ちょこキャリ日記 整理収納アドバイザーの収納術

整理収納 お片づけコーチング  輝けるライフスタイルの提案

2017年度のセミナースケジュール

 春一番が吹いて、もう重たいコートを脱ぎたいですね。
寒の戻りはあるでしょうが、おしゃれさんは、そろそろ分厚いセーターや、厚手のコートから、春色にシフトしているでしょうか?

 私も今日は、厚手のデーターや、この冬のヘビーローテのセーターを洗ったところです。
暮らしの丁寧は、こういう季節の先取りも必要なのかなと思います。 

 まだまだ準備中もありますが、Studio HAGAの講師陣によるセミナーのスケージュールが更新されました。
残念ながら、今年からわたしの吉祥寺の家は、娘夫婦にレンタルすることとなって、各会場は各講師の自宅になっています。 でも片づけ上手な講師陣のおうち訪問も兼ねたセミナーは、きっとたくさんのヒント満載になりますよ。

新しいスケジュールは、こちらから→

どうぞ、奮ってご参加くださいね。


ただいま、絶賛!50肩のわたし。
みなさんにたくさんの改善方法をアドバイスいただき、片っ端からお試し中です。
 この冬は、編み物に人生ささげちゃってますからね。そのせいだとわかりつつも、編み物止まりません。詳しくは、プライベートブログYUKKESCRAPから、どうぞ。 

新年スタッフミーティング 〜ポットラックの掟〜

 Studio HAGAの新年スタッフミーティングです。
11年目を迎え、創業当時の目の回るような時代を懐かしみながら、いつもの通り建設的な話し合いが和やかに。
会議は無駄というけれど、ほとんど会議をしないのに、コミュニケーションも、みんなの気持ちも同じ方向を向いていて、いつもいいチームに恵まれているなぁと思います。

 今年の抱負を語るのは、おもてなし講座の講師をしている畑農邸。
家事達者なスタッフのささっとの準備してくる毎回のポットラック(お持ちより)のパーティーは、上級者クラスといってもいいほどに、みな洗練された一品ばかり。
c3

 テーブルコーディネートも上級者ですが、盛り付けも素敵でしょ?
毎回、ほとんど事前の打ち合わせがないのにね。すごいレベルです。

c5


c4

 パーティーや、お持ちよりで気をつけたいアドバイス。
初めてのお宅や、人数が多いときに料理を持参するときは、ぜひとも、盛り付けた状態で持参すること!
キッチンで、会場のお宅の器を借りるのもいいのだけけれど、会場提供者は、飲み物のグラス、取り皿やその他の準備でキッチンをあけておいてくれるとは限りません。
c2

 タッパーから上手に盛り付けたとしても、てんてこ舞いのキッチン・バックヤードに入るのは、気心が知れていてこそ。こういうの、日本人だけなのよね。
c1

到着したら、そのままテーブルにお料理をだせるというのが絶対の掟と私は思っています。

海外のポットラック上手は、実にこの辺りの器選びが上手。
使い捨てのトレイや、そのまま出してもおかしくない密閉容器を上手に準備しています。

 何よりも、キッチンをかりてタッパーから料理を移すと、たいてい空になった容器を洗ってもらう手間も発生。
パーティーがお開きになる時間を見計らって、洗った容器をキッチンで準備しておくというホスト側の気を使わせることにもなるのよね。器を選ぶのも会場のおうちにベストの器の準備があるわけでもないしね。

 私は、包みをほどいたら、そのままテーブルに料理を並べられる準備で伺います。
今回は、お稲荷さん。籠のお弁当箱ですが、お重箱も大活躍しますよ。
ぜひ、そんな気配りしながらポットラックパーティーに参加してくださいね。

 

鏡開きのかき餅つくり

 東京の家を預かる娘から、
「お母さん、お正月の松飾り。7日に外したけど、これは来年までとりおくの?」とメールがきました。

 あらら、結婚して昨年世帯を持った娘ですが、やっぱりあれこれと「物」を知りません。
育てかたの不足を嘆いても、それは仕方がないけど、ここはしっかりしえておこうと、丁寧に返信したところです。
親の背中を見て育つとかいうけど、それはやっぱり嘘ね。

 伝えたいことは、意識して伝えないと伝わらないということにも気がつきます。

  そもそも、お正月は「年神さまを迎える日」。その神様のために目印になるように飾った松飾りは、7日ごろに外します。
昔は、15日の成人の日まで飾ってもと言われていたし、関西は15日、忙しい関東は7日とか、今はいろいろあるようです。このお飾りがある間を、松の内というからねと。
年賀状や年始のご挨拶もこの日までよ。これ以降は寒中見舞いねとも…。

 役目を終えた松飾は、どんど焼きでお炊き上げ。
年神さまを天に送るならわしで、大きなお炊き上げのたき火が、今年も地方の河川敷にはあるよね。 
(私も今年、長野や、山梨周辺で目撃)

でも、都会には、もうそういうことができるところはないのよね。
 役目を終えた縁起物だから、来年までは取り置きませんよと 伝えます。
b2

お供え餅はどうする?とも聞かれたので、
これは、11日(地方によっては15日)の鏡開きに割ってねと。
鏡餅は、「切って」はだめで、「割る」んですよとも。

 カラカラにひび割れたお餅を、油ではじけるまで揚げて、塩を振って(時には醤油をかけまわして)かき餅でいただきます。
美味しくて、つい手が伸びて、写真を撮るときには、これしか残っていませんよ。
b1

 残った伸し餅を小さく切って干して、かき餅のおかわりを作ることにしましたよ。
a3

 所帯をもって、それを営むことは、本人たちの自由だけどね。
今まで親だけが担ってきた、こういう伝統や日本の文化、小さな風習。
今年は心がけて、娘に、息子の結婚一年生たちに折に触れて伝えていこうと思います。


 

寒の入り 明日はもう七草

 昨年は、「日本の旧暦の暮らし」を丁寧に送ることを大切にしていました。
このブログを見て、「あぁ、そうなのね」と気がついたというメッセージもたくさんいただきましたが、
記事にしてアップするころには、終わってしまって「来年こそは!」という、お声もたくさんいただきました。

 画像が間に合わないこともあるのだけれど、私も今年は少し気をつけて、二十四節気の
暦を先取りしてお知らせしたいと思います。
choko1

 片づけ上手な人の特徴に、「前広 まえびろ」 な配慮というのがあります。
「あなた、気が利くわね」と言われる人は、だいたい前広 に準備や手配をしています。
脳内時間を少し前に進めておくことですね。 
 日本の昔は、農耕民族からの暦だから、自然の営みを一足先に感じて、準備して種をまいたり、水をひいたり、衣類を整えたりしていたのでしょうね。

 早くも明日は、七草ですよ。
夜にお粥もいいけれど、できれば5日や、6日に七草を手配して七日の朝に頂きたいものです。
わたしは、今夜のうちに、七草を下茹でしておきます。
明日の朝は、タイマー炊飯でお粥を炊けば、ほら、忙しい朝もほっこりと七草粥がいたただけるじゃないですか?

 日本人は、季節の先取りがとても上手な民族。
それが、和服の文様にも現れていて、椿や、フキノトウ、雉なんかもこのころのお着物の柄行ですよね。

 アメリカから帰国した娘が、日本的な働き方に即日移行。
「丁寧な暮らしって、実は先取りだね。朝7時に家をでて、10時に会社を出る身では、とても、とても日常に、日本の暦なんか重ねられないわ。半月先を見据えないといけないわね。」と言っていました。

 自然の移ろいに五感を研ぎ澄ませることが難しく、季節を感じにくい都会の生活では、本当に気を効かせて、あれこれ心に留めないと、大事なことをおざなりにしてしまいそうです。 

謹賀新年2017 今年もよろしくお願いします

 皆様におかれましては、健やかな新しい年をお迎えのこと、お喜び申し上げます。
choko

旧年中もたくさんのブログへのご訪問をいただきありがとうございます。
おかげさまで、このブログも14年目、お片づけコーチングStudio HAGAを立ち上げて、11年目の年となりました。

 どうぞ今年もよろしくお願いします。

 わたしは、今年初めて、親業として実家で子どもたちを迎えるお正月を送りました。
自分が実家へ帰ることもなくなって、 今年からは、我が家が実家に。
次世代を築く若い世代を応援していく年になりました。

 「お正月は、あれが食べたい」、「久々に家族に、いとこに会いたい。」と集ってくれる若い人たちに、
おおいに励まされながら、久々に、忙しく料理のためにキッチンに立ち、たくさんの年始のお客様を迎えて、この賑わいに嬉しく幸せな気分になったここ数日。

 若いころには、迎える人には思いを深く寄せなかったのに。

一緒にお節料理をお重に詰める可愛いお嫁さんや、いつも元気な娘。
甲斐甲斐しく洗いものをしてくれるお婿さん。お笑いのホープ、家族の笑いの中心にいてくれる息子。
それらを、目を細めて見ている優しい夫の笑顔。

 当たり前のこんな時間を、とても愛おしく大事にしたいと心底思ったのでした。
いつまで、こんな風に元気に若い人のお世話をできるかわからないけど、「実家でくつろぐ正月はいいな。」と言ってもらえたら、親冥利に尽きません。

 今年も元気に過ごしたいものです。

皆様もどうぞこの一年、よい年でありますように。

 2017年 元旦 


冬至 丁寧な暮らしの一年の締めくくりに

冬至 winter solstice 

The bitter cold intensifies during the shortest days of the year.
一年でもっとも陽が短い日。寒さが一段と厳しさを増すころ。

今年は日本の二十四節気の暦の暮らしを大切に過ごした一年。
早くから炊いて冷凍しておいた大納言と南瓜をいとこ煮に。
image
 


なぜ南瓜を食すかというと、冬至には「ん」のつくものを食べると運気が上がるそうで、長生きできるとも。「なんきん」とも言うからね。
南瓜の旬は夏。大事な保存食だったわけね。
ぎんなん、あんぱん、あんこでも良いわね。
 
こういう事を知ったのは、子どものころに観た「チャコちゃんはーい」というドラマでした。
サザエさん的なこういう暮らし、ハロウィンの南瓜よりも意味があると思うの。

丁寧な暮らしを心がけて、二十四節気を大切に過ごしてきた今年もあと僅かです。

柚子湯であったまって、元気に新年を迎えたいものです。

こまごま趣味雑貨の整理収納

 大好きな手仕事の趣味。
パッチワーク、編み物、人形つくり、お裁縫、和裁、消しゴムハンコ…。
セカンドライフのわたし時間は、こういうことで楽しみたいけどね。

 でも、どんどん増えるこうした趣味雑貨の材料。
なんどか、仕事でビーズ作家さん、フェルト作家さん、トールペインティングが趣味、パッチワークが趣味のおうちなどのコンサルタントをさせていただいたことがあります。 
a3



 私は、手仕事趣味の20代の時の材料は、引っ越しに紛れて処分、処分。
一昨年、手仕事趣味を再開したときは、小さなお裁縫箱と、小さなアイロンくらしいか手元にありませんでした。
それでも、どんどん増えていき、いつの間にか、紙袋や布袋に詰めて、クローゼットに一括収納したり、時には、泣く泣く部屋の隅に床おきになっていたんです。
a1

a2

 思案を重ね、さぁあと老後20年以上、この趣味を楽しむなら、きちんと収納を考えようと思い切って家具を購入しました。


 雑貨や小物、メイク道具や、アクセサリーなどの収納に悩むお宅には、こうした収納のための引き出し家具がほとんどありません。家具を増やすのは嫌だ、部屋が狭くなるということで、プラスティックの引き出し収納をクローゼットに格納してご利用になるお宅もたくさんあります。
a4

(本当は引き出しの中の箱には蓋は要らないんだけど、この箱をそのまま取り出して使うので、蓋をしたままで収納する)

じつは、わたしもしばらく安価なプラスティックの3段引き出し収納にこれらをしまってクローゼットに収納していました。 でもこれが実にストレス。
 作品つくりの時は、何度も材料を取り出すし、一時広げた作りかけの作品をどこに保管するかというのも、問題です。
a5

(道具は上段、材料は下段。資料頻度が高くて何度も出し入れするものを優先順位にしたがって上段に)
 
あと、20年は趣味を続けるかな、それならばちゃんと手仕事用の家具を買いましょうって。
チェストは本当に便利。

 今は、赤ちゃんが生まれてもベビーダンスを買わないおうちも多いけど、小さなベビーの洋服ほど、ハンガー収納に向かないもの。
 良いチェストを選べが、その後ずっと子どもの持ち物の整理には便利なのにと思います。
お嬢さんなら将来は、ドレッサーにもなるし、お坊ちゃんなら、それこそ男子好きなコレクション用にもなります。

アクセサリーボックスや、スカーフや手袋、メイク道具や美容グッズも、家中に点在のおうちもチェストを持たないせいだと常々感じています。
ドレッシングコーナーとして、チェストの上には、鏡を置いてもいいし、作りかけの作品を上に置いてもいい。
小さなアトリエ、小さなドレッサーと思うと、暮らしがぐっと楽しくなりますよね。
a6 a7



 私が買ったこのチェストは、無印良品のウォールナット。オークションでお安くです。
経済するなら、3−4段のチェストは、リサイクルショップの目玉商品でもあるので、ご近所のお店を是非のぞいてみてくださいね。

チェストは、収納家具の最初の一歩。 
わたしは、実は、3つ目なんですよ。桐のベビーダンスと、インドで作ったアンティーク風のものと、これです。


(引き出しの端切れは、あまり神経質にならないで。ざっくりと入れますが、畳んだ和が上だと引き出す時にも崩れません)

 クローゼットだけでは解決しない収納問題の大事な収納家具の一種。
いろいろなタイプがありますが、ぜひお気に入りの一生ものをさがしてください。
ドレッサーに、べビーダンスに、リビングのテレビ台に、趣味のモノ収納のアトリエにと、暮らし方の変化が生まれても対応していける便利で、いい家具です。
a9

(古着をほどいたものや、厚みやテイストが違う布がバラバラある。こういう時は無理に分類したりしないでざっくりとまとめればOK)

a8

(セットになった材料は、無理にその分類のカテゴリーを崩さずにしまう)


 持ち物の量もこのチェストで管理です。この引き出しにあふれた材料は、手放すようにと心に決めています。
これ以上は持たないという決まりも自分に課して…。

 購入して3か月目に重さと頻度ですぐに壊れて変形したプラスティックの引き出しコンテナを資源ごみに出しながら、あぁ、最初からちゃんと家具を選べば良かったなと思った12月のお片づけです。

 メイク道具、アクセサリー、ネイルグッズ、美容器具、スカーフやマフラー、手袋などのアイテム整理にも使えるコツです。チェストはお薦めですよ〜。
Studio HAGA
お片づけコーチングのStudio HAGA
お片づけが苦手、モノが多くて整理に困るそんな人のために、ご自宅へお片付けのコーチングに伺います。
お問い合わせは、
Studio HAGAのお片づけコーチング
http://www.okataduke.net/


にほんブログ村 ライフスタイルブログ サロネーゼへ
にほんブログ村


ブログランキングに参加しています。
<本日の輝き>に共感したら
上記の投票用のバーナーを
クリックしてね!

Profile
free counters
Profile
YUKKE
まだ間に合う!今がチャンス!やってみなければわからない!40代からの輝く女性になりたいという野望に燃えるカリスマ・ちょこキャリ派です。
Recent Comments
Archives
QRコード
QRコード
Yukke's Book
  • ライブドアブログ