gf01d201502141100
近所の嫁さんが男と逃げた。
たぶん当時20代。

そこんちのおばさんと息子が
「嫁が若い男と逃げた!行方を探してる!」と
近所に言いまわって、
わら半紙に印刷した
ガリ版刷りみたいなチラシを必死に配っていた。

当時俺は子供で「男と逃げた」
という意味がよくわかっておらず
運動会の二人三脚的なものを想像していた。

うちに帰って「あそこんちの嫁さん男と逃げたん?」と
親に聞いて母親に「そんなん言うな!」と怒られ
そういう意味であるとようやく理解した。


俺の田舎は超豪雪地帯で、
当時は一階がすっぽり埋まるくらい降るのが当たり前だった。

春になって雪が融けたら、
逃げたはずの嫁さんがそこから出てきた・・・続きを読む