2019年01月21日

リビング茶会開催!

点心
週末、拙宅にてのリビング茶会開催につき、初めて、見よう見まねで点心らしきものを作ってみました。頂き物の美味しい明太子がありましたので昆布で巻いて煮炊き、すっかり習得した気になっている里芋のりんご載せと山ゴボウを合わせて笹の葉に盛り、蕪の蟹餡掛け、生麩(不室屋さんのもの)、お吸い物を添えました。明太子の昆布巻きは個人的に大ヒット!明太子と昆布と干瓢の食感は愛称抜群で、想像以上に美味しい一品となりました。お酒に埼玉小川町にある晴雲酒造の大吟醸を選びましたので、箸置きは以前同じく小川町の富岡鬼瓦工房さんで鬼瓦づくりを体験させて頂いた時に作ったもの(雲流型)を合わせました。
主菓子
主菓子は差し入れ頂いた吉祥寺「俵屋」さんのもの。色美しくかつ美味しい、餡に小豆の味が感じられるとても好みのお菓子でした。お点前の中で頂くと、お菓子の魅力がしっかりと感じられます。
四畳半の茶室があると良いなと思うのですが、叶うことと叶わないこととあり、御家元もリビング茶会を推奨していらっしゃいますので、これからも続けて行ける様、色々学んで行きたいと思います。

リビングの「ひとま畳」が、今回も活躍してくれました。設計した時にはこんな使い方をする日々が来るとはつゆぞ思っていなかったのですが。
型破りな室礼を、禅の言葉「本来無一物」がど〜んと受け止めてくれるように思いまして、掛けさせて頂いています。
ひとま畳


chou23 at 12:45|この記事のURLComments(0)tea 

2019年01月20日

梅の開花

暦では大寒ですが、こちらは良いお日和のセンター試験当日となっています。
八重紅梅
春の気配を感じて、目白庭園の八重紅梅が昨年よりも少し遅く、開花しました。
受験生の桜も咲きます様に!!


chou23 at 12:29|この記事のURLComments(0)season | plant

2019年01月19日

五島列島といえば・・・

藪椿
五島列島と言えば、薮椿。
随所にて高木が点々と赤い色を挿してくれていました。この季節で良かった しかしながら、幻の椿玉之浦瓩砲禄于颪┐此😞

五島列島といえばの住宅とは?
と思い、道々歩きながら民家の特徴を捜していたのですが、なかなか統一的なものは見つからずでございました。ひとつ気付けたことは、この旧鯛の浦教会の近くで見かけた住居に長崎本島でも使用される丸桟瓦が用いられていたこと。
鯛の浦の住居
丸桟瓦

五島列島といえば、スマートグリッド。
中通島でも風力発電設備の設置、電気自動車の普及が進んでいるようです。各所に急速充電スポットを見かけました。

しかし、何といっても五島列島といえば、カトリック教の信仰でしょう。
宿泊地傍の教会で日曜の朝8:00からのミサに参加させて頂いたのですが、15分前には既に70名を超える信徒の方たちが教会に集われており、神父登壇時には100名を超える数となっていました。席は女性が祭壇に向かって右、男性が左と分かれていました。
女性は皆白いレースのベールを被り、厳粛な感じを装って席に着かれましたが、男性はもっと日常的な感じ、駆け込み気味で居酒屋の席に着くのとあまり変わらない感じで着席される男性もいました。
これだけの数の人が、ちゃんと集会して、神父と決められた問答をおこない、オルガンに合わせて歌うことをずっと続け来られているのですね。
なんでも、ずっと続けることで実を結ぶということがあると思いますが、それはどんなことなのか、再訪の際には、その辺りも感じ取れるとよいと思います。
おしまい



chou23 at 09:29|この記事のURLComments(0)journey 

2019年01月16日

仏教建築は如何に

神通寺
キリスト教徒の多い中、仏教建築は如何なのかと遠くからでも甍の大屋根が目にとまったお寺に足を運んでみましたら、神に通ずる寺とありました。
神通寺 
アーメン!?
神通寺の石
石碑頭の美しいライン
修行大師
空海(弘法大師)像がありますので、真言宗のお寺ですね。wikiによれば、空海が高野山を嵯峨天皇から賜わった際、諸天善神への祈願地としてこの地を天と神に通じる地、即ち神通寺の壇として開いた、とあります。神通寺という名は空海と縁のある寺についているものなのですね。空海は、奈良時代の終わり(806年)中国からの帰国途中、暴風雨に遭遇し、五島列島福江島玉之浦の大宝港に寄港、そこで真言密教を開いたという縁が五島列島とあるようです。隠れキリシタンのためのお寺だから神通寺という訳では全くないのでございました!
霊山寺
一番所霊山寺
岩屋寺
四十四番所岩屋寺
雲辺寺
六十六番所雲辺寺
大窪寺
八十八番所大窪寺
四国遍路
四国八十八か所の石像がありますので、バーチャル四国遍路ができますね。
元気な鬼瓦
元気な鬼瓦2
大屋根降棟の留蓋 牡丹(奥)と獅子(点前)
精巧な飾り瓦など地元の職人さんの手に寄るものでしょうか? 
五島列島にも瓦の窯元があったのでしょうか? 
九州や本州から船で取り寄せなければならなかったのでしょうか? 
教会建築も屋根は瓦ですので、明治から需要はあった訳で、産業として成長しても良いように思うのですが、その辺り、情報を得ることができていません・・・

「五島列島といえば・・・」へつづく


chou23 at 20:25|この記事のURLComments(0)journey 

2019年01月14日

江袋教会

とても魅力的で立ち去り難かった江袋教会。
外観の質素さと内観の豊かさのギャップに惹きつけられます。デザインのみならず楽廊(エントランス上部のロフト的部分)がきちんと片付いていて、信徒の方々の維持管理への心遣いも感じられました。
鐘楼と海
ガイド
火災時
正面
エントランス(西面)
西面
西面
南面
南面
北面
北面
招きの納め
招きの納め

仏教建築は如何に」へつづく


chou23 at 15:58|この記事のURLComments(0)art | journey

2019年01月13日

中通島の教会建築

五島列島 中通島に渡りました。
中通島(168.34 km2)には29の教会建築があるようです。単純に島面積を教会数で割ると、約2.4km四方にひとつ、教会があることになります。今回はその中の建設年度の古い5つの教会建築を訪ねてみました。

頭ヶ島教会(1917年)国指定重要文化財
頭ヶ島教会
頭ヶ島教会2
miniマリア像
ルルド
床下
床下
窓
mini2
mini1
内部は絵葉書をスキャン。パステルカラーに塗られた折り上げ天井の装飾は重厚な外観とのギャップに驚かされます。
五島石(砂岩)
組積材は五島石と呼ばれる地元砂岩とのこと。面の落としが加工のしやすさを感じさせます。
頭ヶ島教会3

旧鯛之浦教会(1903年)
東面
南面
西面
 マリア像
ルルド

青砂ヶ浦天主堂(1910年)国指定重要文化財
青砂ヶ浦天主堂
青砂ヶ浦天主堂
青砂ヶ浦天主堂
miniステンドグラス
青砂ヶ浦天主堂
青砂ヶ浦天主堂
「丸に十」は島津家の家紋ですが、建設に薩摩藩が関与していたのでしょうか?
それとも十字架に見立てたのでしょうか? 
その下の控え柱のレンガの色分けも十字架を意識しているよう・・・。
内部は漆喰の白壁に茶色いコリント式オーダーを模した寄丸柱からの尖塔型リブヴォールトのアーケード。

大曽教会(1916年)
大曽教会1
説明書き
大曽教会2
大曽教会4
大曽教会3
大曽教会5
打ち出の小槌
レンガ造の教会に「打ち出の小槌」の鬼瓦


迫害を逃れてやってきた五島列島でも、1868年(明治元年)五島崩れと呼ばれるキリスト教弾圧が始まり、拷問を強いられ死に至られた信徒が多くいらっしゃったようです。
江袋教会」へつづく


chou23 at 14:51|この記事のURLComments(0)art | journey

2019年01月11日

神ノ島教会

お正月休みには昨年に続き、長崎の教会建築を探訪致しました。
まずは、歴史のおさらい
 1549年 ザビエル神父鹿児島上陸(キリスト教日本伝来)
 1569年 織田信長キリスト教布教を許可
 1582年 本能寺の変
 1596年 サン=フェリペ号事件
 1597年 豊臣秀吉26聖人処刑
 1614年 禁教令の発布
 1637年 島原の乱
 1797年 外海から五島列島へ108人が入植。その後約3000人が続く。
 1853年 ペリー来航
 1864年 日本26聖人殉教者聖堂(大浦天主堂)竣工
 1865年 信徒発見
 1968年 五島崩れ
 1873年 キリシタン禁制の高札が撤廃(キリスト教黙認となる)

神ノ島教会(建設:1897年)。長崎駅からバスで25分程のところにあります。神ノ島は地名ですが、戦前まではその名の通り舟でしか渡れない小さな島で、交通の不便さは禁教となったキリスト教をかくれ信仰を守り、キリシタンたちが潜伏する神ノ島となったのだそうです。
神之島教会
神の島ルルド
ルルド
教会は内部撮影が禁止なので、内部を画像でお伝えできませんが、白く塗られたコリント式オーダーを模した寄丸柱から濃い茶に塗られたリブヴォールトの半円アーチがリズミカルに生え出て、ステンドグラス風窓から差し込む赤、青、黄、緑などに色付いた光が木の床や白い壁に写り込む美しさが印象的な教会です。
モチノキ
バス停「神ノ島教会下」にて、モチノキでしょうか、赤い実と青空のコントラストが美しいとカメラを向けておりましたら、お客さまがいらっしゃいました。
ノラ
ノラ猫さんです。私はやっぱり、ノラが好き のびのび、ワイルドだぁ
大浦天主堂
バス移動で三度目の訪問となる大浦天主堂へ
お決まりのアングルでパチリ

昨年外海地方を訪ねた際、信徒の方から、この地域の多くの信徒が迫害を逃れるために五島列島に渡り信仰を守り続けたと伺いました。その信徒の思いは如何なるものであったのか・・・そうそう判るはずはありませんが、何か感じることが出来ればと、今年は五島列島一番長崎寄りの中通島に渡ってみました。
神の島教会
船から見える神ノ島教会
ジェットフォイル
船はステンドグラスを意識した内装

長崎港から中通島有川港まで高速船で約1時間40分。小波立つ中手漕ぎの舟で渡れば一体何時間かかるのでしょうか? 信徒の方にお訊ねすると、25時間くらいと聞いています、辿り着けなかった人も相当いるのではないかとのことでした。移住は五島藩からの要請による荒地開墾という名目があったため、島での宗教的取り締まりは緩く、舟を漕ぎ続ける、海を渡るということを、迫害を逃れ信仰を守り続けるために越えなければならない苦難として受け止められたのでしょうか。集団で渡ったのであれば帆船が使えたのではないかとも思いたいのですが。
中通島の教会建築」へつづく


chou23 at 12:14|この記事のURLComments(0)art | journey

2019年01月07日

明けまして おめでとう ございます!

光
本年もどうぞ宜しくお願い致します

お正月休みに、初めての五島列島、中通島を訪ねました。曇天で楽しみにしていた星空、日の出も無く残念でしたが、雲多き天空からようやく出でました太陽の島々に降りそそぐフレアーライン光がとても神々しく、心に響きました。

chou23 at 11:54|この記事のURLComments(0)daily 

2018年12月30日

良いお年を!

良いお年を!
今年も残すところ後一日となりました。
皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。
アトリエ珠は、1月7日(金)までお正月休みを頂きます。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。

chou23 at 15:28|この記事のURLComments(0)daily 

2018年12月25日

Merry X'mas!

cake2
せっかく祝日となったイブに仕事な仲間に差し入れした見た目の地味〜なりんごケーキ(クルミとレーズン入り)。見た目は地味ですがシナモンが効いて意外と美味しいんですよ。
で、クリスマス当日はその残りを食してお終い。じみじみでーす。

chou23 at 22:29|この記事のURLComments(0)daily 

2018年12月12日

クロスクラブX'masコンサート

週末、クロスクラブX'masコンサートにお邪魔してきました。
今回のX'masコンサートはクロスクラブでお馴染みとなったチェリスト窪田亮さん、ボーカル牛久保メルさんをゲストに迎えて開催されました。
お三人の協奏を味わううちに、いつの間にかコンサート会場のサロンは薬膳鍋に変わっておりました。朝鮮ニンジンが窪田さんで棗がメルさん、勝敏さんは鶏肉か、あ、これだと参鶏湯ですね。わたくし、参鶏湯しか薬膳らしきもの頂いたことがないもので。でも、そんな表現がぴったりな時間がございました。音の波動と共鳴した聴衆の気動でサロンが一体の薬膳鍋になる。心身が芯から温まりサロンの空気は惹きつけあってどこにも漏れて往かない、これぞ真の高気密住宅!?
プログラム2
(プログラムはクリックすると大きくなります)
X'masコンサートとして12月に開催されるのは2度目、4年ぶりとのことです。

とっても素敵なコンサートでした。我が身に浸透した薬膳効果は、日の経った今でも、アヴェ・マリアの歌声を身体の中に響き渡らせています。

コンサート終了後には、薬膳鍋を頂いたばかりだというのに・・・
メニュー
こんなご馳走が待っていました!!

ビーフシチュー、南瓜と林檎のマッシュ、マスカルポーネと発酵バターのパン、ケーキサクレ、苺のパンナコッタ、いつもいつもの美味しいもの尽くしの御膳。
さらに、蜂蜜とスパイスを入れたフランス菓子パン・デピス、お星様クッキー、チョコレートオーナメントが入ったクリスマスBOX付 円卓を囲んで、初めましての方々との語らいも楽しかった〜
夜
日の落ちた庭より空となった薬膳鍋(サロン)を見る

クロスクラブの皆さま、今回も素敵なコンサートを有難うございました。感謝

前回のクロスクラブコンサートはこちら


chou23 at 21:21|この記事のURLComments(0)art