Chris MacArthur, The Well-known Gourmet Scholar

I have always enjoyed sharing my enthusiasm for ramen and good cuisine with others. It gives me a big thrill when my sharing leads to someone trying something new or developing an interest for ramen or good cuisine.

カテゴリ: 焼肉・ホルモン

東京藝術大学での会合後、北千住から町屋へ。久しぶりに、こちらへ。いつもの座敷に陣取る。
P1080059

まず、三代目正泰苑サラダ M 600円。なんの変哲もないサンチュ+レタスサラダなのだが、胡麻油と塩のドレッシングが無茶苦茶美味しい。これは驚きの美味しさ。次回はLでいきたい。
P1080061

ユッケ 1180円。ちょっと濃い目の味付け。さっと炙って頂いた。
P1080064

塩上カルビ 1650円。トロトロでとてもジューシー。表面をさっと炙り、レアで頂いた。口の中で肉汁と脂がほとばしる。
P1080065

ここで、特製レモン玉 550円。レモンの皮の苦みも含めて爽やか。脂をすっきりと流してくれる。
P1080068

ゲタ 塩 1100円。脂の乗りも素晴らしい。ジュワっと脂が広がる。
P1080069

季節の野菜。トマトとアスパラガスを選択した。
P1080070

焼きスキ 正泰苑流 1450円。脂続きの中、非常にさっぱりしたロース。とろろにつけて食べるととても美味しかった。
P1080071

ハラミの厚切り 1650円。しっかり焼きを入れ、中まで火を通すと、グミグミのしっかりした肉質で噛みしめるたびに肉汁がほとばしる。
P1080074

トップサーロイン 1780円。店員が焼いてくれる。
P1080076

今日は、+300円で、寿司にしてもらった。トロトロのレア加減で、とても美味しい。
P1080078

〆は、冷麺 890円。さっぱりした仕上がりで、水キムチを加えると、また美味しかった。
P1080080

店内は、テーブル席と座敷。スタッフはこの1年で結構様変わりした。しかし、相変わらず良いオペレーション。全体的に値上げがあったようで、どこかの不採算店舗のあおりを受けている印象だった。


三菱商事での会合後、隣の丸ビルへ。久しぶりに、こちらへ。
P1070901

食べたのは、石焼ピビンバ 大盛 1300円。
P1070898

熱々に焼かれた石焼のピビンバ。ライスの上には、各種ナムル、キムチ、ばら肉スライスの焼肉、生卵の黄身、韓国海苔が入る。これを混ぜて混ぜて混ぜる。器の熱で、おこげができ香ばしい良い匂いが。ライスは大盛にしたが、それほどの量ではなく、ランチに丁度良いボリュームだった。
P1070899

更に、卵スープとスムージーがつく。スムージーは、野菜と果物のスムージーで、甘みのある美味しいものだった。
P1070900

店内は、テーブル席のみ。お一人様でも、2人用の小さなテーブルで食事をすることができる。


東京大学での会合後、大学の裏手から根津、千駄木へ。なかなか予約の取れない、こちらへ。
P1070768

食べたのは、おまかせ 7000円。

前菜は、キムチ、ナムル。もうここから美味しい。
P1070769

そして、塩の部。30日熟成タン食べくらべ、大山鶏もも肉、イベリコ豚の豚とろ、外もも、かいのみ、ブリ大根。熟成タンは、甘みが強く、スタートからかなり美味しい。大山鶏も、プリプリ。イベリコ豚はジューシーで、ブリ大根はブリスケと大根。いずれもかなり美味しい。
P1070772

タレの部は、ざぶとん、かめのこ、谷中かるび、ばら、ピリ辛はらみ、しまちょう。後半戦は、お酒も進みあまり覚えていないのだが、しまちょうは、脂の甘みが最高だった。
P1070775

サンチュもたっぷり頂いた。
P1070773

〆は、牛丼。牛丼というかスジ丼と言う感じだったが、これも最高に美味しい。
P1070776

お酒も美味しく、すべてに満足できるお店だった。


三菱商事での会合後、丸ビルへ。焼肉で会食。

食べたのは、9000円コース 飲み物含め13000円。

まず、ビーフシチュー。それほど濃厚ではなく、あくまでも前菜なので、ミドルボディのシチュー。
P1060111

次に、本日のフェ2種。烏賊のフェは、モチモチしている。
P1060112

そして、ナムルサラダ。胡麻油を感じるが、意外にさっぱりしている。
P1060114

和牛ユッケ。黄身を溶かして食べると、濃厚な味わい。
P1060118

特カルビと特ハラミ。ハラミは噛みしめるたびに肉汁があふれる。
P1060116

キムチ盛り合わせ。それほど辛くない。
P1060120

ここで、生マッコリ。若干酸味と炭酸を感じるもの。
P1060117

トラジの生タン塩厚切り、ロブスター、黒毛和牛特上カルビ、特撰ロース。それぞれ美味しいのだが、総予算で1万円を切るリーズナブルな価格なので、驚きは感じない。
P1060119

名物冷麺。冷麺の麺のコシが素晴らしかった。
P1060121

本日の焼肉寿司。もう少しレアで、肉汁が欲しい。
P1060122

デザート。アイスを中心に頂く。
P1060123

店内は、テーブル席と座敷。小さなテーブル席もあり、一人でも使えそうな感じだ。サービスは資本系なので、特別ではないが悪くもない。


三菱商事での会合後、丸ビルへ。週末の訪問だったのだが、かなり閑散としている。どこへ訪問するか迷ったのだが、時間もないので事前情報がないままこちらへ。
P1050527

食べたのは、黒毛和牛の溶岩焼き定食 ご飯大盛 1200円+税。
P1050522

メニュー写真と違い、かなり薄めの和牛が出てくる。レアな仕上がりで、熱々の鉄板を使い好みの焼き加減に仕上げる形。メニュー写真のようにがっつり和牛を楽しめるのかと思ったので、かなりズッコケた。しかも、表面は和牛だが、中身は野菜の山ができており、かなりの上げ底。こういうメニューは二度と頼まないだろうし、消費者を優良誤認させている。
P1050524

ご飯は、大盛のオーダーだったのだが、こちらは予想以上に大盛。嬉しい期待以上の結果だ。
P1050523

味噌汁は、豚汁っぽい根菜が入る。が、豚は入らない。
P1050526

その他、小鉢がつく。
P1050525

店内は、カウンターと、座敷、テーブル席。メニューの優良誤認だと、既存顧客は維持できない。新規顧客の獲得に疲弊し、オペレーションにも疲れが見えた。


東京慈恵会医科大学での会合後、芝大門へ。大門と新橋の中間地点辺り、それほど交通の便のよくなさそうな立地のこちらへ。
P1050183

食べたのは、限定 和牛100%手作りハンバーグセット 1000円。

構成は、ハンバーグ、サラダ、牛すじ煮込み、ご飯、スープの構成。この価格でこのラインナップは相当なコストパフォーマンスだ。
P1050177

ハンバーグはレアな焼き加減で、熱々のプレートで調整しながら食べていく。和牛100%の触れ込み通りで、ジューシーな肉汁あふれる仕上がり。肉の旨味も十分で、これは美味しい。醤油ダレにつけながら食べていくのだが、このタレとの相性も良好。プレートには、マッシュポテトとブロッコリーが。ブロッコリーは、少々焦げが入り、それも美味しい。マッシュポテトは底辺がカリカリになり、おこげ状態。
P1050178

ご飯は、単体でも美味しい。結構なボリュームで食べ応えがある。
P1050181

牛すじ煮込みは、温泉卵が入る。なので、ご飯にトッピングし、牛すじ煮込み丼を作成。
P1050179

スープは、それほど存在感がなく凡庸。
P1050182

店内は、テーブル席のみ。ボリューム満点で、それぞれが美味しい。十分に満足できる素晴らしい食事を楽しむことができた。


東京藝術大学での会合後、町屋へ。久しぶりにこちらへ訪問。丁度開店時間に到着した。
P1040328

まず、店員からトップサーロインのおすすめがあり、もちろんオーダー。
P1040329

いつも通り、スタートは塩上カルビ 1550円から。脂トロトロなので、わさび醤油でさっぱり頂く。ジューシーで本当に美味しい。
P1040330

次に、赤身一口ステーキ 990円。生姜ダレがしっかり効いて、意外にあっさりしている。
P1040331

そして、正泰苑流焼きスキ 1350円。薄切りロースをさっと炙り、山芋トロロにつけて頂く。肉も美味しいのだが、トロロが最高に美味しい。
P1040335

ハラミ厚切り 1550円。このグミグミとした食感、食べる度に感じる肉汁が素晴らしすぎる。
P1040336

ゲタ 辛口 990円。ゲタとは、骨と骨の間の中落ち。辛口にしてもらったのだが、スパイシーで、こちらもジューシーで美味しい。
P1040337

そして、トップサーロイン 1680円。これは、店員がしっかりと焼きを入れてくれる。
P1040341

そして、西洋わさびと一緒に、レアを楽しむ。トロトロで美味しい。
P1040342

店内は、テーブル席と小上がり。毎回小上がりでお願いしているが、のんびりできてよい。


九州大学での会合後、博多駅へ。いくつか駅ビルが立ち並ぶが、その中の一つ、KITTE博多のこちらへ。
P1040306

食べたのは、もつ鍋定食 1180円。
P1040302

とりあえず、超炭酸 角ハイボール 390円。ちびちびやりながら、サーヴを待つ。
P1040301

前菜は、おきうとと明太子。おきうととは、エゴノリを使ったところてんのようなもの。まさに同じような食感で、ツルツル行ける。明太子はかなり大ぶり。贅沢に食べながら、ハイボールに合わせる。
P1040303

そして、もつ鍋。白味噌ベース。マルチョウ、キャベツ、ニラ、豆腐が入る。しかし、マルチョウが少ない。ほんの数切れ。価格を考えると仕方がないが、ほぼキャベツとニラを食べている野菜鍋のような感じだ。
P1040305

〆は、チャンポン麺。チャンポンの特徴でもあるが、コシがない。なので、食べていてワクワクしない。ここはご飯を選択したほうが良かったかもしれない。
P1040304

店内は、テーブル席のみ。半個室風の造りになっていて、プライベートな空間を作り上げている。


大阪大学で会合前に、大阪駅からすぐのこちらへ。LUCUA1100の10階。様々なレストランがある中で、今日はもつ鍋を選択。
P1020419

食べたのは、もつ鍋御膳 ご飯大盛 1480円+税。

まず前菜とご飯がサーヴされる。明太子もフレッシュでとても美味しい。柔らか牛酢もつは、お酢のおかげでとてもさっぱり。これだけでご飯がグイグイ進む。
P1020413

ご飯はかなり大盛り。
P1020415

そして、もつ鍋に火をかける。キャベツがしんなりするまで待つので、少し時間がかかる。
P1020416

そして、完成。あとは食べ進めるだけだ。キャベツ、牛蒡が入り、もつはマルチョウ。脂が豊富でとても甘い。素晴らしいもつだ。九州味噌や西京味噌をブレンドした味噌スープは、かなりニンニクが効いている。ご飯にもスープをかけておじや風で頂いた。
P1020418

店内は、テーブル席のみでかなり広い。
P1020412

チェーン店だが、サービスはなかなかで、快適に食事ができた。



久しぶりに「生粋」へ。春以来の訪問だ。今日は17:00からの第1部に参加。夏のど真ん中なので、非常に蒸し暑い。肉日和だ。
P1020355

食べたのは、肉盛り合わせ 5000円。

まず、生豆腐の帆立ジュレかけ 500円。今回レシートを見て気づいたのだが、これはお通しとして別料金。肉盛り合わせは安いが、お通しはなかなかの料金だ。
P1020335

そして、本コースが始まる。まず肩三角の刺身。しっとししていて、とても美味しい。
P1020336

次に、ユッケのブルスケッタ。ガーリックバターが塗られたトーストを炙り、その後、ユッケを乗せる。こちらも、毎度毎度美味しい。
P1020340

3種盛は、岩中豚、つちのこ、昆布タン。いずれもややレアな仕上がりでサーヴしてくれる。肉の旨味、甘みを感じられる。
P1020342

赤身は、芯芯。ロースのど真ん中で、こちらもしっとり。
P1020346

中休みで、お吸い物
P1020347

そして、和牛炙りにぎり。一口サイズの握りで美味しい。
P1020348

後半戦は、フィレシルクロース
P1020350

出汁ミスジ。お出汁と一緒に食べるので、とてもさっぱりしている。
P1020351

最後に、ざぶとんのすき焼き。トロトロの黄身と一緒に食べると、まさにすき焼き。
P1020352

〆は、いつもの薩摩しろくま。非常にさっぱり。肉で火照った体をクールダウンしてくれる。
P1020354

相変わらず、若干急かされた感じのサービスだが、確実なサービス。満足できる食事だった。




筑波大学での会合後、TXで北千住へ。そこから徒歩で、町屋の古びた住宅街の中にあるこちらへ。日本の夏のど真ん中なので、夕方でも茹だるような暑さだ。
P1020292

まず、レモン玉 500円。
P1020293

相変わらず、爽やかな飲み口。レモンの果肉を感じながら、さっぱりと喉を潤す。

そうしているうちに、塩上カルビ 1550円。
P1020296

脂が乗っていながらも、軽い食べ口で、山葵の効果も相俟って、爽やかなお肉だ。

次に、正泰苑流焼きスキ 1350円。
P1020297

非常に薄い肉なので、さっと炙ってすぐに食べるのが良い。トロロのつけ汁は、非常に濃厚。肉との相性も非常に良い。

そして、トップサーロイン 1680円。
P1020301

店員が丁度良い加減に焼いてくれる。
P1020304

それをカットしてもらい、外はカリッと、中はレアで頂く。肉汁溢れるジューシーなサーロインだ。

その後、ハラミ厚切り 1550円。
P1020303

しっかりと焼き上げると、グミグミした食感で食べ応えのある肉が出来上がる。こちらも肉汁たっぷりだ。

そして、ハラミのしっぽ 850円。
P1020302

ハラミの周辺にあるカットされた部分で、脂が多い。こんがり焼いて頂くと、こちらも絶品。

店内は小上がりと、テーブル席。韓国アイドルのようなお兄さんがしっかりしていて、彼に頼むのが一番オーダーが安定している。



東京大学での会合後、湯島経由で御徒町へ。御徒町の交差点からすぐのこちらへ。OPENして1年以上だというが、気がつかなかった。表が狭く奥に長いウナギの寝床のような感じの店。1列に並んでの立ち喰いスタイルだ。
P1020282

まず無料サービスで、生ビール
P1020272

その後、内ハラミ肩三角をオーダー。友三角は若干硬め。肉の旨味ももう一つ。内ハラミはグミグミしているが、なかなか噛みきれない。
P1020274

次に、マルチョウ豚トロ
P1020277

マルチョウは、脂の甘みを楽しめるが、皮がかなり硬い。120円と安いのだが、安いなりの仕上がりだ。豚トロは、ジューシーというよりも肉の歯ごたえをサクサク楽しむタイプだ。
P1020278

そして、再びマルチョウ牛ハラミ
P1020280

牛ハラミは、若干獣の臭みを感じるが、この価格で楽しめるのは嬉しい。

途中、ビールからマッコリにシフト。マッコリはビンで大容量で出てきた。
P1020279

店内は、立ち喰いのカウンターのみ。店員とのやりとりも楽しく、良い雰囲気の店だった。

 

筑波大学での会合後、TXで南千住まで戻る。そこから、歩いてこちらまで。
P1010942

まず、特製レモン玉 500円。
P1010950

レモンの果肉の苦みと酸味が絶妙。軽めの焼酎割で、非常に爽やかな風味だ。脂っこい焼肉を、さっぱりと流してくれる。

そして、焼肉。まず、塩上カルビ 1550円。
P1010948

脂ののったカルビを醤油と山葵で食べると、脂がきれいに流れ、それほどしつこくない。

次に、ハラミ厚切り 1550円。
P1010951

焦らずに、じっくりとひっくり返し、中まで火を入れる。非常に弾力のある肉で、噛みしめるたびに、腔内に肉汁がほとばしる。

そして、上もも 1620円。
P1010952

とにかく柔らかい。そして、赤身なのでさっぱりと頂くことができる。

〆は、トップサーロイン 1680円。
P1010954

担当の女の子が焼いてくれ、カットして仕上げてくれる。なかなか焼き方の上手な子で、火の入り方が丁度良かった。

店内は、座敷とテーブル席。いつも座敷で頂くが、今日も美味しく頼むことができた。



東京藝術大学での会合後、町屋まで散歩。住宅街のど真ん中にあるこちらへ。前回食べた焼肉が美味しかったので、再訪。
P1010652

ビールではなく、特製レモン玉 500円で乾杯。さっぱりとしているし、果肉が美味しい。
P1010653

最初の皿は、塩上カルビ 1550円。肉自体に甘みがあり、醤油と山葵でサッと頂く。噛みしめると口の中にジュワッと肉汁と脂がほとばしり、これは美味しい。
P1010655

次に、トップサーロイン 1680円。これは店員による焼き上げ。周囲をじっくり焼きながら、その後スライスして持ってきてくれる。ミディアムレアの仕上がりで、生肉好きにはたまらない一品だ。
P1010667

そして、正泰苑流焼きスキ 1350円。スライスされた赤味をさっと炙り、とろろ卵の出汁で頂く。肉に下味が付いているので、正にすき焼き風。これもさっぱりしている。
P1010664

ハラミのしっぽ 850円。ハラミのカットされた残りを使用。脂部分が残っており、これが非常にジューシーで美味しい。肉よりも脂を楽しむ一品だ。
P1010671

ハラミ厚切り 1550円。肉厚のハラミは中まで火を通すため、じっくり焼き上げる。グミグミした弾力ある歯ごたえと、噛みしめるたびに出てくる肉汁がたまらない。
P1010672

上もも 1550円。お土産の肉めしでも使用される中もも。柔らかくてとても美味しい。
P1010674

ギャラ 塩 750円。コリコリのギャラは、青唐辛子と一緒に頂くと、さっぱりしながらも肉汁を感じる。
P1010675

店内は、テーブル席のみ。店自体は大してきれいではないが、スタッフはお洒落な衣装に身を包み、しっかりサービスをしてくれる。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【直火焼き】神戸牛 プレミアム ローストビーフ(内もも肉)
価格:5940円(税込、送料別) (2017/4/16時点)


東京大学で会合後、その足で末広町へ。湯島経由で歩けばなんということもない。今日は19:00からのエントリーで入店。
P1010618

食べたのは、肉盛り合わせ 5000円に追加でいろいろ。 

まず、突出しは、生豆腐の帆立ジュレがけ。非常にさっぱりとしていて美味しい。
P1010585

そして、コース開始。肩三角の刺身。たまり醤油。肉が美味しいことはもちろんのことなのだが、この醤油が非常に美味しい。
P1010587

ユッケのブルスケッタ。ブルスケッタに比べてユッケの量が多いので、ふんだんにユッケを乗せて豪快に食べることができる。
P1010589

3種盛は、まず岩中豚。ジューシーで肉汁あふれる。
P1010592

次に肩ロース。サシの入りが良く、甘くとろける。
P1010593

そして、タン昆布。どっさり薬味を乗せて頂く。至福だ。
P1010594

赤身は、カメノコ。シルキーでこれもよい。
P1010599

中休みで、お吸い物を頂く。
P1010602

そして、和牛炙り握り。炙りった肉がとろけそうな感じだ。
P1010603

フィレとシルクロース。肉の旨味と脂の甘みのバランスが非常に良い。
P1010604

シルクロースは、一口ご飯に巻いて頂く。
P1010605

出しミスジ。とろっとろ。
P1010611

お出汁の中でさっぱりと頂く。
P1010612

コースの最後は、ザブトンのすき焼き。卵黄を絡ませて食べると至福だ。
P1010610

コース終了後、ニンニク焼きを注文。じっくり焼き上げる。
P1010613

そして、サーロイン。
P1010614

あっさりポン酢で頂いた。
P1010615

そして、デザートは、無論しろくま。このしろくまでクールダウンできる。
P1010617

店内は、テーブル席のみ。まあサービスは硬めだが、人気店なので仕方がない。この辺りが一段上に上がると、ミシュランも見えてくるだろう。

 

東京藝術大学での会合後、町屋へ。下町の住宅街のど真ん中に突如現れる名店のこちらへ。
P1000443

まず、特製レモン玉 500円。レモンの実や皮を削ったシャーベットを溶かす、面白い趣向。若干の渋みと苦みが良い味を出している。
P1000449

上カルビ 塩 1550円。サシの入った甘いカルビで、山葵と醤油でさっぱりと頂く。肉厚のとろける美味しさで、さすが看板商品だ。
P1000447

正泰苑流焼きスキ とろろ芋 1350円。ロースの薄切りスライスは、確かにすき焼きチックだ。
P1000453

焼いたら、とろろ玉子の出汁で食べる。
P1000452

トップサーロイン 1680円。塊肉で登場。
P1000454

その塊を、丁寧に店員が焼いてくれる。
P1000465

しっかりと旨味を封じ込めた塊肉は、ミディアムレアの仕上がりに。柔らかくとても美味しい。
P1000468

更に、ハラミ厚切り 1550円。このグミグミとした噛み応えが何とも言えない。
P1000458

そして、ハラミのしっぽ 850円。ハラミの脂がトロトロで甘みも十分。これは美味しい。
P1000460

店内は、テーブル席のみ。外観とは違い、というか、インテリアも洒落てはいないが、サーヴされる皿や接客はなかなか洗練されている。良い店だった。

 

年明け早々の大仕事を終え、のんびり焼肉を!と考え、秋葉原へ。ヨドバシカメラで買い物をし、その後、末広町へ。寒波が東京へも押し寄せており、秋葉原から末広町までの道がとても寒い。
P1000136

食べたのは、肉盛り合わせ 5000円+かき氷(しろくま) 980円+いろいろお酒。 

まず強制的にお通し 390円。 コースでも有無を言わせずお通し。まあ基本コースが激安なので、こういうところで稼がないと仕方がないのだろう。アサヒ熟撰の瓶ビールと合せる。生豆腐と帆立のジュレ。量も少なく、味わいも濃くない。これからの料理を期待させる役割を果たせてはいない。
P1000103

次に、赤身のお刺身シンシンを醤油で。トロリとしていて、舌触りは濃厚。肉の甘みもそれなりに感じられる。
P1000104

そして、ユッケとブルスケッタ。ユッケは、 細かく切り刻んだぶつ切りタイプのユッケ。甘みが強く、これは美味しい。
P1000105

ブルスケッタは、ガーリックトーストで、網の上で軽く炙ると美味しくなる。
P1000106

次に、塩。
P1000110

まず、岩中豚。白身の甘みがあり、赤身も硬くない。大量のネギと一緒に頂く。
P1000115

次に、 つちのこ。既に味付けがなされていて、そのまま食べていく。肉の甘みがしっかりしている。
P1000117

塩部門最後は、タン昆布。厚切りタンを上手に焼いてくれ、この火入れはやはりお任せしたほうが良い。ただ、タンに若干臭みを感じた。昆布のおかげで生臭さが際立っているように思う。意図が良くわからない。
P1000116

ここでお吸い物和牛炙り握り

お吸い物は、出汁もそこそこ。お麩が入っている。
P1000121

和牛炙り握りは、トロッとした牛の脂の旨味が濃厚で、ご飯によく合う。
P1000122

ここから後半戦。タレものの登場。

まず、肩三角。さっと炙り、レアの状態で。肉の旨味を最大限に引き出していく。
P1000119

そして、フィレとシルクロース
P1000123

フィレは折りたたみ、シルクロースは一口ご飯を包んで食べる。この辺りの焼き加減は、任せないと難しい。
P1000124

そして、だしミスジ
P1000125

焼いた後に、お出汁と大根おろしと一緒に頂く。かなりさっぱりしている。
P1000128

で、ザブトンのすき焼き
P1000126

濃厚な玉子を溶き、甘みの強いザブトンを頬張る。これは美味しいクライマックスだ。
P1000127

〆は、かき氷(しろくま)。口の中でさっと溶ける雪のようなかき氷。
P1000132

店内は、ボックス席と個室。それぞれの空間が独立性を担保しており、快適に過ごすことができる。空間も良い、肉も良い。しかし、スタッフのレベルにはかなりのバラつきが。「よろにく」系は基本的に融通が利かない店が多いのだが、その中でも四角四面なサービスが目立つ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

焼肉の技術 [ 旭屋出版 ]
価格:3888円(税込、送料無料) (2017/1/15時点)


開成学園で会合後、坂を下りて右折。日暮里方面へ少し歩くと、こちらがある。焼肉屋にしては内装がお洒落で、カウンター席もある。カップル用の席という感じだが、おひとり様でも問題ない。
P1060280

食べたのは、上ミックス定食 1400円。 

まず、サラダとキムチがサーヴされる。サラダは、レタスに韓国風ドレッシング。あっさりしている。サラダを食べ終わらないうちに次がサーヴされる。
P1060274

次は、スープとご飯。スープは、和布スープ。ご飯は丼でサーヴされるので、デフォルトで食べ応えがある。
P1060275

そして、いよいよ焼肉。上ミックス定食は、上カルビと上ハラミ。
P1060276

目の前にコンロが用意されているので、そこで上カルビと上ハラミを焼く。
P1060273

ガスなので火加減が難しいのか、ハラミでもカルビでも、肉をのせると、かなり火が強くなり、焦げやすい。そこで、せわしなく表裏を替えたり、場所を変えたりすることになる。肉質自体は、なかなかのもので、カルビもハラミも肉汁を豊富に含んだもの。ハラミは若干臭さを感じたこともあったが、概ね美味しい。
P1060279

店内は、カウンターとテーブル席。お洒落な店内で、ショットバーのような雰囲気。おひとり様用のコンロもあり、美味しい牛肉を楽しむことができた。

 

HISとの会合が無事成功に終わり、ホテルヨーロッパで会食。こちらの鉄板焼きで楽しむことになった。
P1050547

食べたのは、西海コース 12000円+様々なお酒。

まず恵比寿の黒ビール。コクはあるが、それほど重くない。
P1050514

先付は、牛のしぐれ煮。甘辛さもちょうど良い。
P1050519

次に、吉翠亭特製前菜。カラスミなど日本酒に合いそうな料理が出てくる。なので、日本酒もオーダー。
P1050525

九州呑み比べ。佐賀の窓乃梅、長崎のふるさと賛歌、熊本の美少年。この熊本の美少年が、豊潤で非常に美味しい。
P1050531

そして、旬の焼き野菜と地魚のポワレ。赤いものはこんにゃくらしい。
P1050516

美味しく焼き上げてくれる。
P1050529

いよいよ、サーロイン。長崎牛のサシが非常にきれいなもの。
P1050520

焼き加減はミディアム。外側はカリッとしながら、中はトロトロでジュワッと脂と肉汁が腔内に広がる。これは素晴らしく美味しい。
P1050534

そして、ガーリックライス。卵もふわふわで美味しい。
P1050542

食後のデザートは、メロンと梨、アイス。
P1050545

〆のコーヒーも美味しかった。
P1050546

落ち着いた雰囲気で、ハウステンボスの中でもリラックスして楽しむことができた。

 

金龍山浅草寺で会合後、稲荷町方面へ向かい、こちらへ。入り口の前にある、牛の銅像が目印だ。
P9031144

食べたのは、まず、宝蔵 2人前 7300円+税。 

まず炭をセットしてもらう。
P9031135

そして、お皿が。
P9031136

本日の特選和牛2種に、和牛厚切りサーロイン、和牛上ヒレ、和牛上ロース、和牛ハラミ、上タン塩のラインナップ。盛り合わせの中では最上級なのだが、白身系は良いものの、赤身系でややパサつきを感じる。まあ最上級といえども、2人前でこの価格なので、あまり多くを望むこともできないが。

次に、ニンニク焼き 500円+税。もちろん胡麻油で。
P9031138

たっぷり胡麻油を入れてくれるので、ニンニク揚げ状態で、ホクホクのニンニクを楽しむことができる。

更に、豚トロ 850円+税。 
P9031139

やや硬めの豚トロ。しかし、白身からジュワッと脂がほとばしる感じは、なかなかだ。

〆に、和牛サーロイン炙りにぎり 3貫 1050円。 
P9031140

炙ることで、サーロインの甘みが活性化し、これは美味しい。

今回は2階の座敷で、焼肉を楽しんだ。結構な人気店のようで、しっかり人が入っている。オペレーションも迅速で、なかなかのものだった。

 

代官山の「MAISON ICHI」で遅めのランチを摂ろうと思ったのだが、なんと休み。ということで、小雨の降る中、恵比寿駅方面へ。で、遅めの時間でも開いているこちらへ。
P5300391

食べたのは、十勝風豚丼 大盛 900円。 
P5300386

今日は、サラダ、豚丼、味噌汁が一気にサーヴ。

ここのサラダは、ボリュームがあり、ドレッシングもそれほど主張せず、美味しいサラダ。丼が、かなりこってりしているので、箸休めにちょうど良い。
P5300388

豚丼は、豚自体の枚数はそれほど多くない。かなり濃いめの味付けで、一枚につき、ガガッとご飯を頬張る感じだ。肉は若干焦げ目がつく感じで、しっかりと焼かれている。しかし、肉汁はしっかりと保持されていて、肉汁+脂がご飯に染み出し、実はそれだけでも美味しい。ラム肉と違い、ニンニクが効いていないので、食後も安心。 
P5300387

中心には、半熟玉子が。黄身を放出しながら食べると、硬めに炊かれたご飯とマッチする。ご飯は大盛りがちょうど良いだろう。豚の味付けが濃いめなので、ご飯がグイグイ進むからだ。

味噌汁は、本当は豚汁のはず。しかし、今日は具が少なく残念。
P5300389

店内は、カウンターとテーブル席。カウンターで、目の前でジュージュー焼かれる音をBGMに、出来上がりを待つ。至福の心豊かになる時間だ。

 

大阪旅行も終盤に近づき、大阪駅へ。で、駅からすぐのルクアへ。年末も押し迫り、レストランフロアはどの店も行列。しかし、僕は予約をしていたので、すぐに入店。
P1040180

食べたのは、まず黒豚バラ焼き 1500円。 
IMG_3825

脂身も多いが、それをカリカリに焼き上げると、口の中で脂がジュワッとほとばしる。上質なばら肉。ポイントはしっかりと焼き上げることだろう。

次に、すだれ炙り肩ロース焼き 3500円。 
IMG_3830

肩ロースにカットを入れ、すだれ状になったもの。
IMG_3831

これを網の上に乗せ、一気に焼き上げる。かなり大きな塊なので、何度もひっくり返してしっかりと焼き上げる。甘みのある上質なロースで、これは美味しい。しっかり焼きあがったところとほんのりレアなところがミックスされ、様々な食感を楽しむことができる。

そして、上カルビ焼 3400円。 
IMG_3837

サシの入りも良く、とても柔らかい。腔内で良質な脂が溶け出し、甘い脂が滴ってくる。

最後に、ハラミ焼 2400円。 
IMG_3835

ハラミは他の店と比較すると一段落ちる。内臓系の臭みが残り、明らかに肉と違う香りがする。ハラミそのままの味だといえばそれまでなのだが、もう少し工夫の欲しいところ。

店内はテーブル席のみ。荷物や衣服にクロスをかけるなど、過剰なまでのサービスが 笑。しかし、旅行をしている際にはこういうサービスもなかなかよい演出に思える。ルクアからの眺めも良く、楽しく食事ができた。

 

恵比寿ガーデンプレイスで会合だったのだが、その前に腹ごしらえ。ということで、以前からランチを注目していたこちらへ。

P1030982

食べたのは、生ラムジンギスカン丼 大盛 900円。 

まずサラダがサーヴされる。結構ボリュームがある。しかし、遅めのランチだったので、お腹ペコペコで美味しく頂いた。 

P1030977

オーダー後、肉を焼き始めるので、丼のサーヴまでは時間がかかる、待っている間に気づいたことだが、隙間風がかなり入ってくる。このご時世、隙間風が入るような建物はないだろうと考えていたのだが、なかなか豪快な隙間風 笑。でも、お店側もそれは認識しているらしく、席にはひざ掛けが用意されている。

そうしているうちに、丼と豚汁がサーヴ。

P1030979

丼の上には、ウェルダンのラム肉。大ぶりのご飯の上には、モヤシが入り、肉との距離を保っている。ラム肉は、それなりに臭いと癖がある。また、日本特有の柔らかい肉に慣れていると、相当ハードな噛み応えにも感じる。だから、ラム肉自体はそれほど美味しいとも思えない。

しかし、この丼は最高だった。というのも、ラム肉の油が最高に美味しいからだ。焼かれたラム肉から油が滴り落ちる。ご飯がいかにモヤシにプロテクトされていようと、ラム肉からほとばしる油は、ご飯をコーティングしていく。その油により、ご飯は艶やかになり、一粒一粒が離れていく。

勝負は、如何にラム肉油を上手にご飯にコーティングするかであり、油こそご飯のおかずである。だから、ご飯とラム肉の比率でラム肉が先になくなろうと問題はない。残された油で、十分に美味しく大盛りのご飯を頂くことができる。

もちろん、完食。箸休めに根菜がふんだんに入った豚汁を頂き、素敵なランチを修了した。

P1030980

店内は、カウンターとテーブル席。黒を基調としたお店。

P1030976

こじんまりとした作りで、アットホームな感じだった。 


仕事の合間にランチで、こちらへ。8月も下旬を迎え、随分過ごしやすくなってきた。

P1020981


食べたのは、カルビ御膳 ライス大盛 1180円。 

P1020976


一頭買いをしない、グラム売りをするなど、様々なチャレンジが見えるお店。夜はA5級の雌牛を出すが、今回のカルビ御膳はA3級。まあ1000円レベルなのだから、それはそうだろう。

御膳には、韓国海苔、ライス、スープ、サラダ、ヤッコ、ナムル、キムチがつく。これで1180円は、素晴らしいコストパフォーマンスだろう。

ライスは大盛にすると、この量。すごい。脂の滴るカルビと一緒に食べると、最高に美味しい。

P1020977


そして、カルビ。A3級なので、肉質は、まあそこそこ。

P1020978


遠赤外線効果のある溶岩石は、ゆっくりじっくり焼くタイプ。時間をかけないと中まで火が通らないが、脂を活性化させ、表面と中心の温度差を少なくできる。

P1020980


コストパフォーマンス的には、十分満足。ランチでもA5級をサーヴしてくれるので、次回はそちらを試したい。 


花王のすみだ事業場で会議。その後、浅草へ移動し、久しぶりに焼肉。7月も下旬になり、6月と比較すると夜の入りが早くなる。そんな中、こちらへ。

P1020431


食べたのは、サムギョプサル 1600円+特上カルビ 2500円+上ロース 2100円+和牛ハラミ 1850円。これらを、生ビールや生マッコリで。 

P1020434


まず、サムギョプサル。

P1020438


脂たっぷりで、滴り落ちる脂で、炭に火がつく。だから、火との戦い。常に移動させながら、火が移らないようにする。カリカリの豚バラをサンチュとニンニクで食べると、本当に美味しい。

P1020439


次に、上ロース。柔らかくレアで頂くのが良い。肉汁豊富で、こちらも上々。

P1020440


そして、特上カルビ。分厚いカルビは、サシ加減もよく、外をカリッと、中をミディアムレアにして頂く。分厚いので、焼いては寝かし、焼いては寝かしで、中まで火を入れる。

P1020444


〆は、和牛ハラミ。ハラミ特有の、グミグミした食感がたまらない。粘りがあり、こちらも肉汁あふれる。美味しいハラミだ。

P1020445


隣のテーブルは、スウェーデンからの観光客。幸い、先方も英語が堪能だったので、しばらく日本の観光スポットについて話をする。3週間のヴァケーションで、東京は1週間ほど。浅草もスカイツリーも周ったとのことだったので、近場の秋葉原を紹介した。

下町の気取らない雰囲気で、美味しい焼肉を楽しむことができた。


東京大学での会合が終わり、湯島へ。梅雨が明け、日差しは完全に真夏。こんな日は、ホルモンでスタミナをつけたい。そこで、湯島のこちらへ。

食べたのは、ホルモン (辛味噌) +シマチョウ (辛味噌) +シマチョウ (辛味噌) +ビール+虎マッコリ+特製レモンサワー+特製レモンサワー 5000円くらい。

P1020410


まずビールと共に、お通し。

P1020409


お通しは、モツ煮込み。トロトロで甘辛く、とても美味しい。スタートから、良い雰囲気だ。

そして、ホルモン (辛味噌) とシマチョウ (辛味噌)。

P1020411


ホルモンは、全然臭みもなく、モチモチ。そして、出色は、シマチョウ。脂が甘い!最高に美味い!焼けば焼くほど、脂が滴り、甘くなる。これは美味しい!

P1020413


あまりにも美味しくて、シマチョウをお代わり。

ビールの後は、特製レモンサワーと、虎マッコリで。レモンサワーは、ソルティードッグ風。グラスのふちに塩がついている。レモンと塩の相性は良いので、これも美味しい。
最後は、虎マッコリ。ボトルなのだが、すっきりした微炭酸で、簡単に1本行ってしまった。

人気店で、店内は超満員。モクモクの煙の中で、美味しいホルモンを楽しんだ。

 

↑このページのトップヘ