東名高速をひた走り、御殿場へ。IC近くのホテルにチェックインし、こちらの「さかなや」へ。沼津港から仕入れた新鮮な魚介類を中心にサーヴする地元の名店。地元の顧客から支持が高いようで、この日もほぼ満席。ラッキーなことに、ギリギリ空いているテーブルを確保できた。

まず、ビールとお通し。お通しは鰹の時雨煮。これをチビチビつまみながら、今日のメニューを考える。 時雨煮は、そこそこボリュームがあり、次の料理がサーヴされるまで、十分におつまみの役割を果たしてくれた。



最初に選んだのは、王道の刺身7点盛り合わせ



本マグロ、タコ、サーモン、烏賊、甘エビなど、定番の刺身が。3人前~4人前というが、実際には7人前くらい。 ボリューム満点だった。

次に、串焼きの盛り合わせ。これもボリューム満点。手羽はジューシーで美味しかった。



この季節、白子ポン酢は外せない。



カニ爪の唐揚げは、肉が豊富で、タルタルとの相性もよかった。



茄子の天ぷらは、意外にあっさり。日本酒の熱燗にもよく合う。



烏賊の丸焼きは、熱燗によく合う。烏賊とマヨネーズの組み合わせは、なぜこんなにベストフィットなのだろう?



更に、秋刀魚の刺身を追加。脂がのっていて、僕は、これが好きだ。



ということで、お腹いっぱい。御殿場は、沼津や浜松と比べて意外に魚料理の店が少ないのだが、大満足の海鮮料理だった。