Chris MacArthur, The Well-known Gourmet Scholar

I have always enjoyed sharing my enthusiasm for ramen and good cuisine with others. It gives me a big thrill when my sharing leads to someone trying something new or developing an interest for ramen or good cuisine.

カテゴリ:ラーメン > 熊本

熊本大学での会合後、熊本駅から少々歩いたところにあるこちらへ。
P1040211

食べたのは、ラーメン 麺硬め 700円。
P1040209

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感で良いコンディション。小麦の香りも、なかなかだ。喉越しの良い、自家製麺。

スープは、豚頭から動物系の出汁を採る、豚100%。蒸気窯で1日炊き上げる。脂はないクリーミーな滑らかなスープ。表面は、マー油、ニンニクチップが。結構なニンニク臭だが、しっかりとコクを出す。

チャーシューは、ロースともも肉のスライス。タレの染みも上々で、熊本で食べたチャーシューの中では、一番の出来。
P1040210

その他、海苔、ネギ、キクラゲが入る。

店内は、カウンターとテーブル席。
P1040206

一軒家で、広めの店内は心地よく過ごすことができる。


熊本大学での会合後、繁華街へ。鶴屋百貨店の裏手にあるこちらへ。18:00開店で、18:30くらいに入ったのだが、すでにほぼ満席。人気店だ。
P1040205

食べたのは、ラーメン 700円。
P1040203

麺は、ストレートの中細麺。熊本ラーメンは中太麺というイメージがあるが、意外にも細い。デフォルトで頼んだので、この細さでは柔らかいのではないかと心配したが、なかなかどうして、しっかりとコシを感じる麺が出てくる。小麦の香りは、それなり。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。油がしっかりと出ており、表面には油層ができる。更に、出来上がりにガーリックパウダーをトッピングされるので、こってりとした仕上がりになる。途中、更にニンニクを頂いた。
P1040204

チャーシューは、ばら肉のスライス。タレの染みも上々で、柔らかく美味しいチャーシューだ。

その他、ネギ、キクラゲが入る。

店内は、カウンターのみ。鰻の寝床のような、半屋台風のお店。
P1040201

活気があり、良いお店だった。


熊本大学での会合後、繁華街のこちらへ。熊本は、熊本駅は全く繁華街ではなく、徒歩30分くらい離れたところに繁華街がある。白壁の土蔵の中にあるこちらへ。
P1040188

食べたのは、熊本ラーメン 500円。
P1040186

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのある硬めの麺が出てくる。デフォルトで硬めなのが、熊本ラーメンの特徴だ。鹿児島ラーメンと比較しても、硬い。小麦の香りは、そこそこ。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。鹿児島ラーメンが鶏がらをふんだんに使うのに対し、熊本ラーメンは豚骨ベース。「紅組」は、特に濃厚なスープで、出汁の輪郭がしっかりしている。これは、美味しい。ニンニクのマー油のコクが、スープを奥行きを形成する。

チャーシューは、ロースのスライス。若干硬めだし、肉の旨味も抜け気味。しかし、タレはしっかり入っており、なかなかのチャーシューだ。
P1040187

その他、ネギ、キクラゲが入る。

店内は、カウンターとテーブル席。居酒屋使用も可能な感じ。とにかく、このコストパフォーマンスが素晴らしい。


↑このページのトップヘ