東京藝術大学での会合後、千住大橋へ。ランチタイム真っただ中だが、並びは5人程度。ということで、行列に接続。
P1070843

食べたのは、小 辣油 750円。
P1070840

麺は、ストレートの太平麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかり茹でられた、でも噛み応えのある柔肌の存在感のある麺が出てくる。先日の「ごっつ」と比べると、相対的に軽めの麺に感じる。今日のスープは返しが強めで、その分、麺も飴色が強い。表面は油を纏い、キラキラ輝いている。
P1070842

スープは、豚骨、腕肉から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。今日もしっかり出汁を感じられる美味しいスープ。普段より返しが強いが、表面の脂、油で若干緩和されている。脂が入ってもここまで辛いのだから、ストレートで飲むと相当なものだろう。

豚は、ばら肉が2枚。柔らかく、「二郎直系」の中でも、相当高いレベルだと言えるだろう。

その他、ヤサイが入る。9割モヤシという感じか。辣油をトッピングし、最初にヤサイを半分くらい片づけるのだが、辣油の風味をダイレクトに感じられ、個人的には好みである。

店内は、カウンターのみ。店主のワンオペも板について、安定している。