合気道月光流道場長・チョコ助と伊東健治の公式ブログ 「骸(むくろ)をつけていま一戦(ひといくさ)せん!!」

合気道月光流の道場長・チョコ助と伊東健治の不思議と神秘のパワーブログ。チョコ助が身体を張って様々な謎に挑みます!!たまに合気道のことやります。

恒持神社 『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』


チョコ助の平将門公聖地巡礼シリーズ‼️
φ( ̄ー ̄ )
今回はレンタカーを利用して、東京都青梅市から埼玉県の秩父地方の将門伝説を巡ってみました。
秩父市編・その⑮。



今年は秩父市の高篠地区にある将門伝説を巡ってみた小生。
🚗💨
最後に訪れたのが、秩父市山田に鎮座している「恒持神社」です。
こちらは平将門公の祖父である高望王(平高望)の弟、恒望王を祀る神社であります。
d( ̄  ̄)


image
 

『恒持神社 (つねもちじんじゃ)』
所在地  埼玉県秩父市山田1606
TEL  0494ー23ー6460
アクセス  秩父鉄道秩父駅より西武バス皆野駅行、定峰行、定峰峠入口行のいずれか11分、山田下車すぐ


秩父観光ナビはこちら👇





今回も村上春樹著「平将門伝説ハンドブック」(公孫樹舎)より引用させていただきます。

【恒持神社  (秩父市山田)】
平将門の祖、高望王の弟という恒望王の霊を祀る。
(「埼玉の神社」昭和六十一年  埼玉県神社庁 神社調査団 )


 続きを読む

立石御前社 『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』


チョコ助の平将門公聖地巡礼シリーズ‼️
( ̄▽ ̄;)
今回はレンタカーを利用して、東京都青梅市から埼玉県の秩父地方の将門伝説を巡っております!
🚗💨 
楽しかった将門伝説を巡る秩父の旅もいよいよ終盤戦。
秩父市編・その⑭。



今年は秩父市の高篠地区の将門伝説をはじめて巡ってみました!
定峰にある「野栗明神」を参拝した後、県道11号線を通って栃谷地区まで戻って来ました。
この地には、平将門公の妃、立石御前にまつわる伝承が残されているそうです。


村上春樹著「平将門伝説ハンドブック」(公孫樹舎)より引用させていただきます。
m(_ _)m

【立石御前社 (秩父市栃谷)】
平将門の妃、立石御前を祀るという。
(「新編武蔵風土記稿」文政十一年 間宮士信ら )


image


 
 続きを読む

野栗明神 『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』


チョコ助の平将門公聖地巡礼シリーズ‼️
.。゚+.(・∀・)゚+.゚
今回はレンタカーを利用して、東京都青梅市から埼玉県秩父地方の将門伝説を巡っております!
🚗💨
秩父市編・その⑬。 



楽しかった秩父地方の将門伝説を巡る旅もいよいよ終盤である。
ε=ε=(;´Д`)
最後に秩父市の高篠地区の将門伝説を巡ってみることにした。


まずは秩父市定峰にある「野栗明神」をご紹介しよう。
こちらは、石間城(城峰山)の戦いで敗れた将門軍(または平将平の軍)の残党・磯田家が、この地に隠遁し野栗明神を祀った、と伝えられている。


image


『野栗明神』
所在地  埼玉県秩父市定峰 




今回も村上春樹著「平将門伝説ハンドブック」(公孫樹舎)より引用させて頂く。
m(_ _)m

【野栗明神 (秩父市定峰)】
城峰山の戦いで、敗れた残党がこの地に遁れ、野栗明神を祀ったと伝えている。
(「新編武蔵風土記稿」文政十一年 間宮士信ら )


image




 続きを読む

将門園 〜将門塚・正門〜 『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』


チョコ助の平将門公聖地巡礼シリーズ‼️
.。゚+.(・∀・)゚+.゚
今回はレンタカーを利用して、東京都青梅市から埼玉県の秩父地方の将門伝説を巡っております!
🚗💨
秩父市編・その⑫。



前回ご紹介した「将門橋」を通り過ぎて、「道の駅 あらかわ」方面へ右折すると観光農園の看板が見えてきます。
農園の名前は、なんと「将門園 (まさかどえん)」と言います!


この地には、かつて「将門塚」という塚があったそうです。
平将門公の墓とも、武具を埋めた場所とも言われています。
残念ながら現存しません。

掘ってみたところ何も出て来なかったので、その後取り壊されてしまったそうです。
(ー ー;)

image  



村上春樹著「平将門伝説ハンドブック」(公孫樹舎)より引用させていただきます!

【将門塚  (秩父郡荒川村日野)】
平将門の墓、または武具を埋めた塚と伝える。
この辺りでは、桔梗を植えてはならないといわれていた。
※現在、塚があったという所は、畑となっている。
(「奥秩父物語」昭和五十七年 町田良平  まつやま書房 )



8月中旬から10月中旬位までは、ぶどう狩りのシーズンです。
( ´ ▽ ` )ノ🍇
せっかくなので「将門園」に寄って、お土産にぶどうを買うことにしました!


image  image


『将門園 (まさかどえん)』
住所  埼玉県秩父市荒川日野584
TEL  0494ー54ー1699 
TEL  0494ー54ー0099 (ぶどう園)
FAX  0494ー54ー1699
営業時間  9:00〜17:00
アクセス  秩父鉄道「武州日野駅」より徒歩5分


「将門園」のHPはコチラ👇







 続きを読む

将門橋・将門の滝 『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』


チョコ助の平将門公聖地巡礼シリーズ‼️
(*´Д`*)
今回はレンタカーを利用して、東京都青梅市から埼玉県の秩父地方の将門伝説を巡っております!
🚗💨
秩父市編・その⑪。



将門伝説が数多く残っている、秩父市の荒川地区(旧 秩父郡荒川村)を今年も訪れてみた小生。

前回ご紹介した「奥秩父白久鉱泉 将門のかくし湯  みやこ旅館」から、「道の駅あらかわ」方面へしばらく行くと、「将門橋」がありますよ!

「押手沢」という沢に架かる橋です。
そんなに古い橋ではありませんが、この近くにある「将門塚」にちなんで名付けられたのでしょう。


image


今回も村上春樹著「平将門伝説ハンドブック」(公孫樹舎)より引用させていただきます。
m(_ _)m


【将門橋  (秩父郡荒川村日野)】
将門塚の側の沢に掛る橋である。(古くからあったものではない。)
(「角川日本地名大辞典」昭和五十三年〜平成二年  角川書店 )





 続きを読む

白久温泉 『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』


チョコ助の平将門公聖地巡礼シリーズ‼️
v( ̄∇ ̄)v
今回はレンタカーを利用して、東京都青梅市から埼玉県の秩父地方の将門伝説を巡っております‼️
秩父市編・その⑩!



平将門公の伝説が数多く残されている秩父市の荒川地区(旧 秩父郡荒川村)を訪れた小生。
この地にある「城山」は、将門の居城だったという伝承があります。
また、敗走してきた将門公がこの地で身を隠していたという言い伝えがあるのです!
d( ̄  ̄)


秩父鉄道「白久駅」周辺には、古くから営業している鉱泉宿が点在しています。
「白久温泉 (しろくおんせん)」と言います。
開湯伝説によれば、平将門公が当地で湯治をしたと伝えられています!

古くは、「三峯神社」の参拝客が多く入浴したそうです。
江戸時代には、鹿の湯として秩父七湯にも数えられたとか。
♨️


image


先日ご紹介した、秩父札所三十番の「法雲寺」の近くにも旅館が二軒あるのですが、将門ファンならぜひ宿泊して頂きたいのが「奥秩父白久鉱泉 みやこ旅館」。
こちらはなんと〝将門のかくし湯〟ですよ‼️
(≧∇≦)♨️




『奥秩父白久鉱泉 将門のかくし湯 みやこ旅館』
住所  埼玉県秩父市荒川白久77
TEL  0494ー54ー1415


秩父観光協会のHPはコチラ👇






「みやこ旅館」に伝わる将門伝説より引用させていただきます。

【常陸国府を始め関東の大半を攻略、支配した平将門は939年(天慶二)、下総の猿島に王城を営み、自らを新皇と称して関東八ヶ国の独立を宣言した。それに対し、朝廷は藤原忠文を征東大将軍として追討に向かわせたが、その軍が到着する前に、平貞盛と藤原秀郷らに急襲された。傷ついた将門は敵軍から逃れ、身をかくし傷を癒さなければならなかった。そして、たどり着いた場所がここ奥秩父の地、宿をとり湯に浸り、身を休めていたと伝えられています。】




 続きを読む

城山 『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』


チョコ助の聖地巡礼シリーズ‼️
(*゚∀゚)っ
今回はレンタカーを利用して、東京都青梅市から埼玉県の秩父地方の将門伝説を巡ってみました。
🚗💨
秩父市編・その⑨!




将門伝説が数多く残る、秩父市の荒川区を巡っております。
旧秩父郡荒川村で、2005年(平成十七年)4月1日に秩父市・吉田町・大滝村と合併し、新たに秩父市となりました。
その名の通り、中央部を荒川が流れており、観光スポットも多いので、将門ファンにオススメのスポットですよ!
d( ̄  ̄)



秩父札所第30番の「法雲寺」を参拝してから、谷津川に沿ってさらに奥に行くと「城山 (じょうやま)」が聳え立っています。
標高648m。

こちらには「熊倉城」の城跡があります。
別名を「日野城」ともいい、室町時代に築かれた山城で、太田道灌に追われ、秩父山中に逃げ込んだ長尾景春の築城とされています。


しかし、この地にも将門伝説があるのです。
この地の「城山」は、平将門公の居城と伝えられており、ここで桔梗の前が敵方に内通した疑いで惨殺されたと言われているのです!
d( ̄  ̄)


image


『熊倉城 (くまくらじょう)』
所在地  埼玉県秩父市荒川日野

ニッポン城めぐりのHPはこちら👇





村上春樹著「平将門伝説ハンドブック」(公孫樹舎)より引用させていただきます。

【城山  (秩父郡荒川村日野)】
この地の城山は、平将門の居城という。
ここで、桔梗の前が敵方に内通した疑いで惨殺されたと伝える。
(「奥秩父物語」昭和五十七年 町田良平  まつやま書房 )



 続きを読む

法雲寺 〜将門の隠れ里〜 『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』


チョコ助の平将門公聖地巡礼シリーズ‼️
(・∀・)つ

今回はレンタカーを利用して、東京都青梅市から埼玉県の秩父地方の将門伝説を巡ってみました!
🚗💨
秩父市編・その⑧。



将門伝説が多く残る、秩父市の荒川白久(旧 秩父郡荒川村)にやって来ました。
「自由山円通寺」から、秩父鉄道「白久駅」へ。
駅前から山間の坂道を車で登って行くと「瑞竜山法雲寺」に到着します。


秩父札所の第30番で、楊貴妃所縁の寺院でもあります。
この地の法雲寺奥院近くの洞窟は、将門の隠れ里というそうですよ。
d( ̄  ̄)


image


『瑞竜山 法雲寺 (ずいりゅうざん ほううんじ)』
所在地  埼玉県秩父市荒川白久432番地
TEL  0494ー54ー0108
アクセス  秩父鉄道「白久駅」より徒歩20分


秩父三十四所観音霊場のHPはコチラ👇




村上春樹著「平将門伝説ハンドブック」(公孫樹舎)より引用させていただきます。
m(_ _)m

【将門隠れ里  (秩父郡荒川村白久)】
この地の法雲寺奥院近くの洞窟は、将門の隠れ里という。
(「秩父の将門伝説」平成九年  町田包治 )




続きを読む

自由山円通寺 『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』


チョコ助の平将門公聖地巡礼シリーズ‼️
(・∀・)つ

今回はレンタカーを利用して、東京都青梅市から埼玉県の秩父地方の将門伝説を巡っております!
秩父市編・その⑦!


大達原集落から、次に秩父市の荒川白久地区にやってきました!
🚗💨
ここ荒川白久(旧 秩父郡荒川村)にも、多くの将門伝説が伝えられていますよ。
秩父鉄道の沿線なのでアクセスも良く、観光スポットも多いので、将門ファンにオススメのエリアであります。
( ´ ▽ ` )ノ


image

 
まずは「自由山円通寺」に行ってみましょう!
しだれ桜で有名なお寺です。
こちらの地蔵堂の地蔵尊は、平将門公が戦場に赴く際、常に従者に背負わせて、身辺に安置していたと語り継がれてきたそうです。


image


『自由山円通寺』
所在地  埼玉県秩父市荒川白久912
アクセス  秩父鉄道「白久駅」より徒歩15分

秩父市のHPはコチラ👇


 

村上春樹著「平将門伝説ハンドブック」(公孫樹舎)より引用させていただきます。
m(_ _)m

【自由山円通寺 (秩父郡荒川村白久)】
この寺の地蔵堂の地蔵尊は、将門が戦場に赴く際、常に、従者に背負わせて、身辺に安置していたと語り継がれて来たという。

 

 続きを読む
ギャラリー
  • 恒持神社  『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』
  • 恒持神社  『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』
  • 恒持神社  『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』
  • 恒持神社  『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』
  • 立石御前社  『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』
  • 立石御前社  『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』
  • 野栗明神  『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』
  • 野栗明神  『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』
  • 野栗明神  『平将門公伝説 埼玉県秩父市編』
  • ライブドアブログ