2012年04月24日

息子の受験も終わり(ひとまず県立には行ってくれました)、
制服など入学出費も一通り出揃ったあと、やっぱりやってしまいました。

息子にipodTouch(64GB)を買ったのが運のつき??

CK100proでしょ、CK90proMK2でしょ、
なんで、この2台とも買ってしまったんでしょうか。
自分でも説明がつきません。

で、こいつらですが、2週間にわたる消音ボックスでの鳴らし込みを終えて、
やっと先週晴れてデビューとあいなりました。

んが、どうにもなってく行かず・・・・
CK100proは強すぎる高域に目をつぶったとしても、特定の音?が異常に
ひずむとか。
CK90proMK2は無難すぎたり(悪くは無いです)。
どうも満足感まで行ってない感じです。

という訳で、もう1台行ってます(笑

その機種は???
FADのHeaven CまたはSに行こうと思ったんですが、中高音の抜けはいいものの・・・・
低域が私に合いません。
一般に言われるような量ではなくて、締りの無い音に感じちゃって。

4/26発売予定の新しいIVでもその傾向は変わりませんでした。残念!

という会話をヨドバシでしていたときに情報を得たのがこれ。
FISCHER AUDIO DBA-02mkⅡ 

http://review.kakaku.com/review/K0000343791/

このレビューの方と私の耳は実に近い!
ER-4S、e-q7ユーザーであるところ同じ。
まさにどんぴしゃですね。

あと、DBA-02mkⅡは付属のチップも充実してます。

http://ameblo.jp/e-earphone/entry-11164718974.html

MONSTER Super Tipsのようなウレタン充填チップもあるんですが、
これのMサイズが私の耳にぴったりでした(^^;


# あと、耳の検査もしています(^^;
以前の結果は無くしてしまいました、4/19の結果は

(Hz) (dB)
125 - 15
250 - 15
500 - 15
500 - 15
1000 - 15
2000 - 10
4000 - 5
8000 - 25

40代では十分といわれたものの、8kの25dBが気になりますねぇ



chonyorochonyoro at 20:30│コメント(0)トラックバック(0)

2011年12月25日

息子の受験が終わるまで買わないと決めていたのですが、
久々に時間が取れたので秋葉原パトロールです。

パーツ街にも出向きますが、まずはヨドバシさんのAVフロアーに!

視聴イヤホンの前が空いていたのでゆっくり聞かせてもらえそうです(^^!

では、まず、ATH-CK90PROMK2です。

えーっと、電車の中で、X5とe-Q7を使って耳の慣らしを終えているので
即視聴です(^^;

むむむ・・・知人のレビューとちょっと印象が異なりますねぇ。
確かにバランスも良く、帯域も広い。
ER-4Sよりも力強い低域に負けない中高域は解像度も十分。
何ですが、e-Q7のような見晴らしの良さが無いんですね。
極わずかな差なんですが、ER-4SよりX5の延長線上にあるような気がしました。
X5の延長線上といってもX10のようなバランスでは無いです。
X10は嫌いですから。


次は、SONYのBA XBA-1SLを視聴させてもらいました。
AVwatchのレビューを見て上位機種は好みから外れるだろうと思いまして。

ワンフレーズ聴いただけで、おおおー、とびっくりです。
合唱曲だったのですが、パートがきれいに分離します。
モニターには最適化に思えました。
能力は高そうですが、楽曲に入っていけない・・・もどかしさがあります。
なぜかは?です。
所有してじっくり聞き込むと慣れるのでしょうかね。

音としては、最低域、最高域の落ち込みが気になりました。
フっと音が無くなってしまう感じでしょうか。
ER-4Sのようにだらーと落として欲しかったです。

って、首をひねっていると、店員さんがATH-CK100PROを出してくれました。
マルチユニットは苦手なんですが・・・・とネガティブな話しつつ、装着。

おや? 悪くないですねぇ。
イヤホンって感じがしません。まるでヘッドフォンのよう。

結構良いです。
持参したソースでは高域にひずみを感じるところがありまして。
何とか買うのを思いとどまることができましたが、やばいです(笑

興味は完全にATH-CK100PROに行ってしまいました。
値段が倍以上ですが、そもそも今の環境もそれなりの金額が掛かっているわけですからねぇ。
入れ替えを考えるとなるとそれなりの出費は致し方ないのでしょうね。

とはいえ、出せるものにも限界がある訳で。

そうだ、SONYのXBA-4SLはどうかしら?
SHURE SE530で懲りていたのですがマルチも良いかもです!

chonyorochonyoro at 18:55│コメント(0)トラックバック(0)機材紹介 │

2011年12月04日

えーっと、CK90PROMK2はしばらく待つことにしました。

気に入らないわけではありません。
今日、ビックカメラで視聴してきまして・・・・買うことは決めました。
が、息子の受験が成功裏に終わった後に買います(^^!

さて、視聴したCK90PROMK2は予想に違わずいい感じでした。

比較用にe-Q7を持ち込みです。
e-Q7は解像度の高さと帯域の広さをバランスさせつつ、
艶感を演出して
要るように感じます。
いわゆるフラット感というとER-4Sの方が上ですが、
一方、こいつは低域のつながりにギャップを感じる場面があります。

大雑把にいうと、CK90PROMK2はe-Q7とER-4Sの中間に位置します。
解像度は必要十分。
帯域も十分。
音場は適度に近接。
脚色は無く非常にスムーズで、上から下まで破綻無くつながります。
一言で言うと、非常に注意深く調整されたバランス感なんですね。

こいつは良いです。
面白みは無いですが、環境がある人にはお勧めです。

うーん、欲しい!

chonyorochonyoro at 21:16│コメント(0)トラックバック(0)機材紹介 │

2011年11月28日

前回はNW固定用のパーツを削りだしました。

今回は、HPAのケースを調達してレイアウトを調整します。
何はなくてもまずはこれ。
SANY0037






2個ほど買いたかったのですが、ららぽーと(船橋)は最後の1個でした。

で、建材(アルミアングル)を加工して端子カバーとアダプターのベースを
作りました。
ヤスリひとつでもこの程度はできます(^^;
勢いで3つもつくってしまいました。
SANY0038






アップはこんな感じ。
SANY0039SANY0040






組み合わせると
SANY0041SANY0042






アダプターが合っていませんねぇ。
そうです。これはipodnanoの第4世代用です。

まぁ細かな調整は後で何とでもなります。

上、挿入部からみるとこんな感じ。
クリアランスもいい塩梅です。
SANY0043







で、いまの懸念事項は・・・・・NWの右横のスイッチ類とアングルの接触。
ぴったりのサイズにするとスイッチに負担が掛かりすぎるし、
スイッチ分のクリアランスを取ると固定が甘くなるし。
何かしらの緩衝材が必要と、素材を探しています。













chonyorochonyoro at 22:02│コメント(0)トラックバック(0)工作 │
何度も何度もやり直ししましたが、仕上がりました。

決め手はこれ! 自作の触れ取り台
SANY0046







もうひとつ、ニップルまわし!
SANY0047






何でこんなに持っているかは別にして(笑

種類によっては12インチホイールは組めないんですよ!
SANY0049






ほーら、回せない!
もちろん、丸いヤツもだめです。

そこで、スパナ式のやつが」いるわけですが、こうやって曲げると・・・
SANY0048 SANY0050






使えます(笑

仕上がりはこんな感じです。
SANY0051

chonyorochonyoro at 21:34│コメント(0)トラックバック(0)自転車 │

2011年11月27日

CK90PROMK2が欲しくてたまりません。

友人のレビューを思い起こす度に沸々と欲求が湧き上がってきます。
CK90PROMK2を称して「AT作 ER-4Sの後継機」と口にすると、
更に購買意欲を掻き立てられます(^^;

GR8はER-4より低域のボリュームがありますが少し柔らかい感じがします。
CK90PROMK2はもう少し硬質でパワー感があるのかしら?

SE215も古いソースやライブ盤用に欲しいなぁ

ラインナップを見直すかなぁ

しばらく落ち着いていましたが年末を目の前にして悪い癖が出てきたようですね。

chonyorochonyoro at 12:20│コメント(0)トラックバック(0)機材紹介 │

2011年11月23日

友人がしっかり買っていました、ATH-CK90PROMK2
彼のレビューは
・GR8やER-4Bで少し物足りなくさを感じることがあるが、
高域のよさを落とさずに低域が厚くなっている
とのこと。

うーん、よさげ(^^;

さしずめ、ATが作ったER-4Sの後継機ってところではないか?
と妄想してしまいます。

SONYのBA機も気になるし年末商戦が楽しみです。

銀座のSONYショップにいってみましょうか!

いや、その前にCK90PROMK2かなぁ(^^;


chonyorochonyoro at 11:03│コメント(0)トラックバック(0)機材紹介 │

2011年11月22日

ハモネプ チャンピオンズCDです。


[どんぐり]、と[姉と僕]がお気に入りです。
コーラスの個性からリードボーカルの個性、そして気持ちが伝わるプレー!
すばらしいです。

全体に良い仕上がりなのですが・・・・・看板として掲げる・・・・・

[A-Z]のvocalけいちゃん
[腹筋学園]のvocalゆうだいの
+[INSPi]
の「桜」はINSPiがせっかくのツインボーカルの良さを殺してしまっている?
と感じるのは私だけでしょうか。

そして、[じゃ~んずΩ]、コーラスの構成がどうしても合いません!
「はあー」とか???わかりませーん(^^;

最後に、[Bam B Crew]の「さよならの向う側」はもー、声を抜きすぎ!
雰囲気出しているのはわかるのですがやりすぎですよ。
あなたの声はそんなに抜かなくても十分にサビとの差を作れますから!
自信持ってくださいね。


これらはCD音源として聴いた場合の感想なんです。
ライブで聴くとちょうど良いのかもです。

特にボイパは微妙です。
音源としては残念ながら・・・・所詮は偽者です。
「ぴしーっ」とか聞こえてくると・・・・・

難しいです(^^;

といいつつ、今日も聴いています。

chonyorochonyoro at 21:16│コメント(0)トラックバック(0)音楽ソース │

2011年11月08日

最初に目的をはっきりさせておくと・・・・・
トラコンの内装変速化を目的にしています。

変速機はインター4とインター7を用意しています。

で、チェーンラインのお手本はこれ。
マイパラスの12インチのです。
SANY0033

見てのとおり、スポークが無残に切れちゃっています。
何せ14番のスポークに90kgが乗っかっていましたから(笑

で、お手本にしたのは、こいつのハブがトラコンとサイズが同じなんですね。
せっかくの手組みですし、お猪口とあわせてチェーンラインもそろえちゃおう!
ってわけです。

次に用意したのはスポークです。
ごらんのとおり、一般的な14番じゃ切れるのは明白です。
某有名店でもトラコン用インター3には13番ですし・・・ね。

そうそう、そもそも自分で組もうとしたのは、某有名店に相談して・・・
やんわり断られたことに始まります(^^;
インター3が限界かもよ、って。
ネットで調べるとインター7もやっていらっしゃったようなんですがね。
まぁ、相談したのが震災前でホイールの入荷が不透明(5月連休くらい?)
という話が前提だったのかも知れませんが。


で、選んだスポークはこれ
SANY0029

14番のスポークなんですが、首のサイズが13番という代物。
一般の14番と比較すると。
SANY0030SANY0032
SANY0031

写真右は700cの長さのスポークとの比較です。
短いのは67mmです!短いですね(^^;

そうそう、36Hのハブですが、リムは24Hです。
穴無しのリムを調達して穴を開けました。
ということで、私のシミュレーションでは5度傾けて強引に組むことに
した結果、リヤ1組に4種の長さのスポークが必要になりました(^^;
これです。
SANY0028

で、インター4で組んだのがこれ。
SANY0034

なんかカッコいいです(^^!
ちなみにスプロケは厚歯の13T

出番待ちのインター7はこんな感じ。同じく厚歯の13tです。
SANY0035

インター4を組み込んだHandybike8用に厚歯の12Tを調達しています。
SANY0027

左下が13T、上と右が12Tです。
当然、内側のカセットへの出っ張りはヤスリでゴシゴシ(笑

インター4に入れてみるとこんな感じです。
SANY0036

前後のパーツを入れていませんが、干渉しちゃいそうです。

chonyorochonyoro at 22:43│コメント(0)トラックバック(0)自転車 │