2019年03月15日

市民病院

人間ドックで引っかかった 不整脈 

循環器内科で再検査することになった

市民病院を紹介していただいて診てもらった 

兎に角凄い人 これだけ体の悪い人がいるのだと思った 

大半は高齢者 

 

受付から迷います 大きいのでどこに行けばいいのか全く分かりません

受付で説明を聞いていても迷う「Cの看板の受付に行ってください」

手渡されたゲーム機のようなもの 

首からぶら下げて取り敢えず目的地に向かう

 

問診票に記載して提出 血圧計で2度血圧を測る 

終わると看護師さんから問診を受ける

何で2度も 1度で済ませてほしいものです 

そこから先に心電図をとる

終わって主治医の部屋の前で待つこと1時間超え 

電光掲示板に45分遅れの文字

 

45分どころじゃない」と独り言 ゲーム機のようなものに音が鳴った 

画面を見ると290号の待合室で待機 

やっと順番が来たと一安心 紹介状を書いてもらっても同じ

目の前に来ているが診察が長い ここでも30分以上は経つ

 

やっと診察を受けることが出来た 

先生の説明を受けると来週からずっと検査

そんなに悪いのかと思う でも何の症状もないのに 日常生活も普通

運動も人の倍行っている めっちゃ健康やと自分で自負している

 

なのに検査 不整脈の要因を徹底的に調べるらしい 

こちらも断りにくいのでしぶしぶ頷いた 

「先生 検査したほうがいいのですか」とアホみたいな質問をしてしまった

なまじ元気なんで 必要なのかと疑ってつい言葉にしてしまった

 

案の定「当然です 原因を探さなければ治療はできません」とピシャリ

こんな病院に来たら元気なものでも病気になるわ 

気落ちしていたら看護師さんが来て

「今から採決に行ってください そのあとは尿も取っておいてください 

その横で来週の検査の説明を受けてもらってください」と

一気に追い込まれてしまった

 

今日の検査は終わった 

会計に行くと自動支払機で精算 凄いことになっている

いきなり診察券を入れると清算できないとの表示 

首にぶら下げているゲーム機に表示されるまで待ってくださいと

係の人に言われる また待つのか

病院は待ってばかりや 市民病院も近代化してさっぱりわかりません 

高齢者の方が多いのに理解できているのかと疑う 

人の温かみがない 今の時代なんでしょう


公詢社ホームページはこちらへ