1/1(月)の午前6時半頃、私だけ起床。例の如くコソコソとシャワー浴びて外出。皇居を横目に南進。15分くらいで日比谷公園へ。ここはとても思い出深い場所で、15年前の研修医時代の東京出張時(謎)に、疲れた心を癒していた場所である。ここで聴いた「ツィゴイネルワイゼン」は一生忘れられないだろう。稼働していないひっそりとした噴水の前で、しばし休憩。これまた想い出の日比谷図書館を訪れてから帰路につく。途中でコンビニを発見したので、お茶など買って帰る。
朝食は、初めにお屠蘇のサービスあり、着物姿の女性が品よくついでくれた。おせち料理もあったけど、うちは普通の洋朝食をたのむ。とても高級感あり、うまかった。あまりにも上品すぎて、リラックスできないという感じもあったが・・
食後、ダイゴへのお年玉贈呈あーんど実家へ電話して新年の挨拶。そして、いざ秋葉原へ! ダイゴは、行きたい店を予めチェックしていたので、わりとスムーズに事が運ぶ。ガイドブックが無ければ、おそらく三人とも目を回していたことだろう。それほど延々と電気屋さんが続く。道行く人は、みな黒っぽいジャンバー。なんかうっとうしい。ところどころで店頭販売などあり、行列している。それがまた、一種異様な雰囲気を醸し出している。こういう所から、電車男という名作が生まれたんだなぁ。ホントあれは現代の奇跡だね。
さて、ダイゴとともに数件店を回っているうちに、私も沸々と物欲が湧いてきた。以前から「ごっつええ感じDVD」が欲しかったのだ。これだけ店があれば、お安く手にはいるのでは?と考えたわけ。二人といったん別れて、中古DVDの店を何軒かまわる。でも、中古DVDっていうのは、あんまりないんだね。それに、萌え系のDVDばかりで、一般のやつは少ないように見受けられた。結局、四軒ほどまわって、6800円で第一巻をゲット(定価9800円)。しかし、帰ってアマゾンで調べてみると、送料込みで6780円で売っていた。ちょっとガッカリ。まぁ、よいアキバ土産にはなったかな?
携帯でお蝶夫人♪に連絡を取ると、駅前のカフェですでに昼食中と。合流して、戦果を話し合う。なかなか素敵な時間だったな。メイドカフェはちょっと興味あったけど、ダイゴが嫌がったので中止。話のネタに入ってみたかったんだけど(笑)。
アキバはあまりにも広くて、半日回っただけでぐったり。ホテルへいったん戻ることに。ダイゴは、買ってきたおもちゃの組み立てなどに没頭。私は二時間ほど昼寝。お蝶夫人♪は、また東京消防庁へ視察に行っていたようだ。
昼寝から目覚めて、ごっつのDVDを観てみる。このホテルは、DVDプレーヤーもちゃんとあるのだ。ダイゴも知ってる「ゴレンジャイシリーズ」に大爆笑。VHS版ではカットされていたコントが結構あり、大発見という感じ。とりわけ、おじいちゃんの「モモレンジャイ!」が異様に面白かった。笑いすぎて、涙が出て仕方がなかった。あと、ボイン5にも再会できて幸せだった。調子に乗って、ダイゴと一緒にお蝶夫人♪に向かって「あ、そ〜れそ〜れそ〜れそ〜れ ボインボインボインボイン」と迫ったら、叱られた(ToT)。でも本当に買ってよかった!\(^o^)/ 夕食後、またごっつのDVD観てゴロゴロ過ごす。また私だけ早めに就寝。
・・以下、次回へ続く。