神戸大学での会合後、大倉山へ。神戸を代表するラーメン店のひとつであるこちらへ。
P1020757

食べたのは、中華そば 並 麺硬め+味濃いめ+ばらみ 780円。
P1020752

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、最初は硬めながらダレるのも早い。いかにも関西の麺。小麦の香りは、イマイチ。

スープは、豚骨、鶏がら、豚足、豚皮から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。以前はもっとこってりしていたのだが、かなりあっさりした仕上がりに。また、スープのボディも弱い。野趣あふれるスープから、かなりマイルドなスープになった印象だ。

チャーシューは、ロースのスライス。ばらみにすると、脂身部分が増える。基本的に出し殻で、肉の旨味は薄い。

その他、ネギ、モヤシが入る。さらに卓上の沢庵とニラ唐辛子を。ニラ唐辛子は以前と比較して、水気がなくなり、唐辛子の割合が増えた。個人的には、ニラ多めの以前のニラ唐辛子のほうが好みだ。
P1020754

店内は、テーブル席のみ。相変わらずの雰囲気で、ざっくばらんな落ち着く雰囲気。リラックスできる空間だ。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

究極のラーメン関西版(2018) (ぴあMOOK関西)
価格:734円(税込、送料無料) (2017/10/1時点)