大阪大学での会合後、北新地へ。久しぶりに、こちらへ訪問。
P1080835

まず、小瓶をオーダー。もずくとともに始まる。
P1080836

スタートは、鰈昆布〆。コリコリした食感で、昆布の旨味がしっかりと載っている。
P1080838

墨烏賊を塩で。新鮮な烏賊なので、コリコリ。そして、甘みが強い。
P1080839

ここで、ビールから日本酒へ。大吟醸「あたごのまつ」。
P1080840

小肌。酢の染み込みで、目が覚める。
P1080841

鮪漬け。鉄分ととろみを感じる仕上がり。
P1080842

中トロ。それほどトロトロではなく、適度な脂。さっぱり頂く。
P1080843

鮑煮。今日のラインナップの中でもトップクラス。甘み、旨味ともに最高。とても柔らかい。
P1080844

天然車海老。相変わらず、大振りの海老。でんぶが入り、甘みも感じる。
P1080845

鰈肝。途中、酒のつまみに頂いたのだが、炙りが入り、最高に美味しい。
P1080846

濃厚な鰈肝の後は、さっぱりと。爽やかな旨味を感じる。
P1080847

。適度な脂で、しつこさを感じない。脂がしっかり載った鰺も美味しいが、このバランスはなかなかよかった。
P1080848

。コクのある鰹。ねっとりと旨味を楽しんだ。
P1080849

明石の蛸。新鮮な蛸で、甘みを感じる。
P1080850

。とにかく仕事が良い。シャリとの間にネギを挟むなど、小さな工夫がいろいろ凝らされている。
P1080851

。終盤に近付く。
P1080852

琵琶鱒。川魚の鱒。やや塩っぽいが、フレッシュな美味しさ。
P1080853

黒むつ。炙ってあるので、脂が活性化されている。
P1080854

雲丹。対馬の雲丹。苦みはなく、甘みを楽しむ。
P1080855

穴子。ケーキのようなフワフワ感。
P1080856

。デザートで〆た。
P1080857

店内は、カウンターのみ。店主の目の前で、よどみない無駄のない動き、作業を観ているだけでもエンターテイメントだ。素晴らしい時間だった。