2011年03月14日

東北地方太平洋沖地震

2011年3月11日 15時前くらいだっただろうか、
代官山の事務所で仕事中にグラッと揺れた。

お、地震だ。
あれ、意外と長いですね〜。
あ!強くなってきた!!

どんどん揺れは大きくなり事務所内がゆがむのが目に見えた。
出口を確保をしようとしたら間仕切り壁が倒れコピー機が通路をふさいでる。
玄関にかざってあったポスターの額縁も落下しガラスが割れてる。
棚からは資料や材料のサンプル、カタログが崩れ落ちている。

とりあえず玄関を開け出口を確保し、揺れが収まるのを待った。
少し落ち着いてからとりあえずガラスや食器の破片を片付けていると、
余震が続きながら2度、3度と大きな揺れがきた。

そのたびに隣の事務所の方々と階段で外へ一時避難した。
体がいつまでも揺れているような気持ち悪い感覚になった。

事務所でテレビをつけると津波が。
あれよあれよという間に港町があちこちで飲み込まれて行く。
でも、その時はどれだけの被害がでるかなんて想像もつかなかった。
予想をはるかに上回る被害だった。

まさかこんなに多くの犠牲者が出ることになるなんて。
まさかこんなに大規模な災害になるなんて。
連日ニュースを見るたびに増える死亡者・不明者の数。
いったいどこまで増え続けるんだろうか。

これから一ヶ月は続くであろう余震。
家や家族を失った人々の不安と恐怖。
復興にどれだけの月日がかかるのか想像もつかない。

まだまだこれからが大変になるだろう。
僕に出来ることは限りなく微力である。
でもみんなで力を合わせればチリも積もることだろう。

被災地で亡くなられた方々のご冥福と、ご家族の方々にお見舞い申し上げます。
一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

choi_ce at 13:54│Comments(0)TrackBack(0)チョイスブログよりお知らせ 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔