2018年06月20日

分解

阪神淡路大震災の経験があったにも関わらず、小学校のブロック塀が危険なまま放置されたのはなぜなのか。楽しい絵をブロックに描くという試みが行われた際に、構造の検討がなぜなされなかったのか?当時の行政長や教育機関長の指示はどうであったのだろう?東日本の後には、水害以外に気が廻らない行政を当てにせず、自主防災の必要を感じて学区のハザードマップをつくるという小学校も出ていたのに、無念です。

物がどうつくられているかということへの関心の低さが根底にあるとすれば、そこから変えていかないと。私が木造の建物を真壁でつくる理由のひとつはそこ。自分の家がどういう構造で成り立っているのかを住み手が把握しやすいように、真壁を選択し小屋組みも顕すようにしています。防火の視点がそれを難しくしてしまう都市部の背景はありますが、基本は真壁。

自分でつくるものであれば構造は理解できますが、既成のものは分解してみないと判らない。「何でも分解してみたくなるんですよ」という人に先日出会いましたが、そういう人、好きです。手作りするという小さなことでも、ものの構造への関心は高められると思います。ものごと分解すること、既成品に頼らないということを頭の隅に置いておくことが大切なのだと思います。

IMG_1258のコピー
写真奥、丸いガラスブロックが連なる部分は「大壁」、他の部分が「真壁」

※真壁:構造部材としての柱を顕す、古来より木造にて伝統的に用いられている工法。現代は「大壁」と称するクロス等の仕上げ材で柱を覆い隠す手法が多く用いられるようになっている。     

chou23 at 13:52|この記事のURLComments(0)essay 

2018年06月11日

実のなる家庭

週末、素敵な家庭に三年ぶりにお邪魔してきました。曇りの天気予法を軽く裏切り強い陽射しで始まった一日でしたが、パーライトを混ぜ混んだ厚塗りの漆喰壁の室内には、陽射しを遮るブドウ棚の力も借りて、ひんやり気持ちの良い空気が漂っていました。漆喰の良さを改めて実感します。

さらに魅力的なのが、食卓に上がるものが庭で手に入るという生活スタイル。
今回も庭に育つハーブを使った料理と自家製焼き立てパンのランチを用意して下さいました。
すべて美味しい・・・・
6
7
午前中にはマルベリー摘みという労働もしっかり致しましたよ。
しかし、収穫すれどもすれども、まだマルベリーは鈴なりです。私たちは美味しいとこどりで実のなる庭の魅力を味あわせて頂けますが、今年の様なマルベリー豊作年は、収穫に追い立てられるような日々が続き、地面に落下した実が襲ってくるような夢を見そうだと仰っていました。
5
お庭には赤い実シリーズ(木苺、すぐり、野苺)も美しく実っています。2
木苺(ラズベリー)!
1
赤すぐり(レッドカーラント)!透明感ある光沢で、宝石の様
3
赤い実シリーズは水濾しヨーグルトにトッピング!
紫色のマルベリージャムを添えて下さいました。4

庭の無い 住まいに帰宅後、早速マルベリージャム作りにいそしみました。
ご入用の方、サイズ色々、お味見サイズの小瓶もございますので、
どうぞ、お申し出ください

1
私、ベランダで、ラズベリー育ててみようかなと思い始めました。



chou23 at 21:32|この記事のURLComments(0)foods 

2018年06月02日

クロスクラブコンサート

今年もクロスクラブコンサートに伺ってきました。
11

1曲目『春の歌 検戮任蓮▲櫂蹈櫂輓蹐貊个好ャンディのように甘い滴が心地よく、水辺までの散策を楽しみました。今回も音楽でいろんなシーン(妄想)に連れて行って頂けたのですが、一番印象的だったのが、オルガンで奏でて下さったチェコ(ボヘミア)出身の作曲家ドボルザ−クの交響曲『新世界より』第二楽章「ラルゴ」。ドボルザ−クがアメリカ(=新世界)滞在中に故郷を思い作った曲だそうです。遠き山に日は落ちて〜と歌われ馴染みのあるメロディーが入ります。小さなちいさなオルガンで奏でられた大々オーケストラ曲は、牧歌的でもあり宇宙的でもあり、何か始まる新しさも漂い、楽曲がオルガンの魅力で凝縮されて届けられました。ラスト曲、ピアノによるムソグルスキーの『禿げ山の一夜』は圧巻。

9
「ラルゴ」の譜面と小さなオルガン
7
コンサート終了後のパーティー会場となったお庭
2
今年もパーティー特等席はプールの中
プールに陰を作ってくれているのは何でしょう?
2018-05-27 022
夏ミカンがぐんと枝を伸ばして強い日差しを防いでくれます。
1
メニューはスタッフドバゲット(待望の復活!)とピクルス、ハテナのポタージユ。そして写真を忘れましたが、デザートのブロンディというホワイトチョコとクランベリーのバターケーキと紅茶も!!ご馳走様でした

前回のクロスクラブコンサートはこちら


chou23 at 21:14|この記事のURLComments(0)art 

2018年06月01日

碧茶

1
先日作成したごぼう茶は、煎りを浅く仕上げたのですが、
今朝入れましたら、緑と青の狭間の様な碧いろのお茶となりました。
ポリフェノールの見える化に成功した!とも言えるでしょうか?
ソーダ水にしてしまいたい衝動も・・・。
同煎の茶葉でも、碧くならない時の方が多く、
碧いろになる必要条件は何なのか・・・?です。

茶柱が立ったように「縁起物」ということで 


chou23 at 10:05|この記事のURLComments(0)foods 

2018年05月28日

十薬

九州は梅雨入、こちらもそろそろでしょうか?
嫌われものドクダミの季節もやってきました。
その葉のもつ特異臭から嫌われがちなドクダミですが、においの元デカノイル‐アセトアルデヒドという成分が強い殺菌作用を持つが故、ドクダミは「十薬」とも呼ばれ昔から民間薬と知られるのだそうです。「良薬鼻に厳し」といったところでしょうか? しかし、地面に生えているので、鼻を近づけなければ、私はさほどその臭いは気にならず、むしろちょっと前まで漂っていたハゴロモジャスミンの臭いの方が苦手です。

嫌われの原因その2は繁殖力の強さ。ご近所でも昨暮にはしっかり抜き取って、全く地上に無い状態にされましたが、春過ぎから地中に潜んでいたドクダミが一斉に復活。葉が茂り始め、今は白い花の様な総苞片が賑やかです。

せっかくの「十薬」なのですから、そう嫌わずに何か役立てたい、そうすれば、繁殖力の強さは大歓迎のはず!葉を乾燥させてドクダミ茶も良いらしいですが、お茶は既に数々ある(ゴボウ茶も )ので、私は化粧水に使っています。
今年も早速ご近所の新鮮なドクダミの葉を頂いて、水洗いし水分を拭き取った後、化粧水製造瓶に入れました。キダチアロエの葉(建て主さんから小さな株を分けて頂いてベランダで育てたもの。こちらも繁殖力がハンパありません!)を刻んでウォッカとともに。いつかTVでハーブ研究家ベニシアさんが紹介していらした方法を参考にしています。

昨日はドクダミの群生の中に八重のドクダミを見つけました。八重は一重の突然変異なのでしょうか? 八重と一重は、随分趣きが異なりますね!
3-24-2

2018年05月21日

根っこ侮れじ

欅の根っこ
民家の庭先に自然実生し約20年、近隣苦情発生する程大木に成長し伐採された欅の横に長く這い渡る根っこ。地盤が固いのか、地中に進まず地表を這っています。欅の根肌には横目があり、桜の枝幹の様でした。それにしても逞しい。。。

欅の根っこは幅8mの川を渡りきることもあるのだそうですよ。
木の根橋jpg


chou23 at 19:26|この記事のURLComments(0)plant 

2018年05月18日

五月ですが、

2018-05-18 017
ヒメシャラ
ユスラウメ

事務所植え込みの紫陽花が色づき始め、目白庭園では姫沙羅の小さく可愛らしい花が開きました。やはり今年は季節前倒しでしょうか?
ユスラウメの実も色づき始めていますが、熟すまで、もう少し・・・マテ。
とても清々しく気持ちの良い一日です。


chou23 at 13:00|この記事のURLComments(0)plant 

2018年05月12日

時は流れ、新緑の中

2018-05-12 006

あれから1ヶ月半の月日が流れ、再びやってきました『江戸東京たてもの園』。桜の枝先には幼い実が鈴なりに。大島桜でしょうか? 良い天気でよかった!

午前の座学の後、昼食を挟んで、午後は強烈な陽射しを笑顔で打ち返しながら、皆さんとてもいいチームワークで4棟の家を見学して下さいました。見学後の感想も弾んで、御開きになってもナカナカ皆さんお尻が上がりませんでした。

欅の大木は青空の下本当に気持ち良さそうに枝を拡げていましたよ。5年の間に小出邸前の金木犀は、外観が見えなくなる程大きく育っていました。時は流れていますね〜。


chou23 at 19:29|この記事のURLComments(0)works 

2018年05月11日

もずく

先日、お顔は馴染みあれどお名前知らずの方から、いきなり振り向きざまに、「これあげます」と沖縄にいった人からもらったという塩漬けのもずくを、素敵な笑顔と共に頂きました。なんか、びっくり!?気分なまま日が変わり次の日、ピンポ〜ンと玄関押釦がなるので出てみると、淡路に行ってきたのでと大きさが不揃いの新玉ねぎとよ〜く虫の食べた無農薬の柔らかいほうれん草をお隣さんから頂きました。GW明けのボーナスハピネス?

てな次第で、私、初めてもずく料理にチャレンジ致しました。まず練習です。
1-1
メニューは定番、新玉ねぎスライス+のもずく酢、それとほうれん草、明太子+の豆乳もずくです。豆乳もずくはほうれん草が美味しすぎて、もずくの存在は消えてしまいました。 でも、美味しい!!週末、「GWどこもいけなかった族」で、改めていただきます。

今週は仕事帰りに元気な寛斎さんとすれ違ったりと、ボーナスが楽しい 
明日は夏日予報。おぞましい寒暖差ですが、お陰さまで乗り切れそうです
皆さまも良い週末を!!


2018年05月07日

12羽いる。

連休明け。いつもの静かさに戻った目白庭園2018-05-07

雛鳥さんたち、今朝はちゃんとお母さんの傍に集合していました。でも、やはり自由行動をしたい気分らしく、直に一羽一羽と、池に入って行きました。

これまでは一組の番いがこの池で子育てしていましたが、「ネネ、目白庭園はいいらしいよ」「え、まじで」とでもカルガモ間で情報が飛び交ったのでしょうか、今年は番い組数が現在二組、さらに増えるかもとの係の方のお話。係の方たちがネコに襲われないようにとか、排水溝に落ちないようにとか、色々と心配りされていますから、安全な子育て池として今後益々カルガモ間で情報拡散し、ここはカルガモ子育てメッカになるかもしれません  私たちは楽しいけれど、時期が重なったら・・・、見守りのお世話は大変です。

chou23 at 20:56|この記事のURLComments(0)season 

2018年05月06日

風物詩

雛
今年もカルガモの雛が誕生したようです。12羽、お誕生日は4月29日。既に生後一週間経ち、雛たちは単独で行動し始めています。池の端から端までスイスイ移動するので、12羽、カウントできません

chou23 at 15:28|この記事のURLComments(0)season