名古屋大学での会合後、丸の内へ。名古屋では、名古屋城の近くを丸の内と呼ぶ。その界隈の、こちらへ。
P1080647

まず、瓶ビール。中瓶なので、じっくり楽しめる。
P1080648

お通しは、あわび煮。出汁を吸った鮑は柔らかく滋味深い。肝も素晴らしく、これは日本酒でいきたかった。
P1080652

刺身盛り合わせ。中トロ、イサキ、雲丹、烏賊。中トロは、他店であれば大トロで十分通用するもの。トロットロで、とても美味しい。雲丹も上質なものだった。
P1080653

郡上の天然鮎。じっくり焼いてくれるので、頭から骨まで全部いける。蓼ソースで頂く。爽やかな香りとともに頂いた。
P1080657

後半戦で合わせたのは、百春大吟醸。濃厚な飲み口で、爽やかな鮎にも合った。
P1080655

店内は、カウンターメインで奥に座敷。店主のそつない調理を見ながら、ゆったりと楽しんだ。