六弦倶楽部と一寸六(むげんくらぶ &ちょとろく)

 六弦倶楽部とは, 鳥取県西部地域の45歳以上のアコースティックギターが大好き,60年,70年代フォークが大好きなオジサン達(オバ様も含む)を中心にした会です。 まだ老いるには早すぎる。来し方を振り返り,人生を語るには早すぎる。オジサン達の可能性は,無限(六弦)だ! ―「 ちょとろく 2007.2」―

502.柿谷に憩うー門永哲郎木鳥小展

ポスターIMG_3831 昨日、7月16日から「ビラ柿谷」にて開催されている「門永哲郎氏の木鳥小展」に出かけてみた。今までも、米子水鳥公園で展示されている作品等で氏の技量の高さは知ってはいたものの、実際の展示物を接写レンズのごとくIMG_3839仔細に観察してみると、あまりのリアル感にただただ驚くばかり。それぞれの鳥に表情があり、まるで生きているかのようで、木鳥とは到底思えないのだ。どの作品も素晴らしいが、第17回日本・フランス現代美術展(8月3〜14日東京・新国立美術館)に出品される作品(キビタキがフジミドリシジミを採餌する光景と白いヤマボウシの花を表現したもの)は、当然のこと、展示してはなかった。代わりに写真が展示されていたが、是非実物を見てみたいと思うほど素晴らしい出来ばえの作品のようである。
IMG_3821IMG_3816IMG_3836
 展示物の内、何点かは販売もされていた。販売品以外にも欲しいと思う作品がたくさんあった。氏は、本業の仕事とは別に、「別の本業」である木彫をこなし、さらに六弦倶楽部等のギターの集まりでもギター奏者として活動する。一体いつ眠る時間があるのだろうかと、ただただ驚くばかり。自分の24時間の過ごし方を重ね合わせてみると、無為にダラダラ時間を費やす怠惰な自分がとても恥ずかしくなってくる。IMG_3829IMG_3825

 そうこうしているうちに、六弦倶楽部、山陰オフ会のメンバーの演奏が始まった。「六弦に巡る音 アコースティックコンサート」である。そこでは、門永氏、Mifuさん、ysscatsさん、よしださん、uraさん、浜田さん達がsoloギターを奏でた。門永氏の作品展とアコギのコラボは、氏がアコギ奏者であるからなのか、とても自然で、心地良い雰囲気を醸成していた。また、久々に聴いたギタリスト達の演奏もとても水準が上がっているように思えた。
 なんでもこの日は100名近くの来場者があったらしい。
IMG_3817IMG_3824IMG_3840IMG_3830
IMG_3841
IMG_3823IMG_3835IMG_3820IMG_3826












IMG_3843IMG_3842IMG_3819A333A166-12AE-442A-BDA7-3288AFFC2D06









「柿谷に憩うー門永哲郎木鳥小展」は7月24日まで続く。
 会場は、ビラ柿谷、島根県安来市柿谷町471−1TEL0854−27−0440
 是非出かけて行って観ていただくようお勧めする。
IMG_3813
「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

501.久々にカポッ!じゃなくて、 CAPO

 今日はカポの話。今まで意識して色々なカポを使用してきたので、確か15〜6個は保有していたはず。しかし、あらためて探してみると、5〜6個しか見当たらない。散らかりまくった部屋のそこかしこに散逸してしまっているのだろう。
 久々に新しいカポが目に留まり2種類購入してみた。

 一つはMatonギター専用カポ、どこかで見たようなスタイル(ストリング ハウス製に酷似)だが、黒くてツヤのあるボディは渋くてカッコイイ。最近よくあるバネの力を用い、クリップ状にワンタッチで挟み込んで使用するタイプ。同じタイプにG7ナッシュビルカポやNS デュアルアクションカポ等がある。この手は一瞬でフレット上を移動できるので重宝する。IMG_3572
 もう一つは、ジュラルミン製の超軽量カポ。「ほんまかいな、こんなんで大丈夫かいな」という感じ。まるでオモチャのようなスナップ式のカポだ。パッケージには「かる〜い」と表示してある。計量してみると、なんと僅か10gチョイだった。商品名は「スタ☆カポ」というらしい。
 装着する際、ちょっと力を入れただけでも折れてしまいそうな華奢なやつだが、アームピンを溝に入れると、弦を押さえるバー部分に適度の力が伝わり、バー全体が指板の形状に沿ってしなるため、圧着加減がほど良い。一弦、六弦ともにいい感じで押弦力量が分散されている感じ。装着方法はワンタッチというわけにはいかないが(twoーアクション)、この軽量さは、カポを装着していることを完全に忘れてしまうほどギターと一体化する。

IMG_3570IMG_3569IMG_3571










 また、ネック幅に合わせて4種類の中から選べるのも嬉しい。ただ、値段は9,720円(税込)と驚くほど高い。

 新しいカポで気分転換、「1年半ぶりにギターを弾いてみようか」という気に少しなった。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

500.「ダドガド」オープン!

IMG_2060 2月10日午前11時、ついに「ダドガド」がオープンした。
当方、11時15分頃行ってみたが、もう既に先客が。店内は予想以上に広い。
チャーシュー麺を頼んでみた。麺も、チャーシューもシナチクも、牛骨スープもいい。それぞれのバランスがとれていて、とても美味しい。IMG_2065
 夜はみんなが寄って騒ぐということになっており、あらかじめホテルを予約しておいた。境港市に今月オープンした「御宿野乃」である。なにやら、こちらへの宿泊も楽しみだ。

IMG_2066 夜になるのを待って、午後7時半頃ホテルへのチェックインを済まし、徒歩で、燻製を手土産に再度「ダドガド」へ。扉を開けると、Pepeさんの友人、六弦倶楽部のメンバー等たくさんの人が来ていて、活気がある。DSC02949
 皆一様にラーメンを食べ、ビールをのみ、シングルモルトを飲み、餃子を食べ、燻製を食べ、しゃべりまくり、ギターを弾いたり歌を歌ったりで、どんどん夜は更けていった。
午前0時頃ようやく解散となったが、皆まだ話し足りなさそうにしていた。DSC02953
DSC02952 
 Pepeさん、夜遅くまで迷惑をおかけしました。これからは今までのように自由には遊べなくなり、少し寂しいですが、男が再び人生をかけて始めたこと、納得いくまで頑張ってください。で、仕事に慣れた頃、また一緒に遊びましょう。
DSC02975DSC02967
DSC02966DSC02958
IMG_3158













ところで、
 「キミは、もうダドガドへ行ってみたか‼️」
 「キミは、もう食べてみたか❗️ダドガドの牛骨ラーメンを‼️」


「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

499.2月10日の夜は「ラーメンとギターの共演」だ!

pepeさん 六弦倶楽部メンバーの津田さんこと、Pepeさんの店、牛骨ラーメン「ダドガド」のオープンが近い。
 オープン日、 2月10日(水)の夜は、特別にギター等を持参してもいいようだ。
 所謂「RGK」(「ラーメンとギターの共演」)というやつだ。
 都合のつく方は、誰でも遠慮なく出かけて行き、ギターを弾いたり、ラーメンをすすったり、歌を歌ったり、踊ったり(踊ってもいいのかな?)、浴びるほど飲んだり、さらに色んなこと(?)をして盛り上げ、ともにpepeさんの門出を祝ってあげてもらいたい。

 どうぞよろしくお願いします。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

498.DADGAD

IMG_3080 今日はDADGADについて書く。
 DADGADと聞けば、ギター弾きにはすぐわかる。
そう、アイリッシュ系のギタリストが好むチューニングだ。
解放弦の音色を使うことで弦のテンション変え、音色の変化を求めるときや、運指を容易にしたいときなどに用いる。とても美しい響きを得ることができるチューニングだ。
 このDADGADだが、来月10日(水)オープンすることとなった。
えっ!DADGADがオープンって???
あ、話の展開が逆だった。それは、牛骨拉麺「ダドガド」がオープンするって話のことだ。
 店のオーナーはPEPEこと、津田友二氏、そう、言わずと知れた当倶楽部のsoloギタリストの彼だ。

IMG_3078 退職後の第二の人生に、アコギライブとかができるカフェ経営等を目して熟慮中だったが、この度、考えを改め、牛骨拉麺「ダドガド」という名のラーメン店をオープンすることとなったのだ。場所は、境港市の水木しげるロードにある「水木しげる記念館」の斜め前。
 当分の間、六弦倶楽部のメンバーには、最低週1回程度は食べに通ってもらいたい、というか行くべし。彼の第二の人生を共に応援しようではないか!

ただし、店ではギターは弾けないので持参しないこと。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

497.明けましておめでとうございます

晴れの大山 みなさん、新年明けましておめでとうございます。お久しぶりです、お元気ですか。
 昨年は、6回しか記事をアップしませんでした。それと、練習会を一度も開催しませんでした。

 今年も今は何の予定は立てていませんが、とりあえず今年もよろしくお願いします。何となくダラダラと自分の日常を書くという作業を中断してみると、それがとても快適だったりします。

 このブログ、2007年から開始し、496回も記事を掲載し、今年2月で丸9年になりますが、一昨年末(2014)、ある出来事を契機に、突如急激な脱力感に見舞われ、現在に至っております。

 練習会を開催することになりましたら、このブログ或いはメールにて連絡させていただきます。

 2016年が皆様にとりまして良き年でありますようお祈りいたします。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

496.こんな状況です

ランタン 前回記事にて体に異常があったかのようなことを書き、ブログの連載を中断しておりました。その間、何か書かなければと思うこともありましたが、あまり深く考えもせずに放置しておりました。
その間はやはり体調はすぐれず(入院したりもしており)、「オッさんの代わり映えのしない一人言」を書くのも「もういいか」という感じでいました。

 しかし、そうこうしているうちに盆も近付き、少し体調が良くなったこともあり、近況を少し書いておこうと思います。

 持て余し気味にしていた腹回りですが、106.5センチから94センチに減り、履けるズボンが増えてきました。これはひとえに糖質制限と、毎日の体重測定等体調管理の結果ではないかと思います。
 他にも、体内年齢が61歳から56歳に、体脂肪率が27.8から21.6へ、BMIが25.9から23.5へ、内臓脂肪レベルが12から9.5へと、徐々にではありますが変わっていきました。「意識付け」が体を良い方向へ向かわせてくれているように思います。

 音楽に関しては、6月に或るイベントでPAを担当したくらいで、ほとんどギターは弾いていません。
笑顔のpepeさんpepperoni道路でサザエを割る男2makopepe
 この間、発作的な思いつきで大山のコテージ「グリーンドア」にて軽く騒いでみました。
 当方の元気そうな動きもみてください。どうです、軽やかそうでしょう?学生時代みたいに楽しかったです。
 今後また練習会を再開しようと思います。その時はよろしくお願いします。

 写真↑上段右、下段左「道路でひたすらサザエを割る男」

makotoさんpepeさんpeperoku
ウクレレ組み写真1ウクレレ組み写真2ウクレレ組み写真3ウクレレ組み写真4カホンマン笑うpepeさんDSC02525makotoさん2makorokumakotoさん3
黄昏を弾くpepeさん

















































撮影:SONY RX1 35ミリF2
「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

495.背の話2

 昨年、健康診断に行った時のことを「473.背の話」で書いた。
今年は例年より早く、連休明けの5月7日に健康診断を受診した。
 この日、2日間、酒を断ち、万全のコンディションとまではいかないものの、まあまあのコンディションであったと思う。
 最初の検査である内診が混んでいたため、しょっぱなから身長測定に回されることに。

 何気なく測定器に乗ったその瞬間である。頭の中に昨年の「167.3センチの苦い思い出」(「473.背の話」参照)が、まるでデジャブのようにそのまま再現され始めた。途端、「ピカッ!」と稲妻が走ったというか、条件反射的に「これではいけない!シャッキッ!」、そう、私は、前回同様背骨、頚椎を力の限り、「瞬間力」で上方へ伸ばしてみせたのだ。

 果たして結果は、
「169.8センチです!」
「お〜!2.5センチも成長している!」

 しょっぱなから、大いに気を良くした私は鼻歌交じりで各検査をこなしていった。しかしだ、ある検査で大きな不安に見舞われることに…。

 途端、身長測定時の興奮も何処へやら、

「とうとう来るものが来たのかもしれない…、今さら身長なんかどうだっていいんだよな〜、馬鹿みたい」

 そんな単純な自分にいささか辟易しながら、再検査の予約をし、帰路に着いた。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

494.加山雄三ファイナルコンサート

 3月1日(日)午後4時半、開場の15分前に会場であるビッグシップに着いたが、すでにロビーは開場を待つファンで長蛇の列。横3人の列が二列に連なっている。
 カップルが断然多く、昔の加山雄三と星由里子が何十組、何百組と並んでいた。当方は知人に頂いたチケットのため一人っきり。何やらそれが少し気恥ずかしくなる雰囲気のため、なるべく知り合いに出会わないように伏し目がちにひっそりと並んだ。

 席に着くと、場内は整然と落ち着いた雰囲気の中にも、壮年というか初老の人々達の控えめな熱気で満ちている。
 一部は、ロカビリー、ロックンロール、ベンチャーズ、映画若大将シリーズ内の各曲だった。一部の終わりには、会場の全員が「旅人よ」を歌うことになり、私を含め、皆、大きな声で合唱した。それをステージ上の加山雄三が黙って聴き、「米子の皆さん、素晴らしい歌声です!」などと満足気に褒めてくれたりして、盛り上がりの中、終了。

 二部は、テレビドラマの主題歌等から始まり、サライ、座・ロンリーハーツ親父バンド等へ。終わりが近づくにつれ、誰に促されるでもなく、会場のほとんどが立ち上がり、拍手をし、体を揺らしてリズムを取り、一緒歌ったりしながら、老人、壮年達の気持ちはどんどん、どんどんと膨らんでいった。アンコール曲は「君といつまでも」、「夜空の星」、新曲「Dreamer 夢に向かって、今」。この時、その勢い、熱気は最高潮に達した。

 それにしても驚くのは、77歳とは思えない加山雄三の伸びやかな歌声!本当に感心した。どこにこんな体力、気力があるのだろうか。何しろ、一部と二部の間、15分の休憩を挟んだだけで、48曲も歌ったのだから。
往時の若大将の時代より何倍も歌が上手くなり、音域も相当広がっていて、年齢を経たといっても、まったくごまかしのない歌い方にただただ感心、さすが若大将だ。モズライトキーホルダー

 この日のコンサートは、昨年行った武道館コンサートと同じ仕様で行われており、選曲、曲順、アンコール曲全てイコールとのこと。帰ってからその模様をDVDで観たところ、バックバンドのメンバーが武道館の方が少し多いくらいで、舞台装置、曲、曲順は同じだった。

 貴重なチケットをいただいたおかげで、多感な年頃(中学生頃)の自分に束の間タイムスリップができ、思いもよらずいい気持ちにさせてもらった。

 77歳まで生きられたとしても、加山雄三のような勢いの良さは醸し出せないだろうが、何やらチョット、今後の生き方への参考になったような気がする。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

493.腹が…

 大変なことになった。今この時点で対処しなければキット取り返しのつかないことになる。
 何がって?、それは当方の腹周りのことだ。以前、当ブログの「436.怪しい関係?」でも書いたが、もうファスナーやワイシャツ、スラックスとの関係などを云々している状況ではなくなった。もう後がないということを切実に感じている。

 先日、ある方の叙勲受章祝賀会に出席した時のこと、テーブルに着いて我が目を(腹を?)疑った。その日スーツの下に着ていたのは、昨年暮れ頃に購入した高価なワイシャツ。ところが腹周りがあまりに成長したため、ワイシャツの腹部分(ボタン3つ分くらい)が外側に全部開いた状態になり、かろうじてボタンで全開に抗ってはいるものの、ワイシャツの下に着用している肌着が完全に覗いて見える始末。
 「な、何だこれは!」まさかここまでとは思わなかった。同じテーブルの知人達からも「スゴイ腹になったなぁ〜」などと驚嘆の声を上げられることに。
 最近、ズボラになってしまい、勤務中もスーツやブレザーを着用しなくなったため、ここまで重症になっていることに気づかなかったのだ。緊張感のない楽な服装は、人間をルーズにするということか。そして、この腹、宴が進んでいくにつれ、注がれたビールや運ばれてくる美味しい食べ物達によって、さらに風船のようにパンパンに膨張していくのだった。
 もう座っているのが苦しくて、苦しくて、立っているしかない。でも、そんな胸の内を誰にも言えず、「今日はもう二次会に行くのは止めとこう」と珍しく冷静な判断をし、会場から逃げるように帰路に着いた。
 
 ズット「絶対、自分だけはこんな腹にはならない!」と思っていた。周りにいる膨張腹の人たちに対しては、いつも高所から「スゴイ腹ですね〜、何とかしないとね〜」などと言いながら、腹を撫でてあげたりしてからかったりしていたのが、ついこの間のことのように思える。「あぁ〜、それが今、何てことだろう、私が当事者に…」

 悔やんでいてもしょうがない、もう私に時間などは残されていないのだ。こと、ここに至っては、かつてmifuさんやuraさんがおそらくなされたであろう「人知れずの改造計画の立案」に取り組まなければならない。現時点での腹周り測定値は104.5僉▲劵А船叩

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

492.辛い五十肩

 昨年の11月中旬頃より、なぜか右肩が痛くなった。あまり気にもせず過ごしてきたが、12月に入ると、床についてからもズキズキ痛み始め、寝返りが出来なくなり、孫などをダッコする際も、思わず呻き声を漏らすようになった。
 症状等をネットで検索し、病状からおおよそ推定していたものの、やはり整形外科での診断結果は「五十肩」ということだった。

「還暦過ぎてても五十肩って言うんですか、先生」なんてボケてみたものの、「はい、そうです」と軽くいなされてしまった。
 まだ私の症状は軽い方ということで「五十肩体操」(そんな呼び名の体操があるのかわからないが、とりあえずそういう名前にした)5種類のパターン中、3パターンを毎日20回ほど繰り返すようにと言われ、そのままリハビリの体操をする部屋に通され、天井に設置された滑車に通されたロープ(吊り輪状になっている)を使って肩の筋を伸ばす体操をした。
 この症状は、少なくとも3ヶ月間くらいは続くらしい。
で、毎日真面目に自宅のバスルームでやっている。体が温まった状態で行うのがいいらしい。最近になって僅かだがピーク時より痛みが治まったような気がする。
 
 この原因というか、発端はなんだったんだろうかと考えてみるに、それは9月、10月、12月、とても重いスピーカーを右手に持って色々な場所へ出かけて行ったこと、体重の増した孫をしょっちゅうダッコしなければならなくなったこと、それとギターレッスンが原因ではなかったろうか、ということに思い当たった。特に、ギターのレッスンはギターの形状と弾く姿勢に問題があることに気づいた(当方、いつまでも上達しないので、やってはいないようにお思いだろうが、少しはやっている。練習会間際になってから「三、四日漬け」程度の練習だが・・・)。

 肩の痛みが軽い日などに、ギターを弾いてみるが、30分程度弾くと嫌になる程肩が痛くなってくる。それも、000サイズよりDサイズのギターを弾くほうが方が辛い。ボディ大きい分、ボディの上に乗せる右肩の角度が大きくなるため、肩に一層負担がかかるようなのだ。股の間にギターのボディを置き、ギターを立てるような格好(クラッシックギタースタイル)でギターを構えて弾いてみるとと、随分肩にかかる負担が軽くなる(この格好はあまり好きではないが)。

 3ヶ月ほど前に購入した南澤大介氏、元い!、南澤大介先生著の「ソロ・ギターのための練習曲集」に「ギタリストのためのカラダ・メンテ」という項目がある。そこには、.廛譽ぁΕ好織ぅ襪療生 ↓▲タリストのためのヘルス・ケア術、ケガのしにくい体を作るという内容で、いろいろな体操が図解入りで載っている。実際「五十肩」になってあらためて真面目に読んでみると、それはまさしく目からウロコのカラダのトラブル予防法であり、大きな「気づき」を与えていただくこととなった。

 「ああ、そうだったか!、これからのギター練習はこういったカラダのケアにも十分配慮しなければならないのだ」(「もう決して若くはないんだ」)ということを、肩の痛みとともに実感したのだった。
「ギターを弾く前には、必ず十分な準備体操を!」

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

491.今年もよろしくお願いします

米子市古豊千から見た大山 新年あけましておめでとうございます。

 平成19年2月9日に発会しましたこの「六弦倶楽部」も今年2月で丸8年になります。
 発会当初、こうした集まりは、まあ1〜2年もてばいい方などと言われ、私自身もそう思っていましたが、会員の皆様のご協力のお陰でとりあえず今日まで続けてくることができました。
本当にありがとうございます。
これからも今までどおり、キバラず、自然体でやっていこうと思います。
お付き合いしていただける方は引き続きお付き合い下さいませ。Martin CTM 000C-28 1310 45th Aniversary

 本年が皆様方にとっていい年でありますようにご祈念いたします。

なお、本年の第一回目の練習会は4月か5月を予定していますが、それまでにギターを弾いて、歌って楽しく遊ぶ寄り合いも考えたいと思います。

  2015年元旦       ちょとろく 

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

490.♫第32回練習会at米子水鳥公園

立派な看板リハ模様 年の瀬も迫った12月21日(日)、米子水鳥公園にて第32回練習会を開催した。今年の我が倶楽部の練習会としては4回目、ここ米子水鳥公園での開催は、通算8回目となる(横断幕は第5回となってるが)。2007年からずっと開催させて頂いている。
asaxさん月太郎さん これもひとえに、公園の館長様はじめ、スタッフの皆様、そして門永さんのお陰である。

 今回は11組のグループが出場した。最近ではメンバー内で色々グループが結成され、それぞれの単独演奏とは別に、それらグループの発表の場ともなっている。
月太郎一座uraさん 練習会は、午後1時半開演、午後4時50分頃終了、その後撤収作業に入った。
 今回、この会場に初めてLine6のデジタルPAとスピーカーをセットした。
出力の容量としては十分というか、余りあるものだったが、PA表がないため、出演者ステージに立つ度にセットを確認、点検しなければならずline、マイクの数、エフェクター使用の有無等を確認するのが大変だった。幸いにmifuさんが手伝って下さり大いに助かった。
mifuさんpepeさん 今後は、いくら小規模の練習会といえど、最低リハ開始までに各自からPA表を提出してもらえればもう少しスムースに行けるようになると思うが、これも考え様である。スムースではなくて、ドタバタするのが手作りの練習会っぽくていいのかも、そうも言える。


ysscatsさん ヒロばんど午後6時からは米子市明治町にある「魚キング」に7名(うち、飲酒者は4名だったが)が出席し、午後10時まで忘年会で盛り上がった。多岐にわたる話題の中、特にギターあれこれや音楽談義で大いに盛り上がり、楽しい楽しい忘年会となった。

 今年の六弦倶楽部の活動もこの日で終了。来年は今年以上に充実した練習会となるように種々企画に努めたいと思う。

後光トリオせっつあん 会員の皆様、関係者の皆様、今年も大変お世話になりました。来年もまた楽しく演りましょう。良いお年を!

門永さんとその妻 ※最近、怠けてスマホでの写真ばかり掲載している。今回のような逆光の会場ではきちんとしたデジカメで写さなければと反省。若干補正したものの、出来栄えの悪い写真ばかりで申し訳ない。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

489.第32回練習会後の忘年会について

waterloo いよいよ今年度最後の練習会が近づきました。皆さん練習してますか〜。
当日配布するプログラムを作成していただく関係上、事前に演奏曲目を連絡していただくようお願いしていましたが、まだ連絡のない方が若干いらっしゃるようです。まだの方はどうぞよろしくお願いします。

 練習会後の忘年会についてです。当初、「歌ったり、演奏したりできる忘年会」ができればと「?付き」で考えていましたが、あいにく当日が日曜日ということで予定していた3箇所の店ともに定休日でした。ガクッ!

 そのため、歌ったり演奏したりではない、普通の忘年会にさせていただきます。
 現時点での出席者は7名の予定ですが、さらに多数の皆さんの参加を募ります。

 なお、会場は以下のとおりです。

 場  所  「魚キング」米子市明治町189
 電  話  0859−21−7010
 開始時刻  午後6時〜
 会  費  3,500円

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

488.♫第32回練習会at米子水鳥公園

 この間、柿谷での第31回練習会が終わったと思ったのに、もう32回練習会がそこまで来てしまいました。一年も終わりが近づくと、一日一日が素早く過ぎていくように感じます。
「第32回練習会at米子水鳥公園」は例年どおり米子水鳥公園で開催させていただきます(右記「MUGEN SCHEDULE」記載の要領にて)。

 プログラム作成の関係もありますので、ご参加いただける方は演奏曲目2〜3曲をご準備いただき、予め当方までメール(chotoroku@gmail.com)にてご連絡いただきますようお願いします。
クリスマスも近いですので、演奏曲にクリスマスにちなんだ歌、曲等を1曲ご用意いただけたらと思います。
 今年最後の練習会となります。練習会終了後、希望者のみで忘年会に移行したいと思いますので、「ご参加、不参加」についても上記メールにてご返答下さいませ。

 どうぞよろしくお願いします。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

487.♫第31回練習会at ヴィラ柿谷

よしださん 連休中の11月22日(土)午後4時から安来市柿谷にある、築130年の古民家「ヴィラ柿谷」にて第31回練習会を開催した。
 今年の参加者は昨年より少し多く、11組。1組2〜3曲を演り、6時半ころ終了。休憩の後、今度は地元の方と一緒になっての音楽会に移行。

 昨年は歌本がなかったため、リクエストされた曲のギターコードが判らずギターカラオケに苦慮しので、今年は分厚い歌本を何冊も準備してと、・・・・そう考えていた。しかし、当日持参するのを忘れ、せっつあんが持参した2冊のみ。せっつあん
「ないよりいいがん(「ないよりいいんじゃない」の意味)とページを繰り、歌いたい歌を探すのだが、今度は楽譜の文字が小さくてギターコードも読めない。誰もがすでに老眼(老人)者になっていることを全く考慮に入れてなかった。そんなこんなでやりくりしながら、食事を挟んで午後10時半ころまで音楽の宴は続いた。地元の方でもっと歌いたい方もいらしたのではないかと思うが、コチラ側に工夫と準備が足りなかったように思う。門永さん月太郎さん

 次回も演らせていただけるのなら、地元の皆様方のために、歌本を「フォーク編」、「童謡編」として配布し、全員参加型の歌声喫茶風にしてはどうだろうか。練習会は「練習会」、「地元の人と歌い集う会」とある程度明確に区分しないと、ワレもワレもといったタダのダラダラ音楽会になってしまう。

asaxさん一座出番を待つギター達 それにしても、一年ぶりに会った広瀬の拓郎さんはスゴイ。昨年より更にパワーアップしている。まさしくRockerだ。もっと彼の歌が聞きたいと思った。

mifuさん佐々坊バンド 午前0時をとっくに過ぎた頃、社長さんからの「もっと飲みましょうよ」のお言葉に甘えて午前3時30分過ぎまで、今度はしゃべりタイム(主に私が一人で)。そして、社長さんから床暖房の床に布団を敷いてもらい、爆睡。翌日は誰も睡眠不足で大変だったのではないだろうか。宿泊者は全員で6名だった。当方は当然のこと、残アルコールの酔いから運転ができず、「せっつあん」にマイカーを代行運転してもらって帰宅した。「せっつあん」ありがとうね。
makotoさん社長さん挨拶
 社長様、奥様、昨年に続き今年も六弦倶楽部のイベントに会場をお貸しいただき誠にありがとうございました。もし来年もさせていただけるものなら、要望事項にお応えしたいと思いますので、何なりとご提案下さいませ。 柿谷の皆様、広瀬の拓郎様、ありがとうございました。せっつあん、門永さん、会場との折衝、打ち合わせで大変お世話になりました。
広瀬の拓郎だ!月とasa


皆さんたち広瀬の拓郎2




hiroと拓郎お客さんと歌いましょう









お客さんと歌いましょう2広瀬の拓郎3
今日の雨、傘がある?広瀬の拓郎4何やら怖そうなお酒何やら怖そうなお酒2ネパールの歌をうたうスタッフの方
(追伸)それにしてもどうやって瓶の中へサソリを咥えたコブラを入れたのだろう・・・。入れてから底をガラスで塞いだのだろうか、う〜ん、わからない。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

486.♫あらかんばんど5

あらかんばんど2014 11月16日、今年もM氏主催の「あらかんばんどコンサート」が開催され出かけた。
 このコンサート、早いもので、今年で5回目の開催となる。毎回新しい企画が盛り込まれるため、今年は一体どんなコンサートになるんだろうかと、始まる前からワクワク感がある。

 今年の驚きは、まずM氏の歌唱力の大幅なアップだ。声量も増し、格段に上手になっているのだ(ボイストレーニングの成果か?)。また、彼の別バンドのサックスアンサンブル、演奏力が相当向上していて、今回はドラム、ベース等バックバンドを従えての演奏でとてもカッコ良かった。「テキーラ、最高!」サックスアンサンブル

 また、今年のあらかんばんどは、ドラムとベース、リード・ギター兼サイドギターが若いメンバーで構成され、M氏はキーボード奏者のポジションを女性に譲り、リードボーカルに専念、今までになかったハモリを女性キーボード奏者が担当、リズム部門もキッチリと引き締まっており、バンドとしての完成度も高かった。

 さらに、恒例のダンシングチームだが、今回は出場場面が変わったが、「若っぽい、エネルギシュなダンシング」は健在で、初めての人でもダンサーの実年齢に気づくことはなかったろう。あらかんダンサーズ2014

 いつもながら思うことだが、M氏のコンサートには格好つけたところがない。常に自然体である。選曲した曲も、無理やりある種のカテゴリーにはめ込むのではなく、昔の歌でも今の歌でも、ジャンルに関係なく、好きな、やりたい曲を活き活きと楽しく歌うところがいい。MCも自然体そのもの。こうした彼の自然体とひととなりが会場全体に伝播し、会場全体が皆古くからの仲間であるというような優しさに満ちた一体感に包まれるのだろう。

あらかんチェッカーズ いろいろなアマチュアコンサートに出かけるが、M氏のあらかんばんどコンサートのようにステージと会場が一体となったパーティーのような楽しいコンサートはない。

追伸:酒の席等が続き、体調不良でblogへの記事掲載をサボってしまいスミマセンでした。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

485.ヴィラ柿谷と水鳥公園

 11月22日(土)開催を予定しています「ヴィラ柿谷」における第31回練習会についてのご案内です。
すでに当blogのMUGEN SCEDULE欄 にてご案内済みですが、同所での練習会はディナー付きとなっております関係上、予め参加者人数をお店の方へ報告しなければなりません。まだ会日までには3週間チョットありますが、どうぞ早いうちにご参加の旨、人数等を当方までお知らせくださいませ。

 このblogへのコメント、或いは当方までmail(chotoroku@gmail.com)にてお知らせ下さい。

 また、米子水鳥公園での第32回練習会についてですが、これもすでに12月14日(日)ということでMUGEN SCEDULEにてご案内済みですが、こちらについては、急遽公園側の都合もあり、日程を変更することになりました。

 変更前12月14日(日)
 変更後12月21日(日)

 その他は変更ありません。こちらも参加の旨、人数をお知らせ下さい。人数次第では夜、忘年会を開催したいと思います。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ


 

484.ホワイトシェパード(埼玉産)

 以前、当ブログで我が家のホワイトシェパード「次郎」のことについて書いた(「460.次郎のこと」、461.次郎のこと2)。次郎は、その後私の愛情を体一杯に受け、すくすくと順調に育っていき、現在38圓琉貂亳い悗叛長した(我が家にやってきた今年1月25日時点で15.5圓世辰燭)。

 体は大きくなったものの、まだ精神的には「幼犬」で、幼さの残る様々な行動は、職場のスタッフや来客に大ウケで、大層な人気者(犬)になっている。8月、職場にて次郎と戯れる
この次郎、生まれは埼玉県で、他の兄弟姉妹は皆関東近郊に嫁いでいったようだが、次郎だけは私に請われて、遠く鳥取県米子市くんだりまで来てしまった。それゆえ、兄弟たちとは一度も再会できずにいるのが、少し可哀想である。

 この間、次郎の実家のブリーダさんのブログで次郎の兄弟姉妹(腹違いの)が生まれたことを知った。何と、9頭生まれたとのこと。母体がしっかりしているのだろう、大層な数である。次郎の兄弟姉妹が6頭、その前が9頭だから、兄弟姉妹全員で24頭ということになる。これが人間なら24人の兄弟姉妹が相続を巡って阿鼻叫喚の修羅場を演じることになるだろう。
 子のない兄弟姉妹が死亡した場合で、さらに親が死亡している場合、第3順位である兄弟姉妹が相続人になるが、この場合、両親を同じくする兄弟姉妹が全血、片方を同じくする兄弟姉妹が半血という法定相続分になり、遺産分割も相当こじれるに違いない。遺産分割の調停にしても1年がかりかなぁ〜、なんて、これも職業の性、つい人間にあてはめて考えてしまう。父犬は共通のようだから、余程の性豪か、精子が強靭に違いない。まったくもって羨ましい。
ホワイトシェパード1ホワイトシェパード2
 ラブラドール、ゴールデンレトリバー、ジャーマンシェパード、ドーベルマン、ホワイトシェパードと大型犬ばかり飼育してきたが、大型犬の良さは飼ってみないと本当にわからない。一度大型犬、特にシェパード犬の類を飼育した者なら、もうシェパード犬以外の犬は考えられなくなる。それほど魅力的な犬である。
賢くて、飼い主に従順で、飼い主の気持ちを十分理解してくれる犬、パートナー犬として誠に申し分ない。
 
 大型犬であるため、物理的な飼育環境が必要となるのは仕方ないが、それさえクリアできるのであれば是非とも飼っていただきたい犬である。

 希望者を募るために異母次郎の兄弟姉妹の写真を掲載しておく。
どうですか、あなたも、「人の心が読める犬=ホワイトシェパード」を一度飼ってみては・・・。

 ブリーダーさんのblog 「Freedom(自由へ…)」
     http://blogs.yahoo.co.jp/freedom_ronin

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

483.あぁ〜、iphone6plusが・・・

割れたiphone6plus 最近随分と老眼も進み、iphone5の画面も小さく感じるようになったため、先月iphone6plusを購入。iphone5より画面が大きくなったiphone6、さらにその画面をもっと大きくしたiphone6pluの2種が発売されたため、大きい方を選択した。お陰でディスプレイの表示が見やすくなった。加えて、iphone5より厚さがグッと薄くなり、4辺とも面取りされたそのスタイルは、随分洗練されており、たいそう気に入っていた。ところがだ。

 昨日昼食にラーメンを食べ、勘定を終えた際、二つ折りの財布をズボンの左側ポケットに入れた。その後、裁判所の構内を歩いている時、左側のポケットの中が嵩んで歩きづらいため、財布を取り出し鞄の中に入れようとした瞬間だった。取り出したと同時に、その二つ折り部分にサンドされていたのだろう、iphone6plusが財布の間からツルッと地面に滑り落ちた。

 しかも画面を下にしてアスファルトへ直下だ。

「チャラリ〜ン、鼻から牛〜乳!」 

こういうこともあると予測し、購入時にApple careサービスを契約していたため、3営業日以内に新品が送られてくることになった。ただし、7800円の負担ということにはなるが・・・・。それにしても2週間ほどの運命だったiphone6plus。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

482.♫第30回練習会at塩屋定好写真記念館

写真館前の静かな通り写真館入り口 さる9月28日(日)東伯郡琴浦町にある「塩谷定好写真記念館」にて第30回練習会を開催した。

 午後1時から開始予定としていたが、私が到着した午後0時過ぎは、mifuさんとよしださんと当方の3人。

 「今日の参加者は何人くらいですかね〜、blogに不参加のコメントもなかったようですが・・・」ランチタイムご案内
とチョット心配気なmifuさんに対し、
「3人でもいいじゃないですかね、別に・・・、もうそれぞれに出欠確認するのは止めましょう」
などと応え、余裕をこいて3人でランチを摂ることに。

法事の模様? 実は、この日の3週間ほど前に、今回の会場の道路を隔てた向かい側にある元医院で集まった(山陰オフ会)際、高校の同級生(当時憧れの女子高生)と写真館前で偶然バッタリと出くわした。その際、写真館の方が「よろしかったら」と、「六弦クラブの公開練習会」なるチラシを渡されたので、ひょっとして今回お客さんで来場しているのでは、などと思い、危機管理よろしく、5曲ばかしを結構丁寧に練習して臨んでいたのだ。「余裕をこいていた」のはある程度の練習が積んであったからであった。mifuさんです
 
 しばらくして、asaxさん、門永さん、ysscatsさん、新メンバーの野口さん、「せっつあん」が来場、今回は、計8組の参加者となった。asaxさん

 午後1時、開始の挨拶をしようと会場内を眺め渡すと、想像外の来場者である。ここで緊張が一気に沸点に。通常は初っ端に演るのだが、「待て待て」と後へ。mifuさん、asaxさんの後、3人目に演ることにしたが、何故かアガってしまい、先程までの「余裕コキ」はどこへやら、3曲中2曲は全く運指がわからせっつあんysscatsさんなくなってしまって曲にならず。はじめから楽譜を見て演ればよかったのだが、すべては後の祭り。形ばかりの3曲を終え、ほうほうの体でステージから降りた。他のメンバーは常に冷静で、時折笑いを取りながらの堂々たる演奏であった。
特に、asaxさんなどは、来場者の中のきれいな若い女性と楽しく会話を重ねられたようで、すこぶる機嫌が良かった。asaxさんの知らない部分を見たような気がした。

よしださん門永さん 休憩を挟んでもお帰りになるお客様は少なく、最後まで聴いていただけたのが良かった。
「もっと知った曲を演ってください、let it beとか・・」などというリクエストもあったが、そのような準備をしている者は誰もおらず、「すみません、弾けません、今度は練習してきますから」と応えることしかできないメンバー達。

野口さんPA担当のmifuさん 午後4時少し前まで演奏を続け、撤収作業に入り、片付け後はカフェにてコーヒーを頂き、近況や、今後の練習会予定等を楽しく語り合った。今回のような公開練習会であれば、今後は、もっと歌モノも多くし、ソロギターであっても誰でも知っているような有名な曲もレパートリーに加えておくとことが必要であると実感した。
 それにしても、当初予想していたイメージを大きく上回る、いい練習会ができたと思う。


展示写真美味しいランチ 会場の折衝、設営をしていただいたmifuさん、本当にありがとうございました。また、当会の活動趣旨に快くご賛同いただき、会場を提供していただきました写真館のスタッフの皆様、本当にお世話になりました。途中の休憩時には茶菓まで用意してもらい、たいそう気を遣っていただき、本当にありがとうございました。
 できましたら、「2回目も」と願っています。

 今年の六弦倶楽部のスケジュールは、後2回の練習会を予定しております。いずれも門永さんにお世話になります。よろしくお願いします。

 皆さん、12月の練習会には各自クリスマスソングを1曲ご準備下さい。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

481.スマホが見つからなくて

 前回、479.にて、iphoneが見つからず、iphoneを持たずに山陰オフ会に参加したことを書いた。その夜、職場、自宅、車中を本気になって探したが見つからない。
 icloudの「iphoneを探す」を立ち上げて、「全てのデバイス」を指示しても手元にあるipadしか見つけてくれない。仕方ないので「紛失モードをオンにする」を操作して、紛失iphoneをロックするとともにディスプレイに連絡先を表示することにし、遠隔で使えなくしたが、どこにあるのか皆目検討がつかない。

 そういえば、山陰オフ会の前々日、大学時代の友人と午後11時まで飲み、その後カラオケボックスで明け方の5時前まで歌いまくったことがこの事件の始まりだった。
 翌日は当然のこと、夕方まで酔っ払っており、夜は一ヶ月前から予定されていた家族4人での食事会。体調がすぐれず、ノリの悪い状態で食事会に参加しての帰り道、急にトイレに行きたくなった。腸のあたりが痙攣するようにうねり、怒涛のような攻撃にさらされることに。
 家内曰く、「なんでさっきの店でせんかっただ〜?」(「何故さっきのレストランで用をお足しにならなかったの?」の意味)。
「そーは、そげだけど、今、急にきただもん」(「本当にそのとおり、キミの言うとおりなんだけど、今急に始まっちゃったんだよね、急にね。」)の意味)。

 そんなてんやわんやの中、頼りになる長男が、「お父さんスグ行ったところに公衆トイレがあるよ」と冷静に道順を教示してくれた。
「お〜息子よ、いつの間にそんなに頼りになる大人になったのだぁ〜」
でもそんなことでは安心はできない。大抵こういう場合、座って安堵し発射した瞬間、ペーパーホルダーに紙がないことに気づくのだ。そうなったらもう頭の中は真っ白、立ち上がれない。そんな状態で「オ〜イ」などと、家族に助けを求める訳にはいかない、あまりにも情けなさすぎる。

 『紙がなかったら、「ないぞ〜」、と言うから中まで持ってきてくれ』と幾分強気で言いながら中へ。はたしてソコにはまだ「巻きに十分余裕あるペーパーロール」、さらに「替え」まで用意して置いてある。「管理してるな〜、米子市!」などと独り言を言いながら、トイレの外にいる家族たちに向かって「紙あったぞ〜」と大声で叫んだ。

 この日は何故か2台のiphone(auとSoftbank) を持っていて、それをそれぞれ左右のポケットに入れていた。1台は電池残量が少なかったため、2台持っていたのだった。
 2台分の重量って結構なもので、この日穿いてたズボンが薄手の化繊ということもあり、ベルトをゆるめ腰を下ろすと、iphoneの重量でズボンがズルズルとくるぶし辺りまで下がってしまいそう。で、2台のiphoneをポケットから取り出し、水タンクの上に置いていたのだった(全く無意識に)。

 まだまだこの続きを臨場感たっぷりに描写し続けたいところだが、この辺で終えることにする。要するに、この公衆トイレに置き忘れたことが言いたかったのだ(そんなこと言われなくてもわかる?)。忘れたことを丸2日間も思い出せなかったほど脳がアルコールに占拠、支配されていたんだな〜。
 翌々日、綿密に綿密に「その日」の行動を振り返り、やっと「公衆トイレ」というキーワードに辿り着くことができた。遅ればせながら現場に赴いてみたが、あるはずもなく、淡い期待を抱いて近所の派出所に行ってみると、果たしてそれは遺失物として届けられてあった。凄いことだ、本当にスゴイことだ!、この国の国民の真面目さ、無私の心、遵法精神にただ、ただ感謝!、自然体でスゴイ!、外国人たちが驚くはずだ。

 警察で「拾っていただいた方」の電話番号を教えていただき、電話で感謝の気持を伝えた上で、執拗に粘って住所を聞き出し、心ばかりの贈り物をさせていただいた。
 翌日は、auとソフトバンク両会社より「携帯電話機拾得のご案内」という手紙が届き、私のスマートフォンが米子警察署へ保管してある旨の通知があった。
 この丁寧さ、念入りさにもあらためて感激した。

 書くことに事欠き、くだらない、クサイ話をダラダラ書いてみた。長くてスミマセン、失礼しました。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

480.♫第30回練習会について

 第30回練習会会場の地図を貼り付けます。mifuさんにこの地図を作っていただきました。どうもありがとうございます。
鳥取県東部方面より来た場合鳥取県西部方面より来た場合この地図を見ながら、道に迷わないようにおでかけ下さい。



 さて、この連休は、同業の大先輩が黄綬褒章を受章されたため、その祝賀会の司会者とアトラクション(7人編成のバンド)のPA二役を担当することに。ここ1週間くらい前からは緊張感が押し寄せ、記念品選びやシナリオ作り、シナリオ読み、PA設定に隨分と時間を費やしていた。

 司会としては、祝宴に入ってから緊張感がゆるみ、酔っ払ってしまったこと、PAについてはバックコーラスの人がソロを取るところがあるのを予想せずに、バックコーラスを一つのチャンネルグループに設定していたこと、本番ではスピーカーの電源を入れるのを忘れ、一曲目のみアンプラグドになってしまったこと(リハが終わってから電源を落としていたため)、そして電源を入れる直前、バンドメンバーがMainsエンコーダーの出力を上げたことが原因で、予期せぬハウリング音が会場内に響き渡ったことなどが反省点だった。
しかし、バンドの演奏は素晴らしく、しょっぱなの失敗にもかかわらず会場は大いに盛り上がり、救われた。それと今回は広い会場内の隅からIpadを使ってwifiリモートが出来たことが良かった。


「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

479.♫山陰オフ会に参加

 9月7日の日曜日、7月に続いて山陰オフ会に参加した。会場は7月のときと同じ琴浦町にある元医院。

 今回は海側のウッドデッキで「加山雄三」になろうと、ウクレレを持参するつもりでいたが、最近ウクレレの練習していないため断念。ウッドデッキから眺めた海
 この日は久々の晴天、深い碧がかった海、浜辺を見渡しても全く水着姿は見えなかったが、海から吹いてくる気持ちいい風を受けながら、私を含め、何人かがギターを弾いたりした。
たまらなく爽快だった。海に向かってギターを爪弾く私

 それぞれが持参したギターを触り、弾き合い、楽しく会話した。当方が持参したGibson j-45 the59に誰もが関心を示し、それぞれの人が弾いてくれて良かった。よしださん持参のTakamine ギターの響きがきらびやかでとても驚いた。
  ysscatsさんがイタリアの土産だと持参されていた「食べるチョコレート」風なお菓子が上品な味でとても美味しかった。

ギターと座談会  途中、今月28日に開催する第30回六弦倶楽部練習会の会場に予定している「塩谷定好写真記念館」のカフェでコーヒー休憩をし、会場を下見した。この写真館は、この日の会場である元医院の道路向かいにあるのだ。受付にはすでに、「六弦クラブ公開練習会」というチラシが作成されて置いてあった。

 この日私は、カメラを忘れ、おまけに「iphoneを2台とも不携帯」(行方不明)で、写真が一枚も写せなかったのが痛い。よく似合ってるぜ

よしださんの写真を借用させていただきます。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

478.♫アコギ用エフェクター

FISHMAN TONEDEQ 8月7日、この日発売のアコギ用エフェクターを予約して入手した。今までもFISHMAN AURA SPECTRUM DIとかZOOM 2.1Auとかを保有していたが、使用頻度はあまりなかった。というのも、当方の耳が悪いせいか、感性が低いせいか、上記2種のエフェクターを使用しながら気に入った音を探してみてもピンとこなかったからだ。
 また、両者ともモデリングサウンドが予めプリセットされてはいたが、それぞれのサウンドに「オォッ、そっくり!、欲しいのはこの音だった!」なんて感動することは殆どなかった。所詮似せて作られた音質であり生音には程遠いと思ってしまうのだ
 それと、いじる箇所が沢山ありすぎるともう嫌になってしまう。ちょうど家を新築する際など、カーテン布地のサンプルカタログの、とても分厚いやつ2冊くらいを前にした時のような感じだ。見る前から疲れてしまう。

 ところが今回入手したFISHMAN TONEDEQはいい。いじる箇所が少なく、モデリング・サウンドも用意されていないし、作った音をメモリーする機能もない。しかし、それでいて操作はシンプルで、音質は生音に近い。

 商品紹介にも「明快でリッチなトーンをつくるため、デジタルエフェクトは原音のアナログ信号とは完全に分離されて(パラレル)処理されます。エフェクトをかけても原音の芯が損なわれない自然な響きに、新たな感動が得られます」とある。これなら使用頻度が増すような気がする。

 ただ電池の消耗が早いような気はするが・・・・・。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

477.♫itunes Match

 盆休前にitunes Matchに登録した。これで一台のパソコンに入っている音楽ライブラリをicloudで管理し、統一することができる。もうipodやipad、iphoneをそれぞれパソコンに繋ぎ同期する必要はなくなった。

 これまでは、このiphoneは2000曲、このiphoneは1000曲、このipodは5000曲とマチマチのライブラリで使用していた。というのも、それぞれのツールの容量が異なっていたからである。これからはそれらの容量を気にしなくてもいい。曲はicloudに保存してあるからである。曲数は25000曲まで保存できるという。音質も自分のライブラリー内の曲が、itunes Storeにある曲とMatchすると、元のMP3型式の128kbpsの曲が、AAC256kbpsに向上する(オリジナル曲などはitunes storeにないから音質は変わらないが・・・)
 そのため普段車内でBluetooth接続して聴いている曲の音質が随分クリアになったことに気づく。

 iphoneを忘れても、ipadがあれば良し、またipodがあれば良し。どのツールにも同じ曲が入っていることになる。年間使用料が3980円かかるが、支払う価値があると思う。

 盆休期間に全曲聴けるはずもないのに、とりあえず5200曲ほどicloudに保存した。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

476.♫第30回練習会開催のご案内

 MUGEN SCHEDULEに第30回練習会の予定を記載しております。

 参加されたい方はご参加ください。次回の練習会はmifuさんにお世話になります。
 どうぞよろしくお願いします。

 8月3日の第29回練習会は参加者がいなくて開催を中止しましたが、結果的には激しい雨だったため開催しなくて良かったなと思います。
 2日の前夜は、学生時代の音楽仲間と夜明けまで、酔っ払いながら延々音楽談義。
 久々に学生時代のアパート暮らしにタイムスリップしたようで、忘れていた貴重な(?)出来事や、恥ずかしい(?)出来事など沢山思い出しました。時の経つのも忘れて語り合える「数々の思い出」に感謝!

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

475.♫第29回練習会について

 急なことで申し訳ありませんが、皆さんご都合が悪いようですので、今回の練習会は一応中止にさせていただきます。ブログを見ずに来られる方もいらっしゃるかもしれませんが、その場合は私が待機しております。

 次回の練習会はまた連絡させていただきます。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

474. 自動縦列駐車機能

 昨日、とある自動車ディーラーの展示会に出かけた。そこで、ある車種に装備されているアクティブパーキングアシスト機能を体験した。これは縦列駐車がほとんど自動でできてしまう機能なのだ。

 縦列駐車っていうと、今から40数年前通っていた自動車学校では、結構難易度が高かったように思う。

「首を右後ろに一杯ひねってぇー、あのポールが見えたら思いっきりハンドルを左に切る!そこでストップ! 次、・・・・・」
 といった調子で教わったが、なんか訳のわからない練習のように思えた。というのも実際の駐車場にはポールなんか立ってる訳ないんだから練習してもねぇ〜。
幸いなことに、免許取得後は、縦列駐車をする機会にはさほど遭遇しなかった。しかし、これは私が田舎暮らしだったからであり、都会地に住んでいたのなら頻繁に遭遇する普通の駐車方法だったろう。

 で、その機能だが、縦列駐車がしたいスペースの脇をゆっくりと車で通り過ぎると、車のセンサーが「空きスペース」を感知し、スピードメーターの中にあるPのマークの左側に矢印が点灯する。次、ハンドルについているスイッチのOKボタンを押下する。そしてシフトレバーをRに入れる、すると、あらまあ驚き!勝手にハンドルが左に素早くクルクルと回転し始める。この時運転手はハンドルを触っちゃあいけない。「自動」がリセットされてしまうからだ。

 私(運転手)はといえば、ディスプレイのバックモニター画面と、ルームミラーで車内の後部座席上の天井に設置してある障害物を感知するモニターランプ(パークトロニックインジケーターという)を交互に見ながら、ブレーキで速度調整しつつゆっくりと下がって行く。モニターランプの赤が二つ点滅すると同時に「ピィピィ!」と警告音。そこでブレーキを踏み、シフトレバーをDに入れる。
するとハンドルは今度は勝手に右にクルクルと回り、車は前進する。今度はダッシュボード上にある障害物感知モニターランプが「ピィ!」と鳴ったところでブレーキを踏む。この手順で縦列駐車は終了する。文章にすると長いが、慣れればこの間「アッ」という間だろう。車から降りて位置を確認して見る。申し分のない駐車位置となっていた。「もっとチャチイ、眉唾な機能と思っていたが、ウ〜ム、ここまでとは・・・・・・」。そういえば以前、プリウスが自動駐車する模様を見たことはあるが。

 この調子でセンサーの精度等が進歩して行くのなら、10年もかからないうちに自動運転が可能になるのでは・・・・、否、可能になるだろうと確信した。

 この分野、日本の得意分野のように思えるが、その技術も数年前に欧米(特にベンツ)に並ばれ、今やトップランナー達の背中がドンドン小さくなってしまってるそうだ。その理由は、国内にはたくさんの規制があるかららしい。また、国交省と経産省とのたたかいというかせめぎ合いもあると聞く。

 とまれ、昨日はすごい機能を体験した私にとって歴史的な日だった。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

473.背の話

 先月末、健康診断に行った時のこと。今回は特に体調に不安もなく、特別な気持ちのないまま臨んだのだが、「身長測定」のところで予期せぬ驚きがあった。

看護師さん「ハイ、それでは身長を測りましょうね、乗ってください」

私「は〜い」

看護師さん「ハイ、167.3センチですね〜」

私「エ〜!な、何だって!167.3?、な訳ないがん、もう一度測って!」
(「167.3センチなんてことあるわけないじゃあない」の意味)

 というのも、何を隠そう、私は学生時代から169.2センチ、公称170センチで通してきたのだ。
 私は慌てることなく、一旦身長測定器から下り、再度身長測定器の上で品行方正に姿勢を正し、脊椎と頚椎が攣りそうなほど上方へ体を伸ばしてみせた。
(「これでどうだ!この野郎!」)

看護師さん「あ、やっぱり167.3センチですよ?」
「この値が何か?」という表情である。

私「ええ〜?、俺169.2だに〜、何で?」(「169.2センチなんだよ、何で〜?」
の意味)

看護師さん「あ〜、そうですか、縮んだんですよ、年齢的なもので縮んでいくんですよ。」と、さも当然といった表情。

私「何で1.9センチも縮むダァ〜?」(「どうして1.9センチも縮むの〜?」の意味)とんでもないこととばかりに執拗に食い下がってみる。

看護師さんは分厚いカルテをパラパラめくりながら、

「平成19年に測定されたときは169センチだったようですね〜」

私「なぁ、なぁ、そげだぁーがん?(「ねえ、ねえ、そうでしょう?」の意味)、しかし、おかしな〜?(オカシイなぁ〜)」

と言いながらも、とりあえず大人然と納得してみせた。
 
 その後もいろいろな検査をしたのだが、胃カメラやレントゲンのことなんかより、身長のことが頭から離れなかった。

 最近腰が痛く、床から立ち上がった時など完全に爺さんのように腰が曲がってしまっている。歩く姿も少しガニ股というよりO脚になったように思える。
長い間、股下76センチだったズボンも、今は75センチとなった。思い当たるフシは多々自覚していたのである。

「こうしてこれから毎年毎年縮んでいくのだなぁ、往く道なんだろうけど・・・・」

 何やら少し悲しい。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

472.♫第29回練習会開催のお知らせ

森の中  六弦倶楽部第29回練習会を下記のとおり開催します。
都合のつく方はご参加ください。

 日 時:平成26年8月3日(日)午後1:00〜
 場 所:コテージ・グリーンドア(西伯郡伯耆
     町福兼「いすゞ大山コテージ」内に
     あります)

前夜から来ていただき、宿泊されてもいいです。
 会 費:無料
 その他:見学者、付き添いも歓迎します。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

471.♫山陰オフ会に参加

 mifuさんです22日の日曜日、久々に山陰オフ会に参加。場所は琴浦町にある旧林原医院塩屋分院という元医院。mifuさんのお世話である。一歩建物に足を踏み入れると、微かにクレゾールの香りがした。建物の裏手はすぐそこまで砂浜がせまっている。ウッドデッキから砂浜を見つめていると、遠い昔の青春時代のキュ〜ンとするような切なさを思い出した。これだと浜に向かってウッドデッキLIVEができる。いいロケーションだ(ウ〜ン、写真を撮り忘れてしまったのが残念!)。

 参加者は5名。久々にHirataさんが見えていた。確か一昨年の淀屋以来だと思う。お元気になられてよかった。
 通常このオフ会は、ギター演奏会というよりも、楽器の話、ギター材の話、マイク、ピックアップ、エフェクター、弦、PA、スピーカー、弾き方、ギターのメンテナンス等々、マニアックな話で大いに盛り上がるのである。ところが、この日はめずらしく私が参加したため、私の世俗的なバカ話の機銃掃射に、皆さん、話したい話題にも入れず、大層辟易されたことであろう、おそらく。

 分院の「前」には、いい雰囲気を醸し出している土蔵作りのカフェがあり、コーヒーを飲みながら観察するに、六弦倶楽部の練習会会場としてもいいのではないだろうかと思えた。mifuさんに企画してもらうことにした。それにしても、この会場、「後ろ」といい、「前」といい、とても恵まれている。こんな家に滞在できたならキット小説が書けたり、沢山の曲が作れたりするに違いない。羨ましい。

 それはそうと、このオフ会、常に緊張感を強いられる六弦倶楽部の練習会と違い、緊張することなく楽に過ごせる。
ちょとろく
(⇒写真は、よしださんからいただきました。)

 mifuさん、「砂浜見つめながらのウッドデッキLIVE」いつか実現させましょう。お世話になりました。
よしださん、ysscatsさん、門永さん、Hirataさん、お世話になりました。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

470.ホタルその2.

 6月14日(土)午後9時前、再度南部町金田地区へホタルの撮影に出かける。

 灯明の列天候が良かったこともあり、すごい人出だった。車を駐車する場所に苦慮するくらいで、後で聞いたところによると、何でも1800人もの人出だったらしい。それもそう、三脚を立ててのバルブ撮影中、子供達がぶっつかってきたりで、なかなかいい写真が取れない。もうブレまくり。

  で、今回勉強したこと。ホタルが乱舞する最高の時間帯は、午後7時半過ぎから9時までの間らしい。
 確かに、9時頃撮影し、他の場所に移動し、午後10時前、ふたたび金田中地区の橋の上に戻ってみると、ほんの数匹しか飛んでいない。その後のみどころ時間帯は午前0時と午前4時頃らしい。

 ホタルもう1週間位でホタルの数も減ってしまうのらしい。確かホタルの寿命って10日くらいと聞く。
このホタル撮影、来年も課題にしようと思う。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

469.ほたるウォークに参加

開会式 最近、家内が県内外のあらゆるウォークイベントに参加している。この時期は、毎週どこかでイベントが開催されているようだ。興味がなければ誘われても参加しないのだが、この日6月7日(土)は「ほたるウォーク」ということで興味をそそられ参加。
 主催は、「あいみ富有の里地域振興協議会」となっている。パンフレットによると、南部町の旧賀野村12集落が共同して美しい環境を守る取り組みをしていて、その一環がこの「ほたるウォーク」のようだ。このウォーク、今回ですでに7回目とのこと。コースは、市山区の「えぷろん」から出発し、金田地区熊野神社周辺のほたるの舞を満喫して帰ってくるという約4舛離魁璽后

暗夜行路?道沿いには明かりが 日没後の午後8時開会式、8時10分よりスタート。先頭と最後尾にはオレンジ色のジャンパーを着たスタッフが同道。皆、暗闇の中、蛍光タスキを着用し、懐中電灯をもって歩く。総勢50人強の行列ともなると、何やら得体のしれない怪しい集団の中にいるように思える。

 熊野神社に近づくにつれ、段々人家もまばらになってくる。途端あちこちに蛍の光が点滅を始めた。神社に近づくにつれ段々とその数が増してくる。この日私は生まれて初めてのホタル撮影をするつもりで三脚を持参していた。しかし、全体のウォークの歩みを乱してはならないと気を使いながらの撮影で、集中力を欠き、ほとんど失敗してしまった。蛍1

 帰るコースは、金田地区の集落内を通る。夜店も何店か出店していて、地区の人達も沢山集っている。地区あげてのイベントなのだ。幼少の頃体験した何かがオーバーラップしたのか、デジャブーなのか、とっくに忘れてしまっていた集落の一体感というか、あたたかさのようなものを感じた。

蛍2ゴールの豚汁サービス 熊野神社手前までは最前列だったが、写真撮影にこだわったため、最後尾でゴール。最後尾担当のスタッフの方には大変迷惑をかけてしまった。
 ゴールは、地元市山区の団体「ののこ谷の会」による豚汁サービスがあった。焼きそばなども販売されている。ゴールした途端雨が降りだしたが、軒下で温かい豚汁を頂いた。思わず「おかわり」と言いそうになるほど美味しい豚汁だった。

 それにしても、このようなイベント(地域が一丸となっての美しい環境を守る取り組み)の陰には、並々ならぬ苦労が隠されていることを思うと、地域の方々にただただ深く敬意を表するしかない。お陰様で、忘れていた故郷(当方は米子市の住民だが)のよき時代を思い起こさせてもいただいた。
来年も是非参加させていただきたいと思う。
ゴールに降る雨
 スタッフの皆様、大変お世話になりました。有難うございました。

※ホタルの写真は、拡大(クリックのこと)してみてください。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

468.何気なくシャッター 5月その2

花回廊1花回廊2 家内の要望により、日没後の「ムーンライトフラワーガーデン」を体験に、とっとり花回廊へ出かけた。場内のあちこちには一眼レフカメラを持ったカメラマンが一杯。昨今、女性のカメラマンも増えた。それもこれもデジタルカメラの普及によるものだろう。女性のためのカメラ雑誌も出版されている。
 花回廊3花回廊4私はこの日も必需品である三脚も持たずに、レンズ一体型のカメラだけを持って出かけた。結果、殆どがブレてしまった。とりあえずホドホドのものを掲載する。次回は絶対に三脚と一眼レフを持参しなければ・・・・。
花回廊5花回廊6
花回廊7花回廊8
花回廊9花回廊10花回廊11花回廊12花回廊13花回廊14花回廊15花回廊16花回廊17










































「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

467.何気なくシャッター 5月その1.

 5月に入ってから何気なく写した写真を掲載してみる。日常の場面場面で写しているが、そのままカメラの中にデータとして眠ってしまっている写真だ。

彩雲日野川をまたいで泳ぐ鯉のぼり
奥大山の代かき代かき2
水田に散った桜奥大山木谷沢渓流1
木谷沢渓流コゴミ
木谷沢渓流3
 伯耆町代かき田に映る夕日広島対阪神 米子球場【写真上段左】、彩雲(5月6日)、【右】、溝口の日野川上で泳ぐ鯉のぼり

【写真2段目左右】、奥大山の代かき1,2

【写真3段目左】水田に散った桜、【右】木谷沢渓流(三脚を持参していなかった)

【写真4段目左】木谷沢渓流のペチャクチャお喋りするコゴミ達、【右】木谷沢渓流3

【写真5段目左】伯耆町の代かき田に映る夕日、【右】行ってきました広島対阪神(米子球場)7回表阪神の攻撃

(撮影・SONY RX-1、Iphone5S)

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

466.♬第28回練習会開催

 一気に夏が到来したかのように暑くなった11日(日)、米子市日原にある「音楽天国米子店」において第28回練習会を開催した。
 午前11時過ぎ、会場に入りセッティングを開始。結構な重装備だったが、スタッフの方に手伝ってもらい運び込みもスムース。何にも置いてない四角い空間って最高、自由に会場設営が出来る。コンセントの位置も良い。
 
 POSTMENmakotoさん正午前よりリハーサル開始。余裕あるレンタル時間のためか、何やらゆったりとした時間が流れているように思える。そのためか、今回は殆どのメンバーがリハに参加できた。

 午後1時から開始予定だったが、実際のスタートは午後1時半から。POSTMENのいいちゃんが地元の運動会のリレーの決勝に参加しなければならないということで、急遽一番手で出場、ピカちゃんと一緒に4曲披露。その後、慌てて早退。uraさん佐々木&湯島

 本来、この日の一番手は、この春退職されたmakotoさんのオンステージを密かに予定していた。本人には「40〜50分間自由に使ってください」と伝えていたが、退職から再就職へと超多忙を極められたようで、思うように練習時間が取れなかったらしい。おまけにこの日はあまり喉の調子が良くないとのこと。それでも6曲ほど披露していただいた。asaxさんasaxさんの足台

 次いでuraさんがソロギターで4曲、uraさんはいつもカッコよく、色気のある曲ばかり演奏する。次いで佐々坊と湯島さんがブルース(歌)を2曲。遠路、奥さんと一緒に参加されasaxさんが4曲(伊勢佐木町ブルースも無理やりリクエストした)披露。

 ちょとろくバンドその後、私ちょとろくがPEPEさんと湯島さんにお手伝いをしていただき歌モノを1曲(練習をしていないため他にやれる曲がない)。
 お二人どうもありがとうございました。

 次いで、イイちゃんの代打として農作業を中断し、急遽畑から駆けつけてくれた月太郎さんがピカちゃんと一緒に5曲ほど披露。
 
湯島さん月太郎さん最後の締めはPEPEさんがソロプレイで4曲ほど披露。いろいろなライブ会場で演奏してるだけあり、落ち着いたものである。

 ピザやオニギリ、お菓子を食べ、ノンアルコールBEERやコーラ、お茶を飲み、まるで遠足のような気分で演奏や歌をゆったりと聴いてるうちに、気がつけば午後5時。片付けを終えて会場を後にしたのは5時30分頃。いつもながら、楽しい時は過ぎていくのが早い。遠足気分

 この日、私は新しいデジミキ(line6 M20d)によるPA専属だったが、ミキサーの操作を試行錯誤する中、新しい発見もありとても楽しかった。音的には1400wのパワードスピーカーを使用したためか、音量、音圧があり参加者には概ね好評ではなかったろうか。
 
 問題点として、演奏者がピックアップギターでダイレクトに弾いたり、mikedに持ち替えたりするため、それに対する瞬時の対応、人により使用するボーカルマイクが変わったりするため、その都度対応するのに結構苦戦した。はじめから分かっているソロギターの演奏だけなら楽だが。予め何パターンか作って臨んだが、もっと細かく作成しておくべきだったか、などなど。
 それと、この日、この会場でipadによるPAの遠隔操作ができなかった。職場ではいとも簡単に無線が繋がるのに・・・。この原因も検証しておかなければならない。pepeさん makotoさん2


今回は全体的に7割が歌モノという感じで、いつになく賑やかで楽しい練習会でした。参加者は総勢11名、ご参加いただきました皆様、どうもありがとうございました。そしてご苦労様でした。
 また、音楽天国米子店様、色々ご配慮いただきありがとうございました。

 次回は、8月頃に開催したいと思います。「ビアガーデンと流しそうめん」LIVEなどどうでしょうかね。またお会いしましょう。

※(P.S)
 昨日(12日)自宅に持ち帰り検証して見ると、瞬時にWiFiがコネクト。今日(13日)再度「音楽天国」の練習会会場に持参し検証してみる。瞬時にwifiにコネクト、何の問題もなく拍子抜け。それでは、11日、何故につながらなかったのだろうか、分からない。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

465.♬第28回練習会を予定どおり開催します

 明日、11日予定どおり六弦倶楽部練習会を開催します。
ご都合のつく方はご遠慮なくご参加くださいませ。
楽しく過ごしましょう。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

464.春を感じて

ハナミズキ1 好天気が続く今日このごろ、毎日早朝散歩を続けている。
今年は例年よりハナミヅキの開花が早いように思う。
 ついこの間まで、春になったらあの行事もあの行事も待っているなどと思っていたが、それらもすでに過ぎてしまい、今やゴールデンウィーク目前。このままあっという間に梅雨入りということになるのかと思うと少し気が焦る。ハナミズキ2

 それと、第29回練習会の参加をご案内(本blog462.最後の3行)しましたが、makotoさんの他には誰も、参加希望がありません。多分お忙しいのでしょうが......。
 返事がなければどうしようもありませんので、5月4日辺りまで待って希望者がなければ中止とさせていただきます(準備の関係上、早めに結論を出さないと…)。散歩途中の次郎

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

463.♬新しいデジタルミキサー

 昨年暮れ、親しくしていた友人が突然結婚すると電話をしてきた。
全く予想外のことだったため、皆で大いに祝ってやろうということになり、年明け早々世話人を人選し、「結婚を祝う会」企画をスタートさせた。その中で私は、全体の構成を考えたり、文書を作ったり、映像の脚本を書いたり、出演バンドを決めたり、BGMを担当することになった。

 そんな折、昨年初め頃より何度もカートに入れては取り消し、入れては取り消しを繰り返していたデジタルミキサー(Line6 Stage Scape M20d)の購入を決断した。その目出度い出来事に背中を押されたということである。マスターすれば比較的簡単に操作できる革新的な発想のミキサーという触れ込みだったが、入手当初は「う〜ん、これは・・・」という感じで不安がよぎった。

 3月に入ってからは幾分操作方法にも慣れ、何度か一人で予行練習などもこなし、本番に備えた。このミキサーは、ipadで遠隔操作(wi-fi)もできるのがウリの一つなのだが、日本国内で販売されているUSB WiFi製品との互換性の問題があるということ(電波法の関係ということのようだ)だったので、これについては後で検討するということにし、今回はこの機能は使わないことに。

 そして、4月に入り、「結婚を祝う会」その日が到来した。早いもので、計画してから「あっという間」の3ヶ月だった。当初、当方が用意した映像の脚本は少々「オチャラケが過ぎるのでは(?)」(お偉いさんが沢山出席するため)ということで、早い段階で正統派の脚本に変更されたため、当方はカメラマン兼監督をしなくてもよくなり、この日のPAがメインの役割となっていた。 

 早めに出かけセッティングに入るが、会場が狭く、ステージのスペース(バンドメンバーは6名)もままならず、当然ミキサーを置く場所すらない。さらに、PAスピーカーの置き場所にも苦慮する有り様で、スピーカーケーブルの長さも足りない(7mモノしか持参していない)。どうしたらいいのだ、予め下見は終えており、狭いことは分かっていたはずなのに、機材を持参しての下見ではなかったため油断していた。一瞬目の前が真っ暗に。そうこうしているうちに、リハーサル開始時刻が遅くなっていく。そんなこんなで、機材のセッティングには悪戦苦闘したが、バンドの楽器構成は予めミキサーにインプットし、シーンをセットアップしていたので後はデジタルコントロールされたオートセンス機能搭載のマイクライン入力にケーブル差しこみ、慌ててレベルを調整し、エフェクトをかける。
 これには、キーボード、カホンのライン接続、サックス、リードボーカル、バックコーラス等を、予め自宅で実際に音を出したりして、それぞれの音質やレベルを凡そ確認していたから、さほど時間はかからなかった。また、このミキサーは即時、演奏を録音する機能があるため、それを再生する中で個々のパートのレベル等を再調整が出来るので、そこそこのバランス調整はできた。
 それと、ミキサーのデスクトップはipadのようになっており(タッチスクリーンという)、ステージ上にイラストアイコンを並べることでバンドをビジュアルで確認することができるので、それぞれのメンバーのマイク、楽器のレベル、エフェクト等も調整しやすい。
 そんなドタバタをやっとのことでクリアし、本番を終えた時は、どっと汗が吹き出した。初めて使用した割には60点位はもらえたかなという感じ。

 しかし、大きく課題は残った。というのもこの日、ミキサーはバンドメンバーの演奏する舞台に置かれ(置く場所がここしかなかった)、演奏が始まってからはミキサーをいじることなどできない。曲間のMC時に「ササッ」とメンバーの背後に回りこみ、ミキサーを調整するしかないのだ。やはり、wifiを使い、ipadで遠隔操作できればそれが一番いい。そこで調べてみると、Apple USB Ethernetアダプタと、市販のwifi Ethernetルーターであれば動作が検証されているということが判明した。

 幾分不安を抱えながらそれらの機器を取り寄せ、ミキサーに接続して使用してみると、何といとも簡単にipadによるリモートコントロールが可能になったではないか。早速使用してみるが思ったよりもずっと動きがスムースである。一階に置いてあるミキサーのレベルを二階の部屋から上げてみる。「おお、凄い!反応がいい!」これはすごく便利かも。ということで今度の練習会にはこれを使用することにする。

M20Dとipad miniM20Dとipad mini 2

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

462.♬第28回練習会開催のご案内

 六弦倶楽部の皆様、大変お待たせしました(「そんなに待ってないよ〜」と言われるかもしれませんが・・・)。第28回練習会のご案内です。当初、4月上旬の開催を予定しておりましたが、諸般の事情から5月の開催とさせていただきます。
 詳細は下記のとおりです。

● 開催日時:平成26年5月11日(日)午後1時〜5時頃まで
● 開催場所:米子市日原807 音楽天国米子FS店 多目的スタジオにて
       国道181号線沿い Pスペース40台
       ☎0859−21−1059
● 参 加 料 :500円程度(飲食OK 軽食程度を準備します)
● 持参するもの:ギター、楽譜、エフェクター等

※久々に、PA、PAスピーカー、モニタースピーカー、マイク、マイクスタンド等は当方に
 て準備します。

 5月の行楽がてら、家族連れで多数の皆様にご参加いただきたいと思います。
ギターインストばかりではなく、歌モノもご披露いただきたく思いますので、どちらの曲もご準備ください。

 今年最初の練習会です。大いに盛り上がりましょう。
 参加される方はコメント欄あるいはメール(chotoroku@gmail.com)
にてご連絡下さい。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

461.次郎のこと2

 ずっと待っていますまたまた、次郎について。
 この犬、今まで飼った犬(おそらく8頭目)の中でも少し違っている。忠誠心が非常に強いように思える。例えば、眠っていても、そばで私が動くと瞬時に飛び起き、寝ぼけ眼でついてくる。時には先導さえする。当方のトイレにも当然ついてくる。小の時は、自らも小の用を足し、大の時は、大の時で自ら大の用を足し、当方が出てくるまでドアの外で伏せの姿勢をして待っているのだ。用を足す場所も常にテラスでと決めているようである。この点、幼犬にして全く世話いらずな犬だ。

 また、当方が仕事で外出すると、玄関マットの上や階段の上段に伏せの姿勢をしたまま、ずっと私の戻ってくるのを待っているそうだ(写真上)。
 余りにも従順過ぎるので、「まるでストーカー次郎だな〜」等と揶揄することもあるが、悪い気はしない。今まで生きてきて、人にも動物にもここまで慕われたことなど皆無だからだ。今後も絶対無いだろう。一年前に生まれた兄弟犬がセラピードッグになっていると聞き、ちょっとそれも納得できる気がする。お慕い申し上げます

 仕事上の会話でスタッフと多少ヒートアップした会話を交わすような時など、両者の間に入り、それぞれ手を舐めたりして、仲裁めいたというか、機嫌を取るような行動を取ることもある。一つ一つ取り上げればきりがないが、彼を観察する毎日がとても楽しい。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

460.次郎のこと

 先月13日、愛犬コータローが突然死んで、その後2週間ほど喪に服していたものの、犬の居ない生活は耐え難く、早々先月25日ニューフェイスを迎え入れることとなった。
 一昨年亡くなったドーベルマンの「純一郎」、そして先に亡くなったジャーマンシェパードの「コータロ−」の後継者の名は、「次郎」と決定した。
 一郎、太郎の次は「次郎」かな?、という程度の発想である。次郎1

 犬種は、ホワイトシェパードという白いシェパード犬(人の心が読める犬と言われている)。今まで飼った犬は全部外飼いだったが、時期的に寒いため、今回は家飼いにし、夜は同じ部屋で一緒に寝ている(犬はソファの上)。日中は職場に連れてきてもいる。
 次郎2来た時が15.5キロ(生後116日目)だったが、今すでに20キロ(生後150日)をオーバーした。成犬になると35〜40キロになる予定だ。今回は暖かくなってもこのまま家飼いを続けていくような気がしている。
 しかし、家内は犬が苦手なため、1月25日から今日まで一度たりとも飲みに行けていない。

 次郎は、私と一緒に午後7時頃帰宅、そのまま一人廊下で寛ぐ。その間、私は居間で家内と一緒に寛ぐ。午後8時頃になると、次郎と私は寝室へ、そして8時30分頃にはすでに夢の中、こんな生活が1ヶ月以上続いている。年齢を経ながら、色々と変化に満ちた人生を送っているのを実感している。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

459.ブログ本完成

 このブログを始めてから7年になったため、ここらで整理、区切りをする意味から、ブログ本を作成することにした。

ブログ本1巻、2巻 一冊にまとめようとしたが、製本するには1冊480ページが限度ということであったため、1冊にまとめることができず、2巻にすることに。1巻は、2007.2.9〜2009.12.31迄の期間で394ページ、2巻は、2010.1.1〜2014.1.10迄の期間で294ページ、合計688ページとなった。ダラダラ何年も書いてきたが、2段組にしてもこのページ数、とても驚いてしまった。

 それにしても、1巻は3年弱の間の記録、2巻は4年強の間の記録である。当たり前のことだが、このページ差から、次第に当初の情熱が薄れていき、記事内容の枯渇していくサマが如実に見て取れる。ブログ本中身

 そう、今、ブログを書き続けることが段々億劫になってきているのだ。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ
 

458.愛犬の旅立ち

 このブログを始めた2007年の前年である2006年、我が家にやってきたジャーマンシェパードの「コータロー」が、突然旅立っていってしまった。1月13日月曜日のことだった。
 昨年2月、胃捻転で死の淵をさまよい、蘇った運の強い奴だったが・・・・。

 この日の朝、いつもの様にボール投げやボール蹴りをして軽く遊び、その後食事を終えた直後の発作だったようだ。その時当方は入浴しており、一度だけだったが、私を呼ぶ声が聞こえたような気がし、「ひょっとして発作か!」とバスタオルを巻いて、窓越しに犬舎を見てみたが、異変を感じ取ることができなかった。
 それから20分間ほどは、「捨てられたギター達」と、「以前から持っていたギター」との音質を弾き比べたりしていた。その後ふたたび犬舎の方に目をやったとき、犬舎中のコンクリートの土間にうつ伏せに倒れている「コータロー」を発見した。

 昨年の11月頃より、2度ほど、苦しそうに嘔吐することがあったため、胃の辺りを念入りにマッサージしてやったりしたが、それが幸いしたのか症状が軽かったのか、何とか正常に戻ってくれていたのだ。それでも用心には用心をと、食事が一気にかき込めないように、熱を加えて調理し、少しずつしか食べられないように工夫もしたりしていたのだが・・・。

 今までに何度か起きた症状は、叫びながら嘔吐を繰り返し、口から泡を何度も吐き出すのだが、今回は嘔吐はなく、腹ばいになったまま、口からは粘液を垂らしていた。きっと嘔吐できなかったのだろう。
「いつもとは症状が違う!」
パンパンに腫れ上がった胴体の「コータロー」をシートに包み、獣医さんへ。

 ところが、この日はあいにく祭日であったため、電話をかけまくったものの、運び込む病院が決まるのに手間取った。予め「胃捻転のようです」と、犬の状況を説明したためか、一旦診察を引き受けておきながら、電話を終えた直後「院長が不在でして」と、申し訳なさそうに断りの電話が入れてくる医院もあった。 何件も電話するうちに、ようやくある獣医さんが「胃捻転ですか・・・、何とかやってみましょうか!」と、逡巡しながらもおっしゃった時には、正直これで救われたと思った。

 2時間の治療の後、膨張した胴回りも元に戻り、回復の兆しを見せてくれたので、許可を得て自宅に帰った。しかし、家の中に入れて体を温めているうちに、再びお腹がパンパンに膨張しはじめ、段々と呼吸が浅くなっていった。心臓マッサージを続けながら懸命に呼びかけたが、呆気ないほどに「スーッ」と沈み込むように逝ってしまった。8年と3日の寿命だった。在りし日のコータロー

 そう遠くない時期に別れがあるのではと、覚悟はしていたものの、寂しさが込み上げてくる。ペット霊園に掲示してある「年齢表」をみると、人間で言えば61歳の年齢になるそうで、いつの間にか私と同い年になっていたのだった。

 一昨日、法要と納骨を終えたが、今もまだ犬舎にいるような気がしてならない。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

457.「写真集」

写真集 今年から、毎年「写真集」を作ることにした。1年間の出来事を一冊の本にすることで、たやすくその年を一望出来るからである。

 約18年前、1996年にデジカメを購入してから、写した写真は殆どパソコンの中に保存されている。はたして何万枚あるのだろうか。写真集2
 整理することが苦手なため、同じようなシーンの写真もたくさん残っている。あるシーンを撮ったら、気に入ったものだけを残して、残りはその日のうちにでも削除すればいいのに、それができない。「そのうちに整理を」と思いつつ、どんどん増え続けていく。あらためて眺めることなど殆ど無いことはわかっているのに。
写真集3 いつか、これらのデータを削除、整理するためにも、「写真集」作成はいい思いつきではないだろうか、と自画自賛している。

 それにしても、「写真集」とか「デジタルのアナログ化」って、何やら言葉の響きが新鮮に感じる。


「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

456.2014年、平成26年スタート

 西伯郡伯耆町福兼から見た大山新年あけましておめでとうございます。

 今年も「六弦倶楽部」をどうぞよろしくお願いします。
 今年度最初の練習会は、4月初旬を予定しています。
 この練習会は、久々にLIVE感満載でやりたいと思います。
 企画がまとまりましたらご報告させていただきます。

 本年が皆様方にとりまして幸多い年となりますようご祈念申し上げます。



 ところで最近、私、西暦と元号を使った年号とが頭のなかでグチャグチャになることが多くなりました。
2013年を平成23年と間違えたり、平成25年を2015年と間違えたりして、「今年は2016年か〜」なんて平気で口走ったり・・・、皆さんはそのようなことありませんよね〜。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

455.捨てられてしまったギター

 この間、友人が、ゴミ処分のため廃棄されているギターを貰い受け、持ってきてくれた。それは、ゴミと一緒に捨てられていたため、汚れ果て、殆ど死に体となった哀れな姿をしていた。
 このギター、かつてはどこかの楽器屋の店頭に誇らしく飾られ、輝いていた時期もあったろう、そして所有者と巡り会い、キットその人の青春のページに何らかの役割を果たしたに違いない。

 さらに月日が巡ると、彼ら(捨てられた2本のギター)は、所有者から必要とされなくなり、それからというもの、長い間、部屋の片隅の家具の間、或いは物置の奥に打ち捨てられてしまっていたに違いない。自ら音を奏でることのできない彼らは、ただ、ただ黙って「じっと」、途方もなく長く、虚しい時間を積み重ねてきたのだろう。

 そんな風に想像を巡らしているうちに、何やら彼らがとても哀れで愛おしい存在に思えてきてしまい、濡れ雑巾で丁寧に汚れを拭き取り、サウンドホールの中にたまったすさまじい量の綿埃を掃除機で吸い取ってやった。

 夜、自宅に持ち帰り、さらにクリーナーで汚れを拭き取り、錆びたペグを磨き、ラッカーポリッシュで全身を撫でまわして艶を出し、新しい弦を張ってやった。仔細に観察してみると、幸いにボディーに割れはなく、ネックの反りもない状態。そして肝心の音だが、弦を新品にしたということもあるだろうが、予想以上に輝きのある、艶やかな音を出してくれたのだ。これにはすこしばかり驚いた。まさしくそれは、彼らが30~40年振りに発する喜びの声ではなかったろうか。真にそのように思えたのだった。
綺麗に磨かれたギター達
 ひょんなことから家族が二人増えた。彼らにもう一度新しい人生を与え、共に歩もうと思う。

 ちなみに、彼らの名前は、一人(写真右)がヤマハの赤ラベルFG110君、もう一人(写真左)が、MZen-on MZ600(Made by Tahara)というマーチンD-45似の男前野郎である。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ

454.ツラミ燻

 先月の下旬、「冬の星座を観る会」を開催した。
草刈り、テントの設営、芋煮、ピザ焼き、ワイン、松茸ご飯、バーベキューと準備万端で臨んだものの、星がはっきり見えず、「星を観る会」を「野外での大酒宴」に切り替え、深夜まで楽しく語り合った。屋内に場所を移してからも午前4時頃まで唄を歌って大騒ぎをした。自棄になったわけではなかったが、「暗〜い歌シリ〜ズ」と称して「ど〜んより暗くなるド・マイナーな唄」を歌本から探しだして、歌い合ったのも珍しくてよかった。

 後日、朝日町のとあるラウンジで「このシリーズ」を違ったメンバーで再演してみたが、全然ピンとくることなく、ただただ浮き上がっていただけだった。やはり「この手のシリーズ」は、暗い路地を入って、いくつも角を曲がったようなところにある場末の暗〜いスナックが似合うのだろう。
 
燻煙中 話は変わって、3年振りに燻製熱に罹患し、「星を観る会」の開催に合わせて作製。美味しくて殊の外ワインが進んだ。皆の評判も良かったことに気を良くして先週再度作製してみた。ツラミ燻前回より更に美味しい出来に満足。もっと大量に作ればよかった。かつては、牛タン燻製が主で、150本以上作成したものだが、原材料の高騰もあり、今はツラミにしている。
 よし、今シーズンは大量に造りまくろうか。

453.第27回練習会at米子水鳥公園

FLY WAY 11月3日(日)午後1時半より、米子水鳥公園にて、六弦倶楽部第27回練習会兼「第4回白鳥とギターの調べ」を開催した。
 今回は、12組の出演者があり、演奏曲を当初予定の3曲から2曲に減らすこととした。mifuさんあいにくの雨模様にもかかわらず、水鳥公園の来館者の多数の方々に足を運んでいただき、練習会はスムースに、テンポよく進行した。

 今回は、予め「歌モノ」をと、お願いしていたこともあり、インスト曲と歌モノが適当に散らばっており、長時間聴いていても飽きないような構成となったのが良かったように思う。埼玉のsomogyiさんせっつあん
 「歌モノ」では、今回2名の女性ボーカルの出演があり、それが全体的に柔らかさや彩りを与えてくれたような気がし、いつもの練習会と違って新鮮味が感じられた。これからもどんどん参加していただきたいものだ。
 盛り上がりの冷めないまま「瞬く間に」3時間10分が経過。参加者のほとんどが、まだやり足りなさを感じていたようだが、諸般の事情もあり撤収作業に入った。

 とりあえず、この第27回練習会をもって平成25年における六弦倶楽部の全日程は終了することに。カメラマン

 それでは、いつものとおり演奏模様の写真を掲載する。

月太郎さんよしださん







年賀状sellers Band門永さん







asaxさんpepeさん







uraさんNARAZクン







やはり最後は俺か!米田です館長です







「歌いたいの」アナタpepe歌います







ちょとろくPA担当のmifuさん 最後に、米子水鳥公園の館長様、米田様、その他のスタッフの皆さん大変お世話になりました。来年もどうぞよろしくお願いします。


メンバーの皆さん、多数ご参加いただきありがとうございました。PAと機材をご準備いただきましたmifuさん、よしださん、そして遠く埼玉県からわざわざ、しかもsomogyiを持参で練習会にご参加いただきました山本様、大変ご苦労様でした。
 毎年会場との折衝を担当していただきます門永さん、今回もお世話になりました。どうもありがとうございました。

 PS:NIKEでの打ち上げに多数ご参加いただきありがとうございました。メンバー個々の珍しい裏話に大変盛り上がりました。あ〜面白かった。

「アコギ好きのおじさん達」集まれ
1日ワンクリックで人気ランキングにご協力を
    ↓
人気ブログランキングへ
輝かしい中年の訪問者達の総計
MUGEN SCHEDULE
livedoor 天気
聞いてごしない(最新記事)
Recent Comments
Profile
記事検索
QRコード
QRコード
LINK
★DOLPHIN GUITARS

NEW,中古ギターの販売,ギターの下取り,委託販売,ギター修理,楽譜,CD,弦,その他用品も販売しています。
私は頻繁に利用しています。

★戦うオヤジの応援団

戦うオヤジの応援団



★よしださんのblog

山陰ギターオフの活動報告もあるよ!

★ボロン@ジャンさんのblog「50代オジさんの手習い アコギやっちゃうよ♪blog」