Chris MacArthur, The Well-known Gourmet Scholar

I have always enjoyed sharing my enthusiasm for ramen and good cuisine with others. It gives me a big thrill when my sharing leads to someone trying something new or developing an interest for ramen or good cuisine.

カテゴリ:ラーメン > 北海道

北海道大学での会合後、「海味 はちきょう]」へ。その通り沿いに実はこちらがあることが分かった。ということで、「はちきょう」で楽しんだ後、〆のラーメンで、こちらへ。2日連続。
P1060215

食べたのは、すみれ味噌ラーメン 900円。 
P1060211

麺は、捻りの入った中太麺。モチモチの麺で、酒の後でもやはり美味しい。安定した、森住製麺。

スープは、やはりその濃さが素晴らしい。表面はラードの層があるので、到着時は湯気が全く立っていないのだが、麺を上げた瞬間に湯気が立ち込める。だから、最後まで熱々のスープだ。味噌の味のメリハリも効いているのだが、何よりも山椒の風味が素晴らしい。飲んだ後でも、非常に良い風味を感じる。

チャーシューは、一応ギリギリ存在するが、小さなブロックのチャーシューが1,2切れ入っているだけ。これはちょっと見本とのかい離が大きすぎる。

その他、モヤシ、タマネギ炒め、ネギ、ひき肉が入る。ひき肉は確かに味噌味が付くのだが、もう少し工夫が欲しい。

店内は、カウンターとテーブル席。2日連続で訪問し、2日ともテーブル席に案内された。お洒落な店内で、気持ちよく過ごすことができた。

 

北海道大学で会合後、「すみれ」に続き連食。味噌ラーメン三昧だ。「すみれ」よりも更にすすきのを南下。右も左も飲み屋の中、こちらへ入店。1999年開業と、意外に新しい店。
P1060122

食べたのは、味噌ラーメン 870円。 
P1060123

麺は、捻りの入った中太麺。もう札幌のラーメンは、ほとんどこんな感じだ。これが一番、味噌スープに合う麺なのだろう。モチモチ、プリプリで、噛みしめると腔内で麺が躍る。

スープは、拳骨、背脂、新潟産の鶏ガラから動物系の出汁を採り、香味野菜や椎茸で味を調える。10時間以上煮込んでいるらしい。「すみれ」ほどインパクトのあるスープではないが、すっきりしながらも厚みのあるスープ。これもまた、美味しいスープだ。返しの味噌は、大豆味噌、麦味噌など3種類の味噌をブレンド。結構唐辛子も効いていて、デフォルトで辛目のスープだ。

チャーシューは、存在しない。

その他、キャベツ、ネギ、メンマ、ニンジン、キクラゲが入る。かなりキャベツの量が多いのだが、これはスープの味をぼやけさせるので、個人的にはイマイチ。

店内は、カウンターのみ。有名店の本店だが、意外にこじんまりとしたお店だった。 



北海道大学で会合後、すすきのへ。夜のすすきのは、冬の寒さにも負けず、熱気と活気がある。そしてビルの2階にあるこちらへ。
P1060120

食べたのは、すみれ 味噌ラーメン 900円。
P1060118

麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感で、スープとの絡みも良く美味しい麺が出てくる。さすが美味しい。噛みしめると、腔内で麺が躍る。さすが、素晴らしい麺だ。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、これをモヤシと挽肉炒めに加える。表面はラードと焦がしニンニクが香り、非常にインパクトのあるスープ。山椒の香りもしっかりしていて、「すみれ:らしさを出している。ラードのこってり感が後を引き、一発で「すみれ」とわかるスープだ。

チャーシューは、角切りがほんの少々入る。ほとんど意味をなさない。

その他、ひき肉、メンマ、モヤシ、ネギが入る。

店内は、カウンターとテーブル席。非常にきれいな店内で、割烹のよう。サービスも上々だった。

 

北海道大学へ訪問後、すすきのへ。何と文具店のビルの中にラーメン屋があるという、かなり稀有な立地。文具店のエスカレーターを上がり、こちらへ。
P1060064

食べたのは、みそラーメン 850円+しゅうまい2個 120円。 
P1060060

麺は、捻りの入った中太麺。西山製麺と一緒に開発したという麺で、他のお店の西山製麺と比較すると白っぽい麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感で、美味しい麺。小麦の香りも良好。スープや表面のラードとの絡みも良好で、丼の中でしっかり一体化した麺だ。

スープは、大きな中華鍋で。モヤシやタマネギを炒め、そこに豚骨や鶏がらから動物系の出汁を採ったスープを加える。表面はラードが覆ったスープで、湯気が立っていない。しかし、麺を持ち上げると、一気に湯気が。野菜と共に、ニンニクもかなり効いていて、見た目とは違い、結構パンチの効いたスープだ。

チャーシューは存在しない。

その他、モヤシ、タマネギ、ひき肉、メンマ、カイワレ大根が入る。玉ねぎは熱をくわえられ、甘みが素晴らしい。モヤシもちょうど良い炒め加減。

そして、しゅうまい。皮はしっかり厚めのもの。ジューシーで肉汁溢れるしゅうまいだ。
P1060062

店内は、カウンターのみ。さすが観光地。サービスがこなれている。安定したサービスで、楽しく食事ができた。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

送料無料 札幌味噌ラーメン 北海道 味の三平×5食【常】
価格:5250円(税込、送料無料) (2016/12/6時点)


↑このページのトップヘ