花に想いを

いけばな池坊と出会い、幸せな日々を過ごしています。 花を通して感じるよしなしごとを綴ってみたいと思います。

ほととぎすの一種生け



今年も杜鵑草を稽古しました。

毎年、繰り返し稽古していると、 
あれから一年経ったのだな、
時は流れているのだな、
と、季節ごとの花に
気付かせて貰えます。

同じ花を稽古していても、
毎年、新しい学びがあります。
今まで気づけなかった事を、
あ!そういう事だ、と感じる。
それは、一年の稽古の中で、
少し自分が成長した、という
証なのかな、と思います。

また一年後、
この杜鵑草をいけるときに、
そういう気づきがありますように。
そう思って、またコツコツ、
お稽古続けます。


朝晃花教室では、随時体験レッスンを
お受けしています。
お問い合わせはブログのメール機能か、
facebookページからお願い致します。

萩と菊


茶道のお稽古の時の、
主菓子と、その日のお着物コーディネート。 

菓子は、萩をモチーフにした
"枝垂萩" という銘が付いておりました。

いま、ちょうどあちこちで
萩が小さな花を可愛く咲かせていますね。
生けるには水が下がりやすく、 
矯めも効かない難儀な花ですが、
万葉の時代から、たくさん歌にも詠まれて
日本人に愛されてきた花です。
風に揺られている姿は、 
人の心をざわつかせて、
目が離せなくなってしまうのかもしれません。

菊の帯は、やや季節を先取り。 
重陽の節句は過ぎましたが、
旧暦だと、今年は10月28日。
その頃には、菊の花も見頃でしょう。

暑い暑いと思っていたけれど、
秋は深まっていくようです。



朝晃花教室では、随時体験レッスンを
お受けしています。
お問い合わせはブログのメール機能か、
facebookページからお願い致します。


いけばな体験レッスンは随時お受けしています

 
朝晃花教室では、随時、
いけばな池坊の
体験レッスンをお受けしています。

時々、ちゃんと告知しておかないと、
と気づきました。  
一年ぶりの告知です。

性別、年齢、経験に関係なく、
丁寧に個人指導いたします。
夜間のお稽古もありますので、
お仕事帰りの遅い時間でも、
大丈夫です。

お問い合わせは、ブログからメール、
または、facebookページ↓


から、お願いいたします。

秋からお花を始めて、
来年のお正月には、
ご自分のお花でお祝いする、
というのはいかがでしょうか。
(昨年も同じこと、書いたような、、)
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ