しょうこ先生の日々。

埼玉県草加市のピアノ教師です。内容はその日その日の心を動かした数々を、思ったままに書きつづっていきます。

仕事

重版が決まりました。ありがとうございます!


先月発売になりました

『最高の発表会のつくり方』が、1カ月たたずに重版が決定となりました。

4511005103659

みなさまのおかげです。

本当にありがとうございます。



本来でしたら・・・・
出版を記念してセミナーなどで皆様に直接お伝えして行きたいところです。


しかし・・・
ご存知の通り、
私の体調が、セミナーを開ける状態ではなく、

私の本心としては、もどかしい気持ちでいっぱいです。
(ごめんなさい・・・・)



でも・・・・・・

みなさまにお願いです。


まずは、
とても細かく書き進めていった本を・・・・

何度も読んでいただきたい!思っています。



私は、自分自身で本を書くようになって、
気が付いたことが沢山あります。



私も、今まで 多くの著名な先生方の本を、
とにかく買い求め、読み、
そして、実際に セミナーでその先生の言葉で教えて頂く・・・

そんなことを繰り返してきました。


正直言うと・・・・
時には、ちゃんと熟読しないまま、セミナーに参加したこともありました。

でも、逆に、なかなかセミナーをされない先生の本を、何10回も繰り返して自分の肥やし
にしていったことも多かったです。


振り返ってみると・・・

やはり・・・・

自分の中に本当に取り込もうと思った時には、
最低3回・・・部分的には10回も、繰り返して読み、
そして、自分に置き換えて考え、
生徒や自分に当てはめてアレンジし・・・

それが大切なんだな・・・と、思います。


じっくり読んで、
何回も読んで、
自分の物になったかな?と思った時に、
著者の声を聴くことができたら、
どれだけ自分が進化することでしょう。



セミナーに行って、講師の先生の話を聴くことは、本当に貴重な体験になりますが、
その後も、やっぱり何度もその本を読む事が大切なんだと思います。



「楽譜」と一緒だな。


パッと見て、初見で弾けたとしても、
作曲家の本当の想いを受けとめる事は出来ない。

何度も、何度も練習して、
自分の中に曲が染み込み、
そして、もう1度、作曲家の意図を想う。

そこから、人に伝わる音楽が生まれて行く。



自分で、何万字もの文字を打ち込み、
構成を考え、
再び、自分の体験が人の役に立てるのか?
本当に、大切なことを伝えているのか?

いっぱいいっぱい考えて、1冊の本が出来上がります。
作曲家だったら、そこまで、あっちからもこっちからも・・・
何度も何度も自分から生まれる音楽と向き合って曲が出来る。


それが、分かったのです。


今回の「発表会」の本は、
毎年、全力で取り組み、試行錯誤し・・・

生徒達が、この体験によって、生涯「音楽」「ピアノ」を友として、生きて行けるように・・・
そう思って取り組んできたことを記した1冊です。


私の体験が、すべて良いと言っているのではありません。

でも、意味があるのか?ないのか?・・それも・・・
向き合ってみないと分からないと思うのです。



文字だけで、伝わり切れない部分もあるでしょう。
でも、そんな時は、スルーしないで、質問してくださいね。

どの質問にも、きちんとお答えできると思います。



今すぐ、セミナーは出来ないけれど、
かえって、今すぐじゃないほうがいいようにも感じているのです。
(本当は、もちろん!今すぐ、みなさんに会いたいですよ!!!)


でも・・・
私が病気と闘っている間に、
みなさんは、何度も読んで実践したり、疑問をもったりして頂けたら・・・・

いつか・・・・
私が皆さんの前でお話する機会ができた時には、
うわべのお話ではなく、中身の濃い話になるんじゃないかなぁ~
って思うのです。


中身がいっぱい詰まっている本ですので、
みなさんが、どの部分を1番知りたいのかなぁ~と言う事も気になります。

教えて頂けたら、このブログでも取り上げてご説明しますね!



私が、結婚した時に買った「お節料理」のレシピ集・・・
(もうページが破れて、セロテープもガビガビです(笑))

IMG_4801

IMG_4802

今回の本が、こんな風に何度も何度も開いて活用していただけることを願って書きました。



実際に、生徒達が、この教室を卒業する時にも、
この「発表会」の思い出を「自信の宝箱」に詰めて旅立っていきます。

お別れの時のお手紙にも、必ず「サマコン(発表会)」の事が書いてあります。

先日の発表会で、1期生が聴きに来てくれたけれど、その時にも・・
「オレ・・サマコンでこんなことやったよな~。懐かしいなぁ~」と、後輩たちに目を細めていました。


その1つ1つが自信になり、
高校、大学、社会に出た時にも、輝いていられる。

私はそう確信しているんです。



「ピアノやっていて・・・よかった・・・


元生徒達も、今の生徒も、保護者も・・・皆さんおっしゃいます。



是非・・・
隅々まで読んでいただき、
どうしてそんな気持ちになるのか?

コンクールで賞を取る。といった目に見える成果ではなくても、
心の中に、きちんと種を蒔いているのは何故なのか?



読んでいただけたら嬉しいです。


そして、分からないときは、ご質問ください。




正直・・・・

我が子の旅立ちを見送るだけで
その後、放任してしまっているようで、もどかしいですが・・・・

ちゃんと、見守っていますので。



みなさまが、キラキラ輝くステージを作るお手伝いを、
出来るだけ作って行けるように・・・・

本当に、応援しています。


生徒がキラキラ輝く! 最高の発表会のつくり方









ますこ しょうこ
全音楽譜出版社
2019-07-15


がんばれ!!


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

「出来ない仕事」&「出来る仕事」

最近、よく考える事は・・・
「仕事の意味」について・・・・


今までセミナーでもムジカの連載でも
「プロフェッショナルとは?」というテーマをしっかり考えて行こう。と提案してきた。



世の中には、数え切れないほどの「仕事」があって、
その取り組み方も千差万別。



でも、ベースになっているのは、どの仕事でも

*人のためになる事
*その行動で収入になること
*最後まで責任を持って取り組む約束であること


その他、いろいろ定義はあるけれど・・・



そこで、
「現場から離れる」と決心した私には、「仕事」は出来ないのか?
すべてを手放してしまったのか?


実は、そうではない。


「出来る仕事」と「出来ない仕事」を切り分けた。という事に、時間をかけて実感しています。


今まで私がメインで取り組んできた
「レッスン」と「セミナー」

これは、今この状態では「出来ない仕事」になった。

何故できないか????

「その時間の約束ができない」から。


入院の寸前・・・
しだいに通院が増えていき、
とうとうレッスンの振り替えをお願いしたり、
セミナーの日程を変更した貰う事もあり・・
出張セミナーは、キャンセルにまでしてしまった。


これは、プロフェッショナルとして、絶対にしてはいけないことだし、
どうしても無理な時は誰でもあるから、1回くらいは・・・と思う事もあるけれど、
やっぱり、その不安定な状態が今後も続くかもしれないと判断した時には、
それは「仕事」として引き受けてはいけないんだ。と思った。


目に見える「仕事」が私の全てだったら
「現場を離れます」と言った瞬間に、私の中から「仕事」のポジションが消えて行ったのかもしれない。


でも・・・

「出来る仕事」があった。

実は、その「出来る仕事」のベースを、今まで並行して取り組んできていたことに自分で気が付いた。

その時は、まさか現場から離れることを想定していたわけではなかったけれど・・・




たとえば「執筆」・・・・・・

これは、<締切り>はあるけれど、それまでの時間を自分でペース配分を考えて取り組む事ができる。

今回の新刊の出版も、ムジカの連載も、・・・・
1番<レッスン>や<セミナー>や<講師養成>や<新しい環境作り(Boston salon)>などバタバタと現場で動く仕事と並行して、真夜中に原稿を書いていたり、自分の時間のやりくり次第で出来る仕事にも取り組んでいたこと。

突然の入院で、
「出版は無理?」
「連載は中止?」と一時は思い、出版社の方にも弱気のメールを送ったことも事実。

でも、冷静になって考えてみると・・・
「出来る仕事」なのではないか?と思えてきた。


*責任を持って約束を果たす!

ギリギリの状態かもしれないけれど、
今、辞めてしまわなくてもいいのではないか?と思った。

そう思ったことで、「執筆」の仕事は、再び動き出した。



*人に喜んでもらう

これについて、面白い現象が起きている。
先日もブログに書いたように「貸しスタジオ」のお問い合わせが、突然増えた。
毎日のように・・・
土日は同時に2件3件ご利用いただいています。

地域の方からの連絡も多くなってきていて、本当に嬉しいです。

この「仕事」は、私が電話やメールを受け取って、空き状況を確認して
「空いていれば、来ていただく」というコネクター(接続部分)の仕事として成り立つことができる。

たとえば、私が病院で留守にしてしまう時はお断りも出来る。

そして、音楽大好きな人が世の中にたくさんいらっしゃることも、今までは知らなかったことも
そんなお仕事で知ることができるって幸せだなぁ~と感じている。


*教室のサポートをする

今までは、自分のレッスンで必死だった部分を、一歩離れて教室全体を客観的に見る事ができるので、ゆっくりと時間をかけながら、最良のプランを練ったり、アドバイスをすることも出来る。
教室が良い方向に動いて行けば、また活気も出てくると思う。



そんな風に、今の自分の状況を1番に考えて行っても
まだ、私には「出来る仕事」がある事は幸せだと思っています。





先週、ほとんどのレッスンを見学して、正直・・・・
「レッスンしたい!」って思ったし、
少しアドバイスさせてもらった時には、付き添いの保護者の方も
「しょうこ先生~レッスンできるじゃないですか~?」と思ったかもしれない。

私も事実「出来るんじゃない?」って思ったわけで・・・

でも・・・・
それは・・・・

その日、その時、体調が良くて、さらに頭の回転もフル回転していたから出来ていただけで・・・

それを「仕事」にすることは出来ない。

「また来週ね~」の約束が出来ない以上・・・
やっぱり継続的なレッスン、という仕事は出来ない。




「仕事」は、お金を頂いて約束を果たす事。

意気込みや、やる気だけでは成り立たない事。





私には「出来る仕事」が、まだあります。

もう少し頑張りたい仕事もあります。


ピアノ教育界の「縦の線」を太くしていきたいんです。
「横の線」はずいぶん太くなって、多くの先生が楽しそうにレッスンされていて、
その先生の元で育つ生徒さんも幸せになっているのでは?

でも、ピアノ講師初心者から、大ベテランの先生の「縦の線」がもっと太くなったらいいのに・・と思う。



「頭の中で構想を練る」
これも、今の私に出来る仕事かもしれない。



それには、
なんとか、今の状態以上に悪くならない事。
自分が辛くなったら、他の事が考えられなくなるので・・・・



今は、なんとか食べられるようになりたい。
何を食べても「甘く感じる」この不快感を無くして行きたい。


そろそろ野菜ジュース作ろうかな??


今日も素敵な1日をお過ごしくださいね。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

7月15日「最高の発表会の作り方」の本が出版になります。

あと2週間ちょっとになりますが・・・

全楽譜出版社から
「生徒がキラキラ輝く!最高の発表会のつくり方(ますこしょうこ著)」が出版となります。

IMG_3676


この本は・・・実は2年前から取り組んできたものです。

2年間一緒に頑張ってくださった全音楽譜出版のMさん
IMG_3648


しかし・・・
先月の緊急入院があって、本当にあと少しの所まで来ていて、
万が一・・・・・・・・だったとしたら、

もしかしたら、出版されなかったかもしれないと思うと・・・
本当に本当に、すべてに感謝の気持ちでいっぱいになっています。





昨年で20回目を終えた、私の教室の発表会は、
たった4人の生徒の時から、大人数になった今まで・・

毎年、趣向を凝らし、
1度も、全く同じパターンの発表会にはしませんでした。



教室を始めた時から、
「発表会」ってなんだろう?と思っていて、

ピアノを習っているんだったら、当然ついてくるもの?
だって人前で弾くなんて恥ずかしいじゃん!
なんて、私自身が思っている時もあったけど・・・

でもでも、絶対に生徒達は、人前でニコニコと表現できる人になってほしくて・・・


ドキドキするけど、頑張って表現したら、いっぱい拍手もらって・・・
「生徒も」「保護者も」幸せになる時間を作って行こう!

そう思った。

「生徒」や「保護者」が幸せだったら、
当然、「わたし」も幸せになって来る・・・・・



「発表会」っで楽しいよね!

絶対にそんな時間を作ろう!

・・って思った。





人数が多くなって、
ホールを使うようになった時、
すぐに気が付いた。



20年も前だから

「ピアノ発表会」って言ったら、


「1番〇〇さん・・曲は、メヌエットです」

ポロポロポロ~🎵

礼!

おしまい!




みたいな・・・・????

ホールのスタッフも、それが当たり前だと思っているから、

私がピアノソロ以外の提案を次々に話し始めると、本当にビックリして(呆れて・・・?)

「ピアノ教室でしょ?なんで」そんなことやるんですかぁ~??みたいな言われ方をされたこともあったっけ。



そこで・・

主宰は私です!!!!!


「はいっ!!!やります!!」

と言って、毎年毎年、色々な事にチャレンジしてきたんだ。

そのうちにね・・・
初めはびっくりしていたスタッフも、
「なんだかおもしろそうだなぁ~って思ってくれるようになって、
一緒に作り上げるお手伝いを、率先してやってくれるようになったんだ。



もちろん、ソロ曲は、丁寧に。



でもね・・・

ピアノが弾ける=音楽大好き=他の事も楽しめる!

その才能を持った子どもたちなんだから、活かさなきゃ!


*音楽劇
*お話組曲
*ボディーパーカッション
*合唱
*パーカッションアンサンブル
*2台ピアノ
*室内楽


またまた、
*ファミリーコーナーや
*会場中で楽しむコーナー


などなどなど・・・・


1回のコンサートの中にいっぱいのアイディアを詰めて、
それが20年分なんだから、・・・・・


書き上げるのに、2年!かかるわけだ(笑)



『会場中が笑顔に!』

<生徒><保護者><指導者><スタッフ><お客様>・・・・

みんなが楽しめる時間を作ることに、命をかけて!!!


当日に笑顔になるための『逆算』で、準備の時の悩みも解決できるように・・



とにかく、この教室で取り組んできたことを
できるだけご紹介しています。



どうぞ、手に取って、
ご自分の教室の発表会に合わせて、

まるで料理のレシピ本みたいに、選んで使ってみてくださいね!




もう少し詳しい内容は、後日全楽譜出版のホームページでもご紹介させて頂きますので、もう少しお待ちください。



私の教室は、目下、この本と並行しているがごとく・・・・サマーコンサートに向けて頑張っています。




スタッフとの打ち合わせも終わりました。

IMG_3733

IMG_3736

IMG_3734


もう、15年くらい、この教室を見守ってくださっているスタッフとの打ち合わせなので、
「ツーカー」「あ・うん」の呼吸で進みます。

今回からは、有里先生を中心に、内容を決めて行っているので、
私は「見守り隊」です。


こちらのスタッフに任せておけば、もう安心です。




長年やっていても、毎回真剣勝負。

今回だって、ハラハラドキドキの生徒達にどの手を使うか?作戦会議です。


でも、焦らず、子どもたちを信じ・・・
笑顔で当日が迎えられるように、頑張っていきたいと思います。



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

ムジュカノーヴァ連載『プロ意識を持ったピアノ指導者になろう~中級編』

一昨年から連載しているムジカノーヴァの連載
『プロ意識を持ったピアノ指導者になろう!』は、
IMG_3453

IMG_3452

IMG_3455

一昨年に『教室運営編』(初級)
昨年が『レッスン実践編』(初級
)があり、

今年の前半にかけては『特別編』が連載されていました。
読んでくださっていますか~~~??

実は・・
今年の後半からは、いよいよ『中級編』がスタートする予定でした。。。。


いつも原稿は前の月に送るのですが・・・
今回の入院、そしてその後の体調の悪さから、

「もしかしたら、連載も続けることは難しいのかも・・・」と、入院当初、音楽の友社の方ともお話していたのです。

しかし!!!
自分の中で「これだったら出来る!」と退院後、思って、続けることになりました!


残念なことに、1カ月お休みとなってしまいましたが、

昨日・・『中級編』の原稿を書きましたよ~~。

体を動かすわけでも、おしゃべりが止まらなくなるわけでもなく、
自分の体調の良い時に、執筆出来る限り、
私の中に、まだまだ溢れる思いを文章に出来る喜びを感じながら、書かせて頂きました。

また8月号から、登場させて頂きますので、よろしくお願い致します。



私って、本当にピアノ教育や、生徒、保護者、先生方が大好きなんだと思います。

ムジカノーヴァの原稿は約3000字なのですが、
昨日書き始めたら、痛みなんかどこかに吹っ飛んでしまい、
一気に書き上げげちゃった!

そして、うれしくなっちゃった。


セミナーは出来なくても、よかったら手にして読んでくださいね。


『中級編』の目標は、ホームセミナーと同じ<深める>です。



今後の連載のテーマは・・・・

IMG_3454

8月号『生徒・保護者に届く募集の方法』です。

今年、私の教室でいろいろと募集の見直しをしたことにより、2~3か月で15人の生徒さんが入会。
その具体例などを書きました。

9月号『レッスンで、すぐに使える <話し方講座>』

素敵な話し方・伝わる話し方をしたいですよね?
私自身、「話し方講座」に通ったり、本を読んだり、実践したり・・効果のある実体験を書いていきます。

10月号『レッスングッズの効果的な使い方』

いろいろなレッスングッズに振り回されていませんか?タイムリーに、どうグッズを使う事が良いのか?
何が必要か?など

11月号『生徒自身が生涯ピアノに向かうために押さえておきたい事』

私たちの目的は、目の前の楽譜を間違えなく弾かせることではありませんね!将来、今のレッスンが役立つ指導を考えてレッスンしなくてはいけないことを、まとめます。

12月号『生徒を10年間育てる時のポイント』

誰でも、10年間楽しいばかりではありません。成長段階で精神的にピアノに向かない時期もあります。その部分を客観的に分析しながら冷静にレッスンが出来るように考えて行きましょう。

令和2年1月号『ピアノの健康診断について』

今まで、ピアノの中身は調律師さん任せ・・よくわからないわ~という先生もたくさんいらっしゃると思いますがどうでしょう?
基本的に先生がピアノの状態をよく知る事で、生徒さんのお宅のピアノの健康にも
気を配ってあげられます。
人間が年に1回、健康診断を受けるように、ピアノも健康診断して行きましょう。

2月号『作曲・即興を、レッスンでどう取り入れるか?』

難しい作曲法を学んできた私たちは「禁則」などに縛られてしまって、作曲は難しい~と思っている人もいると思います。
でも、子どもたちの発想は無限大!楽しく作曲するアイディアをご紹介します。

3月号『少人数教室運営のポイント』

生徒が少ないを、かかる経費の方が大きく、色々な意味で大変な事も多いです。
でも、少人数だからこそ出来る事もいっぱいです。発想の転換法で、楽しく教室運営が出来るアイディアを考えて行きます。

4月号『大人数教室運営のポイント』

私の教室も多い方だと思いますが、(もっともっと多い教室もあります)1人1人をどう管理して行くのか?もしも講師を雇う時にはどんなポイントがあるのか?など・・具体的にお伝えします。

5月号『指導者の引き出しを整理する』

企業でも年に1度「棚卸」、ご家庭でも『大掃除』するように、カテゴリーに分けてきちんと整理して行きましょう。


「プロ」ですから!

少しでも楽しくピアノ指導に携われるように・・・・

頑張って、連載を書いて行こうと思います。



応援してね!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村

『講師面接』スタート!!

是非一緒に勉強しましょう!!
★ピアノ講師としてのスキルアップのセミナーです。
    ↓
平成31年度継続ホームセミナー(笑夢(M)ホール)参加者募集中
北海道継続セミナー『初級総合コース』参加者募集中

ご連絡、お待ちしています!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まるで、ジェットコースターに乗っているかの如く・・
たった3日で、
「相談」⇒「募集」⇒「応募者からの連絡」⇒「〆切」⇒「面接」と進んでいます。


先週の金曜日に、菜々子先生のバースディーランチ会をした時に出た話がそもそもの発端です。

「今はベスト状態でレッスン体制が出来ているけれど、今後の事を見越していくと、新しい講師が入ってくれるといいね!」

「ずっと募集しようと思っていたけど、どうやったらいいかなぁ~?」

「募集サイトはどうかしら?人気あるらしいよ」

「でも、ネットで登録するなんて~私出来ないよ~~(私)

菜々子先生がチャチャっとスマホで調べて
「先生、簡単に出来そうだよ~やってみたら?」

「・・・う・・・うん・・今日帰ってから、レッスンまでに、ちょっと時間あるから、見て見ようかな~~



これがスタート。


家に帰り、ドキドキしながら、求人募集サイトを開き、
ぽちっ・・・・・ぽちっ・・・・・・とクリックしてくと・・・・・


な・・・・・なんと!
すぐにそのサイトから電話が鳴った!!!

ビックリ!!!!!!!!!!

はやっ!!!


「ただいま、アクセスしていただき、ありがとうございます!
なにかお困りの事はないでしょうか?」


「は・・・・はい・・・・分からないことだらけです

そこから、電話で募集のシステムを丁寧に教えて頂き
あっという間に登録が完了した。


あれぇぇぇぇぇぇ~~~~~??良かったんかなぁ~~?



でも・・なんでもやって見なきゃわからない。
応募が来るか?来ないかもわからない。

やってみたことが・・いいことに決まってる!!!うん。



もう・・・募集する!って心を決めたから、
Facebookでも、ブログでも発信してみた。


すると・・・
夕方に募集を公開して、すぐ・・・
その夜に2人からの連絡。

その後、次々と連絡が入った。


ちょ・・・・・ちょとまて!
そんなに集まっても、募集は1~2人なのだから、
面接もそんなにはできないし・・・・ということで・・

たった2日の掲載でストップをかけた。


早速・・・
昨日1人目の面接でした。

私自身、「面接官」になったことなんてないので、
一体、何をお互いに知りたいのか?採用の基準はどこなのか?
明確にしないといけないと思った。

せっかく来てくれる人と、雑談して終わる訳にもいかない事は分かっていたから。


そこで、
セミナーの時のレジュメのようなものを作った。
資料もご用意した。

たまたま帰って来ていた下の息子に、いろいろ相談したら親身に相談に乗ってくれた。

20181211_063621

①「新規講師 面接の流れ」の紙
②「教室規約」
③履歴書代わりの「面接シート」
④「採用規定書」



早速、昨日の午前中の面接になった。
これを始めにお渡しし、スタート。

*「面接シート」を確認し、今までの職歴や経験や得意なことをお聞きする
*この教室の「教室規約」をご用意して、この教室の特徴や指導方針、行事などご説明する
*採用にあたり、条件となる事、お約束などを書いた「採用規定書」を作り、ご説明する。
*できればピアノを1曲弾いていただく
*ご質問など・・・



今回の募集の目的の1つは「講師を育てる」という部分も大きいため、
レッスン以前の『研修』に力を入れている。

継続ホームセミナーの参加
私から、使用教材の教材レクチャー
ミーティング参加

など・・・

週1日からでも勤務可能

もちろん、生徒が迷わない事が1番大切なので。
新しい先生が来てくださってレッスンがスタートした時に、
この教室の軸がぶれない事がとても大切だからです。

もちろん、それぞれの先生の個性は、大切にします。
その先生のやり方も大歓迎です。

でも、この教室の方針などは、初めにきちんとお伝えし、共感して頂かないとスタートできないからです。


「ピアノ、教えられるのね!じゃ・・とりあえずやってみましょうか?
分からない事はそのうち、追々に・・・・」
という訳にはいかない。

だから・・・
3か月くらいの研修期間を作ろうと思うのです。


でもね・・・
きっと、その研修はすごく楽しいと思うんだ!

N&Y&S3人でしっかりサポートしますから!(^^)!




自分を、ピアノ講師としてスキルアップさせながら
本当に素敵な講師になっていただけたら・・・
生徒も保護者の方も幸せになるでしょ?



今週・・・連日「面接の日」となりましたが、
どんな出会いがあるのか?楽しみです。


でも・・・
最終的には、どなたかに決めなくてはいけないため、

私自身「プロの面接官」としての判断力も試される・・・
と、またまたチャレンジャーのしょうこ先生でした。





クリスマスコンサートまであと2週間。
う~~~~・・・ピアノの練習も必死でやってい~~す

今日も素敵な1日になりますように♡

こちらもよろしくお願いします~ポチっ!
   ↓
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノ教室・ピアノ講師へ
にほんブログ村
記事検索
月別アーカイブ
プロフィール

しょうこ先生

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ

ブログの中にあるおいしそうなパンをクリック!すると、空からパンが振ってくる! パン好きな人のためのブログパーツ。
Powered by KAYAC