10月9日7時半頃起床。一階のレストランでの朝食はうっとうしいので、ホテル横のセブンイレブンでパンなどを買ってめいめいで食べる。10時頃まで部屋でダラダラした後、新江ノ島水族館へ向かう。外はあいにくの小雨。まずは、江ノ電のキオスクへ。ダイゴは、ここで江ノ電のプラレールを買ってもらうのがお目当てなのだ。その後、小田急へ向かう。移動は相変わらず、わが家の羅針盤たるお蝶夫人♪が先導する。私が先頭に立つと、どうしてもオロオロしてしまうので、最近は任せっきりである。私って、視野が狭いのです。視力自体も悪いし。困ったもんだ。
片瀬江ノ島駅で下車して、水族館へ向かう。相変わらず小雨で三人とも暗い感じ。無言で歩く。水族館に着くと・・なんや、この行列は!(▼▼メ) チケット売り場と入場口付近におびただしい人が!呆然とする私とダイゴを横目に、お蝶夫人♪はチケット売り場の列へ。15分ほど無言で待っただろうか。その「呆然」は、チケットをゲットした後も変わりはなかった。なんでこんなに人がおんねん!(▼▼メ) 各ウインドウに何重にも人のバリケードができて、最前列なんて、座り込んでるもんね。全然動く気配がない。
そのうち白けてきて、鑑賞しようという気持ちにならなくなった。うんざり!というわけで、早々に退場。その頃には、私はもちろん、ダイゴも硬い表情で怒りがにじみ出ている。「こりゃ、まずいな」と思っていたが、出口のゲートを抜けると、お土産コーナーだ!私は特に欲しいものはなかったので「ふーん」くらいのものだったが、ダイゴには救いの場だったようだ。要するに、買い物魂炸裂!(ToT) よく知らないけど、お蝶夫人♪と二人で長時間買い物していたようだ。
私は途中から退屈になったので、横の休憩コーナーにて一服。買い物を終えたダイゴは、現金なもので、もう晴れやかな表情に変わっていた(笑)。三人で飲み物を飲んだりして一服。その後ホテルに戻る。なんか、水族館にお土産買いに来たみたい。ま、いっか。
部屋に戻って一服した後、昼飯はホテル横のセブンイレブンでカップ麺を買って済ます。夕食はラスカルさん宅でごちそうが出るので(笑)、こんなもんで丁度いいのだ。食後、シエスタの時間へ。はぁ〜、極楽。グランドホテル湘南は、とても快適である。昨年に比べても、一段とよくなっている気がする。例えば、三種の枕(普通のと快眠タイプと抱き枕)、おしゃれな壁時計の設置、体を洗うタオル、女性専用アメニティー、素敵なデザインのパジャマ等々。お蝶夫人♪が痛く気に入っていた。二時間ほど快適に寝る。
シエスタの後、シャワーを浴びて、iPod装着して旅行記を書く。そのうちダイゴがプラレールを組み立て始める。なんと、電車の音声が鳴るらしく、ダイゴが自慢げに鳴らす。しかし、その音のけたたましいことよ!(▼▼メ) 「我が世の春」といった風情で、そのけたたましい音を鳴らすので、たいそう閉口した。自宅に帰ったら、ダイゴが朝起きれないときに、この電車の音を耳元でけたたましく鳴らしてやるぜ!(お蝶夫人♪と協議の上、決定 笑)。
午後5時前に、ホテルを出る。徒歩にて10分ほどで、ラスカルさん宅へ。ラスカルさん、お父様、お母様とミミちゃんに笑顔で迎えていただいた。食卓を囲んで談笑。三月の引っ越しのことや、ラスカルさんのご両親にとってはひ孫にあたる七海ちゃんの誕生のこと、お母様の体調のことなど、本当にいろんなことを語り合った。とても温かいひとときだった。ミミはダイゴに遠慮したのか、あまり顔を見せなかった(微笑)。お蝶夫人♪が念入りに選んだプレゼント・・ラスカルさんにあらいぐまラスカルのカップルのぬいぐるみ、お父様に扇子、お母様にキティーの和風ポーチを贈った。特に和風ポーチは、お母様にいたく気に入られ、お蝶夫人♪も大満足。というのも、お母様は熱烈なハローキティーのファン。さすが、お蝶夫人♪は目の付け所が鋭いね。
ラスカルさん、お父様、お母様、ミミちゃん、おもてなしありがとうございました。この場を借りて、感謝申し上げます。また、来年参ります。よろしくお願い申し上げます!午後8時頃おいとまし、ホテルへ歩いて帰る。風呂に入った後、ベッドでのんびりくつろいでいたら、いつの間にか寝入っていた。
・・次回へ続く♪