終わってしまった・・・・

暑い暑い4ヶ月が、幕を閉じた。



今年も多くの人達が、このコンサートを見守り、ゴールテープを一緒に切ってくれた。



生徒たちの、この4ヶ月での成長ぶりは、



すごい。。。






ピアノの演奏も、心の成長も・・・

人間としても、ひとまわりもふたまわりも・・大きくなったね。



全ての生徒が、緊張感を自分の味方につけて
最高の表現で観客の心を掴んでくれた。


7時間かかったコンサート(予定通りだけど)」。

でも・・・あっという間だったね。

20150809_115038 (550x309)





入会して間もない子供たちによる『お話組曲』

はじめは『まほう学校~とくべつな1日』(劇)
私は、魔女「サンダラ」の役。(楽しかった~)
IMG_3083 (550x367)

IMG_3086 (550x367)

2つ目の『お話組曲』は<MOCO(モコ)>
ほとんどが有里先生の生徒たち
IMG_3053 (550x367)

今回は作曲も絵も手がけた有里先生。
IMG_3060 (550x367)

20150809_111821 (550x309)

ロビーには、今年は大き過ぎる『ウェルカムボード』を作ったよ。

20150809_094223 (550x309)

他に・・・
大好評だった『パパベル』や『ファミリーコーナー』
そして『グループレッスンの発表』に続いて、

<ボディーパーカッション>



『笑顔のたね』は、先日 「教育音楽 小学校版8月号」に楽譜が掲載された
ピアノ伴奏バージョン


室内楽バージョン


室内楽は、川合左余子先生と・・・
(私のドレスは・・<富士山ドレス!!笑>)
20150809_114114 (550x309)

20150809_114048 (550x309)


N&Y&Sと、元生徒の愛ちゃんも歌で参加
20150809_114002 (550x309)

たくさんの友人たちの応援・・・ありがとう!
20150809_135143 (550x309)

20150809_151747 (550x309)

20150809_152328 (550x309)


最後に、生徒から私たちに向けての挨拶には、胸がいっぱいになり、涙が溢れました。
IMG_3090 (550x367)


20150809_193102 (550x309)

20150809_193822 (550x309)

20150809_194834 (550x309)

そして・・


恒例の焼肉屋さんでの打ち上げです。
20150809_210014 (550x309)

20150809_210048 (550x309)

20150809_210125 (550x309)

20150809_212428 (550x309)


たくさんのお花・・・・・

ありがとうございました。

20150810_031246 (550x309)





実は・・・・リハーサルでボロボロだった私です。

左手首の違和感のために、後半ほとんど練習ができなかった。
というか・・しなかった。
自分のことは、後回しになる。仕方がない・・・・

でも・・・今回は、コンサートの最後に、どうしても弾きたかった ベートーベンの『大公』

個人的な事情で選んでしまったけれど、私にとって室内楽でこの曲以外には考えられなくて、
母と、天国の父に聴いて欲しいと思って選曲したのに、練習不足のためにボロボロになり・・・

言い訳なんてできない。



やるしかない。。。。



リハーサルの次の日・・・
私は防音室に篭った。

約4時間、
もう、手首の言い訳はできない。
もう1度、はじめから練習し直し。



もともと、本番の緊張感に押しつぶされてしまうことがほとんどの私。


情けない・・・・・泣きたい気持ちでいっぱいだった 本番前日


ボロボロだったリハーサルの演奏を、バイオリンとチェロが両脇から支えてくれたけれど
自分で、哀れだな・・と感じていた本番前日



残された時間はわずかだけど、ここから目をそらしてはいけない。
もしかしたら、本番だってもっとひどい状態になるかもしれない。
生徒さんや保護者の人たちに、夢を与えたいのに与えることができない先生。
ごめん・・・

今更遅いかもしれないけれど、やれるだけのことはやろう。
何回も、何回も、何回も・・練習した本番前夜。




コンサートが始まり、生徒全員頑張っていて・・・
みんな笑っていて・・・輝いていた。


すごいよ!みんなの力に何度も何度も涙が溢れた。



ドリンク剤を、2回飲み・・・
いよいよコンサートも終わりに近づいた。


私の前が、菜々子先生。
力強く、心を揺さぶられるようなメンデルスゾーン


いよいよ・・・・私。


もう1度、楽譜をジィーっとみつめたら・・・
楽譜から、「仲良くしよう!」と言われたような気がしたんだ。

ゆっくり・・・丁寧に、1音1音、指をピアノの鍵盤に落としていくことと
バイオリンとチェロの音色に混ざり合う幸せを感じようと思った。

いつもより、すこしだけテンポを落として、ゆっくり弾き始めた。


今までは、スタートしてから、迷走していくところが・・・
自分の足元が見える。

練習以上のことはできないけれど、今の私ができる全てが出せたらいい。
それでいいんだ、と思った。




最後の和音を、おもいっきり弾き切ることができた奇跡。



結果的には、大きな事故もなく完走できたわけだけど・・・・




物事を完結させるためには、かっこいい状態では無理。
ゴールの見えない不安感の中でもがき苦しみ、泣きわめき・・・
最高に格好悪い状態になって、やっとその先があるんだって、今回心から感じたのでした。



人生後半だけど・・・
「安全策」で行く方法も知っているけれど、まだ、もがいて生きていくのが私らしい。
苦しいけれど、きっとまた来年も、こんなこと言っているんだろうな・・




毎年応援に来てくれる母。
IMG_3092 (550x367)

毎年、生徒の記念品の中に母の手作りの物が入っているね。


今年は、これ。
20150810_084339 (550x309)

「お話組曲」まほう学校だし・・・おばけちゃんのストラップ。
全部、1針1針手で縫って、80個。



ありがとう。





たくさんの人の優しさで、今年のサマーコンサートも幕を閉じました。



ここからしばらく、のんびりします。

明日から・・・主人と旅行に行ってきます~


にほんブログ村