2011年02月21日

気持ちには気持ちで応えて

昨日、久しぶりに幼馴染のトシにあってきました。

トシは私の人生最初の親友です。

何しろ幼稚園の時からの付き合いですから。

幼稚園、小学校と私はほとんど毎日トシと遊んでいました。

トシは勉強も運動もよくできてその上誰にでも優しいので、たった一クラスしかない田舎の学校でいつも皆の中心にいました。

そんなトシはご主人を病気で亡くしてから、たった一人で二人の娘さんをそだてています。

昨日は日曜日だったので、午後は亡くなった主人のお母さんに会いに行くと仕度をしていました。

前々からトシとお姑さんの関係をうらやましいと思っていた私ですが、昨日は本当に良い話を聞きましたよ。

以下トシの言葉です。

「おかあさんはね、私が作って行ったものを本当に喜んでくれて、人が作ってくれた物って本当に美味しくてありがたいねと言ってくれるんだよ」

「もしも来世があるとしたら、亡くなった主人ともう一度結婚したいかって言うと迷う所だけれど、おかあさんとはもう一度嫁姑で出会いたいよ」


なんて素敵な関係でしょうね。

どんな高価なお返しよりも嬉しいおかあさんの言葉。

やはり気持ちには気持ちで応えなくては・・・ですよね?


この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/chocowanko32/51959693
この記事へのコメント
かま猫さん

私の姑もありがとうが言えない人なんだわ。

自分が歳をとった時には、ありがとうが言えるおばあちゃんになりたいね。
Posted by むうみん at 2011年03月09日 01:23
う〜ん…うらやましいなぁ!
私の姑も たった一言「ありがとう」って なぜ言ってくれないのか不思議。 私だけじゃなく どんな人にもお礼が言えない人だから。
また同じお姑さんと…って素敵だよね。トシさん 優しい人だからだね。
私は違う人がいいな。
Posted by かま猫 at 2011年02月27日 00:50