2019年03月22日

今しかない

何かを製作するのに人がいる 

モノを作るのもそうですが 私たちの葬儀の仕事も同じである 

誰を選ぶかで決まると言っても過言でない

その人を選ぶということはその人の能力を把握していないと選べない

 

大規模な葬儀でも家族だけの葬儀であってもキャスティングは大事だ

出来る人は熱心 出来ない人は意欲が伝わらない 

やっていますと口では言うが伝わってこない 

入社して間のない頃でも解ってしまう この人はできるというのが

 

仕事ができる人は「早い」何かにつけて早い 

頭の回転も動きも 仕事に対しての取り組みが違う 

先日も生花担当者に言った 

昨日から決まっている祭壇をいつまでたっても作りに来ないので

電話をかけてみた

「今から行こうと思っています」と生ぬるい返答

 

「葬儀屋は今しかない明日なんてないんや 今言うたら今直ぐに動くことや」

明日でいいなんて考えたこともない 

私はせっかちである 今やれるのなら今やる

やれる時間があるならやっておく 

これは過去の経験で苦い思い出があるからです

 

私が担当していた「社葬」 前日の仕込みを深夜までかかった 

翌日ほとんど寝ずに本番

会社も忙しく私も打ち合わせに行った 

普通「社葬」を受け持っていると次の仕事は外してもらえるのだが 

何件も重なってしまい行かざるを得なかった

 

「社葬」の当日が打ち合わせに行った通夜になる 

お寺で行う 設営にも立ち会えない 社員に任せるしかない 

社葬を終わるまで身動きが取れない 心配だが仕方がない

社葬が終わったのが夕方の5時前 通夜が7時 

兎に角お迎えに行くぎりぎりの時間

 

まだお寺も見に行けていない状況 

寝台車でお寺にご遺族と一緒に向かった

お寺に着いた途端愕然とした 何もできていない 

本堂の生花祭壇だけが出来ている

社員も必死で作業してくれているが間に合わないのではと不安になった

 

その光景を見て喪家も「通夜 大丈夫ですか」と心配になり声をかけてくる

私も必死である 受付周り 祭壇回り とにかくやれるところをやると決めた

どうにかこうにか通夜が出来た 通夜の最中にも作業は続いていた 

流石に喪家は気づいた

「明日の葬儀はしっかり準備してくださいよ」

もう怒りが顔に出ている

 

こちらの事情は関係ない バタバタしたが通夜は終えた 

別室で親族は食事をとっていた 

私たちスタッフは汗びっしょりで設営を行っていた 

明日の分も今日やる どんなに遅くなってもやりきる 

設営が終わったのが 日にちが変わるころだった

人はあてにできない 自分しか信用できない 

仕事は「俺がやる」しかないのです


公詢社ホームページはこちらへ

  

Posted by choji0923 at 00:00Comments(0)

2019年03月19日

お笑い

息子が東京に行ってもうすぐ2年 

石の上にも3年ということわざがある

成功してほしい 

好きな道を選んで真っすぐその道を歩んでいる姿を見て羨ましいと思う 

現社会で自分の好きなことを職業とできる人がどのくらいいるのだろう

 

誰もが小さいときから夢を描いていた 

学校で大人になったら何になりたい

「プロ野球の選手」「オリンピック選手」「お医者さん」など

現実的でない夢を持つ

中学校 高校と進むうちに夢が変わっていく 

高校生になるとプロになるなんて無理と判断できる 

同じ野球部でもあいつだけは特別と思うやつがプロに行ける可能性がある

 

夢から覚めたとき自分は何になろうという目標すら失ってしまう

殆どの人がそうだと思う 

社会人になって自分が思い描いていた世界とは違う

それでも生きていくために働かなくてはならない 

 

何年か経つともっと給料がいいところを探したりする 

そして退職 違う所に行く

目的がないまま時が過ぎていく どこで働いても本人次第です 

それをこの仕事は俺には合っていないと判断 

そんな繰り返しで一生終えてしまう人もいる

 

その点我が道を突き進んでいる息子 羨ましい限りです 

親としては一日も早く所帯をもってもらいたいのが本音 

孫の顔も見たいものです それは親が思うことだけ

折角授かった「命」どのように使おうがいい 

これは親と子供の約束だ

 

但し人様に迷惑をかけることはしない 当たり前のことだが言っておいた

自分の道を進んでいくには並大抵の努力ではないと思う 

苦しんでこそ成長があると思っている 

自分が思うようになればいいがそんなことまずはない

 

先日 息子にメールした 

ある人の記事を読んでその文面の一部を送った

お笑いは あるある「すでにイメージが頭の中にある」

もしも「頭の中にはないけどイメージはできる」

この2点で笑いを起こしていると書かれていた

 

なるほど的を付いていると思い息子に送った 親バカなんだろう 

全く芸人の世界は知らないのにテレビでたまにお笑いを見るが 

これからはこの2点に注意して見るようにする 

参考になればと自分勝手な思い それも成功してほしい親の願いだ

 

芸人は一発当たればと言うが凄い確率の低い世界だと思う 

テレビに出ていないけどめっちゃ面白い人は沢山いるだろう 

チャンスに巡り合わなかったのでしょう

確率の低い世界にチャレンジしているのは百も承知している 

やれるところまでやればいい 一度決めた道 決断するのは本人だ



公詢社ホームページはこちらへ

  
Posted by choji0923 at 00:00Comments(0)

2019年03月15日

市民病院

人間ドックで引っかかった 不整脈 

循環器内科で再検査することになった

市民病院を紹介していただいて診てもらった 

兎に角凄い人 これだけ体の悪い人がいるのだと思った 

大半は高齢者 

 

受付から迷います 大きいのでどこに行けばいいのか全く分かりません

受付で説明を聞いていても迷う「Cの看板の受付に行ってください」

手渡されたゲーム機のようなもの 

首からぶら下げて取り敢えず目的地に向かう

 

問診票に記載して提出 血圧計で2度血圧を測る 

終わると看護師さんから問診を受ける

何で2度も 1度で済ませてほしいものです 

そこから先に心電図をとる

終わって主治医の部屋の前で待つこと1時間超え 

電光掲示板に45分遅れの文字

 

45分どころじゃない」と独り言 ゲーム機のようなものに音が鳴った 

画面を見ると290号の待合室で待機 

やっと順番が来たと一安心 紹介状を書いてもらっても同じ

目の前に来ているが診察が長い ここでも30分以上は経つ

 

やっと診察を受けることが出来た 

先生の説明を受けると来週からずっと検査

そんなに悪いのかと思う でも何の症状もないのに 日常生活も普通

運動も人の倍行っている めっちゃ健康やと自分で自負している

 

なのに検査 不整脈の要因を徹底的に調べるらしい 

こちらも断りにくいのでしぶしぶ頷いた 

「先生 検査したほうがいいのですか」とアホみたいな質問をしてしまった

なまじ元気なんで 必要なのかと疑ってつい言葉にしてしまった

 

案の定「当然です 原因を探さなければ治療はできません」とピシャリ

こんな病院に来たら元気なものでも病気になるわ 

気落ちしていたら看護師さんが来て

「今から採決に行ってください そのあとは尿も取っておいてください 

その横で来週の検査の説明を受けてもらってください」と

一気に追い込まれてしまった

 

今日の検査は終わった 

会計に行くと自動支払機で精算 凄いことになっている

いきなり診察券を入れると清算できないとの表示 

首にぶら下げているゲーム機に表示されるまで待ってくださいと

係の人に言われる また待つのか

病院は待ってばかりや 市民病院も近代化してさっぱりわかりません 

高齢者の方が多いのに理解できているのかと疑う 

人の温かみがない 今の時代なんでしょう


公詢社ホームページはこちらへ

  
Posted by choji0923 at 00:00Comments(0)

2019年03月12日

古き良き時代

2019年になって59日が経過した 

あっという間に時間が過ぎていく

1月もお正月から忙しくさせていただいている 

今年のテーマ「俺がやる」

社員に浸透するのにどのぐらい時間が要するのか心配です

 

一人一人の自覚で改善できる まだまだ人任せの人がいる

昨日もお酒の席でこの話が出た 

会社にとって必要な人材になっているのかどうか

この人がいないと困るぐらいでないと社員とはいえない

 

今朝 常務が担当課長に「仕事楽しいですか?」不意に質問されていた

暫く戸惑っていたが「楽しいです」と答えていた 

本音かどうかはわからない

仕事って楽しいと思えるのは人から頼りにされているときかもしれない

 

それが自信にもなって力が付いてくるのだろう 

どんな仕事でも言えること 接客業のスタッフがこぼしていた 

特に女性同士の妬みや嫌がらせはキツイ

自分よりお客の評判が良ければ あからさまな態度に出るらしい

 

評判がいいのは容姿だけではないと思う そこに気づいていない 

いや気づいていても認めたくないのだろう 自分ファーストだから 

これまでの実績もあるのだから嫌がらせなどせず

向上心を持つ方が賢明なのだが お客を奪われた腹いせに仲間を作りだす

 

挙句の果てに店の悪口を言い辞めてしまう このパターンはよく聞く

辞めてくれればいいがそのような人はどこのお店も雇わないだろう 

だから始末が悪い

どの業界でもこのような人はいる 学校でのいじめも同じである

 

仲間がいなければ何もできない 一番弱虫 

自分のやっていることを正当化する

私が育ってきた時代とは随分違う 確かにいじめはあったでしょう

今の時代のように陰湿ではない 死に追いやるほどのことはない

 

日本人の人への思いやる精神はどこに行ってしまったのか 

そう思うと私たちの時代の方がよかった 

自宅のカギなど掛けたことがない 

勝手に近所の人が家に上がり込んでいた

その光景が不思議とは思わなかった 

今と比べると恐ろしいことです

 

人同士が信頼しあっている時代 困ったときはお互い様

「今日ぜんざい炊くから待っときよ」と気軽に声をかけてくれる 

身内でもない人がそれ以上の仲になっていた

人は本来優しいのです 産まれたときは誰もがその心を持っている

育て方育ち方 周りにあたたかい人がいなくなった社会 

もうあの時代は来ないのだろう


公詢社ホームページはこちらへ

  
Posted by choji0923 at 00:00Comments(0)

2019年03月08日

無気力

ゆとり世代の雇用は難しい 

ゆとり世代のすべての人がそうではないと思う

実際 社員にも同じ世代の人がいる 

その人と比べれば天と地ほどの差がある

我社は採用して3か月間を目途に正雇用できるか判断させてもらっている

 

もちろん話し合いの中で決めていく 

担当課長の意見も重視して行う

職種が葬祭業 人と接する仕事である 何よりも礼儀礼節を重んじる

もちろん身だしなみも言葉遣いもこの期間で教えていくのだが 

挨拶もできない人は論外である 

雇用してからわかることもあるのだろう

 

履歴書ぐらいではわかりづらい だから面接するのである 

人をしっかり見て採用しないとダメです 

応募された方も 時間の無駄になる 

我慢も必要でしょうが無理なものは無理  

会社も期待して採用するのだがお互い合う 合わないはある

 

この仕事は気が利かないとか言われたことしかできないでは通じない

何より挨拶が出来ていないのは社会人としてもダメでしょう

私は自分の子供に勉強は出来なくても 

誰にでもキチンと挨拶ができるようにとだけ教えてきた 

これは応募する以前の問題である

 

人の目を見てしっかりと挨拶しないと不審者のように思われる

昨年から数人入社してきたが そのうち残ったのは僅かである 

だが残った人はそれなりに常識を兼ね備えているいい人材だと思う 

このまま伸びてほしい

 

「まだまだ仕事を覚えていないので 

一つ一つ覚え自信を持てたら正雇用お願いします」

このように言ってきた人もいる 

自己主張が強い人が多い中 本当に仕事を見つめている

やる気がありあり 先輩たちも見習ってもらいたいものです

 

この先輩も現状に胡坐をかいている 

もっともっと向上心を持ってほしい 

欲も持っていいと思うのだがここもゆとり世代と変わらない 

お金より休みである

時代が違うのでしょう 
私がこの業界に入ってきたころとは随分違う

その頃と比べるのはいけないのですが
せめて10分の1でもその気構えが欲しい

 

いくら良いと思う提案をしても無駄である 

これまでにも何度も話してきたがダメ

この人たちが将来この会社を背負っていくのだろう 

いつの日か目覚めるときが訪れればいいのだが 
やはり職人にはなれない 

作業員の気質なんでしょう 無気力世代なのか


公詢社ホームページはこちらへ

  
Posted by choji0923 at 00:00Comments(0)

2019年03月05日

人間ドック

何年かぶりに人間ドックの検査をした 

毎年の健康診断もここ数年うけていなかった

昨年末 県議会議員が来社されて勧められた 

切らずに治すがん治療

最新の放射線治療で診療される 神戸低侵襲がん医療センター

 

これまで胃カメラを鼻から入れたり口から入れたりするのが

苦痛で避けてきた

話を聞くとそんな苦痛はないとのこと 

半信半疑だったが議員が熱心に勧めてくれるので受けることにした 

大腸の検査は一度もしたことがないので不安だった

 

2日間 1日目は午前中で終わった 

聴覚 心電図 エコー CT など受けた

明日の予定を聞く この検査で最も苦痛なのがこれだった 

この日の食事も炭水化物でしかも午後7時までに食べ終える 

午後9時に薬を飲む 便が出やすくなる薬

 

夜の4時に一度トイレに行く 次が午前6時 

そこから2リットルの下剤を2時間かけて飲む 美味しい飲み物ではない 

普通の水でも2リットルを2時間はしんどい

大人が1日で摂る水分である 

飲み始めて1時間ほど経過すると便が催してくる

そこから2時間ほどトイレの往復が頻繁になる

 

大腸が綺麗に洗浄されていることが明らかになるまで出し切る 

でも2時間で飲んだ下剤 全て出たのかどうかは定かでない 

なんとなくお腹がぽちゃぽちゃ

正午に病院に行くと約1時間控室で休憩 

綺麗に洗浄されているかの確認のためらしい

 

いよいよ検査が始まる 少し緊張気味 まだ不安

あの胃カメラの状況を想像してしまう

看護師さんの指示通りにまずは点滴 そして麻酔のような薬を口に含まれる 

暫くすると口の中がしびれる 

そしてベッドへ 医師が体制を整えて

「痛み止めを点滴の中に入れます しばらく目を開けてください・・・・」

の声が聞こえたと同時に記憶がない

 

お尻の方でなんとなく動いていると気づくや否や

「はい吉田さん終わりましたよ」

「えっもう終わったのですか 何分ぐらい?」

「大体45分ぐらいです」

全く苦痛ではない あっという間である 

これなら毎年受けてもいいと正直思った

 

最後に院長先生から診察の結果を報告される 

今回 私は大腸に2か所小さなポリープが見つかった 

説明も解り易く納得できた 

除去を418日に決めてもらった

本来なら不安になるが安心して除去してもらえると確信した 

医療の進化に驚いた

AIが医療に入ってきて益々治療の精度も良くなる 

人間って凄い能力を持っている


公詢社ホームページはこちらへ

  
Posted by choji0923 at 00:00Comments(0)

2019年02月26日

お酒

酒飲みだった親父 ビールにウィスキーを入れて飲んでいた

酔っているのかどうかもわからない 酔ったところ見たことがない 

いくら飲んでも普段と変わらなかった 

家で飲んでいる姿とたまに外でご飯を食べるときに飲んでいる姿は

何も変わらない 息子の前だからかもしれないが強かった

 

遺伝子なのか私も最近よく飲むようになった 

20年前はビールをコップ一杯飲むだけで顔が真っ赤になって

頭がふらふらした 

付き合いで飲みに行くことがあっても殆どアルコールは飲まなかった 

それでも飲んでいる人と同じテンションで話していた

 

お酒を飲むようになったきっかけは佐藤コーチだ 

少しづつお酒の飲み方を教わった

ご存知のように佐藤コーチは球界でも有名な酒飲みである

ビールから始まって洋酒 焼酎 冷酒などを好んで飲んでいる 

銘柄もよく知っている

 

最初の頃 何を飲んでも味はわからなかった 

最近自分の好みがわかってきた

ウィスキーを好んで飲んでいます 馴染みの店2軒だけ 

バレンタインの30年を置いている 上機嫌のときにしか口にしない 

お酒を飲むときは楽しくなければいけない

 

一緒に飲む相手にもよる 

酔っぱらってヘロヘロにはならないように心がけている

家に帰ればバタンキューの時もある 外では見苦しい飲み方はしていない 

親譲りなのかもしれない 酒に飲まれるなというが適当に酔うのがいいのです

 

一緒にいて気持ちが良い相手 同じようにお酒を飲める人 

最近そう思うようになった

20年前のことを思うと申し訳ないと気持ちだ

上機嫌になったら立ち寄るバーがある 年配のマスターがいる 

 

扉を開けると優しい笑顔で迎えてくれる 

静かな口調で語りかけてくれる

ドアが閉まってこの空間だけが別世界 外の雑音が一切入らない 

静けさの中にあのCMで有名になったサントリーの音楽が流れ 

一気にこの空間に溶け込んでしまう

 

一人で一杯だけ飲むときが多い 

この静かなひとときは私にとって大切な時間です

これまでにやけ酒を飲んだ記憶はない 

酒で嫌なことを忘れようとしたことがない

嫌なことは引きずりたくない 

1分1秒で早く解消したいと決めている

 

お酒ではごまかせない 

いったん回避しても必ず解消しないといけないものです

そんなお酒は飲まないと決めている 

いつも楽しく適当に酔う これがいい



公詢社ホームページはこちらへ

  
Posted by choji0923 at 00:00Comments(0)

2019年02月22日

ホテルお別れ会

神戸のホテルからの依頼でお別れ会の祭壇制作を

担当することになった

献花式なので献花を終えたら隣の部屋で食事をする形式

その食事の部屋での花の装飾も任された ほぼ生花部が行う

 

大規模な祭壇はこれまでにも随分作ってきた 

神戸では我が社が一番多いと思う

実績もある 不安はない 

それよりもっといいものを作ることに頭を痛めていた

デザインから考え提案しなければならない 時間も限られている

 

3案提出した どれも難しい 

今までにないデザイン 挑戦したい思いで描いた

3案で最も難しいのが採用された 

それをどのように作るのか議論を重ねた

活発な意見も出た それぞれが発想したことを発言させた

 

小さな模型を作ってみたりしていた 

やはり考えるってことはいいことだと思う

生花部の倉庫は大きい 実寸で祭壇が組める 

色々やってみて答えが出てきた

これまでよりもっとスピードも上がる方法が見つかった

 

どんな困難なデザインでもこれなら可能になる 新たな自信である

生花スタッフは花の咲き具合もデーターに取り仕入れを行った 

花は生き物なので難しい 

思っているほど咲かなかったり 咲きすぎたりする

気温にもよる 週間予報をみて対応する それでも上手くいかない

 

花の産地を統一した今回のデーター 

参考にはなるだろうがいつも当てはまらない

1か月の間生花の難しさを改めて感じた 準備が整えば大丈夫 

仕事は段取り八分と言われる 

枠組みが完成したときもう大丈夫と確信した 

あとは花を挿していくだけである

 

生花スタッフ10人が挿していく 

それでも祭壇に費やした時間は6時間強

休憩を除いてそのぐらいかかった ホ

テルの担当者は早いと言ってくれたが満足できない

私たちはプロである 

当初予定していた時間を遥かに超えている そこが課題だ

 

出来上がりはまずまず 

次回への反省はあるが思い出に残る作品になった

今年の我が社のテーマ「俺がやる」

これがスタッフに浸透していれば違ったかも

スタッフ同士のコミュニケーションが足らなかったのも要因である

 

次回依頼あれば今回以上のものを作る自信はもった 

これは私だけではないと思う


公詢社ホームページはこちらへ

  
Posted by choji0923 at 00:00Comments(0)

2019年02月19日

ゆとり世代

我社にもゆとり世代の人が数名入ってきた 

私たちの育ってきた環境とは随分違う

2002年〜2010年まで「ゆとり教育」受けた人 

年齢で言うと14歳から34歳の人が該当する 

1984年〜2004年生まれ 14歳から18歳はまだ就職されないでしょう

 

ゆとり世代の人の特徴 言われたことしかやらない 

楽をして成果を出したがる

SNSやメールで欠勤を連絡してくる 競争意識が低く個人主義

学校の運動会で順位をつけないと聞いたことがある 

本当のことだったので驚きです

 

人と比べさせない教育 私たちの世代と真逆である 

仕事に対して積極的でない 何をやりたいのかよくわからない

「ほめて育てる」という教育方針だったゆとり世代 

「友達親子」とも言われている

 

少子化も重なって怒られることなく育った人が多い 

だからストレスの耐性が低い

少し注意しただけでも 会社を休んだり辞めたりする

怒るときも注意するときも周りに誰もいないところで

声を荒げないで言う

 

気を利かせるなんて全くできない 

自ら仕事をすることもない 「指示待ち」

言われたことだけはきちんとできる 明確に指示することが必要 

最後まで細かく説明しなければ動かない 本当にやりにくい世代である

 

全員がそうとは限らないのですが我が社のゆとり世代も

これに当てはまる人がいる

お葬式で気が利かないのはあり得ない 

先読みをして行動できなければこの仕事は無理だと思う 

電話が嫌い メールとかSNSは得意 パソコンは苦手 

会社にとって必要なのは苦手とする方ができる人です 

あとコミュニケーション能力も劣る

 

ではどのように接すればといいのか頭を抱えてしまう 

兎に角精神論は押し付けない

「君ならできる」「努力が足りない」が余計に引いてしまう 

論理的な裏付けがなければ取り組まない 

合理的でなければ仕事に不満がたまっていくのがこの世代

 

失敗することを一番恐れているので積極的に動かないとも言われている

仕事ができないと決めつけない 

電話に出ない 指示待ち人間 プライベート重視

打たれ弱いので凹ませすぎないように注意する

 

ゆとり世代の合理的な考えはある意味強みでもある 

良い関係ができれば貢献度の高い

社員に育つ可能性も秘めている「ほめて育てる」しかない 

育てるほうが神経を使わないと育ちません 

世代が違うだけでこうも違うのかと思う



公詢社ホームページはこちらへ

  
Posted by choji0923 at 00:00Comments(0)

2019年02月15日

悪夢のような

安倍総理が前政権の民主党に対して

悪夢のような民主党政権と批判した

民主党政権に代わる前の自民党がダメだから国民は民主党を選んだ

確かによくやったとは言えない 結果が出せなかったのは事実 

短期間でそれまで培ってきた自民党政権を

ひっくり返すには無理もあったと思う

 

安倍総理は長期政権で日本を牽引しているが 

この政権が終わって悪夢と言われないのかと問いたくなる 

この程度で日本が良くなったとは言えない

ロシアも韓国も中国も関係が良くなっていない 

長期にわたって外交してきた結果がこれではどうしようもない 

まして拉致家族のことも進展していない

 

アメリカにおんぶに抱っこではどうしようもない 

民主党政権を批判するほど優れているとは国民は思っていません 

他にいないから選ばれているだけ

旧態依然の体制に何ら変わりはない 

大臣を選ぶのも派閥から当選回数で仕事ができるとかで選出されていない 

厚生大臣もそうだが最もひどいのが五輪担当大臣

 

悪夢のようなとは池江選手が使う言葉だ 

この担当大臣は過去にも批判されている

「私は官僚が書いてきたものを間違わずに読むだけ・・・」

本人がここまで言っているのに辞めさせない総理 

誰に気遣っているのか 国民に目を向けていない証拠だ

 

池江選手が白血病と公表された 

その時の大臣のコメントが「がっかりした」馬鹿としか言いようがない 

来年の東京オリンピックで最もメダルが取れる選手である

そんなことは国民はわかっている 

その前に体のことを気遣うのが人間だろう

 

全く自分の立場しか考えない愚かな奴 

こんなおっさんが担当大臣なんて世界中に恥をかくだけである 

安倍総理も民主党を悪夢というなら 

国民はあなたが選んだ大臣こそ悪夢だ 

東京オリンピックまで総理がしたいので 

自民党の規約まで変えさせた

 

元号が変わる今年 噂では安倍の「安」の文字を入れるらしい 

そこまでするのかと思う

好き放題やりたい放題 森友問題も加計問題そして今回の統計調査問題も

総理から見である 忖度という言葉を巧みに使っている

 

安倍1強といわれる自民党 

正直他にいないのか それはそれで情けない話だ

今年は選挙の年 それでも自民党は勝つのだろう 

野党がだらしないから もう誰か出現してもいいのでは それを待っている 

出てこなければそれこそ悪夢だ



公詢社ホームページはこちらへ

  
Posted by choji0923 at 00:00Comments(0)