花に想いを

いけばな池坊と出会い、幸せな日々を過ごしています。 花を通して感じるよしなしごとを綴ってみたいと思います。

ラベンダーのブーケ


私の住むマンションには、
居住者のためのお庭があり、
ガーデナーさんが定期的に
お手入れに来てくださいます。

毎年この時季は、
ハーブ系の植物の刈り込みをなさるようで、
そんな時は、エントランスに
"ご自由にどうぞ"
と書かれてバケツに入っており、
それが楽しみの一つ。
切り立てのハーブの香りは、
格別ですものね。

そして、今日はラベンダーが 
わんさか、積まれていました。

普段はドライフラワーは好みませんが、
ラベンダーだけは別。
香りを楽しむために、
小さなブーケを三つ束ねました。

しばらくは、この香りに癒されながら、
故郷北海道を懐かしみたいと思います




名残の花でお茶のお供


先日のテーブルフラワーが一週間過ぎて、
かなり朽ちてきたので、
良いところだけを残して、
小さくまとめました。

こんな風に、ちょっと花に触れるだけで、
心が安まります。

おやつのお盆に添えて、
お花って可愛いなぁ、と。

六花亭の水羊羹はさらりと甘く、
食べ過ぎ注意。(ほんと、注意)
お薄は、お気に入りのカフェオレボウルに。

あと一日か二日、
名残の花を愛でてあげましょう。







四方見のいけばな


 リシアンサス、別名ユーストマ、
通称 トルコキキョウ

を、四方見のテーブルフラワーとして
いけてみました。

アレンジメントで言うところの四方見とは
趣が違いますが、
一応、どの角度から眺めても
鑑賞に耐え得るように
花を配置しています。

会話が弾むように、
お花も弾むようなリズムで。

暮らしの中で楽しむいけばなです。



livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ