チョコ助の世界のUMA事件簿‼️

1966〜67年にかけて目撃された未確認動物「モスマン」。
アメリカ合衆国ウエストバージニア州の小さな町を恐怖に陥れた怪物である!
UFOの内部に吸い寄せられていくモスマンを見たという証言もあり、宇宙人のペット=エイリアン・アニマルではないかとも言われているのだ!
👽
そのためUFO事件として扱われていたりする珍しいケースだ。
モスマンを題材にした映画等も製作されているので、ご存知の方も多いであろう。

・体長は約2m。
・全身を覆う褐色および灰色の長い体毛と大きな翼、頭も首もない頭部と一体化した寸詰まりの胴体。
・巨大な目が赤くギラギラと輝く。
・後肢で直立する。
・地上ではじっとして動かないが、飛行中は車を追うなど好奇心が旺盛。

image


ある日を境に、パッタリと姿を消したモスマン。
その正体は今も謎とされている。


《事件の概要》
最初の目撃は1966年11月2日の昼過ぎ。
アメリカのウエストバージニア州ポイントプレザントという小さな町に住む女性、バージニア・トーマスが、TNTエリア(TNT=爆弾の一種。第二次世界大戦中、爆弾集積場だったためにこの名が付いた)にある古い発電所の近くで、灌木の茂みの中でうごめく全身灰色の巨大な怪物を目撃した。怪物は頭部とも顔ともつかない部分に、大きな赤い目があり、背中には大きな翼があった。
彼女は怪物が地面を滑るように移動するのを見て、近くの自宅に逃げ込み、怪物が去っていくのをじっと待ったという。

以後、TNTエリア周辺で、褐色もしくは灰色の空を飛ぶ怪物の目撃が多発した。

11月15日の深夜、TNTエリアを車で走行していたロジャー・スカーベリー夫妻とスティーブ・マレット夫妻の4名が、廃墟となった旧発電所を通過中、道路脇に立っていた怪物を目撃した。
体長は約2m、大きな赤い眼は異様にギラついており、その眼は車を睨みつけていたという。
間もなく怪物は背を向け、足を引きずるようにして去っていった。
TNTエリアから脱出し、ポイント・プレザントへ通じるルート62号へ入ったとき、突如「キーキー」と鳴きながら、先程の怪物が翼を広げて車を追いかけてきた。
しかし怪物は不意に4人の視界から消えたという。
その後、彼らは保安官事務所に行き、パトカーに乗って目撃現場に引き返したが、何もいなかった。

この事件を皮切りに、ポイント・プレザントの怪物は世界的に知られるようになった。
地元の住人はこの怪物を単に「バード(鳥)」と呼んでいたが、「人の形をした蛾のようだ」とのことからマスコミによって「モスマン」と名付けられた。

 
最初の目撃事件から13ヶ月後の1967年12月15日、ポイント・プレザントとオハイオ州カノーガを結ぶシルバー・ブリッジ付近で目撃されたのを最後に、モスマンの目撃は途絶えた。
同日、シルバー・ブリッジは大規模な崩落事故が発生し、46人が犠牲になるという大惨事であった…。


1966年12月、ジャーナリスト兼超常現象研究家ジョン・A・キールという人物がモスマンについて調査に乗り出した。地元紙「 メッセンジャー」の在ポイント・プレザントの通信員メアリー・ハイアーと共に現地調査を進めていくと、奇妙な事実が判明した。モスマンが出現するようになってから、ポイント・プテザントでUFOがしばしば目撃されるようになったという。
1967年11月深夜、キールはハイアーとTNTエリアを車で走行中、目の前の小山の上空を移動するUFOを目撃した。
その直後、ハイアーが不吉な夢の話をし始めた。
「大勢の人が溺れていて、クリスマス・プレゼントの箱が散乱しているの…。
何か恐ろしい事が起こりそうな気がして落ち着かないの。」
この悪夢は現実となった。
シルバー・ブリッジの大事故を知ったハイアーは 「私が見た夢と同じ光景だ」と語っている。
橋が崩落する直前に、シルバー・ブリッジ上空を飛行する12機のUFOと、モスマンが橋の上に止まっているのが目撃されている。
関連は不明。
UFOやモスマンは大事故の危険性を知らせようとしていたのか⁉︎
このキール氏の著書「モスマン・プロフェシー」であるが、内容は小説仕立てで脚色やフィクションも多く含まれているようだ。

この大惨事以降、モスマンの目撃は完全に無くなったそうだが、今度は「モスマンの呪い」が人々を恐怖に陥れるようになったという。
モスマンに関わった人間が怪死したり、不幸になるという怪現象が起こり始めたという。
モスマン事件を題材にしたハリウッド映画「プロフェシー」(2002年)の関係者たちが、次々と怪死と不幸な出来事に遭い、その数は80人を超えるとか。
(ちなみにこの映画、キール氏の本を原作としている。)


image
(アメリカで撮影されたモスマン⁉︎)



不幸を呼ぶUMAというのも珍しい。
モスマンの正体について有力だと言われているのがワシなどの大型猛禽類を誤認した「鳥類説」。
ただし目撃者によると鳥とは全く違うと述べている。
その他に「先住民族の呪い説」「黒いゴミ袋説」などがある。


とにかく諸説あって真相はよく分からない。
ところで、事件のあったポイント・プレザントではモスマン・フェスティバルが開催されているらしい。
全米から大勢の観光客が訪れるそうで、モスマンフィギュアが販売されたり、モスマンが出現した現場を目撃時間に合わせて巡るツアーなど様々な企画が実施されるそうだ。
2003年には町にモスマンの像が建てられているのだ。
2005年にはモスマン博物館もオープンしたとか。



ポイント・プレザントにあるモスマン像がこちら!
image


失笑です。
(ー ー;)
何すか、これ。

目撃証言と全然違うじゃん!
Dr.スランプに出てくるガッちゃんのリアル・ヴァージョンである(笑)。

でもモスマン・フェスティバルにはちょっと行ってみたい気がする。
ロズウェルもそうだが、アメリカではUFOやUMAも町おこしに利用されてしまうようだ。
恐るべし!