第13回キツネの社mfに参加してきました。

結果は予選を7-2の8位で通過からの、準優勝!前回は5-4だったのでとりあえず6-3以上を目指していたのですが、望外の結果を得ることができてとても満足しています。(めっちゃ運よかったのは間違いないですが)

使ったのはこんなPT



ボーマンダとクレッフィの相性補完が優れていることからこの2体を並べました。また、壁からの竜舞を匂わせたかったのでリザードンをもう1つのメガ枠に採用。ポリゴン2は絶対に多いであろうマンダガルーラ警戒。そしてマリルリやアローに安定して出せて毒を撒けるサンダー、最後に襷が余ったことからいろいろ面倒なところをケアできるキノガッサ。とこんな感じです。
しかしボーマンダとクレッフィを同時に出すことは全然できませんでした。理由は後ほど

ちなみに、構築名:#あんどんさん誕生日おめでとうございます 
これは、オフ当日の12月27日が僕の誕生日だったことから。会場で5秒くらいで考えました(笑)

【個別解説】

ボーマンダ@ボーマンダナイト(NN:ブルー)

実数値(配分):171(4)-138-100-178(252)-100-152(252)
技構成:流星群/ハイパーボイス/大文字/地震
特性:威嚇→スカイスキン


とりあえずリメイク要素を使ってみたかったので採用。「捨て身を受けに来たサンダーや水ロトムをハイボからの流星で倒せるのが強い」との聞いてなるほど、と特殊にしたのですが、オフでは一度もそういった場面はなし()

とはいえ、初手に出してハイボで圧力をかけるというシンプルな使い方でとても強かったです。
当初はうっかりやCSで大文字が捨て身のマンダを使おうと思っていたのですが、うっかりやのメタモンがいなかったので控えめ。ゴツメ一回ぶん削れたクチートを焼いた試合が一回あったので、まあ結果オーライですね。
クレッフィ、リザードン、ポリゴン2がヒードランに何もできないので地震は必須です。

オフ前日に厳選してすぐにA29のこいつが産まれてくれたことに運命を感じたのですが、クレセに2連で急所当てたり文字の火傷でドリュウズの襷貫いたり、めっちゃ活躍してくれました。ありがとう。

CSぶっぱ、残りH。

選出回数:9/14

  (ドット絵なかったので実写で代用)

クレッフィ@食べ残し(NN:ほんじゃの~)

実数値(配分):161(228)-x-115(28)-x-152(252)-95
技構成:イカサマ/毒々/威張る/身代わり
特性:いたずらごころ


マンダとの相性補完が優秀な点、マンダでは突破が困難なクレセやポリ2に強い点、相手に壁を警戒させられる点などを評価して採用しました。

しかし、僕がじめんタイプやヒードランを見た時点でこいつの選出を躊躇ってしまった結果全然出せず。先述したクレセやポリ2はサンダーやキノガッサで誤魔化さざるを得ない形になってしまったので、もっとクレッフィ入りを回して使い方をしっかり身につけないといかんな~という感じです。予選でマンダクレッフィミラーが一戦あったのですが、お相手のクレッフィの使い方がとても上手くて見事に負かされました。

しかしマンダクレッフィの並びがマンムーを初手に呼びまくるので、そこに後述するリザードンが刺さるのはとても良かったですね(意識してやったわけではないのですが)。

H16n+1、Dぶっぱ、残りB。

選出回数:1/14


リザードン@リザードナイトX(NN:1400C)

実数値(配分):175(172)-104-125(124)-x-105-147(212)
技構成:ニトロチャージ/ドラゴンクロー/鬼火/羽休め
特性:もうか→硬いツメ


新要素が使いたくて入れたマンダとは逆に、ずっと使っていた子も入れたかったのでこいつ。
以前も書いたのですが、この子に関しては僕が色々言うよりも生主のマリオさんのブロマガ(http://ch.nicovideo.jp/azmario_com/blomaga/ar485328)を読んでくれれば強さを知ってもらえると思います。これからマンムー増える(らしい)のでこいつぶっ刺さりますよ!!!腕白ヒトカゲ持ってないよ~って人は僕に言ってくれればゴジャボ入り理想を孵化しますw

鬼火を1回しか外さなかったのもあり、選出した時は存分に活躍してくれました。

H16n-1、最速ギャラドス抜き、残りB。

選出回数:5/14


キノガッサ@気合の襷(NN:もみほぐし)

実数値(配分):135-200(252)-100-x-81(4)-122(252)
技構成:タネマシンガン/マッハパンチ/岩石封じ/キノコの胞子
特性:テクニシャン


いろいろめんどくさいところ(クレセクチート、バンドリ、ラグラージとか)への対抗策として投入。
特に語ることもない、安定の強さでした。先制技持ちこいつしかいないのもあってめっちゃ選出しました。

ASぶっぱ、残りD。

選出回数:10/14


サンダー@ゴツゴツメット(NN:キラメキラリ)


実数値(配分):197(252)-x-143(200)-144-114(52)-121(4)
技構成:ボルトチェンジ/熱風/毒々/羽休め
特性:プレッシャー ※理想個体じゃないんで少しCが低いです


メガボーマンダにビビリまくったことから、とりあえずサンダーだろって感じで採用。めざ氷いれてないから突っ張られたら余裕で負ける
実際はマンダ入りにはポリゴン2がよく刺さっていたこともあり、マリルリやファイアロー入りに対してのクッションとして出すほうが多かったです。

キノガッサに対して強く出られるように、せめて準速ガッサ抜きまではSを振っておくべきでした。

Hぶっぱ、B11n、残りDとS。

選出回数:5/14


ポリゴン2@進化の輝石(NN:NINTENDO3DS)


実数値(配分):191(244)-x-156(252)-125-117(12)-80
技構成:冷凍ビーム/放電/イカサマ/自己再生
特性:トレース


間違いなく今回のMVP。硬さが頭おかしいレベル。海外言語の個体を交換してくれたトリポカさんありがとうございます!

ボーマンダが格闘タイプを牽制するから相手はポリゴン2を突破するのがかなりしんどくなるだろうと考えて、マンダ受けとしてクレセリアではなくこいつを採用しました。
その判断通り、ポリ2を処理
できるポケモンが1体しか選出されないことがとても多く(ギルガルド、ヒードラン、クチート等)、それを他で処理して詰まして勝つといった展開が多かったです。

冷ビイカサマ自己再生は必須として、放電の枠は毒々か電磁波と選択ですね。挑発ゴツメアローに何もできないの悔しくて放電にしましたがどうせそのアローには勝てないのでなんでもよかったかもです。
おやこあいトレースしてのイカサマで剣舞ガルドを葬るという流れが2回もあって楽しかったです

ほぼHBぶっぱ、残りD。

選出回数:12/14


僕が作るPTはいつも基本選出といったものが無いのですが、今回は(メガ枠どっちか)+キノガッサ+ポリゴン2という選出がとても多かったです。ウルガモスやマンムーがいたらメガ枠リザードン、そうじゃなければボーマンダを選出していました。


こんな感じの面々でした。対戦相手の方々、対戦ありがとうございました。
また、運営の方々や参加者の皆様も、ありがとうございました。間違いなく、今までで一番多くの人に祝われた誕生日だったと思います。皆さんの拍手が本当に嬉しかったです!

久々の記事となります。
今回は、第12回キツネの社オフに参加してきましたので、そこで使用した構築を紹介します。
結果は5-4、初めてのオフ参加で勝ち越せてよかったです。
使ったのはこんなPT

実況者のうみうさぎさんが動画内で使われていたクレセクチート+バクオングエンテイ(バクオングエンテイクレセリアで爆炎乱舞です、エンテイクレセリアの並びのことではないです)の並びに興味を持ち、シーズン5はほとんどずっとこの4匹を固定してレーティングに潜っていました。最高レートは2050くらいだったと記憶しています。
他の構築を考えてる時間もなかったし、オフだからこういうPTで行ったほうが相手の方と話しやすくていいんじゃないかなーという考えもあって特に変更せずに行きました(゚∀゚ )

では個別解説

◆バクオング@拘り眼鏡(NN:うみうさっ)
194(116)-x-93(76)-154(228)-101(60)-92(28)
ばくおんぱ/ねごと
備考:特性きもったまでゴーストタイプにばくおんぱが等倍

ひたすらやかましいマン。ゴッツイ見た目してます。
調整は、「バクオング 調整」でググったら出てきたやつ。ガルのA2↑不意打ちを乱数で耐えたり、妙に硬いです。
相手のPTにノーマルの一貫がある程度あったら初手で出して爆音波ぶっぱ。そしてどっかでクレセリアに交代して、トリル三日月の舞で再び殴る。単純ですが身代わり貫通もあって非常に強いです。
この技構成のおかげで、催眠が重いという低速パの弱点を補えている・・・はず。
タイプ相性以外による受け出しはほとんど効かないと言っていいです(H252D4クレセリアに53.3~63.4%のダメージ)

オフ初戦、初手ゲンガーとの対面。ドヤ顔でばくおんぱ選択したら気合玉で消し飛びました()ゲンガー化身ボルトあたりは有利対面だと思っていたんですが、気合玉持ちが増えてきている印象の今ではそこらへんは厳しいようですね。
とはいえスカーフサンダーを一撃で吹き飛ばしたり、猫の手胞子っぽいPTに対して強気に出れたりと、オフでもその持ち味を存分に発揮してくれたのではないかと思います。
選出回数:6/9


◆エンテイ@突撃チョッキ(NN:エンテイ)
207(132)-182(244)-105-x-95-137(132)
聖なる炎/神速/地ならし/ストーンエッジ


メガリザードンY、ハイボ勢などを受け止めつつ聖炎を撒くのがお仕事。バクオングエンテイクレセリア選出の時こそ「爆炎乱舞」ですが、あまりその選出はしないです。(メガ使いたいですもんね)
オフではエッジを当てれば勝ちの場面でキッチリ当ててくれた。ありがてえ・・・
選出数:3/9


クチート@クチートナイト(NN:Bulborb)
157(252)-172(252)-145-x-116(4)-70(メガシンカ時)
じゃれつく/叩き落す/不意打ち/炎の牙

このPTのアイドル。バクオングクレセリアと同時に選出した場合は「バクチ乱舞」になります。
トリルクチートは普通に強かった。そりゃ流行りますわな。(電磁波展開の方が多いらしいですが)
炎の牙はほとんど打ちませんが、持っていないとハッサムナットレイ入りに対してエンテイを絶対選出しなきゃいけないけなくなるんでとりあえず。
オフ最終戦ではじゃれつくを2回外してしまいましたが、可愛いので許す!
選出数:4/9


◆クレセリア@ゴツゴツメット(NN:アポロ)
221(204)-x-176(156)-113(144)-151(4)-105(めざ炎個体)
サイコキネシス/月の光/トリックルーム/三日月の舞

相変わらずの過労死枠。浮いているのも、ガルーラを受けられるのも、トリルを貼れるのもこいつしかいないのでほとんど絶対選出。そして最後は味方のために自らの命を捧げます。
物理受けも兼ねているので月の光採用のゴツメ。でも捨てる時は体力満タンでも捨てなきゃいけないのが難しいですね。
特殊投げガルの身代わりを壊せるようにCに振っていますが、なんか今猫捨て身ばっかりなんでHBぶっぱの方がよかったかなと思います。とはいえ今回もその耐久とサポート性能でほんとに頼りになるやつでした。
選出数:8/9


◆カメックス@カメックスナイト(NN:ドラシエル)
181(212)-x-151(84)-200(212)-135-98
水の波動/悪の波動/波動弾/龍の波動

第二のメガ枠。かっこいいけど、バクオングカメックスクレセリアだと「バカ乱舞」になってしまう。
クチートが出せない時もメガ枠欲しいな・・・って思ってたら何故かこいつに。アロー、ドラン、ガルド、ランド辺りを意識したつもり。
技構成は変えるとしたら龍の波動をアクジェですが、結構龍の波動も打つんですよね。
まあ、シングルでよく見るやつらにだいたい弱点つけるので思ってたよりずっと活躍してくれました。欲を言うなら水の波動は威力80くらいあってもいいんじゃないかな!?
選出数:3/9


◆ナットレイ@拘り鉢巻(NN:ソイヤッサ)
181(252)-160(252)-152(4)-x-136-22(最遅個体)
ジャイロボール/パワーウィップ/タネマシンガン/叩き落す

並び的に、相手が「クレセリアかナットレイで麻痺を撒いてくるんだろうな」って思ってくれるのを期待したの鉢巻ナットレイ。何より意表がつける!!
身代わり竜舞メガバンギがすんごい流行ってた頃、対策に頭を悩ませた結果こいつを採用。タネガン1発で身代わりが壊れなかった時は我が目を疑いましたが・・・
レートではあまり選出しなかったのですが、オフでは霊獣ボルトの気合玉とスイクンの零度2発を避けたり、ジャイロ連打で相手のPTを壊滅させたり、メガゲンガーの身代わりを鉢巻悪あがきで壊したりと想定外の活躍をしてくれました。
選出数:3/9


こんな感じの6匹です。
最初は下の2体がマンムー水ロトムだったのですが、いくらやっても1700台から全然上がれなくて今のに変えたら劇的にレートが上がりました。メガカメックスかっこいい。
選出は、どいつがトリル下で暴れられれば勝てるかを考えて決めていました。
勝つも負けるも速くて爽快なので、やっていて楽しいPTでした。

きつかったのは、
・電気タイプ全般
・高火力地面技持ち(特に霊獣ランド)
・高耐久水
・優先度の高い高火力技持ち(ファイアロー、ルカリオ等)
・どくまもみがドラン
・メガヘラクロス
この辺りでした。オフでドラン入り、ヘラ入りと一度も当たらなかったのは運が良かった。

それでは、主催のキツネさん、運営の皆さん、当日対戦してくれた方々、絡んでくれた方々、ありがとうございました!また、ここまで読んでくれてありがとうございました。

シーズン4で最高レート2107を達成したPTです。自身の最高レートを大幅に更新できたこともあり、とても印象深いです。
最終レートは2061でした。とても満足しています。
並びはこちら。

XYの山男はつぶらな瞳がヤバすぎるのでBW2から採用。

この構築は、まず鬼火羽休めリザXを活躍させたいというところから始まりました。
リザードンが初手にステロ撒きを呼ぶので、そこを考えてもう1つのメガ枠には特殊ガルーラを採用。
続いて、軸のリザXが麻痺、毒両方とても辛いのでそこのケアとして三日月の舞のあるクレセリア。ガルーラやガブに対して積極的に出せるポケモンでもあります。
その後の3匹は、このリザードンではどうしようもない耐久ポケモン(クレセリア、ポリゴン2等)を意識しつつ、相性補完を考えた結果サザンガルドマリルリのよくある並びになりました。なので、このPTではこいつらは右下に並んでいます(笑)
以下個別に解説します。


リザードン@リザードナイトX(NN:1400C)
努力値:172-0-124-x-0-212(腕白)
実数値:175-150-161-x-105-147(メガシンカ時)
技構成:ニトロチャージ・ドラゴンクロー・鬼火・羽やすめ

地味ながらとんでもなく強いリザードン。シーズン2から育成して使っている愛着のある子です。相手の物理アタッカーをボロボロにします。自分より速いアタッカーに対してもどこかでニトチャを積んでいれば上から鬼火を入れられる。Sを最速ギャラドス抜きに抑えて高い物理耐久を確保しています。
最近よく霊獣ランド抜きまで振っている個体を見ますが、僕はそこまでのSは必要ないと思っています。こいつは初手に投げることが非常に多いのですが、初手で霊獣ランドと対面した場合相手がとる行動は襷なら岩石封じ、スカーフならとんぼ返りもしくは岩技がほとんどです。こちらはメガシンカして鬼火を選択すれば余裕で回復が間に合います。
Hを16n-1に調整していますが、ぶっぱして残りBも特殊に強くしたいならアリだと思います。

このリザードンのダメージ計算、立ち回りについては、生主のマリオさんのブロマガ(こちら→http://ch.nicovideo.jp/azmario_com/blomaga/ar485328)に詳しく書いてあります。とてもいい記事なので皆さん是非読んで、このリザードンの強さを知ってください!


ガルーラ@ガルーラナイト(NN:ざいにっち)
努力値:52-0-0-252-0-204(うっかりや)
実数値:187-145-120-123-108-146(メガシンカ時)
技構成:だいもんじ・冷凍ビーム・シャドーボール・けたぐり

いわゆる在日ガル。ステロ展開してくる相手に奇襲を仕掛けます。また、受けループにも積極的に選出していきます(ラッキーは絶対突破できませんが)。特殊を見て出てくるヒードラン、バンギラスに打てるけたぐりも強かった。特殊にも多く出すので絶対性格は控えめの方がいいですよ!!!
Hを陽気鉢巻ガブの逆鱗確定耐え、Sはメガで最速80族抜き。


クレセリア@ゴツゴツメット(NN:アポロ)
努力値:204-x-156-144-4-0(図太い)
実数値:221-x-176-113-151-105(めざ炎個体)
技構成:サイコキネシス・月の光・電磁波・三日月の舞

以前のリザY軸の個体の技構成を変えただけ。やはりこれくらいCに振ったほうが僕は好きです。
メガバナを意識してサイキネワンウエポンになっていますが、今見返すとこのPTなら電磁波は冷凍ビームでもよかったかなと思います。後出ししてくるギルガルドを麻痺させてしまって鬼火が入らなくて苦労したということが結構ありました。
月の光で物理を何度でも受けつつ最後は自らを犠牲に仲間を復活させる過労死枠。


マリルリ@突撃チョッキ(NN:ツキススメ)
努力値:124-252-0-x-0-132(意地っ張り)
実数値:191-112-100-x-100-87
技構成:じゃれつく・アクアジェット・叩き落す・馬鹿力


相性補完で入ってきたポケモンそのいち。優秀な耐性とチョッキで多くの相手と殴り会える。これも以前のPTの個体と全く同じです。ポリゴン2がクソ重いので初手に出さざるを得ない場面もしばしば。
ゲンガーやボルトロス相手にさえ打ち合いで勝てたりするのが最高(だんだん鬼火メガゲンガーが増えてきたので実際は無理なことも多いですが・・・)。同族やギルガルド意識で相当Sに割いています。


サザンドラ@拘り眼鏡(NN:きみこそ☆だ)
努力値:20-x-4-252-4-228(控えめ)
実数値:170-x-111-194-111-147
技構成:流星群・悪の波動・気合玉・大文字

相性補完で入ってきたポケモンそのに。XY発売してすぐに育成した子なので、なんでこんな中途半端に耐久に振っているのか全然覚えていません。
このPTはゲンガー、ガブがきついのでスカーフの方がそこには対応できるのですが、サザンドラというポケモンの強みは遅いものいじめにあると思っているので、眼鏡は手放せませんでした。あと、こいつにとんぼ返りは似合わないと思います!
サザンオールスターズは神。


ギルガルド@弱点保険(NN:ウラハラ)
努力値:236-252-0-x-0-20(意地っ張り)
実数値:
165-112-170-x-170-83(シールド)
165-222-70-x-70-83(ブレード)
技構成:アイアンヘッド・影うち・キングシールド・つるぎのまい

相性保管で入ってきたポケモンそのさん。普通のけんまいギルガルドです。適当にHからSに回したんですが、Aを削る方が一般的みたいですね。
最初はキングシールドが聖なる剣だったのですが、打つ機会が全然無かったのでキングシールドに変更しました。これがあったおかげで勝てた試合も多く、正しい判断だったと思います。
剣舞影うちの抜き性能の高さは今更僕がどうこう言うまでもないですね。


パーティ紹介はこんな感じです。反省ですが、ゲンガーやガブリアスが辛いと書いていましたが実は何よりも剣舞を積んでくるファイアローが重かったです。鬼火が入らない物理アタッカーに対するケアも、このリザードンを使う上では重要だと改めて感じました。バシャーモならクレセリアとマリルリで何とかなるんですがね。その辺をケアできればより良いものになると思います。
読んで下さった皆さんも是非、鬼火羽やすめリザードンを使ってみましょう!(^^)
    

↑このページのトップヘ