Chris MacArthur, The Well-known Gourmet Scholar

I have always enjoyed sharing my enthusiasm for ramen and good cuisine with others. It gives me a big thrill when my sharing leads to someone trying something new or developing an interest for ramen or good cuisine.

カテゴリ:ラーメン > 東京

東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅方面へ。その途中にある、こちらへ。店頭に、新しい限定の案内がある。
P1080677

食べたのは、期間限定 冷やし煮干しそば 900円。
P1080676

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、キンキンの冷水で〆られ、素晴らしいコシ。噛み千切るのにも苦労するくらいのしっかりした麺だ。小麦の香りは、冷たいのでそこそこだが、とても美味しい麺。

スープは、煮干しから魚介系の出汁を採る。表面は、煮干しオイルが入り、非常に風味が良い。鶏油も入っているようで、若干白濁したオイルを見ることができる。スープも冷え冷えで、しかし、しっかりと出汁を感じる美味しいスープ。見事なまとめ方だ。

チャーシューは、鶏もも肉スライス。プリプリの鶏肉で、美味しいチャーシュー。

その他、ネギ、茗荷、青菜。チャーシューの上には、もろみ。青菜はシャキシャキしている。

店内は、カウンターのみ。相変わらず安定したオペレーションで、素晴らしいサービスだ。


東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅を越え権之助坂へ。中腹に最近OPENした新店へ。
P1080674

食べたのは、特製タンタン麺 辛さトリプル+サービスライス 900円。
P1080670

麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、硬めの仕上がりでコリコリした食感の玉子麺。麺量は、それほど多くない。あんかけ風スープの上に鎮座する形でサーヴされ、麺が良く見える非常にユニークな麺。
P1080672

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。ここに唐辛子ともち豚のミンチを餡で綴じたものでスープが構成される。スープ上部に餡が入るので最初はトロっとしたスープだが、中下層部はさらっとしたスープなので、食べ進めるにしたがってサラッとしてくる。餡で蓋をされているので、最後まで熱々。

チャーシューは、存在しない。

その他、ひき肉ミンチ餡、刻みザーサイ、ネギが入る。辛さをトリプルにしたので辛いのだが、ベースの餡になぜか甘みがあり、甘辛さが楽しめる餡だ。

サービスライスは、最後にスープにイン。〆のおじやで楽しんだ。
P1080673

店内は、カウンターのみ。まだOPENして間もないので、とても綺麗な店内。サービスも一生懸命で、好感が持てた。


東京大学での会合後、散歩がてら湯島⇒上野⇒東上野へ。久しぶりに、こちらへ訪問。
P1080573

食べたのは、味噌ラーメン 麺硬め+ヤサイ+アブラ+玉ねぎ 730円。
P1080569

麺は、捻りの入った太平麺。麺硬めで頼んだのだが、コシのある硬めの仕上がり。加水率高めの、良いコンディションだ。小麦の香りは、それなり。麺量は、「二郎直系」標準で考えると、それほど多くはない。
P1080572

スープは、豚骨、腕肉から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。返しの味噌がしっかりしているので、それなりのインパクト。背脂を増したこともあり、かなり濃厚。ただ、ちゃんとかき混ぜていないので、後半濃さを感じるというイマイチさ。

豚は、豚とは呼べない2次元のチャーシュー。肉の旨味も抜けており、あまり評価できない。

その他、ヤサイが入る。ヤサイは増すとかなりの量。標準で十分だろう。

店内は、カウンターのみ。ワンオペだが、円滑なオペレーションだった。


慶応義塾大学での会合後、三田から新橋へ。久しぶりの新橋。で、雑居ビルの奥まった、こちらへ。
P1080568

食べたのは、烏賊干し鶏白湯醤油そば 850円。
P1080566

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、それほどパッツン系ではなく、しっとりとした滑らかな麺が出てくる。小麦の香りも良好で、これは美味しい麺だ。三河屋製麺。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、烏賊煮干しで返す。烏賊らしい独特の臭みを伴った豊潤な香り。個人的には、好きな香りだ。鶏白湯のわりに、それほど重くはなく、サラサラとした白湯スープ。烏賊はゲソを使い出汁を採る。ユニークなスープだ。

チャーシューは、鶏むね肉。低温調理され、しっとりした仕上がりだ。

その他、海苔、ゲソ、三つ葉、ネギが入る。最大の特徴は、ゲソ。コリコリしており、ゲソだけで味わい深い。

店内は、カウンターのみ。とにかく激狭な店内で、通り抜けることすら難しい。サービスは良好。


東京大学での会合後、上野桜木、鶯谷を経由して、入谷へ。言問い通りの交差点近くにある、こちらへ。
P1080524

食べたのは、濃厚そば 850円+和え玉 醤油 200円。
P1080520

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、硬めの仕上がりで、パッツンとした食感の美味しい麺。小麦の香りも豊潤。しかし、あまりにも量が少ない。博多ラーメンよりも少ない100g以下?という感じ。4口くらいで終わってしまう。なので、和え玉推奨。村上朝日製麺。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、煮干しから魚介系の出汁を採る。鰺や背黒の煮干しを使用していた。相変わらず安定した美味しさ。鶏白湯の濃厚スープにビターな煮干しが反映され、バランスが良い。

チャーシューは、鶏むね肉と豚レアロース。こちらも安定した美味しさで、肉の旨味が十分に感じられるもの。

その他、ネギ、岩海苔、刻み玉ねぎが入る。

そして、和え玉。ラーメンの麺よりも細めの中細麺。煮干しオイルとしっかり絡め頂くと、至福の美味しさで、麺自体の美味しさを存分に味わえる。ネギ、刻み玉ねぎ、刻みチャーシューが入る。
P1080522

店内は、カウンターのみ。今日は店主は作らず、ホール担当。しかし、しっかりしたオペレーションで、回転が良かった。


東京大学での会合後、千駄木を経由して日暮里へ。駅前から少しだけ歩いた大通りに面した、こちらへ。初訪。

食べたのは、チャーハンラーメンセット ハリガネ 750円。
P1080517

麺は、ストレートの細麺。ハリガネで頼んだのだが、博多ラーメンで時折感じる潅水臭さが鼻につく。ダレるのも早く、小麦の香りもそれなり。しかし、この価格帯でよく頑張っていると思う。中西製麺。
P1080518

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。量産系に見られるミルキーな豚骨スープではなく、一応出汁を採りライトボディではあるが、豚骨で勝負をするスープである。但し、デフォルトではかなり弱いので、卓上の激辛辛子高菜と胡麻を入れ、調整をすることになる。

チャーシューは、ロースのスライス。この価格帯では意外なほどに厚切りな大振り。肉の旨味は抜けているが、このボリュームだけで嬉しい。

その他、ネギ、海苔が入る。

そして、チャーハン。基本価格に150円プラスでフルサイズの炒飯。ボリューム満点だ。しかし、「鶯谷店」と比較すると、かなり薄味でパサ気味。チャーハンには、しっとり派、パラパラ派と諸派あるが、こちらはパサ。卓上の辛子高菜で調整し、美味しく頂いた。
P1080519

店内は、カウンターとテーブル席。人気店のようで、ランチタイムを外したが、結構入りが良かった。


明治大学での会合後、お茶の水から小川町を経由し、神田へ。神田の中でも小川町にかなり近いところにある、こちらへ。
P1080516

食べたのは、ごくにぼ 900円。
P1080514

麺は、ストレートの太平麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感の存在感の大きい麺が出てくる。弾力があり、うどんのような食感だ。小麦の香りは、豊潤。とても、美味しい麺。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、煮干しから魚介系の出汁を採る。「ごくにぼ」なので、煮干し比率は高くなる。鶏白湯で濃厚さを出すかと思いきや、意外にサラサラとしたスープ。動物系で濃厚さを出すのではなく、煮干しの多さで濃厚さを出すタイプ。飲みやすいスープだ。

チャーシューは、ロースのスライスとばら肉のスライス。いずれも、肉の旨味がしっかりしており、美味しいチャーシューだ。

その他、メンマ、ネギが入る。ネギは、薬味の役割を期待してか、かなり量が多い。スープのパンチが強いので、このくらいネギが必要になるのだろう。

店内は、カウンターとテーブル席。サービスも上々で、料理、サービスともに優れた店だ。


立教大学での会合後、そのまま立教小学校を通り過ぎ、要町方面へ。その途中にあるこちらへ。店外行列ができていたので、食券を買い、接続。10分ほどで、入店。
P1080476

食べたのは、煮干しそば 中盛250g 800円。
P1080475

麺は、ほぼストレートの太麺。しっかりした噛み応えの、小麦がギュッと詰まったような麺で、コシもしっかりしている。「BASSO」系は、とにかく麺が美味しい。小麦の香りも豊潤で、これは満足できる美味しい麺。250gというが、茹で後の量といった感じで、それほど重くない。

スープは、比内地鶏、滋養鶏、山水鶏などから動物系の出汁を採り、煮干などから魚介系の出汁を採る。返しは、たまり醤油など。非常にまろやかなスープでバランスが良い。表面は、背脂が。しかし、それほど多くはなく、煮干しの香りと醤油の美味しさが際立っている。

チャーシューは、ロースとばら肉。それぞれの良さを引き出した、美味しいチャーシュー。素晴らしい出来だ。

その他、ネギ、刻み玉ねぎ、メンマ、海苔が入る。メンマは、太メンマ。刻み玉ねぎに熱を加え甘みを出すと、素晴らしい美味しさになる。

店内は、カウンターのみ。接客も素晴らしく、完成度の高い店だった。


三菱商事での会合後、東京駅地下街にある、こちらへ。こじんまりとしたラーメンストリートのようになっている。
4B2BD688-14F1-44B5-89C9-4ACDC4E053CC

食べたのは、ラーメン ハリガネ 780円。
P1080445

麺は、ストレートの細麺。ハリガネで頼んだのだが、コシのある麺が出てくる。小麦の香りは、そこそこ。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。屋台系の昔味を標榜し、ミドルボディのスープで、まろやかだがパンチに欠ける。しかし、卓上にある唐辛子を入れるとグッと色合いが変わり、美味しいスープになる。メニューには辛味もあるが、卓上の唐辛子を入れれば十分だろう。

チャーシューは、ばら肉スライスが3枚。意外に多い。柔らかいが、肉の旨味はそれほど感じない。

その他、海苔、ネギ、メンマが入る。

店内はテーブル席のみ。相席が前提となった作りになっている。インバウンドが多く、バイトのスタッフが処理していた。


東京藝術大学での会合後、町屋へ。新店の登場。何度も訪問している、目黒の「黒」出身。ランチタイムは行列ができており、接続。ほどなく入店した。
P1080459

食べたのは、ラーメン 並 麺硬め+味濃いめ+脂多め+ライス 650円。
P1080457

麺は、ストレートの中太麺。麺硬めで頼んだのだが、出身の「黒」同様、小麦の香りも豊潤な美味しい麺が出てくる。酒井製麺の短めの麺で食べやすい。
P1080458

スープは、大量の豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。化学調味料不使用なので、骨太の出汁になるのかと考えたが、しっかりフルボディ。これは美味しい。後味すっきりなのだが、しっかりしたスープ。今後、人気店になるだろう。

チャーシューは、ロースのスライス。こちらも本家同様、大振りのもので美味しい。

その他、海苔、ほうれん草、ネギが入る。

ライスは、卓上の胡麻、Qちゃんをトッピング。スープとの相性も抜群。
P1080456

店内は、カウンターのみ。「三田二郎」のような変形三角形のような形。サービスも上々。有力な新店が登場した。


三菱商事での会合後、隣の丸ビル経由で新丸ビルへ。6階にある、こちらへ。
0DC1AA7F-6EDB-4C87-AD84-043FF99A42BB

食べたのは、山椒ととうがらしの激辛タンタン麺 1512円+八宝茶 オートチャージ=2000円弱。
P1080426

麺は、ほぼストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのあるモチモチした食感の麺が出てくる。中華メインの店だが、意外に美味しい麺で、スープとの絡みも良い。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。醤油ベースの担々麺で、麻辣の麻が強い。表面は唐辛子で覆われているが、かなり山椒も使われているようで、痺れが結構くる。その結果、スープに酸味を感じ、個人的にはそこが少しきつかった。

チャーシューは、存在しない。

その他、ひき肉、ニラ、タケノコ、青菜が入る。タケノコはシャクシャクした食感で美味しい。

八宝茶が、甘くて美味しかった。
P1080425

店内は、テーブル席のみ。さすが高級店で、サービスは良質なものだった。


東京藝術大学での会合後、北千住から町屋へ。町屋駅から見たら、かなり奥に位置する、こちらへ。
P1080381

食べたのは、支那そば 750円。
P1080378

麺は、捻りの入った中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのある伸びやかな弾力のある美味しい麺が出てくる。小麦の香りも、豊潤。三河屋製麺。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節などから魚介系の出汁を採る。あっさりとした清湯スープなのだが、重層的な出汁の味わいを感じるよくできているスープ。旨味の厚さはしっかりしている。返しは白醤油で、すっきりした見た目と味わい。

チャーシューは、ロースのスライス。肉の旨味が感じられる美味しいもの。

その他、メンマ、ネギ、海苔が入る。卓上の揚げネギをトッピングしたが、スープだけでもグイグイいける。
P1080380

店内は、カウンターのみ。居抜きで使っており、奥の部分しか使用していない。穏やかな空気が流れ、リラックスできる。


汐留の大手広告代理店での会合後、日光街道を北上し、こちらへ。店外の券売機で、チケットを入手。
A1C8568B-A3BA-4016-8269-D4A5403B0291

食べたのは、ラーメン 並 麺30秒硬め+背脂多め+ライス普通 810円。
P1080376

麺は、ほぼストレートの中細麺。30秒硬めでオーダーしたが、ベストコンディションだ。小麦の香りも、なかなか。スープとの絡みも良く、どんぶりの中での一体感を感じる。
P1080377

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布などから魚介系の出汁を採る。最近弱めのスープに感じることが多かったが、卓上の返しを少し加えたところ、スープの輪郭がはっきりし、美味しいスープになった。表面は背脂で覆われる。

チャーシューは、ロースのスライス。以前よりスープの吸いは悪いが、単体では美味しくなってきている。

その他、メンマ、ネギが入る。

ライスとスープの相性も、相変わらず良い。しっかり一杯頂いた。
P1080375

店内は、カウンターのみ。中華系サービスが主流になっているが、しっかりしたサービスだ。


明治大学での会合後、お茶の水から亀戸へ。亀戸駅から若干北上したところにある、こちらへ。
P1080356

食べたのは、中華ソバ 麺硬め 600円。
P1080354

麺は、若干捻りの入った中太麺。麺硬めで頼んだのだが、かなり硬めの仕上がりで、半生という感じ。デフォルトで240gという二郎並みに多い麺量のため硬めでオーダーしたが、基本の茹で方でも良かったかもしれない。山田製麺。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、煮干し、鰹節から魚介系の出汁を採る。返しは控えめで、マイルドなスープ。麺量が多いので、もう少しインパクトのあるスープが欲しい。

チャーシューは、ロースのスライス。3枚入り、塩ダレがしっかり効いていて、懐かしい美味しい味だ。硬めの仕上がりだが、噛みしめると肉汁が味わい深い。

その他、ナルト、メンマ、ネギが入る。

店内は、テーブル席のみ。昔ながらの雰囲気で、昭和の香りが色濃く残るノスタルジックな店だった。


早稲田大学での会合後、今年OPENしたこちらへ。
P1080353

食べたのは、濃厚味噌タンメン 大 250g 揚げチャー+モヤシ多め 790円。
P1080347

麺は、ストレートの中太麺。「二郎系」としては、とても細い麺で、太麺と書くことが憚られる感じ。中太麺で良いだろう。コリコリした食感で、硬めの仕上がり。小麦の香りはイマイチ。スープを弾く感じの麺で、スープの旨味を拾い上げない。茹で前250gのようで、結構ボリュームがあった。なんとか完食。カネジン食品。
P1080352

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。出汁が弱く、返しの味噌も白ベースで、たっぷり入る背脂に完全に負けている。なので、味わいとしては、脂スープを飲んでいるような感じだ。ワイルドにスープが入れられ、どんぶりからこぼれていた。
P1080350

豚は、揚げトントロ。かなり脂っこく、これはインパクトがある。大振りにカットされたトントロが4枚。かなりお腹一杯になった。
P1080351

その他、モヤシが入る。モヤシは素揚げされたような感じで、それだけ食べても美味しい。

店内は、カウンターとテーブル席。テーブル席といっても、通路に簡易的に作られたテーブル席。とても狭い。元気な接客で好印象だった。


東京大学での会合後、散歩がてら茗荷谷経由で護国寺へ。夜の護国寺は人通りもそれほどなく静かな雰囲気だ。そんな中、高級ラーメンを出してくれる、こちらへ。
P1080344

食べたのは、和牛担々麺 1400円。
P1080341

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのあるモチモチとした麺が出てくる。小麦の香りも豊潤。素材が良いこともあり、とても美味しい麺だ。
P1080342

スープは、鹿児島産A5黒毛和牛から動物系の出汁を採り、芝麻醤で担々スープを構成する。奥行きのある味わいで、表面にはぶどう山椒と抹茶の緑色のオイルが。これが良い痺れを醸し出す。スープの味わいとのバランスが良い。

チャーシューは、黒毛和牛のレアタルタル。細かくカットされ、とても甘みがある。これは美味しいチャーシューだ。

その他、菜の花、玉ねぎ、ネギなど、様々なトッピングが入る。

追い飯は、最後にスープにイン。風味の良いスープを最後まで堪能できた。
P1080343

店内は、カウンターのみ。暗めの照明で雰囲気が良く、接客も洗練されたものだった。


東京藝術大学での会合後、久しぶりに東口へ。そして、駅前の商店街を奥に進み、こちらへ。
P1080334

食べたのは、らーめん 麺硬め+サービスライス+茹で玉子1個 500円。
P1080332

麺は、捻りの入った中太麺。麺硬めで頼んだのだが、丁度良い仕上がり。大きなどんぶりだが、それほど量は多くない。
P1080331

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節、昆布などから魚介系の出汁を採る。今日のスープは、かなり温い。この時点でイマイチ。作り手により、品質にばらつきがあり、それはそれで面白いのだが、あまりに温い。

チャーシューは、ロースのスライス。肉の旨味は抜けている。

その他、ネギ、ワカメ、メンマが入る。今日は、茹で玉子1個頂いた。

ライスもサービスで、小ライスのオーダーだったが、結構しっかりした量を頂いた。
P1080333

店内は、カウンターとテーブル席。場末の良い雰囲気なのだが、今日はスタッフがイマイチの組み合わせだった。


東京藝術大学での会合後、北千住から町屋へ。しばらく休業していたようだが、見事に復活。相変わらずの人気で、店内は混みあっている。
P1080330

食べたのは、激辛とりまみれ 950円。
P1080328

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりとコシのある、モチモチの麺が出てくる。スープとの絡みも良好。毎回思うが、本当に美味しい麺だ。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、肉をハンドミキサーで攪拌している。ただ、今回はこれまでと比べると、固形感が少なく、若干物足りなさを感じた。

チャーシューは、鶏もも肉スライス。ジューシーで相変わらず美味しい。

その他、刻みメンマ、海苔、ネギ、刻み玉ねぎ、唐辛子の輪切りが入る。メンマは、以前は材木メンマ中心だったが、今回は刻みメンマ中心。

店内は、カウンターとテーブル席。オペレーションが異常に遅いが、この店では気にならない。南国のリゾートでのんびりしているような雰囲気で、時間の流れが日本とは明らかに違う。


東京藝術大学での会合後、北千住から三ノ輪まで散歩。「トイ・ボックス」と同じ日光街道沿いにある、こちらへ。以前は、居酒屋だったところを居抜きで使っているようだ。
P1080325

食べたのは、玄麺 780円。
P1080323

麺は、捻りの入った中太平麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりとコシのある、噛み切ると口の中で踊る素晴らしい弾力の麺が出てくる。小麦の香りも、それなり。醤油ラーメンなので、中細麺かと思ったが、スープもしっかりしているので、よいバランスの麺だった。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、湯浅商店の鰹節、昆布などから魚介系の出汁を採る。返しは下総醤油。表面は、ネギ油で覆われる。非常にまろやかなスープで、スープとして一体感がある。

チャーシューは、ロースのスライス。結構厚めのものが2枚。炙ってあり、旨味が活性化している。

その他、メンマ、青菜、白髪ねぎ、揚げネギ、糸唐辛子、味玉と、なかなかのラインナップ。揚げネギは甘みがあり、このスープによく合っている。


店内は、カウンターとテーブル席。更に、小上がり。居酒屋仕様だ。玄さんの姿を厨房内で見ることはできたが、料理をしているのはスタッフだった。


汐留の大手広告代理店での会合後、日光街道を北上し、こちらへ。ちょっと久しぶりの訪問。そしたら、店外に券売機ができていた。
561826C4-17F1-4B7A-8A7F-48939754BA7A

食べたのは、ラーメン 並 麺30秒硬め+背脂多め+セルフ唐辛子+ライス普通 810円。
P1080304

麺は、若干捻りの入った中細麺。30秒硬めで頼んだのだが、今日は普段より硬めの仕上がり。その分、ゴワゴワ感があり、伸びやかさが欠けている。しかし、この麺のポテンシャルが30秒で最大化されることには違いはなく、なかなかの仕上がり。
P1080305

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布などから魚介系の出汁を採る。ここ2回ほど、鶏がらの出汁の弱さを感じる。ベースのスープが弱いので、背脂を増すと、そのインパクトにスープがやられてしまう。

チャーシューは、ロースのスライス。以前より、若干厚みのある切り方か、存在感が増しているように感じた。肉の旨味は抜けている。

その他、ネギ、メンマが入る。

ライスは、普通で。相変わらずスープとの相性がよく、美味しく頂いた。
P1080306

店内は、カウンターのみ。中華系スタッフが増え、インバウンド需要も旺盛に取り込んでいるようだ。




東京藝術大学での会合後、北千住から町屋へ。最近、町屋も美味しいラーメン店が増えてきているが、今日はこちらへ。
P1080281

食べたのは、汁なし担々麺 820円。
P1080279

麺は、ストレートの太平麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチでベストの茹で上がり。小麦の香りも豊潤。本当にレベルの高い麺だ。タレとの絡みが素晴らしく、持ち上げるのも苦労する絡み具合。かなり重量級の麺だ。
P1080278

タレは、ベースは胡麻ペースト。ここに少しだけ白のスープを加え伸ばしているようだ。盛り付け後には、辣油を垂らしている。しかし、ベースの味付けはそれほど辛くないので、卓上の痺れ辣油で調節。美味しく仕上がった。

チャーシューは、存在しない。しかし、餡の粗挽きひき肉が存在感を発揮する。


その他、青ネギ、白髪ねぎ、ひき肉餡、味玉が入る。ひき肉餡は胡麻ベース。かなりボリュームがあり、麺にたっぷりかけて食べても足りなくなることはない。

そして、白スープ。貝出汁をしっかり感じられる美味しいスープ。担々風味との相性も良い。
P1080280

店内は、カウンターとテーブル席。今回は夕方の訪問。ワンオペだったが、円滑なオペレーションだった。


金龍山浅草寺での会合後、稲荷町へ。久しぶりに、こちらへ。
P1080277

食べたのは、醤油背脂ラーメン 太麺 750円。
P1080276

麺は、ほぼストレートの中太麺。硬めの仕上がりで、グイっと噛み切るような食感の麺。麺量は、それほど多くない。小麦の香りも豊潤で、美味しい麺。山田食品。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布、鰹節などから魚介系の出汁を採る。非常にまとまりのあるスープで、背脂も上質なので臭みなどはなく、良質の甘みを感じる。刻みニンニクがコクを出し、その風味がとても良い。

チャーシューは、レアロース。結構厚切りで、食べ応えがある。肉の旨味も保持されていて、とても美味しいチャーシュー。

その他、海苔、モヤシ、ネギ、メンマ、味玉が入る。味玉は半分だが、この価格で味玉が入るのは素晴らしい。

店内は、カウンターとテーブル席。地元密着型で、常にお客が入っている人気店だった。


東洋大学での会合後、白山から千石へ。千石にも「二郎系」ができたということで、こちらへ。
P1080237

食べたのは、らーめん 太麺 油+玉ねぎ 730円。
P1080234

麺は、捻りの入った太麺。太麺と言えば太麺だが、「二郎直系」標準で言うと、かなり細麺。これが太麺選択なら、細麺はそれだけ細いんだ?という感じだ。まあ普通の感覚で言えば、太麺なのでおかしくはないのだが。浅草開花楼の太麺で、ゴワゴワした食感は素晴らしい。小麦の香りも、良好。
P1080236

スープは、豚骨、腕肉から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。かなりライトボディで、麺やヤサイが入ると、薄味のスープになる。卓上の唐辛子や返しで調整したが、不十分。豚の出汁が足りないのだろう。

豚は、ばら肉スライス。豚と呼べるレベルではなく、薄いチャーシュー。肉の旨味も抜けており、イマイチ。

その他、ヤサイ、刻み玉ねぎが入る。ヤサイは卓上のバターオイルをかけると、洋風に変わり、なかなか美味しい。

店内は、カウンターのみ。白を基調としたカフェっぽい店内で、良い雰囲気の「インスパイア系」だった。


専修大学での会合後、水道橋へ。久しぶりに、こちらへ。
P1080233

食べたのは、らーめん ハリガネ+ライス+替え玉 ハリガネ 650円。
P1080230

麺は、ストレートの細麺。ハリガネで頼んだのだが、コシのある麺が出てくる。田中製麺。今日のコンディションは、小麦の香りがやや弱い。量は少なめなので、替え玉は必須だろう。
P1080229

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。この価格帯でありながら、髄を感じさせる意外にしっかりしたスープ。卓上の胡麻、辛子高菜を加え、スープを完成させた。

チャーシューは、ばら肉スライス。肉の旨味は、抜け気味。

その他、ネギ、キクラゲ、海苔が入る。更に、卓上の胡麻と辛子高菜をトッピング。夕方に訪問したのだが、胡麻も高菜も少な目で、そこはイマイチだった。

ライスもサービス。高菜、胡麻、スープを吸わせた海苔で頂いた。
P1080231

替え玉も、ハリガネで。もう少し、小麦感が欲しいところだ。
P1080232

店内は、カウンターのみ。夕方の時間はワンオペ。それでも、次から次へと顧客が入り、盛況だった。


明治大学での会合後、お茶の水から秋葉原へ。駅から高架下を入ったところにある、こちらへ。
P1080081

食べたのは、鍋パ郎 3倍 2300円。
P1080088

麺は、捻りの入った極太麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのある小麦がギュッと詰まった感じの麺が出てくる。菅野製麺、切刃9番。
P1080087

スープは、豚骨、腕肉から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。パンチのある動物系の出汁ではなく、穏やかだが初心者でもチャレンジできる雰囲気のスープだ。

豚は、ばら肉の塊。ちょっと硬めの仕上がりだ。肉の旨味は、それなり。

その他、ヤサイが入る。キャベツ比率多めの感じ。一杯頼んだ時よりも、ヤサイ比率は少ない。

店内は、カラオケ席。鍋パ郎は、カラオケ席でオーダーすることを求められる。


開成学園での会合後、駅前にあるこちらへ。先日、お店の前のPOPを見て気になっていた、こちらへ。
P1080058

食べたのは、家系二郎 並 麺硬め+味濃いめ+油多め+小ライス 850円。
P1080055

麺は、ストレートの太平麺。麺硬めで頼んだのだが、結構ずっしりした感じの重量感のある麺が出てくる。「二郎」として考えると細めの麺だが、麺自体は美味しい麺だ。小麦の香りも、なかなか。
P1080057

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。味濃いめにしたが、「二郎」として考えると、まだまだおとなしい。デフォルトで背脂がトッピングされるが、それ自体には味がなく、濃い目に作用していない。まあ「家系」二郎なので、家系の方向性をベースとした考え方なのだろう。
P1080053

チャーシューは、ばら肉の厚切り。普段のチャーシューを厚切りにした感じ。

その他、ヤサイ、刻み玉ねぎ、背脂が入る。刻み玉ねぎは卓上にもあるので、追加でトッピング。更に、胡麻もトッピングした。

小ライスには、Qちゃんと胡麻をトッピング。さすがに小ライスを食べると、かなりお腹一杯になる。
P1080056

店内は、カウンターのみ。昼時だったこともあり、たまに行列ができる人気ぶりだった。


東京藝術大学での会合後、北千住から町屋へ。久しぶりに、こちらへ。夜の訪問は、おそらく初めて。
P1080047

食べたのは、醤油ラーメン+サービス餃子+ビール 1250円。
P1080046

先にサービス餃子を出してもらい、ビールのおつまみに。プリプリの餃子で、サービスとは思えないレベル。とても美味しい。そして、ラーメンへ。
P1080045

麺は、捻りの入った中細麺。デフォルトで頼んだのだが、今日はかなりコシのある設定。往年の「がんこ」を彷彿とさせる、素晴らしい出来。コリコリした食感で、小麦の香りも豊潤。美味しい麺だ。

スープは、牛骨、鶏がら、豚骨から動物系の出汁を採り、スルメなどから魚介系の出汁を採る。ビールを飲んだ後のスープとしては最適なしょっぱさで、表面は背脂に由来する油でこってりしている。

チャーシューは、ばら肉スライス。今日は少しだけ厚めの仕上がりで、スープで溶けてなくなることはなかった。本当に柔らかく、美味しいチャーシュー。

その他、海苔、ネギ、メンマが入る。

店内は、カウンターのみ。穏やかなくつろげる空気が流れる名店だ。


東京大学での会合後、上野桜木から鶯谷へ。先日訪問し、好印象だったこちらへ。
P1080034

食べたのは、博多ラーメン ハリガネ+チャーハンセット 750円。
P1080031

麺は、ストレートの細麺。ハリガネで頼んだのだが、先日のような潅水臭さもなく、食べられる麺が出てくる。コリコリとした食感で、小麦の香りはそれほどでもないが、価格を考えると満足できる麺だ。
P1080033

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。この価格帯にありがちなミルキーなスープではなく、ちゃんと豚骨出汁を感じられる。表面はラードで覆われ、胡麻も散らされている。デフォルトでは弱いが、卓上の胡麻を加え、辛子高菜をトッピングすると、かなり良い感じに仕上がる。

チャーシューは、ロースのスライス。肉の旨味は抜けているが、出し殻ではなく、この価格では十分。

その他、海苔、ネギが入る。出色は、卓上の辛子高菜。かなり辛い。でも美味しく、結構な量を入れ、楽しんだ。
P1080030

そして、炒飯。フルサイズの炒飯で、これは素晴らしい。こちらのチャーシューは、タレも染み美味しい。
P1080032

店内は、カウンターとテーブル席。ワンオペだが、客の入りがこの時間帯は少ないので、全く問題なかった。


東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅方面へ。定番のこちらへ。店内待ちが発生していたが、食券を買っている間に行列も解消。丁度良いタイミングだった。
P1080029

食べたのは、醤油らぁ麺 麺硬め 790円。
P1080028

麺は、捻りの入った中細平麺。麺硬めで頼んだのだが、コシのある、通常はコシと滑らかさを両立するのだが、今回はややコシを優先した食感。小麦の香りは相変わらず豊潤で、都内でも最もレベルが高い麺の一つだ。

スープは、比内地鶏、名古屋コーチンから動物系の出汁を採り、醤油ダレで返す。非常にすっきりした味わいで、表面の鶏油がまろやかさを出している。甘みを感じる美味しいスープだ。

チャーシューは、レアロースと鶏むね肉。レアロースだが、最近は結構ウェルダンで、普通のロースとそれほど変わらない。鶏むね肉も、美味しいが、最近よく見るので驚きはない。

その他、メンマ、ネギが入る。メンマは材木メンマで、ザクザクした食感。

店内は、カウンターのみ。相変わらず、安定したオペレーションだ。


立教大学での会合後、池袋を越えて東口方面へ。最初は「二郎 池袋東口店」を目指したのだが、お休み。ということで、急遽すぐ隣の、こちらへ。
P1080026

食べたのは、ラーメン 麺硬め 800円。
P1080024

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、しっかりとコシのある麺が出てくる。しかし、「大勝軒」は中太麺という印象があったのだが、その印象からすると細めの麺が出てきた。小麦の香りは、良好。具材が少ないので、どうしても麺だけで食べる時間帯が多いが、麺だけでも十分に満足できる。以前は中盛も無料だったようだが、現在は100円増し。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布、鰹節、煮干しから魚介系の出汁を採る。油分の少ない、あっさりしたスープ。昔ながらのオールドファッションなテイストだ。丁寧に作られているが、インパクトは薄い。

チャーシューは、ロースのスライス。若干、筋が残るが、良い茹で加減だ。

その他、ネギ、メンマ、海苔、ナルトが入る。海苔はとても小さなもの。メンマは味付けが濃く、具材が少ないので助かる美味しさ。

店内は、カウンターのみ。奥に長い大箱。スタッフはバイト感覚で、まあ多店舗展開をするとこんな感じになるだろうといった風情だ。


東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅を越え、権之助坂へ。以前から気になっていた、こちらへ。
P1080009

食べたのは、辛麺 辛さ5倍 中華麺+ハイボール=ハイカラ 1000円。
P1080006

麺は、捻りの入った中細麺。デフォルトで頼んだのだが、硬めの仕上がり。一般的な中華麺という感じで、あまり特徴がない。
P1080008

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。そこに韓国産のカプサイシンソースが入り、更に唐辛子もふんだんに入れられる。今回は5倍のオーダーだったが、丁度良い辛さ。ニンニクもしっかり入るので、なかなか個性のあるスープだ。

チャーシューは、存在しない。

その他、溶き卵、ニラ、ニンニクが入る。ニンニクは5粒ほど入り、ホクホク。甘みも感じるニンニクだ。

ハイボールは、小さめのグラス。まあ、軽くのどを潤す感じだ。
P1080007

店内は、カウンターのみ。おしゃれなカフェ風の店内。食べ終わると、汗をかいていた。


東京藝術大学での会合後、北千住から町屋へ。久しぶりにこちらに伺ったのだが、夜の訪問は初めてだろう。
P1080005

食べたのは、汁なし担々麺 820円。
P1080002

麺は、ほぼストレートの太平麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感のとても美味しい麺が出てくる。しっかりとスープに絡め食べるのだが、非常に絡みが良いので、タレから麺を引き出すだけでも一苦労だ。どっしり重量感を感じる麺。
P1080003

タレは、芝麻醤をベースに、ひき肉、刻みメンマなどが入る。以前と比較すると大分マイルドになり、卓上の痺れ辣油で調整。結構痺れが本格的で、少し入れるだけで十分に表情が変わった。

チャーシューは、今回は見当たらなかったような気がする。

その他、ネギ、白髪ねぎ、味玉が入る。この一杯だけでしっかりと完成形だ。

そして、白スープ。貝出汁が豊潤で、担々麺にしっかりと合う。このマリアージュも素晴らしい。
P1080004

店内は、カウンターとテーブル席。夜の席は、ビールを楽しんだり各自時間を悠々と過ごしているようで、この雰囲気もなかなか良かった。


東京大学での会合後、上野桜木から鶯谷へ。この辺りの風情ある雰囲気は、東京の古き良き時代の名残であり、暖かくなってくると散歩に最高のルートになる。そして、鶯谷の「谷」の麓にある、こちらへ。
P1080001

食べたのは、ラーメン 太麺 大盛 700円。
P1070999

麺は、若干捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感の弾力があり、噛みしめると口の中で踊る麺が出てくる。小麦の香りも、良好。三河屋製麺の真骨頂。ただ、量は大盛にしてもそれほど多くなく、体感200gあるかどうか。

スープは、鶏がら、豚骨、モミジなどから動物系の出汁を採り、鰹節などから魚介系の出汁を採る。今日は時間帯が夕方で、かなり若いスープ。夜遅くに訪問するとドロドロの超フルボディスープだが、今日はミドルボディ。サラッとしたスープだ。

チャーシューは、ばら肉スライス。以前より、少しだけ厚くなった印象。そのため、崩れにくくなった。

その他、海苔、ネギ、メンマが入る。卓上のヤンニンジャンがとても美味しく、麺と絡めて頂いた。

店内は、カウンターのみ。相変わらず穏やかな空気が流れ、良い雰囲気だった。


東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅を越えて、権之助坂へ。ちょっと久しぶりに、こちらへ。
P1070997

食べたのは、ラーメン 麺硬め+味濃いめ+ライス 650円。
P1070995

麺は、ストレートの中太麺。麺硬めで頼んだのだが、丁度良い塩梅。モチモチした食感で、小麦の香りも良好。短めの麺なので啜りやすい。酒井製麺。
P1070996

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。返しの醤油がしっかりしており、表面は鶏油で覆われる。フルボディのしっかりしたスープで、相変わらず美味しい。

チャーシューは、ロースのスライス。肉の旨味もちゃんとしていて、柔らかく美味しいチャーシューだ。

その他、ネギ、ほうれん草、海苔が入る。デフォルトで海苔が入るのは嬉しい。

そして、ライス。卓上のQちゃん、胡麻をトッピングし、更にスープを吸わせた海苔でご飯を巻いて頂く。素晴らしく美味しい。

店内は、カウンターとテーブル席。良い回転で、スムーズなオペレーションだった。


東京大学での会合後、入谷へ。夜に訪問することは珍しいが、こちらへ。
P1070994

食べたのは、濃厚そば 850円+和え玉 醤油 200円。
P1070991

麺は、ストレートの中太麺。なんか太くなったか?デフォルトで頼んだのだが、コシのある、美味しい麺が出てくる。小麦の香りも豊潤。濃厚そばはスープの絡みも良いので、中太麺でもバランスは悪くない。村上朝日製麺。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、今日は背黒、平子から魚介系の出汁を採っていた。「いずる」のほぼゲル状の濃密なスープと比較すると、マイルドでまだスープという感じだ。でも、このくらいのバランスが丁度良いと思う。

チャーシューは、豚と鶏。豚はレアロース。鶏は胸肉。レアロース、むね肉ともにしっとりした仕上がりで、美味しい。

その他、岩海苔、ネギ、刻み玉ねぎが入る。岩海苔は風味が良い。

そして、和え玉、醤油で。煮干しオイルを混ぜると、最高に美味しい。こちらは従来通りの中細麺。刻み玉ねぎ、ネギ、刻みチャーシューが入る。
P1070992

店内は、カウンターのみ。相変わらず、進みの良いオペレーションだった。


三菱商事での会合後、東京駅へ。新しくOPENしたこちらへ。
P1070977

食べたのは、鶏白湯ラーメン 860円。
P1070976

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、茹での足りない硬さを感じる。小麦の香りはそれなりだが、あまり美味しさを感じない。麺量も、それほど多くない。コナノチカラ製麺。

スープは、信玄鶏の鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。表面はふんだんに鶏油を使用し、ほぼ油スープ。この辺りも、油でコクを出せばよいだろうという安直さが透けて見え、あまり評価できない。

チャーシューは、鶏もも肉スライス。柔らかい。

その他、ネギ、メンマが入る。

店内はテーブル席に目隠しをしたカウンター風。ベルコンベアー処理的な接客。あまり評価できない。


金龍山浅草寺での会合後、すぐそばにある、こちらへ。
P1070958

食べたのは、和風醤油らーめん 麺硬め 750円。
P1070957

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、最初はコシを感じるものの、次第にダレてくる。かつてのラーメンというのはこんな感じで、すぐにダレる麺だった。自家製麺。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、煮干し、鰹節、昆布などから魚介系の出汁を採る。正に王道の和風醤油スープ。すっきりしたスープで、麺が穏やかである分、スープも穏やかでバランスをとっている。

チャーシューは、ロースのスライス。意外に厚めの存在感のあるもの。肉の旨味は、なんとか感じることができる。

その他、ネギ、メンマ、海苔、三つ葉、柚子皮が入る。柚子皮はかなり大きめで、ちょっと存在感が強すぎか。

店内は、1階はカウンターのみ。場所柄インバウンド比率が高く、観光地仕様の日本を魅せるラーメンだといえる。


東京藝術大学での会合後、宿場通りを北上。久しぶりに、こちらへ。人気店のようで、開店前に行列。
P1070955

食べたのは、濃厚背脂味噌+サービス味玉 850円。
P1070951

麺は、捻りの入った太平麺。デフォルトで頼んだのだが、食べ応えのある、きしめんを重量感のある麺にした感じ。小麦の香りも、なかなか。麺のコシもしっかりしており、美味しい麺だ。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、根菜を煮詰めることで野菜からも出汁を採る。濃厚でベジポタな感じ。返しは、越後味噌と京赤味噌。結構はっきりした味わいで、複雑さは感じない。表面は、背脂で覆われる。

チャーシューは、ばら肉を刻んだもの。食べやすいし、麺やスープとも絡みやすくなるが、それほど肉の旨味は感じない。

その他、ネギ、刻み玉ねぎ、ニラ、コーン、味玉が入る。最初、コーンの量が少ないと感じたが、どんぶりの底に沈んでいた。味玉は、半熟で黄身に出汁が染みたもの。

店内は、カウンターのみ。女性らしい和の雰囲気を出しているが、調理担当はごつい親父で、なかなかアンバランスだ。


立教大学での会合後、池袋駅北口へ。池袋周辺は、どこも猥雑な雰囲気だが、この辺りもかなり猥雑。でも、人間の生きざまを見るようで、決して悪くはない。そのど真ん中にある、こちらへ。
P1070950

食べたのは、Aセット 麺硬め 750円。土佐っ子ラーメンでも750円なのだが、ランチタイムは半チャーハンがついて同額。誰もがセットを頼むはずだ。
P1070947

麺は、ストレートの中細麺。意外にも細い。このような背脂チャッチャ系では、中太麺が主流だと思うが、昭和時代は、こういう細麺だったのだろうか。麺硬めで頼んだのだが、次第にダレる。この辺りも昭和の雰囲気を踏襲しているのかもしれない。
P1070948

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。豚骨のガラの量が少ないと思われ、ライトボディ。表面は背脂で覆われ、その甘さが引き立つ。スープが弱く、背脂とのバランスが悪いので、返しを強くするなり、なんらかの工夫がほしい。

チャーシューは、ばら肉ロール。柔らかいが、肉の旨味は抜け気味。

その他、ネギ、メンマ、茹で玉子が入る。

半チャーハンは、かなりボリュームが少ない。薄めの味付けだが、チャーシューがとても美味しい。ラーメンのチャーシューはそこそこなのに、なぜチャーハンのチャーシューは、こんなに美味しいのか!
P1070949

店内は、カウンターとテーブル席。牧歌的な雰囲気で、街中華という感じ。と思ったら、本当に街中華で、ラーメンよりも中華メニューが多い。


立教大学での会合後、池袋駅へ向かう途中で、こちらへ。
P1070946

食べたのは、天空 930円。
P1070944

麺は、ほぼストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、ボソッとした食感の麺が出てくる。スープが熱いこと、細麺であることから後半ダレるかと思ったが、全くダレない。非常に不思議だが、最後までしっかりした麺で、スープを持ち上げていた。デフォルトで、麺量は結構多い。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、グンドゥウチリ、カシミリチリ、ガーリック、マスタードシードなど15種類のスパイスを使用し、スープを構成する。本格的なカレースープで、スパイスが表面に浮かんでいる。辛さも本格的。食べ進めるにしたがって、頭頂から、汗がしたたり落ちる。

チャーシューは、ばら肉。厚めのスライスで、食べ応え十分。炙ってあるので、旨味が活性化している。

その他、モヤシ、メンマ、ネギ、パクチーが入る。パクチーの風味が、良い隠し味になっている。もやしはクミンバター風味で、焦げ目がつくまで炒められ、ビターな仕上がり。

店内は、カウンターのみ。結構大箱で、奥まで十分に席数がある。サービスは、上々。


明治大学での会合後、お茶の水から靖国通り方面へ坂を下る。更に、小川町に入り、神田方面へ。小さな路地にある、こちらへ。
P1070925

食べたのは、こく煮干し 850円。
P1070924

麺は、ストレートの中太麺。丸い断面で、潅水を使用しないので、独特の食感。ちょっとうどんっぽい感じもする。量はそれほど多くはない。後述するスープとの絡みもよく、美味しい麺だ。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、煮干しから魚介系の出汁を採る。鶏白湯ではあるが、清湯とのブレンドっぽい感じで、見た目ほど鶏白湯ではない。その分、煮干しのビターな感じがしっかり出ていて、フルボディの煮干しスープ。煮干しは、白口、ウルメ、ヒラゴを使用する。

チャーシューは、ロースとばら肉の2枚構成。ばら肉はしっかりとタレが染みていたが、ロースは素材の味を活かす方向性だった。

その他、ネギ、メンマが入る。

店内は、カウンターとテーブル席。非常に良いサービスで、目配り気配りが素晴らしかった。


日本橋コレドで会合後、裏手にあるこちらへ。久しぶりの訪問だ。原材料価格高騰のため、値上げしていた。デフォルトで800円を超えると、日本では高く感じる。海外の価格からすれば、半額以下だが。
5B9AAB11-3A23-47B8-9B75-9CB12E7E903B

食べたのは、ラーメン 並 麺30秒硬め+背脂多め+ライス普通 810円。
20FFB060-9105-4B52-8B9B-B813686B1CA3

麺は、若干捻りの入った中細麺。麺30秒硬めで頼んだのだが、相変わらずベストの仕上がり。素晴らしい。個人的には、この麺のポテンシャルを発揮するのは、麺30秒だと思う。小麦の香りも、なかなか。
6B0118E2-8217-43D1-AEFE-9AAB5D51F8F7

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布などから魚介系の出汁を採る。低層に唐辛子、中層にスープ、上層には背脂。背脂の甘みも上々。ただ、今日は鶏がらのスープのボディが弱く、その結果、背脂や唐辛子に左右されやすいスープだった。

チャーシューは、ロースのスライス。スープに馴染ませると、良いチャーシューに変身する。

その他、ネギ、メンマが入る。

一方、ライスとスープの相性は相変わらず良く、ご飯がどんどん進んだ。
3F4EAE66-2D46-4625-99E5-B11D37AF3492

店内は、カウンターのみ。オペレーションも安定しており、今日も美味しく頂いた。


東京藝術大学での会合後、北千住から町屋へ。すっかり町屋で一番有名店になった、こちらへ。今日も取材が入っていたようだ。
P1070912

食べたのは、背脂ジョニー+小ライス 800円。
P1070909

麺は、若干捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、最高の茹で加減。モチモチした麺で、スープとの絡みもよく、非常にレベルの高い麺だ。小麦の香りも、豊潤。三河屋製麺。
P1070910

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、伊吹産イリコ、宗田節などから魚介系の出汁を採る。開店当初は、出汁と返しのバランスがバラバラだったが、最近は非常に良い塩梅。とても美味しいスープだ。麺とももちろん良いのだが、ライスとの相性がとても良い。表面の背脂は、もう少し欲しいところだ。

チャーシューは、ばら肉スライス。柔らかく、タレの染みも上々。

その他、海苔、ネギ、刻み玉ねぎ、メンマが入る。海苔は、やはりオンザライスだ。

小ライスは、丁度良いボリューム。スープとの相性が良いので、ご飯が進んだ。
P1070911

店内は、カウンターのみ。とにかく極限まで狭い店内なのだが、効率的なオペレーションで、今日も美味しく頂いた。


三菱商事での会合後、隣の丸ビルへ。久しぶりに、こちらへ。
DBAD24DF-6983-420F-A95B-7F3B2BE291A5

食べたのは、博多らぁめん 粉落とし 750円。
4B7E1CF9-A35D-4112-93BE-D8751C43CDAF

麺は、ストレートの細平麺。粉落としで頼んだのだが、粉っぽさが残るネチョネチョ歯に絡む麺が出てくる。硬さではなく、粉っぽさが先に来るので、オーダーするなら、ハリガネ、カタメでいくのが良いだろう。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。今日はデフォルトのスープで。デフォルトでも、それなりに脂が入るが、まろやかながらマイルド。パンチが欲しければ、やはり、脂多めが良いだろう。

チャーシューは、ロースのスライス。肉の旨味はそれなりだが、博多系でこのレベルのチャーシューであれば、十分に満足だ。

その他、ネギ、メンマが入る。博多系でメンマが入るのは、珍しい。

店内は、カウンターとテーブル席。安定して美味しいラーメンを頂けるので、時間のないときなどとても便利だ。


東京藝術大学での会合後、散歩がてら日光街道を南下し、こちらへ。夕方の訪問だったが、定刻になっても開かない。近くの「玄」に行こうと思ったが、やはりこちらで。時間にルーズな店は良い印象がない。
P1070890

食べたのは、味噌ラーメン 800円。
P1070887

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのあるしなやかで伸びやかな麺が出てくる。毎回、茹ですぎギリギリのところを狙ってきて、美味しい麺を出してくれるのだが、今回は茹ですぎ。美味しいことに変わりはないが、コシの弱さを感じる。

スープは、名古屋コーチン、川俣シャモなどの鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採る。これに会津味噌、江戸甘味噌、麦味噌などをブレンドし、6種のスパイスを加えた味噌ダレで返す。カイエンヌペッパー、クミンなどカレースパイスが入っていることから、かなりスパイシーな味わい。表面は、鶏油とパセリオイル。パセリオイルが爽やかに香る。 

チャーシューは、ガリシア栗豚。脂身、赤身含めて肉質が良く、とても美味しい。今日は最後に塩?で仕上げていた。 

その他、白髪ねぎ、メンマ、糸唐辛子が入る。メンマは、穂先メンマ。非常に柔らかい。 店内は、カウンターのみ。こじんまりとしたお店だが、風情のある非常に良い雰囲気だ。


早稲田大学での会合後、山吹町方面へ。久しぶりに、こちらへ。ランチタイムだったこともあり、店外8人ほどの行列。
P1070867

食べたのは、ラーメン大盛 400g+ヤサイ+アブラ 850円。
P1070868

麺は、ストレートの極太麺。「二郎直系」の麺が細くなる中、これは本当に極太麺。おそらく都内の二郎系では、最高峰の太さだろう。小麦がギュッと詰まったような麺で、その通り小麦の香りも豊潤。麺量は、並で200gまで。大盛で400gまで。茹で前の400gだと思われるが、同じ400gの「味方」と比較すると、かなり楽な仕上がり。といっても、相当な量だが。
P1070871

スープは、豚骨、腕肉から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。乳化したスープだが、それほどボディは強くない。意外にすっきりした後味のスープ。これは、生姜が効いていることも、影響しているだろう。

豚は、ばら肉が2枚。柔らかく、肉の旨味も上々。天地返ししている間に崩れるくらい柔らかい。

その他、ヤサイ、アブラが入る。ヤサイは増したが、大して増されない。増さないと、量はかなり少ないだろう。

店内は、カウンターのみ。店主はかなりワイルドだが、非常に繊細なきめ細やかなサービス。素晴らしい顧客志向で、これは良店だ。


金龍山浅草寺での会合後、北浅草というか、もはや山谷に近いエリアにある、こちらへ。
P1070847

食べたのは、味噌一らーめん 背脂+サービス半ライス 750円。
P1070844

麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのあるモチモチとした麺が出てくる。小麦の香りは、それなり。麺量は、それほど多くない。
P1070845

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。返しの味噌は、米麹の白味噌。背脂をトッピングしたので、結構コクがある太いスープになっている。表面の背脂で蓋をされるので、最後まで熱々のスープだ。

チャーシューは、存在しない。味噌ラーメンの店にはたまにあるが、チャーシューが入らないと、やはりラーメンとしては、締まらない。

その他、モヤシ、ネギ、コーン、和布が入る。モヤシは炒めていないので、味噌っぽくない。

ライスは、半ライス。白味噌スープが意外に濃かったので、良いお供になった。
P1070846

店内は、カウンターのみ。結構大振りの箱で、深夜の時間帯など混みそうな雰囲気だ。


東京藝術大学での会合後、千住大橋へ。ランチタイム真っただ中だが、並びは5人程度。ということで、行列に接続。
P1070843

食べたのは、小 辣油 750円。
P1070840

麺は、ストレートの太平麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかり茹でられた、でも噛み応えのある柔肌の存在感のある麺が出てくる。先日の「ごっつ」と比べると、相対的に軽めの麺に感じる。今日のスープは返しが強めで、その分、麺も飴色が強い。表面は油を纏い、キラキラ輝いている。
P1070842

スープは、豚骨、腕肉から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。今日もしっかり出汁を感じられる美味しいスープ。普段より返しが強いが、表面の脂、油で若干緩和されている。脂が入ってもここまで辛いのだから、ストレートで飲むと相当なものだろう。

豚は、ばら肉が2枚。柔らかく、「二郎直系」の中でも、相当高いレベルだと言えるだろう。

その他、ヤサイが入る。9割モヤシという感じか。辣油をトッピングし、最初にヤサイを半分くらい片づけるのだが、辣油の風味をダイレクトに感じられ、個人的には好みである。

店内は、カウンターのみ。店主のワンオペも板について、安定している。


明治大学での会合後、御茶ノ水駅から亀戸駅へ。亀戸駅からすぐのこちらへ。
P1070839

食べたのは、しょう油ラーメン 大盛560g+極太麺+薬味多め+メンマ多め 750円。
P1070835

麺は、ほぼストレートの極太麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりした重みのあるかなりヘビーな麺。太麺なので、ワシワシ喰らう感じだ。若干スープを弾く感じもしないではないが、スープが非常に濃厚なので、このくらいの麺でちょうどバランスが良い。
P1070838

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。今日は、脂は普通。丁度良かった。今まで、ギタギタにしていたのだが、そうすると脂の味しかせず、せっかくのスープを楽しめない。また、今日は濃さも上々で、割スープの必要がなかった。

チャーシューは、ばら肉スライス。タレの染みも上々で、若干肉の旨味が弱いが、許容範囲。

その他、メンマ、モヤシ、ネギが入る。メンマとネギ(薬味)は増量。なかなかの量だ。

店内は、1階はカウンターのみだが、2階はテーブル席があるようだ。元気のある接客で、背脂も相まって元気の出るお店だ。


東京大学での会合後、お茶の水方面へ向かい、その途中にあるこちらへ。久しぶりの訪問だ。
P1070767

食べたのは、カレーらーめん 780円。
P1070766

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりとコシを感じられる重量感のある麺が出てくる。小麦の香りも、それなり。前回は大盛で、今回はデフォルトだったのだが、通常は150gくらいの感じだろうか。それほど量は多く感じない。

スープは、豚骨から動物家の出汁を採り、鰹節、煮干しから魚介系の出汁を採る。魚介系のおかげで、若干和風のカレースープの雰囲気も出ているが、豚骨のしっかりしたボディの太さを感じる。とろみもあるので、麺との絡みは良好だ。

チャーシューは、ばら肉スライス。素材の味を活かす方向性なのかもしれないが、あまり工夫を感じられない。

その他、海苔、ネギ、刻み玉ねぎが入る。

店内は、カウンターとテーブル席。店舗拡大系の店にたまに見られるが、スタッフがバイトであり、あまりプロ意識を感じない。厨房でのおしゃべりをやめるだけでも雰囲気はずいぶん違ってくるだろう。


↑このページのトップヘ