2008年02月17日

お久しぶりです、そしてありがとうございます。5




とにかくありがたいことです。


毎日たまらないぐらい忙しく仕事をさせていただいています。



私のことを応援して頂いて・・・


ありがとうございます。

ありがとうございます。

ありがとうございます。



感謝の気持ちで一杯です。


それと同時にお客様の期待を超える仕事をキッチリ納めていきたいと
思います。



今日は朝から地鎮祭に行ってきました。


O様おめでとうございます。
そして、寒い中での地鎮祭御苦労さまでした。


ちょっと変わった地鎮祭で戸惑うこともありましたが、とても華やかで
いい地鎮祭を経験させて頂きました。


ありがとうございます。


まだまだ家づくりが始まったばかりですがこれからいろんな打ち合わせ
など協力して頂かなければならないことがいっぱいあると思います。


これからも、よろしくお願いします。



地鎮祭






PS.
ここまで長い道のりだったと思います。
たくさん住宅会社があるなか当社を選んでいただいて
ありがとうございます。
その気持ちを超えるような「いい家」を建てたいと思います。

これから気を引きしめて頑張るぞ〜!


chonta3906 at 22:04|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2008年01月11日

必要な物を必要な分だけ・・・




この話は、住宅会社すべてにあてはまりますが・・・







住宅会社は一坪でも大きい家を建てたいのです。




なぜかというと、小さい家を建てたのでは儲からないからです。



小さい家でも大きい家でも、基本的にはキッチンは一台お風呂も
一台トイレは2台と大きくなっても一番お金がかかる設備機器は
かわりません。




その費用を小さい坪数で割ると割高になるし大きい坪数で割ると坪単価は
割安になります。


ですから、なるべく大きい家を建てるほど利益が出ます。



しかし、私は必要なものを必要な分だけでいいと思っています。




本当に、家が必要な期間は長くて15年〜20年です。




昔と違って、親と同居するなんてことが少なくなってきています。
これから、20年後ならなおさらではないでしょうか?




ですから、今必要な大きさの最低限でいいと思っています。
当社は儲かりませんが・・・(笑)




PS.
都会の方では「減築」が流行っているそうです。
減築とは、今住んでいる家を子供たちが巣立って大きすぎる家を
小さくすることだそうです。
なぜ流行っているかというと、夫婦二人で大きい家に住んでいたら
ガラーンとしてすごく不安になるからだそうです。
そして減築するついでに耐震補強などを施して老後に備えるそうです。



これから、建てられる方はこんなことも参考にされて計画されたら
いかがでしょうか?



今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。


chonta3906 at 22:54|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年01月09日

最後は・・・





いつも思っていることですが・・・。



お客様に対しても、協力業者に対しても僕の周りにいる人に対しても
こう思って接しています。





最後の最後は、お互い膝を突き合わせて話ができるかに尽きると思って
います。





お互いが、歩み寄って信頼関係を築けるか?







それが、すべてなんですよね!(人間関係では・・・)







人と人が付き合うのに、片方が疑っているともう片方もそれを感じて
それ以上は歩み寄れないと思っています。




ですから、僕はいつも直球勝負です。誰と話するときも駆け引きは一切
しません。
駆け引きすると相手も駆け引きすると思うからです。





PS.
一生に一回の買い物といわれる「住宅」を扱っているのですから
信頼関係を築くのが一番大事なことだと思っています。
今年も、お客様との信頼関係を大事にして「いい家」を建てていき
たいと思います。





今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。


chonta3906 at 23:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2008年01月07日

あけましておめでとうございます




新年明けましておめでとうございます。


去年は大変お世話になりました。

今年もよろしくお願いします。






みなさんはお正月をどう過ごされたのでしょうか?





僕は、気がぬけたのか2日の早朝から38度の熱が出てしまいました。

ふしぶしがとても痛く、もだえ苦しみました。

疲れがたまっていたのかもしれませんね。

一日中寝て過ごすとスッキリ熱も下がりました。




たまには「ゆっくり休みなさい!」の合図だったのかもしれません。




正月そうそう風邪をひいてあまりいいお正月休みではありませんでしたが
仕事が始まったら体調はバッチリです。
やっぱり仕事人間なのかもしれませんね(笑)



なにはともあれ、今年もよろしくお願いします。

chonta3906 at 22:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月26日

ラストスパート




いよいよ、年の瀬が迫って来ました。


気ばかり焦って、なかなか仕事がはかどりませんが・・・


だいぶ目処は付いてきました。





そんなことを言いながら、大晦日までギリギリ仕事が続きそうです。




まだまだ、仕事の段取りとか事務所の大掃除、そして忘年会がまだ
2回か3回残っているんですよね!




もう後ちょっとですから頑張って、正月休みを頂きたいと思います。




PS.
お正月休みは、毎年一年の反省と新年の目標をたてるために使っています。
休みでも休めない、やっぱり仕事人間なんですよね(笑)



今日も読んで頂いてありがとうございます。





chonta3906 at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月25日

ありがとうございます。




今日以前お話した、FMの放送日でした。


夜の九時からの放送でしたが、放送後何通かメールや電話を
頂きました。


「よかったよ!」とか「これからも頑張ってください!」とか
連絡して頂いてありがとうございます。


特に、嬉しかったのが「いい声ですね!」と言ってくれたのが
うれしかったです。


最近忙しくてさぼっていますが、みなさん覚えてくださって
聞い頂いて・・・。




励ましの言葉まで頂いて・・・





明日から、言い訳をしないで更新頑張ります!
毎日たくさんの方が見に来ていただいているのですから!






PS.
今日は、前々から打ち合わせをさして頂いているお客様の所で四時間も
長居してしまいました。
いつも、商談というより大笑談です。
今日も笑いすぎてお腹が痛くなりました。
絶対的に信頼して頂いているので、その期待を超える仕事を納めたいと
思いました。


今日も最後まで読んで頂いてありがとうございました。

chonta3906 at 22:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年12月16日

とうとう・・・






風邪をひいてしまったかもです。





今日、朝起きてからすごく喉が痛くて薬を飲んで仕事をして
いたのですが・・・





薬のせいで眠たくて仕方がありませんでした。



ちょっと、お昼に横になったら起きるのがすごくしんどかったですね。





体を休めろっていうサインかもしれませんが待ってくれているお客様が
いる以上頑張らないと・・・





仕事が忙しくて明日の現場の段取りとか見積もりとかでたくさん
仕事がたまっているのでなかなか休めませんね




今日は日曜日なので、病院に行けないので明日朝一番で注射と点滴に行って
来ようと思います。





また、いきつけの先生に会えると思うと楽しくなってきました。
また、くちゃくちゃ話をしてこようと思います。
注射や点滴を打つより先生と話する方が元気が出るかも?





だいぶ疲れがたまっているのかもしれませんが、お正月休みでゆっくり
休めるのでそれまで頑張り抜いてきちんと休みを取ろうと思っています。
年内は休みなしで頑張ります。



PS.
今日は早く寝ます。


今日も読んで頂いてありがとうございます。



chonta3906 at 21:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月14日

言い忘れたこと・・・

昨日のFMの収録の続きの話です。





最後に言いたかったことなのですが・・・





性能がいい家とか、自然素材の体にやさしい家を建てることは
可能ですが




しかし、そんな家が高かったら意味がないと思っています。




結局、「いいのはわかるけど、買えない!」では意味がないからです。




家が一番必要と思う時期は子育てをしている時だと思うのです。




子供が成長するにあたって、良い環境で育てたいと思うのは親であれば
誰しもそう思うと思うのです。






そして、一番お金がかかるのもその時期だと思います。





だから、いい物を使って(いいものは高い!)安くしたい、ある意味
矛盾していることに挑戦しているんですよね。






一般的に自然素材の家は高いと思っている方が多いと思いますが
今ではいろんな手法を使ってコストを下げることが可能です。





コストダウンのことでじゃべり出すと長くなるので今回は割愛させて
もらいますが・・・






今はビニールクロスや新建材(木みたいな偽物)の家とそんなに変わら
ない金額に抑えることが可能なんですよね。




PS.
どうして、そんな風に思うのかと言うと僕自身も子育て真っ最中だからです。

うちの子供たちは、家の中で年中裸足で過ごしています。
とても、気持ち良さそうです。


本当にそんな家があると言うことを知ってほしいのです。
そして、一生に一回と言われている大きい買い物で
満足できる家を建ててほしいと願っています。



今日も、最後まで読んで頂いてありがとうございます。



chonta3906 at 23:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

FMラジオに出演っ!



少し前に、お話を頂いていて今日それが実現しました!




なんか自然素材の特集だそうで、数ある住宅会社の中で当社を選んで
頂いたことがとてもうれしく思いました。



しかし、今までメディアに出たことがないのでとても緊張しましたが・・・。



アナウンサーの方や、この話を頂いた岡田さんにとてもよくして頂き
和やかなムードで収録して頂きました。


こんな感じです↓




FM







なにせ、初めてだったのでうまく話せたか不安ですがとても貴重な体験
をさせてもらいました。

ありがとうございました。





放送は、今月25日のクリスマスだそうです。
詳しい日程は・・・B・FM791をクリック!




PS.
緊張しながらも、良い感じで収録していて終盤にハプニングが!


アナウンサーの方がうまい具合にフォローしてくれましたが
だいぶ凹みました。恥ずかしい!
とても反省してます。



PS.
岡田さん、また一緒に事務所にも遊びに寄ってくださいね。
この度はお世話になりました。そしてご迷惑おかけしました。
また、いつでも呼んでくださいね。



chonta3906 at 00:21|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2007年12月11日

あたり前のコト!




本当に毎日忙しいです!(嬉しい)(ありがたいです)






今日、テレビで見た話ですが・・・。



タレントの風見しんごさんが、“交通安全展〜事故ゼロをめざして”という

交通事故の遺族の代表してスピーチしているニュースをしていたのを

見ました。






その時の言葉が非常に心に残りました。






「朝、行って来ますと言って出かけて夕方ただいまと帰ってくる普通の
 喜び。」

「年老いたものから順番に亡くなっていく普通の出来事。」




ごく当り前のことが、どんだけ幸せなことか・・・。

言葉は違うかもしれませんがそのような内容だったと思います。








娘を亡くした親の気持ち、察して余りあるものだと感じました。


しんごさんの愛娘、えみるちゃんのご冥福を祈っています。





PS.
普段忙しくして、そのような「普通のことがどれだけ幸せか?」なんて
忘れてしまってる中でとても大事なことを思い出させてくれた言葉でした。
きっとえみるちゃんは天国で幸せにしていると思いました。

chonta3906 at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年12月07日

時間を買っている!?




久々の更新です。




今日はいい話を聞いたのでその話を・・・。






「すべてのお客様は時間を買っている!」の巻





スーパーで大根を買うのも時間をお金で買っているんです。






どういうことかと言うと・・・。




自分で大根の種をまいて作ることは可能なはず!
でもほとんどの人がそれをしないのは種をまいて収穫までの時間を
買っているからなんですよね。







こう考えると、なんでも一緒ですよね!


家も一緒です。
家を建てる勉強を一からして、自分で木材を切り出して自分で道具を
揃えて自分で建てる。
非現実的ではあるけど絶対不可能ではないですよね。




でもそれをしないのは、プロに頼めば時間が短縮できるからですよね!






その時には、物を買っているようですが実はすべて時間を買っているん
ですよね!




この話を聞いた時に「なるほど!」と思いました。




そして、フェリーのことを思い出しました。

昔は、移動の手段でフェリーを使うことが多かったと思います。

しかし今はフェリーの利用者がだんだん減って廃止になった航路も
多いと思います。

それは、料金が高くても時間が短縮できる高速道路とか飛行機とかに
とってかわられたんだと思います。





PS.
私たち、工務店もスピードが命ですね。
何でも、即答できなければ時代に取り残されてしまいますよね。
その為には、普段からアンテナを張って勉強しておかなければならい
とこの話を聞いて思いました。


でも、現場では必要以上には急ぎません。
慌てたら、いい物が出来ないからです。


今日も、最後まで読んで頂いてありがとうございます。

chonta3906 at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月28日

3日で・・・。




あと三日で、師走ですね。



なぜか、年末になったらせわしくなくなってきますよね。


ありがたいことに毎日、忙しい日々を送らせて頂いています。


あと一ヶ月でこなさなければならない仕事が山積みです。


とても、ありがたいことで一生懸命頑張って、いい仕事を納めて
よい年を迎えたいと思います。



PS.
いつも仕事を済ませてから夜に、このブログを書くのですが
なかなか、書く元気が残っていません。

朝が早いので、遅くまで起きていると事務所の机で大波、小波じゃ
ないですけど寝てしまっている時があります。
まるで、子供みたいですね。(笑)




明日も早く起きて頑張ります!



今日も読んで頂いてありがとうございます。




chonta3906 at 22:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月21日

11月 情報誌完成!



11月発行の情報誌がやっと完成しました。


今回より、頑張って内容を増量しています。


明日発送しますので土曜日ぐらいには皆さんのお手元に届くと思います。

楽しみに待ってくださいね。



PS.
今日は、事務所で情報誌を作ったり外回りも忙しかったので短文にて
失礼します。

今日は、ゆっくり寝て明日からまた頑張ります!

chonta3906 at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月20日

今度は絵本!!





またまた、娘の話ですが・・・。


毎日の日記に飽き足らず、自分で絵本を作ってしまいました!







絵本 表紙











題名は「まんげつのはなし」だそうです。







絵本1






むかしは、まんげつにうさぎがすんでいました。
うさぎはなかよくあそんでいました。
おもちをついてあそんでいました。




つぎのひのよるおつきさまをみやげるとぴかぴか
かがやいています。
おつきさまのなかを、みたらうさぎがひとりで
おもちをついています。





絵本2






つきのなかに、はいりたそうだね。
つきのなかはどんなんだろうね?




さんじにつきのなかにとうちゃく
はちじにかえります。







絵本3






みんなでしょくじにすることにしました。
うさぎたちがおおよろこび。
わたしも、いっしょにはなししたいとおもってるよ。




ひるがすぎてゆうがたになりました。
もうはちじになりました。
もうかえるじかんになりました。
さようならとあいさつをしました。





絵本 裏











おしまい・・・。






これを読んだとき、たくさん褒めてやりました。
娘は、喜んで第二作に取り組んでいるようです。(笑)




PS.
今まで、遊んでもらうことばっかりをせがんでいた娘が自分で考えて
自分で絵本を作っている姿を見て感心しました。
今まで、遊んで遊んでだったのが見て見てに変わってきました。

子供っていつの間にか成長しているんですね〜。
そんなことを、思いました。


今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。


chonta3906 at 22:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月19日

はじめてのお泊り!




上の娘は、いとこのお姉ちゃんの所に何回も泊まっているので一人でも
平気なんですが・・・。





下の息子は、今まで親から離れて泊まったことがありません。




先日、いとこの家に遊びに行った時、今まで以上に息子が楽しく
遊んでいるのを見て、無理を言ってでも泊めてもらおうと思いました。






親から離れて行くのは、寂しいような複雑な気がしますが
あえて離すのは両方にとっていいことだと思ったし、仲良く遊んでいるのを
見ていると今日しかないと思いました。


嫁さんは、渋々って感じでしたけど・・・。
両方の為です!







結局、息子は平気でした。
いつもの時間ぐらいに寝て、朝までぐっすりだったそうです!


心配しすぎてるのは、親だけなんですよね!
勇気をもって、自分の手から離すのも教育だと思いました。






PS.
しばらく、更新サボってしまいました。
忙しかったからサボったというのが表向きの理由ですが
実は、サボリ癖がついてきたのが本心かも・・・?!

イヤイヤ、明日からは気を引き締めて更新します!





今日も、読んで頂いてありがとうございます。



chonta3906 at 23:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月09日

娘の日記




以前、僕がブログを書いているのを真似して娘が日記をつけだした
ことを書いたと思うのですが・・・。




今日、久々にその日記を見てみました。
始めのうちは何を書いているのかあまり分からなかったのですが
いつの間にか、いろんな字が書けるようになっていてびっくりしました。





今日の日記が、これです。↓(笑)


娘のブログ






まだまだ、間違っている所はありますがそんなこと指摘も注意もしません。
やっと、勉強の楽しみが分かってきたのに指摘や注意なんかされたら
面白くなってきたものが、面白くなくなると思うからです。




今は、完璧や正確な文を求めるより書く楽しみとか、それが伝わる
楽しみとかそんなことを感じてほしいと思います。




PS.
僕も、偉そうには言えません。(泣)
このブログも、誤字脱字だらけとよく指摘されますので!

ちなみに、何の絵を描いているのかと言うと今日、夕方スイミングスクール
に行っていたのでプールの絵です。

はじめは、友達がいなくて嫌がっていたのに最近は友達もできて
喜んで行っているみたいです。

chonta3906 at 22:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2007年11月06日

材へのこだわり ストーブ編




そろそろ、寒くなってきましたのでこだわりのストーブのお話を
したいと思います。


当社の建物は、高気密高断熱です。

ですから、基本的に空気を汚す暖房器具を使いたくありません。

もちろん、24時間換気は付いていますがそれに頼りたくありません。

24時間換気が義務付されたのは、シックハウスに対処するもので当社では
そもそもシックハウスになるような建材は使っていません。


当社の家では、24時間換気に極力頼らなくてもいいように空気を汚さない
暖房器具をお願いしています。

室内の空気を汚さない暖房器具とは・・・?

・FF式石油ファンヒーター
・蓄熱暖房機(深夜電力を使用)
・薪ストーブ

この3種類の中から選んでもらっています。

このような暖房器具は、空気を汚さないばかりではなく遠赤外線で温める
ので温かさの質が違います!


表面を温風で温めるのと違って体の芯から温まりますし従来の暖房器具に
比べて頭が暑くて足が寒いということがありません!


これだけは、体感してもらうしかないのですが・・・。


ぜひ、上質の温かさというものを知ってもらいたいと思います。



PS
もし、体感したいと思う方はもう少し寒くなったら事務所に遊びに
来てください!(笑)

今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

chonta3906 at 22:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年11月03日

材へのこだわり 断熱材編






しばらく、更新をさぼってしまいました。




続きの、断熱材へのこだわりを書いてみたいと思います。



とても地味な存在な断熱材ですが、耐久性や住み心地に密接に関わって
くる非常に大事なものです。



ほとんどの方は、断熱材なんか気にもしない方が多いと思いますが
とても大事なことなので少しお付き合いください!




家を長持ちさせようと思ったら躯体(土台や柱や梁)が長期間に渡って
腐らずに建てた時のまんま乾燥している状態で家を支えてくれていたら長持ち
するんです!



築30年で壊す必要もないんです!




もちろん、躯体が大丈夫でも表面的なものは、メンテナンスなしで新築のまんま
というのは無理でしょうから見える部分や水回りはリフォームしなければならない
でしょうが・・・。




当社の、断熱材の選ぶ基準を少し書きたいと思います。

・壁に隙間ができない断熱方法(その隙間に結露するため)耐久性
・断熱材自体が湿気を保っておける(湿気を吸ったり吐いたりできるため)調湿性
・断熱性能

この3項目が可能な、断熱材を採用しています。



ほとんどの断熱材では、無理です。

たとえば、代表的なものでグラスウールやロックウールは隙間なしには
無理だし調湿性もありません。
外断熱も隙間は少ないけど調湿性はありません。



すべてを可能にするのがセルローズファイバー(古新聞)です。



調湿性能と言ってもいまいちわからないと思うので、どうゆうメリットが
あるか簡単に書いておきたいと思います。


・真冬に洗濯物を屋内に干せる。(結露はしません!自然な加湿器の代わりです。)
・クローゼットの中に、水とりぞうさんをおいておいてもほとんど溜まりません!
・真夏に28℃のドライで寒く感じる!(湿度が低いため)
・エアコンが各部屋にいらない(2台で十分)
・光熱費が安い
・真冬に朝起きるのがつらくない!
・ゴキブリがこない!


断熱材なんか気にする方はほとんどいないかもしれませんが、耐久性や住み心地に
密接に関係してくる非常に大事なことです。

こんなことも考えながら、家づくりの役にたててみてください!



今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。

chonta3906 at 23:25|PermalinkComments(2)TrackBack(0)clip!

2007年10月31日

材へのこだわり 塗り壁編(外壁も内壁も!)


塗り壁と断熱材(明日書きます)を選んでくれなければ当社で建てる
メリットは何一つありませんと言い切れるぐらい大事にしている物です。


よく、コテむらを残しておしゃれな壁ですねとお客様に褒めて頂くのですが
もちろん、デザインにも凝っていますがその為に塗り壁を採用しているのでは
ありません。


一番、今の建築で問題だと思っていることは壁と天井にビニールクロス
を貼って床には合板(べニアを何層にもボンドで張り合わせた板)に
本物みたいな木の模様のフィルムを貼ったフローリングを敷き詰めた家を、
お客様も住宅会社もそれが当たり前と思っていることが大問題だと
思っているのです!





しかし、「よーく考えてみてください!」




それって、かなり大きいビニール袋の中で暮らしているのと同じとは
思わないでしょうか?(窓以外はすべてビニールに囲まれている!)



作り手も、固定観念で壁と天井はビニールクロス、床は合板の
フローリングが当たり前と思っていることが問題だと思うのです。


もし、自分の子供がスーパーの袋を顔にかぶっていたらなんて言うでしょうか?


その袋がすごく大きかったら、平気でしょうか?



私は・・・

家とは、「家族が安心して安全に暮らせる大きな器」が大前提だと思うのです。



そもそも、安心して安全に暮らせないのであれば安い、高いとかデザインが
いいとかそれ以前の話だと思うのですが・・・。




当社ではこの様な、理由で自然素材の塗り壁を採用しています。(宣伝!)




よく、どんな素材ですか?とか珪藻土ですか?とか聞かれますがココでは
割愛させていただきます。
すぐ真似する同業者が見ていますので・・・。(笑)
あった時に聞いてくださいね。 



とても、大事なことなのでよく考えられて住宅会社を選ぶときの
参考にしてみてくださいね。



今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。






chonta3906 at 23:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月29日

材へのこだわり 樹脂サッシ編




当社の、窓(サッシ)へのこだわりを少し書きたいと思います。


サッシの選択は大きく分けて3種類です。


・アルミサッシ
・外アルミ+中樹脂
・オール樹脂


です。







当社ではどういう理由でサッシを選んでいるかというと・・・。


・結露しない
・水密性能がいい(台風の時、雨が噴き出さない)
・熱の損失が少ない(窓から熱が逃げるため)

・以上の性能を有するもので価格が抑えれるもの。







この4つの条件を満たしているか?で選んでいます。


特に、結露すると


結露する→カビが生える→ダニ(カビを食べる)の発生のサイクルを
永遠に変えることができないので快適な暮らしどころか、いくらその時
きれいに掃除しても永遠に続きます。




建てたときに、そのような性格を与えられた家はその家が役目を果たして
壊されるまで続くのです!





ですから、たかが窓ですが非常に大事なものなので慎重に選んでくださいね。







ちなみに、当社は樹脂サッシしか使用しません。






PS.
アルミサッシでもペアガラスだから大丈夫とかいう人もいますが、基本的に
グラスウール(ロックウールも)、ビニールクロスの家だと結露はまぬがれ
ませんのでそんな営業マンの話に惑わされないでくださいね(笑)



ガラスも結露するし、アルミの部分も結露しますので・・・。




今日も、最後まで読んで頂いてありがとうございます。

chonta3906 at 23:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月27日

たくさんのご来場ありがとうございました。




無事、見学会を終わることができました。



遠方から来て頂いたり、二日間の間にもう一度ご主人さんを連れて再来場
して頂いたりと、とても内容の濃い見学会でした。


中には、お客様が重なってしまい詳しくお話できなかった時もあって
大変申し訳なく思っています。



詳しくお話できなかったお客様に、私が伝えたかったことを今日から少しずつ
書きたいと思います。


今日は、「材へのこだわり 木材編」を書きたいと思います。


家づくりへの大前提として「家族が安心して安全に暮らせる」これが当社の
最大のコンセプトです。


材料を決めるのも全て、そのコンセプトにしたがって決めています。


まず、コンパネ(合板)や新建材は室内にはほとんど使いません。
なぜかというと、いくら最近では対策されていると言っても信用していない
からです。

対策されていると言っても基本的にはべニアをボンドで張り合わせている
ものなので、疑わしものは使わないそう考えているからです。


どうしても、必要な時以外は使わないようにしています。


それと、集成材の柱や梁・・・。
これも使うことがありません。
なぜかと言うと、これはある実験結果を見たからです。

それは、無垢の杉の柱と、桧の柱それと集成の柱を外で雨ざらしにして何か月
も放置するとどうなるか?という実験ですが・・・。


結果、集成材はたった6ヵ月でボロボロになっていました。
杉や桧の無垢の柱は、色が変っているぐらいでしたが・・・。


もちろん、雨や水にぬれなければ大丈夫かもしれませんが長年住んでいたら
万が一雨漏りすることだって考えられると思うのです。


ドイツでは60年の歴史があるとか言いますが、日本の気候とは全然違いますし
日本の実績は20年もありません。


反対に、無垢の杉や桧の柱の家で100年建っている家はゴロゴロあります。
実際に、実績があります。
ですから、そのような集成材の柱を使うことはありません。



だったら、どうしてそんな集成材を勧める住宅会社があるのかと言うと
狂いが少なくクレーム(クロスがよれたりすることが少ない)になりにくい
からと、材料が安いからです。


長持ちすることより、目先のクレームが出ないようにしているのです。


よく、営業マンが工業製品だから強いとか品質が安定しているとか営業トーク
で言いますが本質は引き渡したすぐにクレームを出さないようにする為です。


決して、騙されないでくださいね(笑)


PS.
どの業界でも、裏事情はあると思います。
私は、決して他社を批判する気で書いているのではありません。
お客様が本当に知らなければならないことはこういうことだと思って
います。
いい物と悪いものがお客様自身で判断できて、初めて納得できる家が
できるものだと思います。

たくさん勉強されて満足いく家づくりをされることを心から願っています。
そのための情報提供は惜しみなくさせて頂きたいと思っています。

わからないことや、不安なこといつでもお聞きください!



今日も最後まで読んで頂いてありがとうございます。


chonta3906 at 23:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

見学会!





今日と明日、見学会をしています。


今日は、初めて当社の見学会に参加してくれたお客様が多かったのですが。





初めて来られたお客様がよく言われることは・・・。



・ほかの家とは全然違うね!とか
・こんな家見たの初めてとか
・とても、かわいい家ですね!と褒めていただくことが多いです。




広告に、いつも「見学されてガッカリしたお客様には迷惑料として
3千円を支払います。」と書いているのですが今まで要求されたことは
一度もありません。(笑)





あるお客様なんか、夫婦でガッカリしたと言って3千円づつもらって
帰ろうと面白げに言いながら見学会に参加したのに、当社の建物を
気に入ってしまい建ててしまった(笑)と完成した後に聞いて、お客様と
大笑いしたこともあります!





それと、お客様がよく言うのは「どこの会社の家を見学してもどの家も
一緒!」とよく言われます。


僕ら、業界の人間にとってはみんなが分かっていることなのですが・・・。





まぁ、今日もたくさんのお客様に出会えていろんな相談に載らせて
いただきました。


いろんな家づくりの勉強をしてもらって、自分にとって納得いく家を
建ててもらいたいと思います。


PS.
ブログ二日もサボってしまいました。というか展示会の用意で忙しかった
ので・・・。(言い訳です)
継続は力なり!明日から頑張ります!



chonta3906 at 22:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月24日

今月の情報誌の発送完了







やっと今月号の情報誌が完成して発送することができました。

今月号から、デザインを一新して気持ち新たに情報を発信していきたいと
思います。
今までとタイトルや、紙の色など違うことがありますが間違えて捨てないで
くださいね!(笑)


その情報誌に書いたことを見らてない方のために再度ここに書いておきたいと
思います。(大事なことなので・・・。)



「本当に良いものを提供しようと思うと会社を大きくするとできない!」の巻



一生に一回の住宅を任せるなら、会社が大きくて信用のありそうな所へ
頼みたい!そう思われていると思います。



でも、現実は少し違います。



会社が大きいほど、多額の経費が掛かって営業マンには月々何棟の契約を
取ってこないと・・・と重いノルマが課せられているのはほとんどの方が
気づいていると思います。


そんなノルマノルマの中では良いものを提供することよりも会社の存続や
利益や営業マンの給料が最優先されています。情けない話ですが、売れたら
何でもいいとか今月のノルマを達成できたら・・・。


そんな、世界です。ですから、良いものを提供するより売れやすい物の
ほうが都合がいいわけです。
そして、現場でも簡単でクレームになりにくい建材を使おうとします。
それが、新建材というものなんですが。


そして完成すると、どこの住宅会社が建ててもほとんど同じものが出来
あがります。



残念ながら、ほとんどの住宅会社がわかっていながらこのジレンマから
抜け出すことができません。



ですから、本当に良いものを提供しようと思ったら、できるだけ会社を
大きくしないで経費を極力かけないように運営しなければ無理なのです。



よく、ニュースをにぎわしていたコロッケの問題や不二家の問題、最近
では赤福餅の問題、こういった問題は上記の話と一緒で会社の構造的問題で
これからもたくさん出てくると思います。



もちろん、企業というからには利益の追求は当たり前かもしれませんが
追及しすぎて、ある超えてはならない一線を分かっているけど超えてしまう
のは経営者の問題だけではないような気がします。



そうならざるをえんから、そうなっていると思うのですが皆さんは
どう思われますか?



そうならないためにも、経営者は企業はこうあるべきだという確固たる
信念が必要だと思いました。




PS.
大きい会社だから安心とか、名前を聞いたことがある会社だからといって
安心できる世の中ではなくなってきているように思いました。



今日も読んで頂いてありがとうございました。

chonta3906 at 23:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月23日

いろんな価値観




何日か前に書いた「ハウスメーカーの営業マン」の話で何通かメールを
頂きました。


ほとんどの方が、賛同頂ける内容でしたが中には批判的なメールも
ありました。




基本的に、どの方が合っていてどの方が間違っているという価値観は私には
ありません。





もちろん、賛否両論でいいと思います。





何でもそうですが、このブログや接客する時も私の家作りの考え方をお話し
していますが私の考え方を押し付ける気は毛頭ありません。





私のスタンスは、持ってる情報をお客様にすべてお話して選ばれるのは
お客様と思っているので知っていることはすべてオープンにする努力を
しなければならないと思っています。





「お客様は神様、こんな景気の悪い時に断るなんて・・・。」





そういう、声が聞こえてきますが


無理やり私が御請けしてもお客様にとって不幸だし、そもそもお客様
にとってメリットがないのに売り上げだけの為に突き進むということは
出来ないからです。



PS.
ヘンコツと言われればその通りかもしれませんが、お客様に本当に必要な
物は何か?それをアドバイスできるてはじめてプロだと思っています。
自分自身の中では、それが当たり前と思っています。







今日も読んでいただいてありがとうございます。







chonta3906 at 23:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月21日

少しずつ成長!





私には、六歳の娘と二歳の息子がいます。





まだまだ、下の息子の方に手がかかるためにどうしても息子の方に

気が行ってしまうのですが、未だにおねえちゃんは弟に嫉妬して

物を貸してやらなかったり取り上げたりして親の気を引こうとするのですが

最近、ちょっと様子が変わって来ました。





だいぶ、字も読めるようになってきたので得意げに絵本を弟に読んで
やっているみたいです。




息子も、興味深々でかしこく聞いています。




まだまだ、喧嘩がたえませんが少しずつ両方が成長しているように
思いました。



娘の方は、字を読むと言うことに興味がでてきたのかしきりに「これなんて
読むん」と聞いてきます。



今まで、そんなことに興味があるようには見えなくて、たぶん小学校に
行ったらオチコボレになるだろうと
心配していましたが時期が来ると自然と興味を持つもんだと感心しました。




いろんなことに興味をもって、スポンジのように吸収していってもらいたいと
思います。



PS.
今でも、娘の口に負けていますがこれ以上パワーアップすると思うと
ゾッとします。
ほんまに、女の子は口がたちますよね・・・。




今日も、読んでいただいてありがとうございます。

chonta3906 at 23:36|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2007年10月20日

続 ハウスメーカーの営業マン





何日か前に、「売る家と住む家は違う!」というタイトルでブログを
書いたのですがその営業マンの続編です。



あれから、いろいろ言ってくるのですが・・・。




たとえば、材料は仕入れてくるから工事だけやってくれとか
     図面はこっちで考えるからとか




まあ、材料を自分で仕入れて来るぐらいなんとも思わないのですが
すべて、こっちが段どるからお前は言われたとおりにすればいいと
いわんばかりの態度にちょっと何かが違うと思ったのと、
これでは「いい家」ができないばかりか、わざわざ僕が家を建てる
意味がないと思いました。





どういう事かというと、性能のいい家を作ろうと思ったら計画段階から
考え方が普通の家と違うのです!
ただ単に、当社が使っている建材を真似して安く集めてきても性能の高い
家などできるわけがないですし、小さなことの積み重ねや建材のトータル
バランスやマッチングがとても大事だと考えているからです。





図面も書かしてもらえず、材料も選べないとなるとはたしてこの人にいい物を
提供できるか?と考えた時に、無理という結論に達しました。





そのような家でいいのであれば、わざわざ私がしゃしゃりでるまくもないと
思ったのです。




今回は、非常に残念だったのですがやんわりお断りさせていただきました。
これを、本人も見ていると思うので正直な気持ちを書きました。
今回は、僕のことを期待してくれているのにもかかわらず、
その期待に答えれなくて本当にすみませんでした。
会って、なかなかこんな話はできないのでここに書かしてもらいました。





PS.
今回は、本当にすみません。ほかの事であればここまで考えないのかも
知れませんが、こと住宅のことになると自分が納得できないとお客様に
だせないのです。ヘンコツなことはじゅうじゅう自分自身わかっていますが
今まで、建てさせて頂いたお客様やこれから建てさせて頂くお客様には
これがいいですよと勧めておいて、見えない所では言っていることと
やっていることが違うということは私にはできません。
そこを、わかってほしいと思って書きました。




今日も読んでいただいてありがとうございました。

chonta3906 at 23:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月19日

最悪のシナリオ





当社をとても気に入って頂いていたお客様の話です。




ある事情で、当社で担当することはなかったのですが・・・。



他社様で建築中にもかかわらず見学会や事務所に差し入れして頂いたりして
とても好意にしていただいていました。



基本的に、私は人との信頼関係を一番大事にしますので当社で契約されなくても
その方にとって「いい家」を建てられることを切に願っているのですが・・・。



そのお客様の家を建てている業者さんの悪い話を耳にしてしまったのです。



「そろそろ、あの会社が危ない」と・・・。



引渡しが終わっていたら、アフターメンテナンスで困るぐらいで済みますが
もし、建築中だったらその建物の所有権は住宅会社のものになります。




そうなったら、最悪のシナリオです!!





建築中の家は、管財人に抑えられてしまいどこからどこまでがお施主様の
物か争わなければなりません。




その間、何ヶ月は現場はほったらかしになります。
その間の、精神的苦痛は察して余りあるものがあります。





どうぞ引渡しが済んでいますようにと思いながらそのお客様に電話を
しました。




恐る恐る聞いてみたのですが、案の定建築中でした。





別に不安をあおるつもりでない胸をはじめに伝えて、知っていることを
すべて伝えました。





お客様も、うすうす感じていたようですがショックが大きかったようです。
できることならこんなことを言いたくなかったのですが
少しでも早いうちに伝えた方が手が打てると思ったからです。






とにかく無事に引渡しをされることを願うばかりです!





PS.
今は、こうゆう場面を回避するために完成保障とゆう制度があります。
もし、建築会社が工事の途中で倒産してもその工事が完成するまで代打の
業者がきて完成するまで保障してくれる制度です。
これから、ますます倒産していく業者が増えてくると思うので住宅会社を
決める時にそのようなことも参考にしてほしいと思います。

本当に建築中に倒産したら、最悪ですので・・・。




今日も読んでいただいてありがとうございます。




chonta3906 at 22:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月16日

売る家と、住む家は違う!






今日たまたま、知り合いのハウスメーカーの営業マンと話す機会が
あってその話の中の一言です!




「売る家と、自分が住みたい家は違います。」と




はっきり、言いました。




まぁ、よくそんなん言うなぁーと思いながら・・・。







「どうして、違うの?」と聞いてみました。



すると・・・

「売る家はどんだけ利益が残して、お客様に気に入ってもらえるか、それだけに
力をいれて建てられるんです。
だから、自分が住みたい家ではないんです。」と・・・。





まぁ、こんなことは僕もこの業界が長いのでわかっているつもりですが
あまりにも、直接的に言われると悲しくなります。




それを、買っているお客様の気持ちになると・・・。



建築は、専門的な分野です。ですから、その道のプロとしてお客様をいい方に
導いてあげるのが私たちの役目なはずです。






一生に一回の家が、利益優先なんて考えただけでも・・・。






でも、彼は「本当のいい家を建てても、それが売れなかったらなんの
意味もない!たちまち、自分たちが生活できないし・・・。」と言いました。





そして、「価値がわかる人だけ本当のいい家に住んだらいい!」
そう言いました。




まぁ、彼はサラリーマンなので仕方がない部分もあるのでしょうが
どうも私の中では腑に落とすことが出来ませんでした。




でも、悲しいことにほとんどの住宅会社がこの様な状態だと思います。




こうなったら、施主様自身が勉強されて自分の身は自分で守らなければ
防ぎようがないと思います。(本屋さんの本の情報では・・・?!)





PS.
その彼は、家を建てたいらしくそれで私のところへ来たそうですが
私に、「僕だったたら、いくらでやってくれるん?」とお金のこと
ばかり言うのと、上記のようなことがある彼の住むための家の手助けを
してもいいものかと考え中です。




H君こんなことを書いてしまってごめんなさい!
たぶん、読んでいると思うので私の正直な気持ちを書いてしまいました。
気を悪くしたらごめんなさいね(泣)





chonta3906 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月15日

100回っ!






皆さんに、ブログを書くと宣言して今回100回目を迎えることが出来ました。




このブログを通して、いろんなメールやコメントを頂いて励まされて

100回も続ける事ができました。



本当に感謝の気持ちで一杯です。



「ありがとうございます。」







今回続けてきて、勉強になったことは文を書くことも勉強になりましたが



一番大きいのは・・・。






やれば出来きないことはない!出来なくしていたのは自分自身だということ
勝手に苦手とかやりたくないと自分で自分に壁を作っていたことに
気が付きました。





これから、自分の苦手な分野を克服していく楽しみが出来ました。
きっと、楽しみながら苦手分野を克服していけるような気がします!






PS.
毎日、わかりにくい文章でも毎日欠かさず見に来て頂いてありがとう
ございます。
これからも、僕のブログが家作りのために役立てるかわかりませんが
僕の知っている情報を包み隠さず書いていきたいと思います。

いつも、直球勝負なので自分に都合の悪いこともいいことも書きますので
これからもここへ遊びに来てください!






今日も読んでいただいてありがとうございます。

chonta3906 at 23:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年10月14日

新しいけど、古いような・・・。





よく、仕事中で10年ぐらい前に分譲された分譲地を車で通ったり
することがあるのですが、いつも思うのがたった10年でとても
古く感じます。




これを、読まれている方もそう思っている方は多いと思います。




なんで、たった10年でそう感じるかと言うとこれには理由が
あるんですね!





どうしてそう感じるか?を僕なりの考え方をお話ししたいと思いますが


「いいですか?」






10年前に建てられた家と、今の家はデザインは違いますが仕様は
ほとんど同じで新建材が多様されています。


そのほとんどの新建材は、新品(新築)の時は光っています。
ツヤ(艶)があってピカピカ光っているんです。

その艶が、月日とともになくなっていって元の色が色あせてくるために
古く感じるのが原因です。(特に外観)




フローリングも一緒で、建てた時はワックスがけされてビカビカに
光っています。

しかし、住んでいるうちにワックスが取れたり物がおいているところと
普段良く歩く所がムラになったりしてなんか古く感じてしまいます。
もちろん、古いワックスを剥がして新しくワックスをかけるとある程度は
戻りますが、そこまでなかなか出来ないのが現状のようです。

住みながら、荷物や家具をどけてとなると億劫になりますよね!





ここからが、当社の宣伝です。(笑)

ではどうしたら、良いのか?ということですが

発想の転換です!



「月日とともに、ツヤが無くなって古く感じるのなら初めからツヤがない
ものを使ったらいい・・・。」


「新しいけど、古い」そんな、コンセプトです。



当社の建物は、ほとんど何を取っても光っているものはほとんど
ありません。雄一、キッチンなどの蛇口が光っているぐらいの物
でしょうか。


標準仕様のテラコッタ瓦なんかは、古くなっても塗装することは
できません!
もし、カビなど生えてもそれはそれでかっこいいそんな価値観です。



よく、イギリスなどの住宅街の写真を見たりしますが決して新しくない
のに並んでいる家が自然と調和してとてもかっこいいです!
よく見ると、どの家もいろんな色使いをしていますがどの家も光って
いないんですよね。






家づくりで、外壁やメンテナスを考える時にこんなことも参考に
されてみてはいかがでしょうか?



PS.
当社の外壁は、アメリカの高層ビルに採用されている方式です。
材料もアメリカ製です。
再々、高層ビルに足場をかけて塗装や洗浄などできないので基本的に
ノーメンテンスです。
汚れも、雨と一緒に流してしまいます。


よく、塗り壁の家で道路が近かかったりしたらすごく汚れている
家を見かけますが、まずそんな心配はありません。





しばらく、サボってしまいました。(反省!)




今日も読んでいただいて、ありがとうございます。

chonta3906 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!