昨日・・・
今日・・・と、けっこうキツイ状態が続いていて

一体どういう事?って思っています。



夜、寝ている時は、結構快適で、横になっているのは幸せです。

楽しい事、たくさん考えていて、
たとえ寝られなくても、なんだかウキウキしているんです。



朝、起き抜けも、まぁまぁ調子は良くて
いつものように、この暑さの中仕事に出かける主人のために
「職人のでっかいおにぎり🍙」を2つ作ってあげて
一緒に、アイスコーヒー飲みながら、少しの時間夫婦でおしゃべりして・・・


主人が出かけてから「テレビ体操」


今、夏休みで家に居る息子も、
私のマネしたりして一緒に体操してみたり・・・


その後、着替えてピアノの練習も、毎日取り組んでいます。


9月15日・・仲間とのコンサートに出る!と決めて、
新しい曲にチャレンジしているので、
ゆっくりと、1音1音味わいながら、音にしています。


時間は、朝の7時から・・・
「Boston salon」の防音室で、いい気分でピアノに向かっています。





でも・・・
この頃から、胸が痛くなってくる。


昨夜に飲んでいる「麻薬」の効果が切れてくる頃なんですね・・・・




少し前までは、その効果もお昼頃まで続いていた。
でも、少しずつ、効き目の持続時間がみじかくなっているんだ。



先日、病院に行った時に
「麻薬の量・・・増やしましょうか?」と先生に言われたけれど、私は
「大丈夫です」と断った。


でも、先生には分かっているんですね。


麻薬の量はどんどん増やしていく事になる・・と言う事が。



今の状態では「麻薬」の効果が切れたら、痛み止めの坐薬を1日3回まで服用。
または、レスキュー用の「麻薬」(効果はすぐに出るけれど、持続性はない)も持っているので、
なんとか、それで1日1日間に合わせる事が出来る。


痛くさえなければ・・・


そう思っていた。




今までは、痛くなければ、「原稿を書く仕事」や、「事務仕事」もできた。
「ピアノの練習」も結構集中して取り組めた。



だから、「痛くなければ・・・」そう思っていた。



でも、「麻薬」も「痛み止め」も、痛みを取るだけではなく、
実は他の部分にも影響を及ぼしている。

そうだよね・・・・

「麻薬」・・・痛い部分の感覚を鈍らせるという事は、他の臓器にも、鈍らせてしまうため、
胃の動きが良くなくなって、気持ちが悪くなる。
食欲がなくなる。
飲み込めなくなる。
味覚障害になる。

美味しくないので、食べたくないけれど、
ムカムカするのも嫌なので、何かを口に入れて見て後悔したり・・・

そのうち、元気がなくなって、
ソファーに倒れ込んでしまう。


1年前には想像もしなかったけれど、
10キロ以上も肉が落ちると、骨が出っ張っちゃって、寝ていても当たって痛いんだよ。
信じられないよね~
笑い話みたいで、現実なんだよ~って思うと、ちょっと情けない体だなぁ~って思う。


先月の放射線治療が終わり、
きっと元のように、そこそこ元気に好きな事が出来るようになると思っていた。

でも・・・
ちょっと違った。


胸の腫れが次第に大きくなってきているため、痛みも強くなっているし、
このまま放置していて、小さくならないことも、冷静に考えると理解できるようになっていた。


あまり食べられなくなっている事。
だから、力が出なくなって、何をしていても、すぐに疲れる事。
すぐに痛くなる事。


前向きな気持ちになれば、
多少、強気でいられるかな?と思って、
これからの「夢」についても考えているんだけれど、



それがね・・・・

最近・・・・


「本当にできるの?・・・・私・・・・」と、考えている自分がいます。




「大丈夫!」

「大丈夫!」


と言っていれば、今までどんな時も「大丈夫」でやってきていた。

「信じる者は救われる」って感じかな?



明るい事を考えていれば、
気持ちがそっちに作用して行くし、
迷わずに進む事ができた。




でも・・・・


現実って、


そうばかりじゃないことも、知っておくことは大切な事だ、と
最近理解できるようになった。



病院の先生が、おっしゃられた「終活」について・・・・

この事も、
これ以上辛くなったら、冷静には考えられなくなるんです。



だから、
今日は、今 気になっている事。
今の私に出来る事。
今後できなくなったら、人に迷惑をかけてしまう事。
1つ1つ・・・・主人と話をすることができた。


今まで考えたくなかった事。


動けなくなるかもしれないことは・・・
すぐではないかもしれないけれど、すぐかもしれないという事を、
今、目をそらさないで行く事が、本当に大事なのだと感じています。


いまでも、1日の中の数時間・・・
思考が停止してしまう時間が増えていて、

痛み止めで痛くはないけれど、体が動かない。
あたまが動かない。
やりたい!っていつもだったらワクワクする事が、
何も感じられなくなる。

そんなの嫌だ。って思うけど・・・・


これが、今の現実で。



もしかしたら、
明日になったら、今より元気かもしれないし、
元気になれる時間があれば、その時間を満喫して行く自信はあるけれど、
「弱気」を感じている時に、「大丈夫!」と跳ねのける力が出なくなるのも事実だという事を、受け止めざるをえない。
受けとめる事は、とても大切な事。


元気な時間があるうちに、やっておくことは何か?

何から、優先させていくのか?

冷静に判断していく事が大切な事だと思っています。




今日は、大切なお仕事・・
「ムジカノーヴァの連載」(実は締切りギリギリになっていますが・・)
に取り掛かる事が出来ました。

頑張って、頑張って、文章を考えて書きました。


あと少し、写真も入れたい!
イラストも描きたい!

そう思うけれど、その続きまで、体力が持たなかったから、
この続きはまた明日・・・・
きっと明日仕上げます。


ムジカの連載は、後9回分あるので、
出来れば、考えられるうちに、今、書きためてしまいたい。
そう思っていますが・・・出来るかな?


それと、
セミナーが出来なくなった分・・・・

ムジカの3年前からの連載についても、まとめていきたい。


少しでも、ピアノの先生方が、迷いなく自分の仕事に誇りを持って笑顔で取り組めるお手伝いをしたい。


その気持ちは、ずっと変わっていません。



なので・・・・

もう少し・・・・・力をください。






「現実」を、きちんと受け止めていく事は、
「命」を頂いた者の「義務」なのかもしれません。


自分が、今後、このまま動けなくなるかもしれない・・・・

その速度も分からない。


奇跡が起こって、元気になることを期待するのではなくて、
今までもそうしてきたように、
「今」の状態で、何がベストなのか?
思考が働くうちに考えて、いざとなったときに、自分の選択を受け入れられる生き方をしたいと思います。



「終活」に向けて、現実的に考えなくてはいけないことが沢山あるんですよ。

最期、何もできなくなるのだから、
その時に、誰に、何を任せて行くのか?
残された人たちが、迷わないように、きちんと自分の意思を伝えていく事がとても大切な事だと思うのです。


これは、私だけの事ではないし、
誰でも、もしかしたら、明日、自分の事になるかもしれない事なんです。



そんなことに気がつけるなんて、
私はやっぱりラッキーだと思います。




誰よりも元気な自分が好きだったよ。
人に心配されるのは嫌だったよ。
誰かのために、動き続けて居たいと思って来たよ。


でも、そうじゃなくたって、
友人も、家族も、きっと「大丈夫」って言ってくれるよね。

「弱気」になってもいいんだよ。
「しょうこさんは、しょうこさん」って言ってくれるよね。



家族も、友人も、やさしいです。
優しすぎます。

こんなに優しくしてもらって、
ずるい位だと思います。


今夜も主人特製、
「ワイルドな肉のオーブン焼き」です。
IMG_4389

タンパク質は、これを食べていれば、バッチリだね。

「いいよ、しょうちゃん・・すこし食べて、ソファーで寝ててね。
オレ、洗い物もやっておくから・・・」って、
こんなに優しくしてくれます。

お姫様みたいでしょ?(笑)



本当は、家族の前で、心配かけたくないし、
ぼーっとした顔も見せたくないんだけれど・・・・

私だったら「辛そうな姿」見るより「元気な姿」見たいじゃない?
そう思うんだけど・・・今、ちょっとできなくてごめんね。



今は、誰かのために、何も出来ないけれど
自分の出来る事を、出来る限り頑張るからね。



「弱気」に目を向ける日・・・・

これも大切な事だと気が付いた日でした。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村