうかもしれない」

そう感じたことも正直言って本当の気持ちでした。




家族は・・・すごくつらいと思います。

日に日に。弱っていく私を見ていて、
なるべく明るく、普通の会話の中に誘い入れてくれるのですから。

私の家族は、すごい人たちです。


「洗濯機買って~」
「エアコン買って~」
「これが食べたいよ~」
「どこどこに行きたいよ~」


って。わがままばかり言っている私の願いを全部叶えてくれる主人を始め、家族に・・・・
心から・・・・・・・

感謝でいっぱいです。



そう言っても、
生きる事を諦めたわけじゃないので、
9月中の予定も、立てたままになっています。

明日・・・・元気になるかもしれないもの。

ともだちにも会いたいもの。
イベントだって、出来ないとは限らないもの。


もしも・・・・
来週の入院のまま・・・
体調が良くならなかったときは、

キャンセルさせてもらうかもしれないけれど、
私が参加しなくても、出来る状態の段取りは、手を打ったもの。

どうぞ、気にしないで、
みなさんで素敵な時間を過ごしてください。



私はね・・・・・

みんなに笑っていてほしいですから。

自分の人生を、自分らしく生きてほしいですから。




なので・・・・
『終活』の事も・・・・

是非、何歳でも、どの状況でも・・・
きちんと考えておかれるといいと思います。





いままで・・・・・

本当にありがとうございました。



今、ちょっと辛いけれど・・・
このままじゃ嫌だったので・・・・
がんばってブログ更新してみました。



みなさま・・・・・


お元気でね!




ますこしょうこ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

しょうこ先生

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC