2020年09月04日

LaLa TV のCreator's Eye「アクティブ女子のダラダラTV #1」観てる[Sep.4,2013 記]

女の子が山歩きしてるの手持ちカメラで撮ってるだけの映像流れてるんだけど、たいへん申し訳ない、ヤマノススメとは比べ物にならないくらい、「同じ方面で」おもしろい。思い浮かべているのは嶋田作画の各話だけど嶋田作画が力不足なのではない、トレッキングウェア着用でない関係もあると思うけど女の子が登山をするということにはそれだけでたいへんな面白さがある。山歩きっていろんな体位バランス取るんだよ。その点ムーディーズ究極の制服チラリズムよりずいぶん参考になるよこれ(ムーディーズのも素晴らしいものですがアイデアの側面だと思います)。メアリースーな楽しさもあるのかなと思うんだけど(カメラマン男性で、会話に入ってきたりします。おそらく一人でしょう。おそらく、一人でしょう・・・)。

p.s:
それにしてもライトベージュの短パンにボルドー(っていうか「とても彩度低いショッキングピンク」に見えた)のレギンス穿いて、白いインナーにカーキのジャケット(リュックは黒×ピンク。靴はベージュ)のひとがめっちゃかっこよかった・・・インナーのプリントと、リュックの網のところに入れてるの何だろうなあれ、それにターコイズっぽい緑(反対色ちゃうか)入ってるのがすごくて。トレッキングな配色を取り入れてて、おれほどではないにせよハイブローで、そしておれにはできない無防備でかっこよかった。でもお顔が嗣永桃子に似てて、おれは嗣永桃子すごいアイドルだと思ってるんで、その印象もあるかもしれない。ももちの使えるやつだ、みたいな。顔はスカイブルーのレギンスのひとのほうがいいし、このひともおしゃれだと思ったけどね。
あと、番組最後のクレジット確認したらやっぱ一人だったっす。かっこいいおじさんであってほしい。お兄さんだったらやだけど、でも声からして・・・ああ・・・




chokohame at 02:41|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2019年08月22日

ハーゲンダッツ「リッチパンプキン」

期間限定商品がどうにも美味いので手当たり次第食ってきており、オハヨーブリュレより旨い豪速球なリッチミルクであるとか、レギュラー商品として出すべき風格のほうじ茶ラテとか、はたまたピューレやソースの使いすぎでアイスミルク扱いになってしまったながらも上品な後味を愉しめるライチ&ラズベリー、そしてフレーバーが強烈すぎてもはや安物ラクトアイスと見分けがつかんなんとかエスプレッソなんかを押さえてバナナ&マスカルポーネにおけるブラッドメルドーばりの芸術性が優勝かな、ジャポネはそも、アイスって感じがしないかな、そんでもってやっぱマカダミアナッツが最高なんじゃねえかななんて思っていたところのリッチパンプキン、驚くべき新規性とハーゲンダッツらしさが交わった天国の味で静かに鼻から息を抜いた。

chokohame at 00:31|PermalinkComments(0)clip!

2019年08月16日

マスキュリンなパイプ

Chris Asteriou: Military mount acorn

IMG_20190816_2300073~2
IMG_20190816_2329162


ガールフレンドの就職から4ヶ月経ちお小遣いが余るようになってきたこともあり以前から感銘を受けていたギリシャ人作家のパイプを買った。初めて見たとき「旨そう」と思った。八万円強したが北米ハイグレーダーの付ける価格からすれば非常に安い。
2ボール喫煙してみて性能の高さに驚いた。バージニア専用にすると思うのだが(コニカルチャンバーをうまく活かしたい)、使っていく過程でこの美しい状態を保つ自信が無いのでさしあたり写真に収め、かなり粗雑な撮影ながら、しかも爪も汚いときているがひとまずはみなさんのお目に触れさせていただこうと考えた次第である。
(この一点モノの写真はクリスアステリオ本人のホームページでアップされているので出来の悪い画像がお気に召さなければ是非ともそちらをご覧いただきたい)


IMG_20190816_2214262~2
IMG_20190816_2217004~3
IMG_20190816_2217279~2
IMG_20190816_2219549~2

こういった細かいグレインの集積(シルキーグレイン)が全面に出たパイプというのはさほど珍しくないがその筋の入りかたが左右の面でここまでシンメトリックなものとなると他には見たことがない。このパイプで使われているところのギリシャ産よりもイタリア産のもののほうがはっきりとしたグレインが出やすいわけだが、硬くあまり見栄えしない原料でこの強かな表情を生み出せたそのことにまず意味があると思う。
このグレインはプラトゥの外周を大きく使ったのであろうデザインと有機的に結びつき、連続する曲線の持つ力強さを際立てている。この力強さはマイケルリンドナー:ナイトシェイド の持つ男性的な魅力に通ずるところがあるのではないか。
また、これらのアングルだとエイコーンというよりフリーハンドのベントダブリンに見えなくもない。じっさい購入店のシリウスタバコでは「フリーハンド」という名前で売っていた。


IMG_20190816_2220402
IMG_20190816_2217585~2
IMG_20190816_2221257~2

しかし、下二枚の写真で分かるように逞しく見えたシャンクはオーバルなものでハート型ボウルの底に甘く入っている。華奢にすぎるシクステンイバルソン型のエイコーン(アステリオ自身も頻く作っている)を優雅に演出するこの造形は、緩い曲線を描くシャンクと相俟ってアーティスティックだ。
そういえばアステリオは左右対称(ないし、直線)から外れたものを表す際に「アシンメトリー」という言葉を使わず「オーガニック」という表現を用いている。偏執的なアートを標榜しているわけではないだろうしこの用語法はなかなか成功していると思う。素晴らしくシェイプアップされた造形ながらその乱調にはスリルではなく愛らしさがある。

リムの内側までワックスがかけられたパイプは初めて使ったが保護カーボンが塗られていたのでどこまで詰めればいいかはすぐにわかった。
とっても良好なドローだがゴールデングロウがすうっと甘く、序盤のきつめのヘイがまったく出てこなかった。ベントでもサミュエルガーウィズのブライトバージニアのはきつく出るものだ。中盤の盛り上がりも抑制されたものとなっており、全体を通して、グラウスムーアにも共通して存在するところのシトラスっぽい香りも前景化しない。最初から最後まで単に甘く旨い。
パイプの構造内で吸収されたりしてこの喫味になっているのだろうが、個人的に、SG のタバコはタンバイトや不意に来る謎な香りを楽しんでもいるので、ハイコン気味なアシュトンのパイプを取ることが多くなるように思う。もう少し慣らしてからケンダルクリームあたりを試してみようかと思う。


chokohame at 22:52|PermalinkComments(0)clip!

2019年08月12日

ハローキティチャンネルのジングルほしい

中アイキャッチのやつ。ラインの通知音にしたい。

chokohame at 03:27|PermalinkComments(0)clip!

2019年08月11日

社会の反対は個人である

芸術を、現存在の世界との関わりかたにおけるコンセプト(概念的道具)を謂うものだと規定する限りにおいて、主にエンタメにおける世界とはそのまま社会であり、それ以外の芸術はいきおい反社会的ないし脱社会的なものとなりやすい。
SNS が蔓延した現状にあって、エンタメ的現存在が相手取る世界には当然ながらネット社会も含まれる。ネット社会は反社会的な個人ないし脱社会的な個人を含み、それがエンタメの散らばりを生んでいる。

不自由展は反社会的な芸術の一環だった。それが反社会的であろうテロリズム(脅迫)によって中止となったわけだ。
テロリズムと河村氏の非難とには論理的な繋がりは全くないのだけどメディアはこれらを並立し、「たいへん不快な展覧会であるため中止に追い込まれた」という印象を植えつけることに成功している。
まるでテロを受けても仕方がないと言っているかのようだ。おれ個人的には実のところ仕方がないと思っているしマスメディアは必ずしも社会的存在ではないのだけど、少なくとも社会はぜったいにテロを容認してはならない。

宮迫騒動において反社会的勢力自体についての報道が少なかったこと、およびこれを批判する声が小さいのは「社会的に正しい」状態ではありえず、また「ネット社会の拡大による反社会的個人の擡頭」でもない。ネット社会が幼稚化し社会に飲み込まれたことによる個人の弱体化がマスコミの商業活動に利用されているだけだ。


chokohame at 14:21|PermalinkComments(0)clip!

2019年07月30日

キースジャレットのアメリカンカルテットがすごくいい

学部生のころ『残氓 』に感動し、そして以降まったく当カルテットの他作品を当たってこなかったのだけど(「キースジャレット」というより「ECM」に関心があった)、タワレコの出してきている復刻版インパルス作品を集めてみてほんとに良いバンドだなと。テナーはどの瞬間でもファニイだしピアノのヘタレも構成がいいから笑えるし、思わせ振りなベースもエグいリフのうえでそれをこなしていてもはや真摯さを感じる。ミスマッチな個性がエンタメを目指しており、これさえあればヘヴィメタルビバップもネフェルティティも要らねえんじゃねえかって。
各アルバムはそれぞれにバラエティに富んでおり、カルテットの面々のきわめて作曲に秀でていること(言うまでもなく、特にモチアン)をいよいよ思い知らされるものだが、すべてのアルバムがエンタメ(分かりやすくまたノリの良いもの)として成立しており、どの作品も同じような手触りを持っているように思う。こんなん良いアルバムなるに決まってるやろ、なんて思いつつ次回作に期待しただろう当時のファンが羨ましい。


chokohame at 08:53|PermalinkComments(0)clip!

2019年07月18日

アニメスタジオに必要とされるセキュリティ

深夜アニメ作ってる会社だからヤバい奴呼び込みやすいという面はあろうし、そのなかでも京アニは恨まれやすいというか、少なからずヲタクという人種を挑発することによりエスタブリッシュしたきらいがあると思うのだけど、今回の信じがたい事象を受けてなによりまず押さえておかなければならないのは;

有名さに比して警備面での堅牢さが足りなかったこと
十分に安全な環境づくりをできるアニメスタジオが存在しえないだろうこと

この絶望的な点だ。
従業員がツイッターやらない京アニはすばらしく「セキュア」だし、また、労働環境的にもきっと安全な職場なんだと思う。それでも、アニメはあまりにポピュラリティに富むものなのであり、この惨事を受けて何か対策を講じることができるかというと、それだけのコストをまずアニメスタジオが負担できないだろうと思う。


chokohame at 22:50|PermalinkComments(0)clip!

2019年06月30日

スモーキンジョー

行きつけのたばこ屋に行くとジャルジャル後藤みたいな「案外、肉食系かも」系草食系な、予備校どこ行ってるの?と訊ねたくなるようなかわいい系男子が「コンビニに売ってないような」「タール10ミリ以上の」「甘くないやつ」という要望で店主にオススメを訊いていた。ダビドフクラシックをはじめあまりプレザントすぎない銘柄がいくつか提示され、かれはスモーキンジョーを選んだ。フルフレーバー、良い選択だ。すごく良いたばこだ。そして、男のおれでさえ萌えるというのに、あのいかついパッケージはどれだけの女性の目を引くことだろうか。

chokohame at 00:44|PermalinkComments(0)clip!

2019年06月24日

ジャルジャル『延長コード借りる奴』

「ジャルジャルのコント」の本質がむきだしになった動画だと思う。それは「シュールを盾に客から逃げるな!」と言われるところと深く関係する。

ジャルジャルは客、あるいは視聴者に想像させる。その想像はいつもコントの本筋(といえるもの)にとってもどうでもいいことであり、きっといつでもすこぶるくだらないものとなっている。
そのすっごくすっごくくだらないことを実のところジャルジャルはコントロールしており、また、それがくだらないことであるというそのことを表現することにより客から逃げ、そしてこの構造がわれわれを笑わせる。映画のシナリオ術ではマクガフィンと言われるものを独特な間(芝居)によって変質させているといえよう。

ところで、そのなかでも際立ってこの作品が特別であるとみるのは、このコントにおいて後藤の言う「延長コードを借りたい理由」の「シナリオ的な強さ」を受けてのことだ。後藤は「色々な事情で携帯が充電できない状態にある」「コンセントの穴を他の機器で使いきってしまっている(ので延長コードで穴の数を増やしたい)」旨言う。で、これに続けて「充電器がコンセントから届かないところにある(ので延長コードでコンセントまで届かせたい)」−−すごい。

蛸足コンセントでなくたしかに延長コードでなくてはならないこのきわめて強い条件はしかし、携帯の充電器は容易に動かせるものである、という事実によってかなり奇抜な設定を必要としてくる。福徳はこれに突っ込む。
ただ、ちょっと疑問がってからはまったく追究されない。福徳は隣人を問い質したりせず隣人がとにかく延長コードを欲しているそのことを受け、これを貸す。なんにせよ後藤は延長コードを借りたがっているのであり、貸しても自分は困らないのであり、だから、貸す。そしてコントは、(建設業に従事する)福徳が複数持っているコードリールのほうに移る。

奇抜な設定、非常識な発想、そのすべてがどうでもいいこととして流れていく。しかしそれらはたしかにジャルジャルと客の間で共有されている。このコントはそれがきわめて荒削りな形で、しかしまるごとそのままに近い形で出てきている。


chokohame at 23:12|PermalinkComments(0)clip!

2019年06月21日

ダンタバコ「チューチュートレイン」

ブラウンバージニアペブルカットの蜂蜜ケーシング。ティンノートは個人的に最悪の部類で昼飯に食べなかった弁当の梅干し(夏場)みたいな臭いがするが吸ってみると酸味はオロナミンCくらいには落ち着きルームノートもマラードと同じかそれ以上にプレザントなものとなっている。喫煙の経過とともに深まっていく味わいは適度に調整されながらも本質的なバージニアタバコを凌ぐかもしれないほどにボリュームを感じさせる。ロイヤルヨットと並べて遜色ない神憑り的でモダンなパイプタバコだ。

chokohame at 23:58|PermalinkComments(0)clip!