名古屋大学での会合後、丸の内へ。「丸の内」という名称は通常オフィス街に使われるが、錦三丁目は銀座7丁目、8丁目の雰囲気。名古屋の街は、本当に面白い。錦三丁目を過ぎ、静かな住宅街の中にあるこちらへ。
P1060461

食べたのは、おまかせ 19800円。

まず、日間賀島の蛸。煮蛸で、蛸の旨味が濃縮されている。
P1060462

。鯛特有のモチっとした食感と、噛みしめるたびに感じられる旨味が素晴らしい。
P1060463

蕪の蟹あんかけ。蕪はとても柔らかい。蟹のあんかけは、出汁が良く出ている。
P1060464

羅臼の鰤。赤身とハラミの食べ比べ。ハラミは最高に脂が載っている。
P1060465

カワハギを肝で。モチモチのカワハギに、濃厚な肝ソース。
P1060466

落ち鱧。鱧の下は、茶わん蒸しのような感じで。薄味ながら旨味を感じられる、日本の味。
P1060467

春子。ここから、握り。酢で〆られており、舌をリセットできる。
P1060468

細魚。コリコリした食感がたまらない。
P1060469

墨烏賊。塩で。「ほしやま」の墨烏賊のほうがコクと旨味が上な気がする。
P1060470

鰆の漬け。ちょっと落ち着いた感じで。
P1060471

イクラご飯。これは凄いインプレッシブ。イクラの中に、少しだけご飯が入り、その組み合わせが素晴らしい。
P1060472

太刀魚の落花生ソース。ところどころに、つまみが入る。落花生の濃厚なソースと太刀魚が良く合う。
P1060473

小肌。上々の〆加減。
P1060474

。丁度良い脂の載り加減で、バランスが良い。
P1060475

車海老。丁度お酒の瓶を出してくれたタイミングで、小さな写真のみ。
P1060477

ミル貝。細かい仕事がしっかりしてあり、食感もとても良い。
P1060478

藁で燻した鰹。これは「ほしやま」と比較しても「あま木」に軍配。藁の香りが染み込み、とても風味が豊かだ。
P1060479

漬け鮪。しっとりした仕上がり。
P1060480

中トロ。こちらもほどほどの脂で、上品に仕上げてある。
P1060481

雲丹。海苔も雲丹も上質なので、軍艦でも味が壊れない。
P1060482

勘八。ちょっと小休止の位置づけか。
P1060483

秋刀魚。これは最大級の脂の載り。素晴らしい。
P1060484

煮蛤。「ほしやま」と比較すると、より東京よりの味付け。
P1060485

松茸と鮑。松茸の香りと鮑の旨味。素晴らしい一品だ。
P1060486

ノドグロ。焼きを入れて温かく。旨味が活性化されている。
P1060487

赤出汁。お麩が入る。
P1060488

穴子。小さめの穴子で軽く頂く。
P1060489

鯖の押し寿司 薄めで。もうお腹一杯なので、気を利かせて薄めにしてくれる。
P1060490

玉子。デザートの玉子。
P1060491

店内は、カウンターとテーブル席。ご夫婦を軸としたオペレーションで、バックヤードに数人、つまみを仕上げるお弟子さん(?)たちという構成。丁寧なサービスだった。