2006年06月

2006年06月29日

醤油

突然ですが僕は醤油は地元の田舎で作っている刺身醤油が好きです。

幼い頃からごく自然に食卓にその醤油があり、料理の中で調味料として使う醤油以外は、ほぼ全てその醤油で食べて来ています。
その為、外へ食事に行ったり他所様のお宅で食事を食べる時にはどうにも醤油が口にあいません。
ちょっと辛すぎるんですね。

しかしその為に「マイ醤油」を持ち歩くというのもおかしな感じ。
食事の際に胸元からおもむろにお魚型の醤油入れを取り出して料理にかける男。
ちっともダンディじゃありません。


やはりここはお洒落な大人の男風ちょいワル醤油入れを開発するべきでしょう。


と、間違った方向に力を向けちゃってる姿を見て世のギャル達は「少年の心を忘れてないわ。すてきっ!無茶苦茶にしてっ!」ってなっちゃったりしないんだろうなぁ・・・。

chomolangma at 01:58|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2006年06月28日

ロナウジーニョ

ブラジル−ガーナの一戦で見事ブラジルが勝利を収めました。
2点目のアドリアーノのゴールはオフサイドっぽいというか、完全にオフサイドでしたけど。

そしてこの試合で1点目を入れたロナウドがW杯通算15得点となり歴代一位に躍り出ました。
今大会でも3点目となり、得点王争いにも絡む事となります。
太ってもロナウド。さすがです。



それに比べてどうにもロナウジーニョの存在感が薄い今大会。
「ロナウジーニョの大会になる」はずだったんですが…。
完全にマークされてるし、代表でのチームプレイに徹しているんでしょうかねぇ。

で、下の絵はそんなロナウジーニョです。
ネットに転がってた写真を見て描いたんで、著作権とかなんかやばそうだったら消します。

人物画は難しいぜ。

ロナウジーニョ


chomolangma at 02:41|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2006年06月27日

部屋が見るからに散らかっているので片付けようと思い、物をちょこちょこと動かしてみたものの、どうにも片付いた感がありません。

原因を考えてみると、
部屋の収納スペース以上の物が部屋に溢れており、それの場所を移動させただけなので根本的な解決になっていない。ということの様に思われます。

基本的に物を捨てられない性格なので、棚の上が一杯になろうとどうしようと物は増えて行くばかり。机の上やパソコンのモニターの前など、開いたスペースを着々と埋めて行きます。

なるほど、これでは片付くはずがありません。

いまさら性格を変えるのは無理として、対策としては
(をこれ以上増やさない
△茲蠡腓い棚を買う
という事になると思われます。




うん、それは無理。

chomolangma at 02:56|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)雑記 

2006年06月25日

頭痛

晴れたり雨が降ったり気温が高かったり低かったり。

そういう季節の変化に体が全く付いていけない僕は今日も頭痛と戦っているわけです。

もう寝ます。お休みなさい。

chomolangma at 23:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2006年06月24日

世の中そんなもんだよな、という話

一日中続く曇り空の中、ちょっとした晴れ間を見つけ自転車でコンビニへ向かう途中、もう少しという所で雨が降ってきました。
多少濡れたものの無事にコンビニまで辿り着き、「まぁすぐに止むだろう」と考え、しばらく立ち読みをしていたんですが、さっぱり止む気配がありません。

仕方がないので買い物をして雨に濡れながら家に帰ったんですが、車庫に自転車を止めてる間に雨が止みやがりました。

・・・

この見計らったかのようなタイミングの悪さは神様の嫌がらせか何かなんですかね・・・。


雨に濡れて帰っている途中は「何か俺、年甲斐もなく青春してる!」とか考えてウキウキしてたんで別にいいんですけどね。

まあそれ以上に「あいつこんな天気なのに傘も持ってないよ。プッ」という視線を感じましたけど・・・。

chomolangma at 22:42|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2006年06月23日

こけし

何となく暇だったんでライブドアデパートとやらを見ていたんですが、

伝統こけし」を見て、普通に電動こけし?エロイなと思ってしまったのは我ながら病んでいると思う。





chomolangma at 00:12|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2006年06月21日

風鈴

伊右衛門を買ったら鋳物の風鈴が付いてきたので、窓辺に吊るしてみました。

もう夏ですねぇ。

風が吹くたびに「ちりんちりん」と音を鳴らし、何となく涼しい感じがします。
ガラスの風鈴の澄んだ音も良いですが、鋳物の音も良いものですね。

考えてみると、生まれてこの方風鈴を吊るしたのは初めてのような気がします。
風流かな風流かな。


でも風が吹いている間中ずーっと鳴っているので、気になりだすととても気になって来ます。
夜に時計のチクタク音が気になって眠れなくなるのと同じような気分。


寝る時は外しておいた方がいいかな…近所迷惑だし。

chomolangma at 23:12|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2006年06月20日

結局のところセロは英語を話せるのか否か

昨日は何やらとても疲れていて、気が付いたら寝ていました。ナナホシです。

本日言いたかった事は既にタイトルで書いてしまいました。
ネパールまで行って片言の日本語で突き通すセロ。不思議です。

しかし彼の手品は凄いですね。
一度近くで見てみたいものです。



ところで、本日釣りキチ三平平成版のVol.5を見かけたので購入したところ、三平も魚紳さんも全く釣りをせずに歴史について語っていてガッカリしました。


しかも次巻発売予定が2007年初頭で二度ガッカリ。

一年後かよっ。

chomolangma at 22:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(1)雑記 

2006年06月18日

蚊取り線香

蚊取り線香を開発するのに一体何匹の蚊が犠牲になったのだろう。

その効能が「蚊を落とす」である以上、どのような経緯を辿るにせよ最終的には蚊を使った実験になるはずである。
その実験の過程の中で、何百匹、あるいは何千何万の蚊の命を奪い、蚊取り線香は誕生したに違いない。

人が便利に、己に都合よく生きていく為の道具を開発する為にである。


「子孫を残す」


その為に行動し、人間から摂取するほんの僅かな血液から栄養を得る。
そんな生物としての本能から来る、生まれてくる我が子の為の栄養分を摂取する行動すらも許さない。


この夏。

蚊取り線香に火を灯す際には、その恩恵を受けるにあたって犠牲になった蚊に少しでも想いを馳せてみてはいかがだろうか?





そして思う存分あの小憎らしい蚊を落としてやろうではないか。


ブンブン五月蝿いし、痒いし。子孫残すとか知るかよ。

chomolangma at 06:15|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記 

2006年06月17日

秘策

<ジーコの秘策“前半30分間パス回せ”>

という記事がありました。


18日のクロアチア戦で、パスワークを駆使してボールをキープし、前半30分までに相手の体力を消耗させる作戦らしいのですが、

記事になっている時点で既に秘策ではなくなったと思うのですが・・・。

相手に作戦読まれまくりですよ。



ところで、どうも最近サッカーの話題が多くなり恐縮であります。
近いうちに絵でも描こうかと思ってるので、見捨てないで下さいね。

chomolangma at 00:25|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)雑記