新幹線に乗車するため、まず大阪駅へ。北新地から大阪駅へ向かうには地下街を歩いていくのだが、この地下街に魅力的なお店が多い。今日は第3ビルの、こちらへ。地下街は場末のチープな雰囲気が漂うが、こちらも相当チープな雰囲気。

P1020456


食べたのは、肉醤油ラーメン 麺硬め 530円。 

P1020455


麺は、捻りの入った中細麺。硬めで頼んだのが奏功。ギリギリ小麦感を感じることができる、まあ関西では合格レベルの麺。熱々のスープに入りながら、最後までダレることがなかった。

スープは、豚骨、豚肉から動物系の出汁を採る。豚ばら肉を相当投入していると思われ、意外に悪くないスープ。スープ表面に乗るもみじおろしを溶かし、卓上のニラダレ=ニラキムチを入れると、スープの輪郭がはっきりし、これはこれで悪くないスープになる。

P1020453


チャーシューは、ばら肉。豚丼のアタマを食べているような感じ。タレにしっかり漬けてあり、この辺りは、もともと肉屋のアドバンテージだ。

その他、メンマ、ネギが入る。

店内は、テーブル席が中心。厨房もホールもバイト。ずっと、私語をし、盛り上がっている。この辺は、東京でも同じなのだが、チェーン店のレベルの低いところ。仕様がない。