まるろぐ@晴耕雨読

まるちょうがあなたに伝えたいことを密に語るBlogです。
不定期に文章こしらえます♪

両親の終活を考える

今回は大真面目なテーマです。今年、実父が米寿、実母が79歳になる。うちはハッキリ言って恵まれていると思う。周りのアラフィフを見渡すと、親の介護で大わらわなところが多い。そう「大わらわ」で普通なのです。うちの両親はいろいろあるにせよ、健在で頑張っている。素直に「すごいな〜」と感じています。でも! やはり寄る年波には勝てない。近年、二人とも「老い」を感じるようになってきた。それは子どもからみた変化もあるし、二人とも「避けられない老い」を自認している部分もあると思う。

母は頚椎と膝に弱点を抱えている。2017年の5月に重症の頚部脊柱管狭窄症と診断され、手術を受けた。本人は「あの手術で、それほどよくならんかった」なんてくだを巻くのだが、あのオペをしてなければ、今頃寝たきりになっていたと僕は思う。だから執刀医のK先生には、とても感謝。頭はしっかりしていて、スマホに挑戦するなど、知的好奇心は旺盛。

父は2014年の1月に、白内障の手術を受けている。本人の意見としては「それで著しく見えるようになったわけではない」と不満そう。あと、歯の状態もあまりよくない。よく「目と歯は大事にしなさい」という教えがあったりするのだが、父はそういう意味では不安がある。大きな病気はないけど、歩幅はどうしても短くなる。もう米寿だもんね。70代は舞鶴で少年のように(←言いすぎか)、野山でタケノコとかワラビとか採っていた父である。ちょっとした柵なんか、ひょいっと越えていったものだ。そんな父も、さすがに80代後半ともなると、つらい。自分でもはがゆさはあるようだ。続きを読む

近況・・東京スカイツリーに行ってきた(2)

(承前)その後、息子のリクエストですみだ水族館へ。癒やされる空間で、ぼんやり魚たちを観ていた。でも僕はそれほど魚類に興味があるわけじゃない。やがて息子と別行動となり、また夫婦水入らず。けっこう歩いたので、お茶したいね、と話していたら「星乃珈琲店」があるらしい。妻の頭にはすでに網羅されている。僕なんか予習もしないし空間認知も弱いので、オロオロするばかりだが、彼女はそのへん堅い。そうそう、星乃珈琲店は初体験だったが、すでに満席。ちょっと待って、入店となる。元旦から働いている人たち、大変やなぁ〜 もうね、拝んじゃいますよ。

もう昼前だったので、もう食べちゃおうかということになり「星乃スパゲッティー(具だくさん醤油バター)」をいただいた。これがなかなか! カフェのレベルではないと思った。珈琲はまあまあかな。さあ、浅草寺にお参りでも行くか〜 みたいな軽いノリで、ぶらぶら歩き出した。その後えらいこっちゃになることも知らず・・続きを読む

近況・・東京スカイツリーに行ってきた(1)

12月31日、1月1日、2日の三日間、東京にいました。ま、狙いは昨年GWの横浜旅行と同じです。少しでも風向きを変えられればと。あるいはガス抜きができればと。いわゆる「change of pace」ってやつですか。スカイツリーって、上方に突き抜けてますやん。ここに来たら、ちょっとは閉塞感が軽くなるかな?という祈りを込めて、この旅行を企画しました。

12月31日、のぞみ12号にて13時すぎに東京着。さて、昼飯どうしよう。新丸の内ビル5階をぐるぐる回る。「手打ちそば石月」が目に付いた。さほどお腹もすいていないし、蕎麦でさらっと食べようと。値段もそこそこやし。満席だったが、ちょい待って店内へ通された。僕は「牡蠣と聖護院蕪のみぞれ蕎麦」をいただいた。蕎麦がとにかく香ばしい。歯ごたえもしっかりある。いつも食べてるM店とは、やはり違うな〜(比べてごめん)と感心。美味しいものを食べると、力が湧いてくるね。続きを読む

2018年を振り返って

さて、2018年もあとわずかとなりました。恒例の「一年を振り返って」をやってみたいと思います。この一年を短いとみるか、長いとみるか。やはり僕は「長かった」と顧みたい。辛いこともあったり、嬉しいこともあったり、充実した一年でした。おおざっぱに挙げてみたいと思います。

#1 台風、大雨でファーストキャビン合計五泊(7〜9月)
#2 大人の塗り絵を展示(9月、12月)
#3 久々の家族旅行(横浜)(5月)
・マンション大規模修繕
・T診療所忘年会
・サッカーW杯 日本対ベルギー戦を観れたこと
続きを読む

近況・・T診療所の忘年会に行ってきた

さる12月8日にT診療所の忘年会があった。場所は老舗の「菊水」。そう、今回は腰の入った本格的な忘年会である。宴会が苦手な僕ですが、こういう集まりはできるだけ出席するようにしている。当日午前中は外来業務。そこそこの忙しさだったか? 昼めし食って、バスで四条河原町へ。予約していた「GLANSIT KYOTO KAWARAMACHI」にチェックイン。今年10月に開業したばかりのカプセルホテルで、ピッカピカ。けっこうぐっすり眠れた。起きたときの「あれ?ここどこだ?」感が半端ない。

そして、菊水である。学生時代に先輩の結婚式二次会なんかで来たことがあったっけ? 三階の会場へ入る。テーブルは決まっているようだ。所長先生を初めとするそうそうたるDrの面々、そして師長さん。すこぶる緊張した。いかん、ちゃんと立ち振る舞えるだろうか? 一瞬、不安が頭をよぎる。しかし、である。今回は秘密兵器(ばらしてるがな)があったのである。すでに会議で有効性を確認しているβブロッカーです。こいつのおかげで、発声時の震えとか、速さのコントロールが可能になる。パニックになると、声が震えて異様に早くなってしまうのです。社交不安障害というのは因果な病気でして、こうしたお助けアイテムが必要になります。続きを読む

「幸せは目標にするものではない」とはどういうことか?

著書「夜と霧」で有名な心理学者、ヴィクトール・フランクルが、こんな事を言っています。
幸せは決して目標ではないし目標であってもならない。そもそも目標であることもできません。幸せとは結果にすぎないのです。

みなさんは、どう感じられるだろうか? 僕なんかは、すごく違和感を感じました。なんでそういう考え方が発生するんだろう? 違和感ゆえに、すごく興味がわいた。この言葉のベースになっている理路を、なんとか発掘したいと思った。続きを読む

父(87歳)がカローラを廃車にするとき

父について、語らせてください。僕には87歳になる父がいます。とくに大きな病気もなく過ごしていますが、米寿を控えた現在、やや「年齢的なしんどさ」も垣間見られる。父は舞鶴に生まれ、車と大きく関わって生きてきた。20代で出光興産に入職し、ガソリンスタンドで地道に働く日々。僕の家庭の経済は、間違いなく父の「血と汗」によって支えられていた。父はいつも弱音は吐かなかった。耐える姿はまさに、昭和の男を象徴していたように思う。僕はずっと、そんな父の背中をみて育った。

父は僕が舞鶴の小学校に通っている頃、小さな車を所有していた。でも、事故(だったと思う)を起こしてから、車に乗ることはなかった。たいていオートバイだった。でも、車にしろオートバイにしろ、父は運転がすごく好きなんだな、ということは子どもながらに感じていた。

一方、僕は大学に入って自動車教習所に通ったのだが、いい思い出がほとんどない。卒検に落ちたときは、ホントに凹んだ。医師の卵だからといじめてくる教官に、もう一度会うのが情けなかった。そんなわけで、免許を取得するころには、おおかた「車の運転なんかするもんか」と思っていた。周囲を横目に、車への興味も失せていった。続きを読む

近況を手早く炒めてふたつ

ひとつめ。以前、下手くそなエレピの演奏をアップしたのを覚えておられるだろうか? 「energy flow」という美しい楽曲なのだが、下手くそすぎて坂本教授に申し訳なかった。なんで下手くそなのか? 理由はふたつある。ひとつは単に練習不足。だって、多くて週に二回、一回あたり20分くらいの練習しかしない。要するに、エレピは僕の生活の中で優先度が低いのです。ひどい時は、二週間くらい全然弾いてCAB7VsfUQAA9IJe.png-mediumいないなんてこともある。楽器の習得については、基本、毎日触れた方がいいに決まってる。「持続的努力と学習曲線」というグラフが、端的にそれを指摘している。僕の「散漫な努力」では、いつまでもスキルが上がらず、自己評価が低いままなんですね。いくらドMな僕でも、これは耐えられない。

演奏を楽しむということ。そう「楽しむ」ことが大切なんですよ。劣等感を感じながら、眉間にしわよせてやるもんじゃない。だから、演奏を録音してアップするのは、止めることにしました。いま練習しているのは「さんぽ/久石譲」という楽曲なんですが、、 これまたなんて愛らしい曲だろう。大好きな曲です。これ、まあそこそこ弾けるんです。でも・・録音するとなると、やはり完成度が足りない。人に聴かせる演奏じゃない。練習不足が根本にありますが、ここでもうひとつの原因がでてきます。つまり「本番に弱い」ということ。いざ録音となると、どうも緊張しすぎて、いつもなら絶対にやらかさないようなミスを連発する。ミスが重なると、さらに精神状態はすさんでくる。この悪循環。演奏って、本当にメンタルなものだと思います。続きを読む

【速報】線維肉腫フォローアップの結果

本日、線維肉腫のフォローアップにて、胸部CT撮影でした。

結果は肺転移を認めず。

原発部位も問題なし。

したがって、経過は良好なり。

以上、まるろぐをご覧の皆さまにご報告いたします。

※次回は来年4月22日に胸部CTの予定です。

まるちょう 拝

医療に人間性や人生観を投影させる必要はあるのか?

ジャズ・ギタリストのパット・メセニーが、こんなことを言っている。
演奏が上手いミュージシャンはいくらでもいるんだ。しかし、その多くはプレイで伝えたいことに欠けているように感じる。演奏技術はあるのに、彼らの存在や人生が投影されていない。技術や知識はあくまでも音楽を表現する上での手段に過ぎないわけで、伝えるものがなくては本末転倒だ。

四年前のジャズ雑誌に載っていた。ふと感じるところがあったので、今までiMacのデスクトップに熟成させていた。もはや「なんでこんな言葉をため込んでいるんだろう?」という状況だったんだけど、つい最近になって「Blogネタとしての意義」を思い出した。

つまり、パットは音楽家としての高い志を言ってるわけだけど、これは「医療者」に応用できないだろうか?ということです。もちろん、音楽家は「リスナーに伝えて心を震わせる」という役割がある。一方、医療者は「患者の病気を診断して治す、癒やす」という役割なので、方向性の齟齬はあるかと思う。でも、そうした「主たる方向性」に付加して「自分の人間性や人生観」を、そこはかと奏でるのは、悪いことではないと思うのです。続きを読む

Profile

まるちょう

Archives
Search

WWW まるろぐ
Recent Comments
 |