慶応義塾大学での会合後、三田から新橋へ。久しぶりの新橋。で、雑居ビルの奥まった、こちらへ。
P1080568

食べたのは、烏賊干し鶏白湯醤油そば 850円。
P1080566

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、それほどパッツン系ではなく、しっとりとした滑らかな麺が出てくる。小麦の香りも良好で、これは美味しい麺だ。三河屋製麺。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、烏賊煮干しで返す。烏賊らしい独特の臭みを伴った豊潤な香り。個人的には、好きな香りだ。鶏白湯のわりに、それほど重くはなく、サラサラとした白湯スープ。烏賊はゲソを使い出汁を採る。ユニークなスープだ。

チャーシューは、鶏むね肉。低温調理され、しっとりした仕上がりだ。

その他、海苔、ゲソ、三つ葉、ネギが入る。最大の特徴は、ゲソ。コリコリしており、ゲソだけで味わい深い。

店内は、カウンターのみ。とにかく激狭な店内で、通り抜けることすら難しい。サービスは良好。