2019年02月15日

悪夢のような

安倍総理が前政権の民主党に対して

悪夢のような民主党政権と批判した

民主党政権に代わる前の自民党がダメだから国民は民主党を選んだ

確かによくやったとは言えない 結果が出せなかったのは事実 

短期間でそれまで培ってきた自民党政権を

ひっくり返すには無理もあったと思う

 

安倍総理は長期政権で日本を牽引しているが 

この政権が終わって悪夢と言われないのかと問いたくなる 

この程度で日本が良くなったとは言えない

ロシアも韓国も中国も関係が良くなっていない 

長期にわたって外交してきた結果がこれではどうしようもない 

まして拉致家族のことも進展していない

 

アメリカにおんぶに抱っこではどうしようもない 

民主党政権を批判するほど優れているとは国民は思っていません 

他にいないから選ばれているだけ

旧態依然の体制に何ら変わりはない 

大臣を選ぶのも派閥から当選回数で仕事ができるとかで選出されていない 

厚生大臣もそうだが最もひどいのが五輪担当大臣

 

悪夢のようなとは池江選手が使う言葉だ 

この担当大臣は過去にも批判されている

「私は官僚が書いてきたものを間違わずに読むだけ・・・」

本人がここまで言っているのに辞めさせない総理 

誰に気遣っているのか 国民に目を向けていない証拠だ

 

池江選手が白血病と公表された 

その時の大臣のコメントが「がっかりした」馬鹿としか言いようがない 

来年の東京オリンピックで最もメダルが取れる選手である

そんなことは国民はわかっている 

その前に体のことを気遣うのが人間だろう

 

全く自分の立場しか考えない愚かな奴 

こんなおっさんが担当大臣なんて世界中に恥をかくだけである 

安倍総理も民主党を悪夢というなら 

国民はあなたが選んだ大臣こそ悪夢だ 

東京オリンピックまで総理がしたいので 

自民党の規約まで変えさせた

 

元号が変わる今年 噂では安倍の「安」の文字を入れるらしい 

そこまでするのかと思う

好き放題やりたい放題 森友問題も加計問題そして今回の統計調査問題も

総理から見である 忖度という言葉を巧みに使っている

 

安倍1強といわれる自民党 

正直他にいないのか それはそれで情けない話だ

今年は選挙の年 それでも自民党は勝つのだろう 

野党がだらしないから もう誰か出現してもいいのでは それを待っている 

出てこなければそれこそ悪夢だ



公詢社ホームページはこちらへ