Chris MacArthur, The Well-known Gourmet Scholar

I have always enjoyed sharing my enthusiasm for ramen and good cuisine with others. It gives me a big thrill when my sharing leads to someone trying something new or developing an interest for ramen or good cuisine.

カテゴリ:ラーメン > 愛知

名古屋大学での会合後、栄へ。女子大通りという、かつて女子大があったと思われる通りへ。小さな路地の交差点にある、こちらへ。
IMG_1838

食べたのは、濃厚味噌らーめん 850円。
IMG_1837

麺は、若干捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、硬めの仕上がり。コシがあるという感じではなく、硬め。セントラルキッチンで使われているような感じの、業務系の色合いが強そうな麺だ。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。ニンニクが結構効いている。返しの味噌は、数種類の味噌をブレンドしているというが、重層性は感じられず平坦な仕上がり。

チャーシューは、ばら肉ロールで、こちらも業務用っぽい感じで、ここまで何の特徴も感じない。

その他、ネギ、メンマが入る。これで名古屋で850円と言うのは超強気な設定なのだが、そこには工夫がある。

ランチタイムは、ご飯、生卵、キムチが食べ放題。
IMG_1834

ということで、セットにする。
IMG_1835

卵かけご飯は美味しかったが、それでもコストパフォーマンスは良くないと感じた。
IMG_1836

店内は、カウンターとテーブル席。とはいえ、人気店。次から次へとお腹を空かせたお客が入ってきていた。


名古屋大学での会合後、栄へ。少しだけ時間があったので、久しぶりにこちらへ。
P1080662

食べたのは、特製ラーメン 麺硬め+ネギ増し 580円。
P1080661

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、緩くならないギリギリの感じ。これがデフォルトなら良い感じだろう。小麦の香りは、そこそこ。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。かなりあっさりした家系という感じだが、スープの神髄は、卓上のニラ唐辛子とのマリアージュにある。ニラ唐辛子をたっぷり入れると、素晴らしいスープが完成する。

チャーシューは、ばら肉スライスが数枚。

その他、ネギ、メンマが入る。ネギ増しと卓上のニラ唐辛子は、最高の薬味。
P1080659

店内は、カウンターとテーブル席。ファミレスのような感じで、それぞれがゆったりとくつろげる空間だ。


名古屋大学での会合後、名古屋駅へ。普段なら名古屋駅構内の「味仙」に行くところだが、観光地化していることもあり、そうではない「味仙」の持ち味を感じられる、こちらへ。
P1070761

食べたのは、台湾ラーメン 麺硬め 600円+ニンニクチャーハン 700円。ただ、いずれも外税なので、それほど割安感はない。
P1070758

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、ポクポクした食感の、このスープにドンピシャの麺が出てくる。麺自体が特別美味しいわけではないが、どんぶりの中でのバランスが良く、このスープにこの麺ありという感じだ。同じことを「天下一品」の麺とスープにも感じる。
P1070759

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、ニンニクなど香味野菜をふんだんに使い味を調える。今回は特別辛くしてはいないが、丁度良いバランスで、辛いが旨味も感じるというさすがの味。

チャーシューは、存在しない。

その他、ひき肉、ニラ、唐辛子などが入る。

ニンニクチャーハンは、素晴らしい美味しさ。ニンニクペーストではなく、ニンニク片がゴロゴロ入る。非常に濃厚な味わいで、大満足。
P1070757

店内は、カウンターとテーブル席。活気があり、中国語が飛び交う店内は、正に本場の雰囲気だ。


名古屋大学での会合後、名古屋の繁華街である栄へ。前回好印象だったこちらへ、再び訪問。
P1070062

食べたのは、特製ラーメン 麺硬め+ネギ増し 580円+名物チャーハン 550円。
P1070061

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、ギリギリコシのある麺が出てくる。昔ながらの麺と言う感じなので、この緩さは許容範囲。
P1070056

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。醤油もしっかりしているので、分類としては、豚骨醤油。とろみのあるしっかり出汁を採られたスープで、この価格でこのスープは、素晴らしいレベルだと言える。

チャーシューは、ばら肉のスライス。肉の旨味は少ないが、麺とスープの良いお供だ。

その他、ネギ、メンマが入る。

ここに卓上のニラカラシとネギを追加する。
P1070054

このジャンクな味がたまらなく美味しい。
P1070058

そして、チャーハン。チャーハンもまた有名らしい。ネギが入り、しっとりしたタイプのチャーハンで、これは好みのものだ。美味しく頂いた。
P1070060

店内は、カウンターとテーブル席。人気店のようで、しっかり客が入る状況が続いた。


名古屋大学での会合後、名古屋駅近くのミッドランドスクエアへ。おしゃれなビルで、ハイブランドが立ち並んでいる。4階のレストランフロアにある、こちらへ。
P1060741

食べたのは、金の中華そば 830円+サービススムージー
P1060740

麺は、若干捻りが入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりとコシのある伸びやかな麺が出てくる。小麦の香りも豊潤。

スープは、名古屋コーチン、豚骨から動物系の出汁を採り、伊吹煮干し、鰹節、昆布から魚介系の出汁を採る。非常に豊潤で、表面の鶏油からも甘みを感じる美味しいスープ。

チャーシューは、レアロースと鶏むね肉。鶏むね肉はしっとりしていて、レアロースは柔らかく肉の旨味を保持した仕上がり。

その他、ネギ、玉ねぎ、ナルト、メンマ、海苔が入る。

スムージーは、青菜、バナナ、レモンのスムージー。青菜の青臭さを、バナナの甘さ、レモンの酸っぱさが上手くカバーしている。
P1060738

店内は、カウンターのみ。厨房を囲むような配置で、結構狭いが、荷物入れなども工夫されていた。


名古屋大学での会合後、繁華街の栄へ。夜の栄は、やはり怪しい雰囲気で、猥雑としている。そんな中にある、こちらへ。
P1060686

食べたのは、特製ラーメン 麺硬め+ネギ多め 580円。
P1060683

麺は、若干捻りの入った、中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感の美味しい麺が出てくる。これといった特徴はないが、この価格帯であれば、十分に満足できる麺。
P1060684

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。結構しっかりと濃厚なスープで、乳化したフルボディのスープ。返しのバランスも良い。

チャーシューは、ロースのスライス。まあ、価格なりだが、十分なクオリティ。

その他、ネギ、メンマが入る。更に、サービスで九条ネギ。
P1060681

そして、卓上のニラカラシ。唐辛子部分が多いが、これがこのスープにとても合う。
P1060680

その結果、この価格で素晴らしいパフォーマンス。
P1060685

店内は、カウンターとテーブル席。中京圏を中心とするチェーン店のようだが、名古屋の味として、しっかりと覚えておきたい。


名古屋大学での会合後、繁華街の栄へ。久しぶりに、こちらへ。
P1060642

食べたのは、中華そば こってり 並 麺硬め+ネギ+ネギ+ニラ+ニラ 745円。
P1060638

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、それほど硬くなく、早い段階でダレる。小麦の香りもイマイチ。しかし、このスープに、この麺。麺とスープの一体感が素晴らしい。
P1060640

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、野菜、果物、香味野菜などで味を調える。この日ちょっと体調が良くなかったのだが、このスープを飲めば元気になると思わせてくれるような、素晴らしいスープ。

チャーシューは、ロースのスライス。サブ的な役割で、それほど存在感はない。

その他、ネギ、メンマが入る。しかし、名古屋の「天下一品」の意味は、無料トッピングにある。ネギと、ニラ唐辛子を選択。
P1060639

トッピングした後、一気に掻き込むと、体調が一気に回復しそうな感じだ。
P1060641

店内は、カウンターとテーブル席。喫煙可能なのがイマイチだが、相変わらず素晴らしいサービスだ。


名古屋大学での会合後、伏見通りから名古屋駅へ。その途中にあるこちらへ。伏見と名古屋駅の間にあるのだが、ちょっと寂れたというか、低地にあり高速道路の高架下であることもあり、独特の雰囲気がある。
P1060607

食べたのは、ラーメンセット 麺硬め 980円。
P1060605

麺は、若干捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、昔ながらの穏やかな、それほど主張のない麺が出てくる。しかし、清湯スープとの相性はよく、麺もスープもホッとする一杯だ。
P1060604

スープは、鶏がら、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。豚骨は拳骨を使用する。ぐつぐつ煮出した白湯ではなく、きれいな琥珀色の清湯。あっさりしているが、滋味深く旨味はしっかりしている。

チャーシューは、ロースのスライス。結構厚めで、炙ったものを出してくれるので、肉の旨味は活性化している。

その他、ネギ、モヤシが入る。

小炒飯は、結構しっかりした味。チャーシューのタレがしっかりしているので、良いアクセントになる。
P1060606

店内は、カウンターとテーブル席。人気店で、ランチタイムを外したが、ほぼ席は埋まっていた。


名古屋大学での会合後、繁華街の栄へ。名古屋駅の近くでも見ていた「響」の2号店であるこちらへ。
P1060459

食べたのは、二代目みそ サービス味玉 750円。
P1060457

麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのあるプリプリした食感の麺が出てくる。小麦の香りも、良好。さすが、西山製麺。味噌ラーメンに本当に最適の素晴らしい麺だ。
P1060458

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。返しの味噌は、紅一点を中心とし、数種類。最近の超こってり味噌スープと比較すればあっさりだが、表面はラードで覆われ、それなりにこってり感も感じる。卓上の唐辛子やヤンニンジャンで辛さを出すと、非常に美味しいスープになる。

チャーシューは、ばら肉スライス。肉の旨味が抜けており、これはイマイチ。

その他、中央には肉味噌、ネギ、メンマ、味玉が入る。

そして、ランチタイムはライス食べ放題。嬉しいのはゆかりがついていて、紫蘇の香りを楽しみながら
P1060456

店内は、カウンターとテーブル席。活気のある店内で、美味しい味噌ラーメンを楽しんだ。


名古屋大学での会合後、名古屋駅へ。名古屋駅近辺で二郎系のお店がいくつかあるのだが、今日はこちらへ。
P1060381

食べたのは、汁なし アブラ 800円。
P1060376

麺は、捻りの入った極太麺。デフォルトで頼んだのだが、非常にコシのあるモチモチした食感のインパクトのある麺が出てくる。小麦の香りも豊潤。相当な噛み応えで、噛んでいるだけで後半戦疲れてくる。しかし、噛むたびに幸せを感じる素晴らしい麺。500g。自家製麺。
P1060380

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、煮干しから魚介系の出汁を採る。これに返し、脂が入り汁なしダレを構成する。濃厚なタレで麺にもよく絡む。混ぜると麺は飴色に変化し、良い感じになる。卓上の唐辛子を入れ、辛目に仕上げると最高だ。

チャーシューは、サイコロ状。今回は塊ではないので、豚とは表現しない。硬めの仕上がりだが、肉の旨味は十分に感じられる。

その他、モヤシ、青菜、目玉焼き、メンマが入る。目玉焼きは、半熟と完熟の間。それほど流れない。モヤシは、なんと生。若干辛味を感じるが、天地返しして麺の熱さで少しだけ茹でる。そうすると、やや食べやすくなる。

店内は、カウンターのみ。非常にワイルドな空間。麺との格闘に集中できる良い空間だ。


名古屋大学での会合を控え、栄を越え更に新栄と言われるエリアまで。名古屋駅から歩いていくと、栄までは上り坂だが、栄から下り坂になる。クルマではなく歩くといろいろな発見がある。
P1060368

食べたのは、しょうゆらーめん+ごはん 750円。
P1060365

麺は、ほぼストレートの細麺。デフォルトで頼んだのだが、コリコリした食感の美味しい麺が出てくる。小麦の香りも豊潤。これは美味しい。
P1060367

スープは、鶏がら、豚骨から動物系の出汁を採り、日高昆布、宗田節などから魚介系の出汁を採る。化学調味料不使用ながら、しっかりしたボディで誠実にスープを作っていることが伺われる。表面は魚粉が入り、厚みを出す。

チャーシューは、ばら肉スライス。トロトロ。肉の旨味も十分で、これは美味しい。

その他、ネギ、メンマが入る。メンマはコリコリで、風味も良い。

ごはんは、良質のお米。スープとの相性も良く、これも美味しい。
P1060366

店内は、カウンターのみ。ご夫婦だろうか、息のあった良いサービスだった。


名古屋大学での会合後、繁華街の栄へ。といっても、かなり伏見寄り。夜しか営業していない店で、たまたま夜に時間があり訪問。
P1060320

食べたのは、ラーメン 麺硬め 700円。
P1060319

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感の麺。小麦の香りはイマイチ。麺量に対し、スープの量が非常に多い。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。熊本ラーメンは、基本的に豚骨ライトな店が多いのだが、こちらもその原則に忠実。スープはライト、しかし、ニンニクチップでコクと風味を出そうとしている。

チャーシューは、ばら肉スライス。意外に厚めのもので、トロトロ。タレの染みもしっかりあり、このどんぶりの中では一番の出来。

その他、キクラゲ、海苔、ネギ、紅ショウガが入る。紅ショウガはいらないので、トッピング可能にしてほしい。

店内は、カウンターのみ。昔ながらのラーメン屋という感じで、BGMのテレビを見ながら、のんびりと頂いた。


名古屋大学での会合後、名古屋駅へ。新幹線口から更にビックカメラを過ぎたところにある、こちらへ。名古屋駅東側と比較するとかなり寂れた感のある西側だが、意外に人通りは多い。
P1060260

食べたのは、白湯らーめん 麺硬め+サービス餃子 780円。
P1060258

麺は、捻りの入った中太麺。麺硬めで頼んだのだが、良いコンディションでコリコリの食感を楽しむことができる。小麦の香りはそれなり。
P1060259

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。最初は豚骨ライトの印象だったのだが、しっかりしたスープで臭みを抜いている上質なスープだとわかる。拳骨から脛辺りをじっくり10時間ほど煮出している。重くないがしっかりしたスープで、これは美味しいスープだ。

チャーシューは、スライスのばら肉が3枚。柔らかく、肉の旨味も感じられる美味しいチャーシューだ。

その他、ネギ、メンマ、味玉が入る。

サービス餃子は、熱々で餡はしっかりジューシーなもの。美味しい餃子だ。
P1060257

店内は、カウンターとテーブル席。遅めの時間だったが、人気があるようでずっと行列ができていた。


名古屋大学での会合後、名古屋の繁華街の栄へ。最近よく訪問する「天下一品」の道路を挟んで反対側位にある、こちらへ。
P1060224

食べたのは、中ラーメン 300g 脂マシマシ+ヤサイ少な目 750円。
P1060222

麺は、捻りの入った極太麺。最近「二郎直系」の麺が細くなってきているため、相対的に極太麺と言えるだろう。小麦の香りも、なかなか良い。濃厚スープとの馴染みも非常に良く、この濃いスープとバランスの良い麺だ。
P1060223

スープは、豚骨、腕肉から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。完全に乳化したフルボディのスープ。返しもしっかりしており、辛目にする必要は全くない。極太麺をしっかりと受け止めるスープで、蓮華が進む。

豚は、ばら肉ロール。ばら肉の中でも、肉肉しいタイプ。噛み応えもあり、ボリュームは十分だ。若干、肉の臭みを感じる。

その他、ヤサイ、脂が入る。脂はタレに漬けられた美味しいもの。ヤサイは少なめにしたが、このくらいがちょうどよい。

店内は、カウンターのみ。アラブ系店員のオペレーションだが、流暢な日本語で頑張っていた。


名古屋大学での会合後、ビジネス街の伏見へ。御園座という、東京でいう歌舞伎座の近くにあるこちらへ。
P1060166

食べたのは、上肉ましラーメン+脂マシマシ 1000円⇒500円。
P1060162

麺は、捻りの入った太麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりとコシのある麺が出てくる。小麦の香りは、それなり。量は、推定200g程度か。インスパイア系によく見られる麺で、スープと馴染ませるというよりは、そのプリプリ感を楽しむ感じだ。
P1060165

スープは、豚骨、腕肉から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。ベースの豚骨や腕肉の量が少ないのか、ボディが弱い。それを返しと背脂で補う感じである。卓上の唐辛子や胡麻で調整した。

豚は、ロースのスライスを炙ったもの。肉の旨味が抜けていて、ちょっとイマイチ。丁寧に作ってくれてはいるのだが。
P1060163

その他、ヤサイが入る。今日は、久しぶりにニンニクも追加。やはり、スープに厚みが出る。
P1060164

店内は、テーブル席のみ。テーブル席のみというのは、「二郎系」では、とても珍しい。居抜きで使っているようだが、カウンター部分は、ラーメンの受け取り口になっている。完全セルフサービスで、受取、返却ともに自分で行う。非常にユニークな「二郎系」だった。


名古屋大学での会合後、名古屋駅へ向かうためユニモールという地下街を歩く。名古屋駅界隈は地下街が発達しており、多くのお店が入っている。厨房担当は中国人で、ホール担当はアラブ系という感じ。
P1060158

食べたのは、金ゴマ汁あり担担麺 麺硬め+サービスライス2杯+サービス正式杏仁豆腐 1000円。
P1060154

麺は、ほぼストレートの細麺。麺硬めで頼んだのだが、細麺のためダレるのも早い。濃厚なスープのお供という感じの麺で、存在感はそれほどない。自家製の玉子麺。
P1060155

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採る。胡麻ペーストが非常に濃厚。更に、金ゴマがしっかりと入り、かなり胡麻風味が強い。デフォルトで辛目のようだが、丁度良い感じで、激辛ではない。痺れはほとんど感じず、最近の刺激系ではない伝統的なスープだ。

チャーシューは、存在しない。

その他、ひき肉、青梗菜が入る。

そして、ライス。単体では、それほど美味しくないが、このスープでおじや風にすると、とても美味しい。
P1060156

〆は、正式杏仁豆腐。サービスで頂いたのだが、さっぱりした味わいで、口の中がすっきりする。
P1060157

店内は、カウンターとテーブル席。今回は空いている時間帯ということもあり、テーブル席でのんびり頂いた。


名古屋大学での会合後、名古屋駅へ向かう。名古屋駅近くの大名古屋ビルヂングの地下にあるこちらへ。
P1060145

食べたのは、白 博多麺 ハリガネ+サービス トンから 700円。
P1060142

麺は、ストレートの細麺。ハリガネで頼んだのだが、しっかりとコシを感じられる美味しい麺だ。長浜を由来としているようで、中華麺も選べたが、ここは博多麺を選択。もっとも、博多麺というには、その中では結構太目な感じ。
P1060144

スープは、豚骨をしっかり煮出し、24時間熟成させた、まろやかなスープ。ガツンと来る印象はないが、落ち着いたクリーミーなスープで、飲みやすい。

チャーシューは、ロースのスライス。大振りのチャーシューで、食べ応えがある。

その他、海苔、ネギ、キクラゲが入る。いずれも結構大振りだったり、量があり、食べ応えがある。

そして、トンから。非常に大きな唐揚げで、噛みしめると肉汁が流れ出る、とても美味しい唐揚げ。甘辛いソースで頂いた。
P1060143

店内は、カウンターとテーブル席。元気のある接客で、好印象だった。


名古屋大学での会合後、名古屋駅へ。新幹線の乗車まで少し時間があったので、うまいもん通りのこちらへ。一番奥にあるお店だ。
8DE604B7-99AB-4D7A-931F-88F20F4CEF59

食べたのは、台湾ラーメン イタリアン 810円。
094DFBE3-98C1-4900-95B0-C6B65ADFC628

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりコシのある美味しい麺だった。以前は、麺硬めでオーダーした記憶があるが、忘れていてデフォルトで。でも十分にコシがあり、小麦の香りも良いので、これは美味しい麺だ。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。ニンニクと唐辛子が大量に入り、かなり辛いスープ。しかし、旨味もしっかりしており、辛くても飲みたくなるスープだ。イタリアンにすると、更に辛くなる。唐辛子の量が目に見えて増える。相当な辛さだが、美味しいのでほぼ飲み干した。

チャーシューは、存在しないが、辛目のひき肉が大量に入る。砂糖も入っているので、甘辛いはっきりした味だ。
3EEFA5A7-2C7C-4DA9-BC82-B73172965BCA

その他、ニラが入る。

店内は、テーブル席のみ。旅行者が多く、人気の店で常に混雑している。


名古屋大学での会合後、名古屋の繁華街である栄へ。先日訪問して好印象だった、こちらへ。
138F8124-E954-43F3-B16D-FEA343FEB613

食べたのは、こってり 麺硬め+ニンニク 745円。
20D77BD9-6548-47C0-933A-B4EA2D3758F6

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めでも、それなりという感じ。このスープにベストフィットの、若干塩分を感じる美味しい麺だ。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、多くの野菜が煮込まれた栄養満点のスープ。濃厚で、十分に満足できるスープだ。ニンニクを入れてもらい、更に卓上の唐辛子味噌、別オーダーのニンニク唐辛子を追加すると、最高のスープになる。

チャーシューは、ロースのスライス。出し殻だが、スープに合わせると美味しい。

その他、ネギ、メンマが入る。ここに、サービスのネギとニラ唐辛子を追加。こんなに素晴らしい薬味はないだろう。スープに馴染ませ頂くと最高だ。
81E50571-222E-4CB0-BF8A-750C8DC95E75

〆は、サービスの杏仁豆腐。
BF3EEF33-21DE-4005-9428-65EE474CA9F6

店内は、カウンターとテーブル席。禁煙でないところがイマイチだが、ラーメンを美味しく頂いた。


名古屋大学での会合後、繁華街の栄へ。面白い「天下一品」があると聞き、こちらへ。
P1060095

食べたのは、こってり 並 麺硬め 745円+つくねハンバーグ+辛モヤシ+ネギ+ニラキムチ
P1060090

麺は、ストレートの中太麺。麺硬めで頼んだのだが、まあそこそこの硬さ。往年の「天下一品」を彷彿とさせる緩麺だ。しかし、天下一品のどんぶりの中身は、すべてスープのために存在するので、これでよい。
P1060091

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。ベジポタなのだが、しっかりしたスープ。名古屋の大塚グループはスープも多く、好印象だ。ニンニク唐辛子をもらい、更に味付けをする。
P1060093

チャーシューは、ロースのスライス。どんぶりの中で一番印象が少ない。

その他、ネギ、メンマが入る。

こちらの「天下一品」の特徴は、サービスコーナー。サービスで様々な総菜や薬味をプラスできる。
P1060089

つくねハンバーグは、コリコリで美味しい。モヤシとネギ、ニラキムチは、ラーメンにトッピングした。以前からニラキムチは「天下一品」に合うはずだと思っていたので、念願が叶う。そして、想像通り美味しい。これは素晴らしい。
P1060092

店内は、カウンターとテーブル席。相当な大箱で、サービスも良い。これは全国の中でも素晴らしい「天下一品」だ。


名古屋大学での会合後、名古屋駅へ。そのまま西口へ出ると、駅前から一気にコリアンタウンになる。どの駅でも、東側、西側、または、北側、南側と、どちらかが発展するものだが、名古屋は駅の東側が発展しているようだ。その逆の西側なのだが、いかにも怪しい雰囲気が漂う。そのコリアンタウンのど真ん中にある、こちらへ。
P1060071

食べたのは、にぼしらーめん 780円+サービスライス、キムチ
P1060070

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、若干柔らかめの仕上がり。東京の煮干し系でよく見る村上朝日製麺のようなパッツン系ではなく、しっとりした感じの普通の麺。スープとの絡みはイマイチ。
P1060069

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、煮干しから魚介系の出汁を採る。煮干しは出汁というよりも魚粉にして混ぜている感じ。ちょっとザラザラ感が気になる。とろみのあるスープだが、動物系の出汁の強さも感じない。全体的にミドルボディのスープだ。

チャーシューは、ばら肉スライス、筋の塊肉が入る。筋の塊肉がトロトロに煮込まれていて、とても美味しい。スライスは炙りが入り、肉の旨味が活性化していた。

その他、ネギ、メンマ、生姜が入る。この生姜がスープを中和し、なかなか良い感じだ。

そして、サービスライスとキムチ。隣のお店がキムチ店で、そこのキムチかわからないが、美味しいキムチだ。
P1060066

店内は、テーブル席のみ。鰻の寝床のような感じで狭い店だが、サービスはしっかりしていた。


名古屋大学での会合後、伏見の通り沿いにあるこちらへ。予備知識がなく入店したのだが、結構な大箱で、しかもかなり客が入っていて人気店のようだ。
P1050424

食べたのは、極味 しょうゆとんこつ 750円。
P1050422

麺は、若干捻りの入った中細麺。デフォルトで頼んだのだが、意外にコシがあり好印象。小麦の香りは、まあそこそこ。でも偶然の入店で、この出来なら満足。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。癖のない豚骨スープで、ライトでもなく、ちゃんとボディを感じるスープ。マスを対象としながらも抜け目のない感じだ。表面は細かい背脂が入る。

チャーシューは、ばら肉が2枚。肉の旨味が抜けていて、それほど評価できない。

その他、海苔、ネギ、味玉、メンマが入る。そして、食べ放題のキムチ。これが意外に美味しかった。
P1050423

店内は、カウンターとテーブル席。大箱で活気があり、人気店のようだ。


名古屋大学で会合後、名古屋駅へ。広い名古屋駅の中を歩き、名古屋うまいもん通りの中にあるこちらへ。
P1030812

食べたのは、台湾ラーメン 810円。
P1030810

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、あまりコシを感じない柔らかめの麺。日本のラーメンというよりも中国の台仔麺の麺に似た感じである。どんぶりは小さいのだが、麺がしっかり入っているので、実際にはそれなりの量がある。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。味を調えるというか、かなりニンニクが効いていて、ニンニクがスープの輪郭を構成している。唐辛子がしっかり入った、かなり辛いスープ。辛さの耐性は強いほうだが、これは本格的だ。辛さの中にも旨味を感じる美味しいスープ。

チャーシューは、存在しない。

その他、ニラ、ひき肉、唐辛子が入る。やはり、この唐辛子が特徴だろう。辛いのだが、旨味のある唐辛子だ。

店内は、テーブル席のみ。こちらのお店はファミレスのような作りで、店員の数も多い。マニュアル化された動きだが、安定したサービスだった。



↑このページのトップヘ