Chris MacArthur, The Well-known Gourmet Scholar

I have always enjoyed sharing my enthusiasm for ramen and good cuisine with others. It gives me a big thrill when my sharing leads to someone trying something new or developing an interest for ramen or good cuisine.

カテゴリ:ラーメン > 長野

渋温泉でゆっくりした後、長野市中心部へ。そして、何度か訪問している、こちらへ。
P1040755

食べたのは、みそ担担麺 麺硬め 700円。
P1040753

麺は、捻りの入った中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感の美味しい麺だ。

スープは、味噌と担々が見事に融合した「しま田」ならではのスープ。魚介も香る、非常に重層的な味。このスープに出会えたことを感謝したい。

チャーシューは、存在しない。

その他、ひき肉、ネギ、メンマ、キクラゲ、モヤシが入る。

店内は、カウンターと座敷。穏やかな空間で、ゆったりとした空気が流れている。素晴らしい名店だ。


松代温泉へ訪問後、長野駅へ戻る途中でこちらへ。久しぶりの訪問だ。
P1040508

食べたのは、限定 さかいみなと+サービス味玉 800円。
P1040505

麺は、ストレートの中細平麺。デフォルトで頼んだのだが、絶妙のコシ。「はるゆたか」を使用する麺は、非常に滑らかでツルツルした食感。小麦の香りも豊潤で、信州最高レベルの麺だろう。
P1040506

スープは、鶏と鴨から動物系の出汁を採り、境港産のウルメ煮干しから魚介系の出汁を採る。煮干しの塩分が高く、返しは普段の半分くらいらしい。それぞれの出汁のバランスが素晴らしく、どんぶりの中で麺、スープ、チャーシューが、一体化している。このまとまりの良さが魅力だ。

チャーシューは、豚レアチャーシューと信州牛サガリ。信州牛サガリもサービス頂いたようだ。口の中に肉の旨味が広がる絶品のチャーシュー。東京でもこのレベルのチャーシューにはなかなか出会えない。素晴らしいとしか言いようがない。

その他、穂先メンマ、刻み玉ねぎ、ネギ、柚子が入る。サービスの味玉は、黄身が半液体のレアタイプ。素晴らしく美味しい。

店内は、カウンターとテーブル席。人気店で待ちが発生するが、素晴らしいオペレーションで、さすがのサービスだった。


松代温泉を訪問後、長野駅へ向かう際に訪問。久しぶりの訪問だ。相変わらずの雰囲気で、店長は代わっていたが、ホール担当のスタッフなど代わらず懐かしかった。

食べたのは、チャーハン定食 麺硬め+背脂多め 907円。
P1040323

麺は、ストレートの細麺。麺硬めで頼んだのだが、それでも緩い。コシを感じない昔ながらの関西風の麺。小麦の香りも、イマイチ。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、昆布から魚介系の出汁を採る。表面は背脂で覆われ、甘みのあるスープ。卓上の唐辛子をさらに入れ、スープの輪郭をはっきりさせる。この卓上唐辛子が固形に近くなったり、液状に近くなったり、結構変遷しているのだが、今回は、かなり液状に近い形だった。

チャーシューは、ばら肉スライス。出し殻で旨味が抜けているのも、伝統的関西風。伝統的関西風を愚直なまでに踏襲しているのだが、時代の変化には追い付いていない。

その他、ネギ、メンマが入る。

チャーハンは、醤油がしっかりしたしっとり系。熱々でとても美味しい。これは素晴らしい炒飯だ。
P1040324

店内は、カウンターと小上がり。相変わらず元気な接客で、元気をおすそ分けしてもらった。


長野県庁近くにあるうるおい館でのんびり温泉に入った後、長野駅へ。その途中でこちらへ訪問。
P1040081

食べたのは、みそ担々麺 スープ濃い目 700円。
P1040078

麺は、捻りの入った中細麺。全盛期の麺ではないが、そこそこのコシを感じる。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、煮干などで魚介系の出汁を採る。味噌と担々では、味噌が勝っている。以前は、担々が優位に立ったスープだったが、今日のスープは担々が少し控えめ。でもバランスが良く、いつも美味しいスープだ。

チャーシューは、存在しない。

その他、メンマ、ネギ、きくらげが入る。

店内は、カウンターと奥に小あがりが。非常に牧歌的なノスタルジックな雰囲気が素晴らしい。



白馬八方温泉から長野駅へ。新幹線に乗車する前に、こちらを訪問。
P1030929

食べたのは、みそらぁめん 670円。
P1030927

麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、相変わらず安定して美味しい麺。しっかりとコシがあり、味噌スープにも馴染むどんぶりの中での一体感を感じられる麺だ。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、信州味噌で返す。卓上のヤンニンジャンを加え、辛味噌スープにすると最高のスープになる。ベースとなる出汁は、ライトだが、表面はラードが覆い、意外にしっかりしている。
P1030926

チャーシューは、ばら肉ロールのスライス。炙られていて、柔らかく、タレの染みも上々。

その他、モヤシ、玉ねぎ、人参、ネギなどの野菜が入る。野菜の量が豊富で、麺と同量食べ進めてよい感じだ。

店内は、カウンターのみ。人気店で、常にお客が入っていた。



白馬八方温泉を訪問の際に、松本へ。開店時間までちょっと間があったが、せっかくなので訪問。
P1030921

食べたのは、とり麺 750円。
P1030920

麺は、ほぼストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、全粒粉特有のボソボソした食感の麺。しかし、スープとの絡みもよく、これは美味しい麺だ。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。信州黄金軍鶏を使用する。それほど濃厚ではないが、しっかりと旨味を感じられるよくできたスープだ。

チャーシューは、豚ロースと鶏もも肉。いずれもスライスで、肉の旨味を感じられるもの。薄めの味付けで、素材の味を楽しませる方向性だ。

その他、ネギ、水菜、メンマ、岩海苔が入る。岩海苔は風味を支配するので、麺と一緒にまとめて食べた。メンマは柔らかい。水菜もシャキシャキ。

店内は、カウンターのみ。非常に簡素な作りのお店で風情がある。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【最優秀賞受賞鶏】信州黄金シャモ 正肉セット 1羽分
価格:6480円(税込、送料別) (2018/2/6時点)


松代温泉へ訪問後、こちらへ。松代温泉は鉄分を豊富に含んだ温泉で、本当に素晴らしい温泉だ。大きな一軒家風の作りで、かなりキャパがある。
P1030848

食べたのは、鶏しば 味噌 麺硬め+味濃いめ 830円。
P1030846

麺は、若干捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした弾力のある食感で、小麦の香りも良好。信州の華天竜という小麦を使用しているようだ。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。しっかりと鶏の出汁が出た濃厚鶏白湯で、フルボディの美味しいスープだ。

チャーシューは、ロースのスライス。しっかりと歯応えのあるチャーシューだが、若干肉の旨味が抜けているようである。

その他、ネギ、キャベツ、白菜、ニンジン、きくらげなど、非常に多くの具材が入る。

残念ながら、お茶のサービスはなかった。

店内は、カウンターとテーブル席。非常に大きな箱だが、オペレーションは良い。システマチックなオペレーションだった。



松代温泉でゆっくりした後、長野駅へ。その途中で、こちらへ。
P1030577

食べたのは、限定 鶏白湯拉麺 780円。
P1030575

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、コリコリした食感でザクっと噛み切れる美味しい麺。小麦の香りも豊潤。スープとの絡みもよく、どんぶりの中での一体感を感じられる麺だ。

スープは、豚骨、もみじからしっかりと動物系の出汁を採る、鶏白湯。濃厚、ドロドロ系ではないが、しっかりと出汁の膨らみを感じる良質なスープ。丁寧に出汁を形成していることが伝わってくるスープだ。出汁がしっかりしているので、返しもそれなりに強め。でも、お互いが主張しあいながら調和し、まとまりのあるスープに仕上がっている。

チャーシューは、鶏むね肉。レアな仕上がりで、表面には胡椒が。レアな仕上げで、しっとりしたチャーシューは出色の出来。これは美味しい。肉の旨味もしっかりと感じられる。

その他、海苔、ネギ、メンマが入る。メンマは、穂先メンマ。海苔は大振りのものが3枚。これがスープと麺によく合う。徹頭徹尾、どんぶりの中のバランスがとれた一杯だった。

店内は、カウンターとテーブル席。テキパキしたオペレーションで、安定したサービスだった。



松代温泉から長野駅へ向かう途中でこちらへ。ロードサイド店で、予想よりも大型の店舗だった。
P1030566

食べたのは、コク鶏らーめん サービス大盛 750円。
P1030565

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、しっかりとしたコシのある麺。小麦の香りもそこそこ。大盛がサービスなのだが、大盛にするとどんぶりの中にギュッと麺が入り、食べ応えがある。スープとの絡みも良好で、一体感のある一杯だ。

スープは、鶏白湯。鶏がら、丸鶏をしっかり煮出して濃厚な出汁を形成する。返しがかなりしっかりしていて、家系の雰囲気がある。普通の鶏白湯+塩をイメージすると、面食らうかもしれない。個人的には、この中太麺には、このくらいのスープでないとバランスが取れないと思うので、これでよいと思う。表面には、揚げネギが散らされている。コクを増す良いアクセントだ。

チャーシューは、鶏もも肉。皮つきでジューシーな鶏肉。美味しいチャーシューだ。

その他、ネギ、海苔、メンマ、生ほうれん草、刻み玉ねぎが入る。刻み玉ねぎはシャキシャキ。生ほうれん草は、スープに浸すと更に家系っぽくなる。

店内は、カウンターとテーブル席。ロードサイドの大型店でバイトのスタッフも多い。オペレーションはしっかりしていて、良好なサービスだった。



湯田中温泉を楽しんだ後、長野駅前へ。新幹線まで30分ほど時間があったので、駅前のお店へ。
P1030311

食べたのは、蕪村そば 太麺 730円。
P1030310

麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのある麺が出てくる。ただ、依然と比較すると小麦の香りがイマイチで質が低くなった気がする。スープとの絡みもイマイチでどんぶりの中でパーツがバラバラに存在している。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、煮干し、鰹節から魚介系の出汁を採る。昔ながらのWスープで完成度は高い。「蕪村」の美味しさはそれほど変わっていないと思うのだが、美味しいスープを出すラーメン店が増えると、相対的には埋没してしまう。

チャーシューは、ばら肉ロール。タレの染み、肉の旨味ともにレベルの高いチャーシューだ。

その他、海苔、メンマ、ネギが入る。メンマは、以前の極太メンマから穂先メンマに変更。いずれにしても良質のメンマだ。

店内は、カウンターのみ。以前のオーナー夫妻はお店に入らなくなったようで、アルバイトのオペレーションのようだった。



湯田中温泉を楽しんだ後、長野市内へ。長野駅へ向かう途中で、こちらに。
P1030257

食べたのは、煮干しらー麺 大盛 750円。
P1030255

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのあるコリコリした食感の麺。小麦の香りは、それなり。スープをしっかり吸い上げる麺で、煮干しの風味をしっかりと纏った美味しい麺だ。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、瀬戸内の白口煮干し、鰺から魚介系の出汁を採る。表面を覆う煮干し油を含め、しっかりと煮干し感が出ているスープ。これは美味しい。動物系と魚介系のバランスが良く、フルボディのスープだ。

チャーシューは、ロースのスライス。大振りのものが2枚入る。タレの染みも上々で、肉の旨味を感じられるチャーシュー。

その他、ネギ、メンマが入る。メンマは、穂先メンマ。

店内は、「さくら木」の居抜きそのまま。サービス自体は良いのだが、とにかくオペレーションがのんびり過ぎる。丁寧に作っていることはわかるのだが、それはお店都合であり、顧客に合わせたオペレーションにはなっていない。



松代温泉を楽しんだ後、長野駅へ。その途中で、篠ノ井のこちらへ。住宅街のど真ん中にある店舗。偶然見かけて入店というのは考えにくい立地。相当な自信を感じる。
P1020825

食べたのは、小 ショウガ+アブラ+辛いヤツ 750円。
P1020821

麺は、捻りの入った太平麺。デフォルトで頼んだのだが、硬めでしっかりコシのある美味しい麺が出てくる。小麦感もしっかりしていて、「二郎」らしさを上手に出している。量も茹で前300gで十分な量。天地返しすると、しっかりとカネシに麺が染められている。
P1020824

スープは、豚骨、腕肉から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を整える。「二郎直系」と比較すると、線の細さを感じるボディの弱さだが、「らしさ」という点で見れば、信州随一の完成度だろう。

豚は、バラ肉ロールの厚切りで、「多摩系二郎」に見られるタイプだ。柔らかく、タレの染みも上々で、美味しい豚だ。

その他、ヤサイが入る。デフォルトで結構な盛り。ややシャキ。辛いヤツは、辛い揚げ玉。美味しい。アブラは、固形脂。ショウガは、量が非常に多い。

店内は、カウンターと小上がり。二郎っぽい雰囲気を随所に出している。良い出来だと思う。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ラーメン二郎にまなぶ経営学 大行列をつくる26の秘訣 [ 牧田幸裕 ]
価格:1620円(税込、送料無料) (2017/10/14時点)


松代温泉でゆっくり休んだ後、長野駅へ戻る途中でこちらへ。長野市も夏は暑い。信州というと涼しいイメージだが、長野市は盆地なので、東京同様に夏は相当暑い。
P1020287

食べたのは、限定 濃厚煮干拉麺 太麺 780円。
P1020285

麺は、ストレートの太麺。小麦がギュッと詰まった感じのある麺で、重さを感じる麺だ。小麦の香りは上々。存在感のある麺なのでスープとの絡みが心配だったが、なかなかの絡み具合。良いバランスだろう。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、片口鰯と淡麗煮干しの二番出汁から魚介系の出汁を採る。濃厚というから、豚骨や鶏白湯の動物系で濃厚かと想像していたのだが、スープ自体は淡麗。しかし、煮干しをしっかり効かせることで、濃厚を演出する。ボディの輪郭がしっかりしたスープで、これは美味しい。ただ、後述する岩海苔の量が多すぎて、せかっくのスープの風味を上書きしてしまう。このスープに岩海苔はいらないだろう。

チャーシューは、厚めのロース。肉の旨味もしっかりしていて、これは上質のチャーシューだ。

その他、メンマ、水菜、刻み玉ねぎ、岩海苔、柚子が入る。岩海苔の弊害は前述のとおり。せっかくのスープがもったいない。メンマは、穂先メンマで柔らかいもの。

店内は、カウンターとテーブル席、更に小上り。良いサービスなのだが、もう少し機転がきくようになると、更に良いサービスになるだろう。



松代温泉へ訪問後、長野駅へ行く前に国道沿いのこちらへ。以前は、大勝軒系のラーメン店だったが、ほぼ居抜きの状態で、リニューアル。
P1020086

食べたのは、塩中華そば 680円。
P1020083

麺は、捻りの入った中細麺。デフォルトで頼んだのだが、ユニークな食感。えごまが練り込んであり、若干ボソボソした食感。しかし、これが美味しく、他のラーメン店では味わえないような食感である。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、飛魚から魚介系の出汁を採る。非常にあっさりとしたスープで、正に中華そばのスープ。

チャーシューは、ばら肉スライス。タレの染み、柔らかさ共に上々で、これはレベルが高いチャーシューだ。

その他、海苔、ネギ、味玉、メンマ、麩、蓮根の素揚げが入る。蓮根の素揚げは、食感もよく美味しい。ネギはシャキシャキだ。

そして、食後に玄米茶と梅干がサーヴされる。これは、嬉しい。食後にホッと一息。
P1020085

店内は、カウンターとテーブル席。非常にサービスの良いレベルの高い店だった。



湯田中温泉へ訪問後、長野駅へ。松本でも訪問したことがあるこちらが長野駅前にできたことを知り、訪問。
P1010896

食べたのは、肉味噌らーめん 850円
P1010894

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感の美味しい麺。小麦の香りも上々。これは美味しい麺だ。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、鰹節、宗田節から魚介系の出汁を採る。返しの味噌は、佐久の安養寺味噌。コクのある味噌で、味に深みがある。

チャーシューは、ばら肉スライスが2枚。柔らかく、タレの染みも上々で、十分に満足できるレベル。

その他、メンマ、ネギ、肉みそが入る。メンマは、穂先メンマ。柔らかい。肉みそは、辣油がかかっているが辛くなく普通の肉みそ。

店内は、カウンターのみ。女性2人のオペレーション。暗めの店内は、なかなかお洒落。良い雰囲気だった。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

安養寺みそ2kg(500g袋4ヶ入り)
価格:2835円(税込、送料別) (2017/5/17時点)


松代温泉を訪問後、こちらへ。幹線道路から一歩入った住宅街の中にたたずむ、地元密着型のお店。
P1010698

食べたのは、中華そば 780円。 
P1010696

麺は、ほぼストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、しっとりしていて美味しい麺だ。ただ、淡麗系のスープに合わせるには、もう少し滑らかさが欲しいところ。地元の小麦を使っているということだが、春よ恋などを使用すれば、また違った雰囲気になるかもしれない。

スープは、鶏がら、丸鶏から動物系の出汁を採り、醤油ダレで返す。仕上げは、鶏油を回しかける。淡麗系の王道を行くもので、間違いない美味しさ。まろやかなスープで、鶏の甘みを感じられる。

チャーシューは、低温調理された豚ロースと鶏胸肉。鶏はもう少ししっとり感が欲しいところだ。ウェルダンな仕上がり。

その他、ネギ、三つ葉、柚子皮、はんぺんが入る。はんぺんが入るのは、なかなか面白い趣向。

店内は、カウンターとテーブル席、小上り。ゆったりとした広めの作りで、リラックスしてラーメンを楽しむことができる。女性店主は凛とした方で、非常に真摯にラーメンに向き合っていた。

 

渋温泉の帰りに、新幹線までまだ時間があったので、こちらへ。
P1000366

食べたのは、みそらぁめん 670円。 
P1000362

麺は、捻りの入った中太麺。もう何度も食べているので、すっかり馴染んでしまったが、安定して美味しい麺だ。ツルツルしているのだが、スープとの絡みも良好。丼の一体感がある。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、信州味噌で返す。オペレーションを見ていてわかったのだが、市販のラードを使い、野菜を炒めている。これが表面に入り、コクを出しているのだろう。卓上のヤンニンジャンを大量に加えると、自家製辛味噌スープができる。ニンニクの量も相当多いので、かなり臭くなるが、この辛味噌スープは美味しい。
P1000364

チャーシューは、ばら肉ロール。直前にフライパンで炙ってくれるので、旨味が活性化している。

その他、モヤシ、タマネギ、ニンジン、ネギが入る。モヤシ、タマネギ、ニンジンは、しっかり炒められ、甘みを感じられる。量が多く、「二郎」並みに野菜を摂ることができる。

店内は、カウンターのみ。寒い信州で、身体が温まるラーメンだ。

 

湯田中温泉でのんびりした後、長野市中心部へ。移転後は、初の訪問となるこちらへ。看板も何もないので、初見ではなかなか見つけづらい。
P1000253

食べたのは、中華そば 750円。 
 P1000251

麺は、ストレートの中細麺。最初の一口でレベルの高さが良くわかる。小麦の香りが豊潤で、一口目から良い香りが腔内に広がる。コシもあり、パツンとした歯ごたえは、この系統のベストマッチングだ。自家製麺。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節、煮干しから魚介系の出汁を採る。王道の醤油スープだが、非常に洗練されている。表面を覆う鶏油がリッチで、甘みを醸し出している。

チャーシューは、低温調理されたレアチャーシュー。サーヴ直前にカットされ、とてもしっとりした仕上がり。ジューシーで、肉の旨味がしっかりと保持されている。 非常に薄くスライスされたチャーシューが、花弁のように盛り付けられている。これは素晴らしい演出だ。

その他、ネギが入る。非常にシンプルな構成ながら、すべてが洗練されている。

店内は、カウンターのみ。ショットバーのような造り。惜しむらくは、厨房内で店主が若干イライラしながら調理していること。スタッフの気配りがもう少しあれば良いのだが。頑張ってほしい。

 

渋温泉訪問前に善光寺へ。そこで、権堂で腹ごしらえ。権堂のアーケードの一画にあるこちらへ。チャレンジショップといって、信州の有名店が期間限定で入るらしい。「凌駕」の前は、「寸八」が入っていた。
P1000008

食べたのは、にぼ二郎 大盛 780円。 
P1000003

麺は、若干捻りの入った太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感で弾力のある麺が出てくる。コシと張りのある麺だ。自家製麺らしい。大盛で350g程度か。ただ、小麦の香りが弱いのと、何よりもスープを弾く。麺にスープの旨味が乗らず、小麦の塊を食べているようになる。この辺りは「直系二郎」との違いであり、信州の「二郎インスパイア系」が共通して抱える課題だ。
P1000006

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、煮干しなどから魚介系の出汁を採る。麺との一体感のなさは、スープにも問題があり、出汁感が弱い。魚粉もトッピングされるが、煮干感がそれほど増えているとは言えない。表面は背脂が覆い、こってり感を出しているが、スープのボディが弱いので、麺を持て余している感じだ。

豚は、腕肉のほぐし肉。ほぐされたことで、スープに馴染みやすく、一体感が出る。ただ、肉の旨味は抜け気味で、肉自体はパサ豚なので、評価はそれほど高くない。
P1000004

その他、ヤサイ、ニンニクが入る。ヤサイはデフォルトではそれほど量がなく見えるが、実際にはそこそこ入れてくれている。

店内は、カウンター8席。場末のスナックのような感じで、かなり狭い。しかし、そこをチャレンジショップとして使うアイデアは面白いし、様々な味を楽しめるようなので、良い取り組みだと思う。

 

正月も明け、徐々に普段通りのリズムが戻ってくる。そんな中、湯田中温泉へ訪問。その帰りに、長野駅東口からそれほど遠くないこちらへ。
P1060523

食べたのは、王様中華そば 750円。 
P1060525

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、非常に滑らかな、それでいてコシをしっかり感じられる上質な麺が出てくる。小麦の香りも上々。長野市で食べられる麺としては、非常にレベルが高い。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節などから魚介系の出汁を採る。これだけでは、オールドファッションな醤油スープになってしまうのだが、表面の鶏油、黒胡椒、ネギ由来の甘みが相俟って、なかなかボディのしっかりしたスープになる。

チャーシューは、ロース。低温熟成ではないが、しっとりした肉の旨味を上手に保持しようとしているチャーシューだ。

その他、笹がきネギ、海苔、メンマが入る。ネギは大量。食べ応えがある。

店内は、カウンターとテーブル席、小上り。カウンターが少ないが、それだけ団体客が多いのだろう。

 

湯田中温泉を訪問した帰りに、レンタカーでこちらへ。郊外店なので駐車スペースが非常に広く快適だ。
P1060350

食べたのは、こってり醤油ラーメン 780円+税。 
P1060348

麺は、ほぼストレートの中太麺。つけ麺でも使われていそうな雰囲気のツルツルした麺。小麦がしっかりしていて、弾力がある麺だ。香りは、そこそこ。

スープは、丸鶏、鶏がらから動物系の出汁を採り、濃厚な鶏白湯スープを作り上げる。これを醤油ダレで返し、表面は背脂で覆う。しっかりと出汁が採れていて、好印象。麺はツルツルしているが、スープがしっかりしているので、丼の中の一体感がちゃんと出ている。

チャーシューは、角煮。意外や意外、大きいチャーシューで、1個ではあるが、二郎並みの大きさ。肉の旨味自体は、そこそこだが、満足できる出来だった。

その他、メンマ、海苔、水菜、ネギ、味玉が入る。メンマは業務用。水菜はシャキシャキしている。

店内は、カウンターとテーブル席。バイト君一人のオペレーションだが、頑張っていた。

 

湯田中温泉の帰りに、長野駅近辺で一杯食べていこうということになった。そうすると選択肢に上がるのが、駅からほど近いこちらだ。20時ころの入店だったが、ほぼ満席。堅実な人気を伺わせる。
P1060024

食べたのは、みそらぁめん 670円。 
P1060023

麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感で弾力のある麺が出てくる。小麦の香りも良好。前回の石臼麺も美味しいが、標準の麺で十分に美味しい。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、信州味噌で返す。今日は遅めの時間の訪問だったからか、しっかりと出汁を感じる美味しいスープだ。卓上のヤンニンジャンをトッピングし、辛味噌風に仕立てると本当に美味しいスープになる。今日も満足のスープだ。

チャーシューは。ばら肉ロール。直前に炙ってくれるため、旨味が活性化している。しかし、今日のチャーシューは、やや硬めで肉の旨味が抜けていたか。

その他、メンマ、モヤシ、ニンジン、タマネギが入る。しっかり炒められて熱々。そして、量が多いので、麺と同じくらいの割合で食べればちょうど良い感じだ。

店内は、カウンターのみ。フライパンで野菜を炒める豪快な音が響く。勢いを感じられるお店だ。


 

松代温泉に出かけた帰りに、長野駅までの途中にあるこちらへ。ロードサイドにあり、居抜きで使っているのか、ラーメン屋にしては異常に箱が大きい。スナックにありそうなL字型カウンターに腰掛け、注文。
P1050884

食べたのは、味噌ラーメン+玄武肉丼 750円+250円。 
P1050880

麺は、ほぼストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、あまり特徴のないラーメン専門店とは思えない麺。しかも、長野の名店「麒麟児」出身と聞いていたので、かなり洗練された麺が出てくると思ったのだが、なんとなく業務用っぽい麺が出てくる。そして、量がかなり多い。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採る。シャバ系のスープだが、出汁と返しのバランスがよく、これは美味しいスープ。デフォルトで胡麻が結構入っている。

チャーシューは、ロース。デフォルトで結構入っていて食べ応えがある。ただ、出し殻であり、それほど多くを食べたいとは思わない。

その他、モヤシ、キャベツ、白菜、メンマとてんこ盛りで入る。なんかタンメンのアタマのような感じで、白菜などが入るとかなり家庭のラーメンっぽく感じる。メンマも特徴的で、タケノコっぽいメンマ。
P1050881

そして、玄武肉丼。ラーメンのボリュームも凄いのだが、肉丼のボリュームも凄い。これだけでレギュラーサイズだと言えるだろう。
P1050882

なぜか、玉子焼き、梅干し、ゼリーまでトッピングされる。美味しいのだが、もうお腹いっぱいだ。
P1050883

店内は、カウンターとテーブル席。「麒麟児」の洗練された雰囲気はなく、かなりアットホームな雰囲気。もちろん悪くはないが、出身とは真逆のベクトルに、正直驚いた。

 

湯田中温泉を訪問した帰りに、タクシーでこちらまで。幹線道路沿いにあるのだが、長野市は鉄道サービスがプアなため、クルマ社会。結構な混み具合だ。
P1050873

食べたのは、香油らーめん 粉落とし 670円。 
P1050872

麺は、ストレートの細麺。粉落としで頼んだのだが、最初からカタくらいの硬さ。で、どんどんコシを失っていく。これは、東京や博多で食べる上質の博多ラーメンと比較して、かなり落ちる麺だ。小麦の香りもイマイチで、麺はあまり評価できない。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。クリーミーなスープだが重さはなく、これは上質なスープ。香油トッピングでも価格が変わらないため香味を足したのだが、量が少なくそれほどスープに対してインパクトは生じない。

チャーシューは、ロース。意外にぶ厚目で食べ応えがある。肉自体の旨味は抜け気味だが、この厚さは博多ラーメンでは珍しい。

その他、ネギ、キクラゲが入る。卓上の辛モヤシが美味しく、ラーメンにトッピングしてもなかなかだ。
P1050870

店内は、カウンターとテーブル席。ロードサイドの店らしく、テーブル席が豊富だ。オペレーションもよく、満足できるラーメンだった。
 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

佳い食 〈熊本県産〉焦がしにんにく 黒マー油 80g
価格:936円(税込、送料別) (2016/11/13時点)


長野県庁奥の温泉を楽しんだ後、こちらへ。大きな通りからちょっと入ったところにある。
P1050801

食べたのは、みそ担担麺 スープ濃いめ 700円。
P1050800

麺は、捻りの入った中細麺。コシのあるプリプリの麺は、今日も美味しい。味噌ラーメンに正にフィットした麺で、「純連」と同じように美味しい麺だ。小麦の香りがもう少し香れば、更に素晴らしい麺になるだろう。

スープは、担々スープでありながら、辛味噌風。これが非常に美味しい。他にもバリエーションが多く、店主一人のオペレーションなのに、本当にすごい。花山椒は控えめで、シビレはほとんどない。しかし、このコクで十分に満足できるスープだ。

チャーシューは、存在しない。

その他、ひき肉、モヤシ、ネギ、メンマ、キクラゲが入る。ひき肉はスープに浸し、スープを吸わせた方が美味しい。キクラゲもコリコリ。今日は、ほとんどクラッシュナッツを感じられなかった。

店内は、カウンターと、奥に座敷。カウンターでゆっくりと食べるラーメンは、心身をしっかりと癒してくれる。素晴らしい空間だ。

 

湯田中温泉から長野市へ。この季節になると長野市は秋をすっ飛ばして冬に一直線という感じである。そんな中、長野駅からは少し遠いこちらへ。
P1050729

食べたのは、土鍋味噌豚骨 こってり 780円。 
P1050724

まず削り器が用意され、サーヴまで、ひたすら鰹節を削る。
P1050723

麺は、若干捻りの入った太平麺。デフォルトで頼んだのだが、熱いスープにも負けないしっかりとしたコシの強さを感じる。胡麻が練り込んであるらしいが、それほど風味は感じない。

スープは、豚骨を強火で煮込み、動物系の出汁を採り、飛魚、鯵、鰯から魚介系の出汁を採る。豚骨がメインで表に出てきているフルボディのスープ。返しは、味噌で米麹、大豆麹の粒感が残るもの。土鍋なので、いつまでも熱い。

チャーシューは、ばら肉。熱々のスープに浸しておくと、脂の旨味が活性化する。

その他、キャベツの千切り、ネギ、ひき肉、糸唐辛子が入る。キャベツはラーメンにあまり合わないと思っているのだが、スープが濃厚で千切りなので、キャベツも馴染みやすい。

そして、鰹節。自ら削った鰹節は、香りも良く、これは美味しい。
P1050727

店内は、カウンターとテーブル席。若いバイト君のサーヴだが、しっかりしていて満足できるオペレーションだった。

 

野沢温泉へ出かけるため、長野駅に立ち寄る。そこで、長野駅からそれほど遠くないこちらへ。期間限定のラーメンがあるらしい。
P1050637

食べたのは、スタミナ式背脂ラーメン 背脂多目 930円。 
P1050634

麺は、若干捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、コシと伸びのある美味しい麺。さすが、長野の人気店の麺だ。小麦の香りもなかなか。スープとの一体感もある。燕三条の太麺とは違うが、これはこれで美味しい。
P1050636

スープは、ベースは鶏がらの清湯スープ。なので、スープ自体は、それほどこってりではない。しかし、表面を大きめにカットした背脂が覆う。醤油や味醂で味付けされており、背脂だけで美味しい。後述する焼肉も相俟って、しっかりとしたボディのスープになる。

チャーシューは、豚の焼肉。結構な量があり、食べ応えがある。ニンニクたっぷりで正にスタミナ式だ。

その他、ニラ、タマネギのみじん切り、生卵が入る。スタミナ満点だ。

店内は、カウンターとテーブル席。ゆったりした空間で、穏やかな空気が流れている。スタミナをしっかりつけることができた。

 

浅間温泉へ訪問する際に、松本駅近くのこちらへ。本当は違うお店を訪問する予定だったのだが、この日の松本市は雨。で、傘を持っていなかったので、駅前というか駅直結のこちらを訪問。
P7260820

食べたのは、あごだしらーめん+サービス味玉+ギョーザ3個 800円。 
P7260818

麺は、捻りの入った中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コリコリした食感で悪くない。ただ。香りが微妙というか、スープがユニークな味なので、それを纏った麺もまた、ユニークな香りがしている。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、あごと昆布から魚介系の出汁を採る。あご由来なのかはわからないが、独特の風味。出汁を煮詰め過ぎて、ピークアウトしてしまったのだろうか。本来繊細な出汁だと思うのだが、この日のコンディションは、微妙な感じだった。

チャーシューは、ばら肉スライス。かなり柔らかい。で、これも独特の味付け。こうなると、出汁というよりもタレが問題なのかもしれない。

その他、ネギ、味玉、海苔、法蓮草、メンマが入る。味玉は半熟だが、黄身に出しが入り過ぎ。しょっぱい。で、デフォルトで半分付いているようで、サービス味玉を加えると1.5個。メンマは、業務用。

餃子は、揚げ餃子で、パリパリの熱々。これは、なかなか美味しい。
P7260819

店内は、カウンターのみ。中年のおばちゃんがワンオペ。田舎特有ののんびりした雰囲気で、心が安らぐ空間だった。

 

浅間温泉へ訪問するために、松本へ。で、駅前の寂れた繁華街というか旧市街地のど真ん中にある、こちらへ。先日訪問した「たくま」の隣の店だ。
P7190752

食べたのは、若大将味噌ラーメン 麺硬め 800円-100円=700円。 
P7190750

麺は、捻りの入った中細麺。味噌ラーメンに似つかわしくない、細麺。硬めで頼んだのだが、次第にダレてくる。しかし、このダレ方は、如何にも歴史を感じさせるお店の麺であり、決して悪いものではない。ダレた柔らかい麺も、それはそれで美味しいものだ。
P7190751

スープは、鶏がらから動物系の出汁を取り、信州の白味噌で返す。シャバ系のスープで、濃厚さはないが、これはこれで美味しい。表面には、なぜか胡麻がかかっている。

チャーシューは、ロース。若干硬めで、肉の旨味も抜けがちだが、タレの染みが絶妙で、美味しく仕上げようという工夫が見て取れる。これも歴史を感じさせる作品だ。

その他、野菜とメンマ、ひき肉、コーンが入る。野菜は、モヤシとキャベツ。これをひき肉と一緒に炒めている。だから、スープ自体はシャバ系だが、炒めたときの油分が入り、コクを出している。そして、コーン。結構な量が入っていて、全部は掬い切れない。

店内は、ラウンドしたカウンターとテーブル席。非常に歴史を感じさせる、定食屋のような造り。穏やかな空気が流れ、おばちゃんが絶妙の接客をしている。素晴らしいお店だった。

 

湯田中温泉を訪問するために、長野市へ。夜の入りだったので、長野市で夕食。権堂の外れの鶴賀にあるこちらへ。新宿の「若月」にも通ずる、非常にノスタルジックな雰囲気を醸し出している。
P7120729

食べたのは、中華そば 麺硬め 550円。 
P7120727

麺は、ほぼストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感で、ちゃんと硬めの麺が登場した。小麦の香りは、イマイチ。しかし、昔の中華そばってこんな感じだったんだろうなぁ、と髣髴させるような、ノスタルジックな麺。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採る。豚骨はほとんど感じず、鶏がらのマイルドな、昔ながらの醤油スープ。あっさりとしていて、権堂で飲んだ後にも優しそうなスープだ。

チャーシューは、ロース。肉の旨味は抜けているが、タレで味付けされたショッパ目のチャーシュー。噛めば噛むほど、味が染み出る。これはこれで美味しいチャーシューだ。
P7120728

その他、ネギ、メンマが入る。メンマはコリコリで、濃い味の往年のもの。

店内は、カウンターのみ。女性店主が一人で作り上げる。
P7120725

昭和36年創業の歴史を感じさせる、非常にノスタルジックな造り。本当に穏やかな緩い空気が流れている。非常に心地よく、体の芯から落ち着く空間だった。

 

孤独の中華そば「江ぐち」 [ 久住昌之 ]
価格:1728円(税込、送料無料)


美ケ原温泉へ行った際に、松本駅から散歩がてら訪問。白壁の土蔵が並ぶ街並みは、風情があり美しい。
P6280646

食べたのは、辛味噌ラーメン 720円+税。 
P6280644

麺は、捻りの入った太平麺。デフォルトで頼んだのだが、もちっとした食感で存在感のある麺。若干ほうとうチックな雰囲気も醸し出す麺だ。小麦の香りは、そこそこ。松本市にあるラーメンは、麺にあまり特徴を感じなかったので、これは、面白い麺だ。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、2種類の味噌で返す。信州らしく、リンゴも隠し味に入っているようだ。表面は背脂が覆っており、こってりしたスープ。デフォルトの味噌に、韓国風辛タレがかかり、辛みを出している。唐辛子が入った辣油で、それなりに辛さがある。スープをしっかり引き締め、好印象。

チャーシューは、サシの入ったロース。肉の旨味を上手に引き出しており、信州のチャーシューとしては美味しい部類。
P6280645

その他、メンマ、水菜、ネギ、海苔が入る。水菜は、シャキシャキ。メンマは、太いメンマ。ネギは、青と白の2種類。

店内は、カウンターとテーブル席。ややマニュアルチックな接客が気になるが、オペレーションもしっかりしているし、美味しく一杯を頂くことができた。

 

美ヶ原高原へ観光へ。その帰りに、松本駅近くのこちらへ。
P6070443

店が地下にあり、場末のスナックのようなロケーションだ。
P6070442

食べたのは、イチロー(16) 780円。 
P6070439

麺は、ストレートの太麺。「二郎」直系ほど極太麺ではないが、硬めの茹で上がりで、ワシワシとした感じは上手く表現されている。小麦の香りは、そこそこ。
P6070441

スープは、豚骨、腕肉から動物系の出汁を採る。インスパイア系によくある乳化系のスープ。返しの醤油が、なかなかそれらしさを出していて、再現性の高いスープ。ただ直系と比較すると、やはり出しの深みが全然違う。

豚は、腕肉のほぐし。ほぐされていることでスープと絡みやすいし、タレも良く染みている。但し、肉の旨味自体はそれほど高くない。
P6070440

その他、ヤサイが入る。目の前が厨房なので、調理過程を眺めていたのだが、最初キャベツを茹で、その後、市販のモヤシを1パックそのまま入れていた。トップには、背脂がトッピングされる。

店内は、カウンターのみ。信州にしては、頑張って再現性を高めたほうだと思う。信州ならではの山賊焼きをトッピングできるようなので、それを加えると、かなりユニークなモデルになるのではないだろうか。 



久しぶりに「阿吽」へ訪問。なんと前回の訪問が昨年5月。ずいぶん間が空いてしまった。そして、店内に入るとスタッフが全員見たことない人たち。1年近く空いてしまうと、いろいろ変化がある。スタッフの変化が丼にどう影響するだろうか。
P3190220

食べたのは、秋刀魚拉麺 790円。 
P3190219

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、滑らかな麺肌にもかかわらず、しっかりとコシを感じられる美味しい麺。小麦の香りも豊潤。最初のコンタクトで、スタッフが変わろうとも、美味しい一杯を頂けることを確信できた。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、秋刀魚節から魚介系の出汁を採る。非常にクリーミーなスープで、滑らかな食感。秋刀魚節の良い香りも良く出ている。非常に上手くまとまったスープだ。

チャーシューは、ばら肉。肉の旨味は若干弱いが、柔らかく美味しいチャーシューだ。

その他、ネギ、メンマ、が入る。

店内は、カウンターとテーブル席、小上がり。ロードサイド店なのでテーブル席の割合が多い。スタッフが変わっても、しっかりしたサービスで美味しい一杯だった。 


さんまのふし(秋刀魚節) 1kg

さんまのふし(秋刀魚節) 1kg
価格:1,080円(税込、送料別)

松本ラーメンツアーの最後は、こちら。当初別の店に行こうとしていたのだが、臨時休業。急遽違う店を探すものの、勝手知らぬ地。なかなか難しい。残念だが、最後の一杯をあきらめるかと考えていたところ、駅前でこちらを発見。
P1040398

食べたのは、味噌ラーメン 640円。 
P1040397

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、意外にコシがある。群馬、長野を中心としたチェーン店のようで、その中で使っている麺。小麦の香りはイマイチ。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採るが、出汁感はイマイチ。で、返しの味噌もそこそこなのだが、とにかくデフォルトでニンニクの風味が凄い。味噌スープというよりもニンニク化学調味料スープを飲んでいるような感じだ。

チャーシューは、存在しない。

その他、モヤシ、キャベツのトッピング。「二郎」と同様で、茹でヤサイ。味噌ラーメンなので、スープと一緒に炒めてほしいところ。そのせいか、スープには野菜の甘みが感じられず、野菜は、丼の中でバラバラな印象。

店内は、カウンターとテーブル席。大きな箱に先客は一人もいないのにカウンターを勧められ、丁重に断った。テーブル席は、そこそこ広い。チェーン店の味という感じだが、時間がないときなど立地的に重宝するだろう。 


信州ラ-メン無茶修行 [ 矢嶋健一 ]

信州ラ-メン無茶修行 [ 矢嶋健一 ]
価格:1,543円(税込、送料込)

松本ラーメンツアーも後半戦。駅前のパルコの裏手にあるお店。白壁の蔵造りで、松本らしさを出している。
P1040395

食べたのは、佐蔵味噌らぅめん 780円。 
P1040392

麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチとした食感で噛み応えがある。ただ、小麦の香りが弱いことと、何よりも麺を弾いてしまうところが、丼の中の一体感を失わせている。これは、もったいないバランスだ。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、鰹節、宗田節から魚介系の出汁を採る。事前情報で、こってりという話だったのだが、それほどこってりはしていない。意外に、バランス型。返しは、信州の安養寺味噌で風味の良いもの。これはレベルの高いスープだ。

チャーシューは、ばら肉ロール。炙りが入っており、肉の旨味が活性化されている。

その他、穂先メンマ、ネギ、肉みそが入る。肉みそは、辣油で味付けされたもの。肉自体はまあまあだが、辣油の香りがよく、スープに溶かし込むと、スープの雰囲気が変わってくる。穂先メンマは、柔らかく美味しい。

店内は1階がカウンターのみ。2階は複数人用のようだ。何と僕のオーダー後、ラスト3杯。仕込中になってしまった。ラッキーなことにセーフだった。 


和泉屋商店 安養寺みそ500g×3袋

和泉屋商店 安養寺みそ500g×3袋
価格:2,270円(税込、送料別)

松本ラーメンツアーも佳境に入ってきた。前回訪れた「影虎」からすぐの場所にある。バルというだけあって、お洒落可愛い造り?
P1040391

食べたのは、鴨脂と白トリュフオイルの醤油ラーメン 830円+税=896円。 
P1040390

麺は、若干捻りの入った細麺。デフォルトで頼んだのだが、かなりボキボキ。ふすま入りの麺だというが、ボキボキにも程がある。滑らかさを感じることができず、悪くはないのだが、それほど印象の良い麺ではなかった。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、煮干しから魚介系の出汁を採る。アクセントは、名前の通り、鴨脂と白トリュフオイル。トリュフオイルは本当に万能で、何にかけてもリッチな感じが一気に増す。便利な香りづけだ。返しの醤油が結構強く、お酒の後をイメージしているのだろう。これは麺の量にも表れており、〆の一杯をイメージ。だから、麺量が少ない。

チャーシューも、特徴がある。低温調理したレアチャーシューが2種類。豚と鶏。豚は、レアロース。鶏は胸肉。いずれもしっとりとした仕上がりで、舌触りも滑らか。これは美味しい。

その他、メンマ、ネギが入る。メンマは柔らかく、上質なもの。

お洒落な雰囲気のお店なのだが、店員のオペレーションがかなりイマイチ。頭を使って次に何をするかを考えておらず、ばらばらな動き。この辺は改善ポイントだろう。 


しばらく松本に滞在しているので、松本のラーメンを楽しむことに。今度は、駅前の繁華街方向へ。駅からほどなく、こちらへ。
P1040388

食べたのは、背脂醤油らーめん 780円。 
P1040386

麺は、捻りの入った中細麺。デフォルトで挑戦したのだが、こちらも上手い塩梅。捻りの入った麺は、スープとの絡みが良いし、モチモチ感が素晴らしい麺。前回の「マルキ商店」同様、松本で2回連続当たりの麺。松本の麺は確実にレベルが上がっている。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採る。これに背脂を加え、コクと甘みを出す。背脂の甘みも然ることながら、鶏油が美味しい。信州のラーメンは、10年前くらいに様々な名店が生まれたが、また2016年に素晴らしい店が次々と登場しているようだ。

チャーシューは、ばら肉。肉の旨味を保持し、素材の味で楽しませてくれる美味しいチャーシューだ。

その他、メンマ、ネギ、味玉が入る。メンマはコリコリ、味玉も黄身がゼリー状で美味しい。

店内は、カウンターとテーブル席。店主とお母様だろうか、和気あいあいとした接客で体も温まったが、心も温まった。 


エプソンとの会合で、新宿からあずさで松本まで。会合も無事終了し、軽く一杯と考え、こちらへ。信州の人気店「きまぐれ八兵衛」の関連店だという。松本駅から歩いても数分の好立地。
P1040385

食べたのは、松本ブラック中華そば 690円。 
P1040384

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、ポクポクした食感のしっかりコシを感じられる麺が出てくる。信州では10年くらい前は、硬め指定で頼まないとどうしようもない麺も多かったのだが、最近のラーメン店はなかなかどうして、デフォルトで素晴らしい麺を出してくる。小麦の香りもちゃんとしている。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採る。しっかりとした醤油で返し、富山ブラックや大阪ブラックの「金久衛門」のような雰囲気もあるが、実は一番近いのが「新福菜館」。信州には、「豊龍」という新福菜館インスパイアの最高峰があるが、こちらもなかなか上手く「新福菜館」を解釈している。

チャーシューは、ばら肉スライス。出し殻であまり評価できないが、「豊龍」よりも「新福菜館」のイメージが出ている。というのも、出し殻であまり美味しくないからだ 笑。「豊龍」はあまりにも素晴らしいチャーシューで、独自の路線を出している。「豊龍」は「豊龍」で、素晴らしい。

その他、ネギ、モヤシが入る。ネギは九条ネギではないものの、デフォルトでネギましであり、これは嬉しい。

店内は、カウンターとテーブル席。結構大きな箱だ。後払いで、お酒の種類もそこそこで、いろいろな使い方が出来そうだ。

 

長野市の温泉で湯治。軽井沢ではすでに雪が積もっていたのだが、長野市もグッと冷え込んできている。そんな中、駅前のこちらへ。

P1030861

食べたのは、石臼味噌 750円。 

P1030859

カウンターにあったお品書きを見て、思わず注文。麺が変わるらしい。

P1030857

麺は、若干捻りの入った極太麺。長野県産小麦を石臼でじっくり挽いたらしいのだが、弾力がありもっちりしたコシのしっかりした麺が出てくる。太さでは、若干「二郎」に似たところもあり、もちろん「二郎」と比較すると細めなのだが、十分に存在感のある麺。浅草開化楼が二郎インスパイア系で出す麺にも似ている。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、それに信州味噌を合わせる。フライパンで野菜と共にしっかりと炒められており、野菜の甘みも十分。とても美味しいスープだ。
これに卓上のニントンを加えると、スープの輪郭がはっきりし、更に旨味が増していく。

P1030860

チャーシューは、ばら肉ロールを炙ったもの。薄く小さなものだが、トロトロで肉の旨味が活性化している。

その他、モヤシ、ネギ、ニンジン、タマネギが入る。これがてんこ盛り。「二郎」並みのサービス。 

店内は、カウンターのみ。大体どんな時間でもしっかり席が埋まっている。長野市を代表する人気店の一つだと言えるだろう。 


軽井沢にある別宅からは長野市の方がアクセスが良く、松本市はあまりアクセスが良くない。今日はたまたま、東京からのアクセスで、松本の浅間温泉へ。で、松本駅に到着した時に訪問したのが、こちら。



食べたのは、豚そば 750円。 



麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コリコリした食感で、信州のラーメンとしては、硬めの仕上がり。博多の麺ほど細くはなく、熊本の麺より若干太目の感じ。茹で加減などは決して悪くないのだが、小麦の香りが全然しない。なので、棒状の固形物を食べている感じで、もう少し風味が欲しい。

スープは、豚骨から動物系の出汁を採る。もっとも、店内が全く臭くないことからも窺い知れるのだが、非常に浅めのスープ。豚骨の旨味を抽出してというスープではなく、あっさりと豚骨の風味を出しましたというスープだ。麺の風味が弱く、スープの風味も弱いので、どこにアクセントがあるのかわからない一杯。

チャーシューは、ほぐしチャーシュー。最近この手を少しずつ見るようになってきたが、角煮をほぐしたもの。ほぐしているためにスープの吸い込みは良いが、肉の旨味が抜け気味であり、もう一歩と言う感じだ。

その他、ネギ、海苔、胡麻、糸唐辛子が入る。

店内は、カウンターのみ。若い店主が頑張ってラーメンを作っている。清湯系の狙いなのかもしれないが、どこかにアクセントがないと、脳みそにインプットされない。構成の考え方が、今後の課題だろう。 


軽井沢の別宅から長野市の温泉へ。「さくら木」は、淡麗系というイメージがあったのだが、限定でこってりをやるという話を聞き、急遽こちらへ。

P1030658

食べたのは、中華そば こってり サービス大盛 800円。 

P1030655

麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのあるしっかりした仕上がり。ただ、サービスの大盛にすると相当な量になり、「二郎」とまでは言わないが、相当な量になる。なので、中細麺だと、さすがに後半頼りない仕上がりになる。スープを考えても、中太麺がバランスが良いと思うのだが。

スープは、豚骨をしっかり煮出した白濁スープ。鶏白湯とのWスープ。淡麗系のイメージが強いので、これは意外な驚き。かなり乳化したスープで、相当煮込んでいることが伺える。表面は、カットされた背脂が浮かび、甘みと共に相当なこってり具合を表現している。

チャーシューは、ほぐしチャーシュー。もともとは、角煮。若干、硬めの角煮なのだが、ほぐされていることでスープの染み込みも良く、美味しく頂ける。驚きは、その量。相当な量がほぐされていて、チャーシュー麺の様相だ。

P1030657

その他、青ネギ、白ネギ、メンマ、法蓮草、モヤシ、ナルトが入る。具沢山のラーメンで、800円ながら、コストパフォーマンスは高い。

店内は、カウンターのみ。桜に関連するBGMがかかる店内は、清潔で穏やかな雰囲気。若夫婦の頑張る姿勢は好感が持てる。 


信州温泉巡りを終え、長野駅へ。新幹線の時間まで、まだ少々あったので、駅前のこちらへ。

P1030370

食べたのは、蕪村そば 太麺 730円。

P1030367

麺は、若干捻りの入った太麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのあるモチモチした麺が出てくる。噛み応え十分で、噛みしめると腔内に小麦の香りが広がる。おそらく、つけ麺用の麺。そのためか、スープとの一体感がやや弱く、丼の中では浮いた感じ。

P1030369

スープは、鶏白湯+魚介系の「またおま」スープ。丸鶏からじっくりと動物系の出汁を採り、鰹節などから魚介系の出汁を採る。非常にクリーミーなスープで、これはレベルが高い。魚粉が追加されていることで、鶏白湯よりも魚介系が前面に出ている。

チャーシューは、ばら肉。トロトロで柔らかく、しかし、肉の旨味も十分に保持されている。長野市では「豊龍」のチャーシューも美味しいが、「蕪村」のチャーシューも、負けず劣らず。

その他、ネギ、海苔、メンマが入る。海苔は上質なモノ。見た目から違う。メンマは、かつては太いメンマを編んだ編みメンマだったが、現在は穂先メンマ。両方とも柔らかく、美味しいことに変わりはない。

店内はカウンターのみ。バラックのような作りで、かつての店主は存在せず、バイト君のオペレーション。しかし、きちんと回っていた。  


この日は東京から長野市へ。疲れていたので、普段はグリーン車だが今日はグランクラスで移動してみた。大ぶりのシートだが、サポート感があり快適な移動。で、長野駅から徒歩圏内のこちらへ。

P1030304

食べたのは、鶏山賊揚げ定食+半ラーメン 1040円。 

P1030299

麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした安定した美味しさ。小麦の香りも、そこそこ。ただ、後述するスープと比較すると、若干麺の方が強い。

P1030300

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採る醤油スープ。伝統的な中華そばで、安定した美味しさだ。しかし、あまりにもトラディッショナルなので、縮れ細麺などには合うだろうが、ストレートの太麺には若干負け気味。

チャーシューは、ばら肉。トロトロで柔らかい。

その他、ネギ、海苔、メンマが入る。

そして、鶏山賊揚げ定食。もちろん、こちらがメイン。

鶏山賊揚げは、皮はパリッと、中はしっとり。素晴らしい出来だ。甘酸っぱいタレをかけ、マヨネーズをつけて、ご飯と一緒に頬張ると、これは至福だ。素晴らしく美味しい。山賊揚げのボリュームも十分。

P1030301

千切りキャベツも、次第にタレを吸い、美味しく仕上がってくる。ご飯もたっぷりなので、このセットで十分お腹いっぱいになる。 

P1030303

店内は、カウンターとテーブル席。テーブル席の充実具合に比較して、カウンターはあまりにもみすぼらしい。カウンターが充実すると、より快適に過ごせるだろう。

 

新幹線で、軽井沢から長野市へ。ご開帳のため、新幹線も混んでいる。長野駅到着後、観光客の多い善光寺口ではなく、東口へ。工事個所が多く、こちらも次第に開けていくようだ。その工事個所を通り抜けて、こちらへ。

IMG_1323

店内には、一押しのポスターが。

IMG_1318


食べたのは、王様中華そば 730円。

IMG_1320


麺は、ストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コシのある美味しい麺が出てくる。小麦の香りも十分で、前回食べた、鶏白湯の麺よりも数段美味しい。もしかしたら、同じ麺なのかもしれないが、麺とスープのバランスで考えると、こちらのバランスの方に軍配が上がる。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節など魚介系の出汁を若干効かせる。これを醤油ダレで返す、伝統的な和風スープだ。特徴は、大量の黒胡椒と、ネギに由来する甘味。大量の黒胡椒でピリッと来るのは、富山ブラックを髣髴とさせる。一方、富山ブラックと違うのは、ささがきに切られた大量のネギから、十分な甘みが出ることだ。胡椒の辛さとネギの甘さ。一見ベクトルが違うのだが、重なり合うことで、ベクトルが引っ張り合うのではなく、深みを醸し出している。

チャーシューは、ロース。しっかりした食感ながら、肉汁を保持し、端にある脂身の部分も甘みがあり美味しい。これは、レベルの高いチャーシューだ。

IMG_1322


そして、ネギ、海苔、メンマ。ネギは、ささがき。この切断面の大きさが、ネギから甘みを出すのだろう。メンマも海苔もスープに良く合っている。

これが長野市の伝統的なラーメンなのかと思うと、郷愁に浸る思いだった。かつて繁華街の権堂に元気があったころ、〆の一杯にこのラーメンが人気だったのだろう。これは絶品の復活作だ。

 

5月まで善光寺でご開帳。そのせいか新幹線が混んでいる。そんな中、軽井沢から長野市へ。駅前でアクセス抜群のこちらへ。

IMG_1278


食べたのは、みそらぁめん 大盛 770円。

IMG_1273


麺は捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感で美味しい。まさにこの味噌ラーメンのためにある麺だ。長野市では、いろいろなタイプの麺に出会えるが、こちらの麺もとても美味しい。

IMG_1276


スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、信州味噌で返す。今日は、やや出汁が浅めの感じ。そこにいつものように、ヤンニンジャンを加える。相当ニンニク臭くなるので、その後の予定を勘案しながら投下量を決定しなければならないのだが、今日は多目に入れて見た。
普段は、ヤンニンジャンに負けないスープなのだが、今日は、やや負け気味。なので、一体感が少し失われてしまった。まあ、次回に期待しよう。

IMG_1275


チャーシューは、ばら肉ロールを炙ったものが1枚。トロトロで美味しい。

そして、野菜。玉ねぎ、人参、モヤシを炒める。炒め始めるとジュージューという音と香りが店内に充満し、思わずお腹が鳴ってしまう 笑。

IMG_1272


この量が非常に多く、まるで「二郎」を食べているような気分になる。 今日は大盛なので麺量も多く、ワシワシと麺、スープ、野菜を楽しんだ。

人気店で、次から次へと客が入ってくる。さすがだ。 


春の信州。随分暖かくなり、露天風呂も楽しめるようになってきた。温泉でしっかり体を癒した後、こちらへ。2015年春OPENの新しい店。

IMG_1199


店内は、小上がりとテーブル席。テーブル席は、実質的にはカウンター状態。

食べたのは、中華そば サービス大盛 750円。

IMG_1197


麺は、ほぼストレートの中細麺。デフォルトで頼んだのだが、コリコリした食感で小麦の香りも十分な美味しい麺が出てくる。大盛で頼んだので、結構麺量は多い。中細麺なので、途中でダレるのではないかと心配したのだが、最後まで美味しく頂けた。長野市で食べる麺としては、相当レベルが高い。自家製麺。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、カツオ節、昆布から魚介系の出汁を採る。非常にベーシックな醤油ラーメンなのだが、レベルが高い。昆布の旨味が前面に出ており、麺にもよく絡む。店内の案内を見ると、醤油ダレにも昆布が入っているそうだ。

IMG_1198


チャーシューは、肩ロース。ホロホロに柔らかく、脂も適度に入っている。しかし、肉の獣臭さが若干残る。この辺りの処理が上手くいけば、更に美味しいチャーシューになるだろう。

その他、メンマ、青菜、ネギが入る。メンマは、真っ直ぐな細長いものが結構入る。メンマに対する自信の表れだろう。青菜も新鮮で美味しい。メンマも昆布締め。柚子のかけらが入っており、口の中をすっきりさせる。

ご夫婦で色々なラーメン店を経営し今に至ることが店内のPOPで分かった。目配り、気配りの利いたサービスで、気持ちよくラーメンを楽しむことができた。BGMは、サクラに繋がるJPOPが続いていた。

 

この日は、軽井沢も東京も長野市も、荒れ模様の天気。そんな中、温泉に入りに長野市へ。ゆっくり体の疲れを取った後、こちらへ。

IMG_1147


食べたのは、塩野菜焼拉麺 750円。

IMG_1143


麺は、ほぼストレートの中太麺。茹でた麺をフライパンで焼く。なので、外側には焼き目がつき、焼きそばのようにパリパリ。で、中はしっとりした、面白い麺。ただ、フライパンで茹で麺の塊を焼くので、それ自体が大きなダマになり、麺を引っ張り出そうとしても、麺全体がくっついてくる。まあ、焼き麺なので仕方がない 笑。小麦の香りは、そこそこで、本来の麺の旨味は、普通のラーメンの方が味わえるだろう。

IMG_1145


スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、塩ダレで返す。クリーミーなスープだが、結構あっさりしていて、この手のガッツリ系では物足りなく感じるのが第一印象。しかし、飲み進めるにしたがって、次第に存在感を出してくる。
こういう麺にはこってりしたスープを纏わせるのが常道だが、こちらのスープは、こってりではなくクリーミー。上品な味付けだ。
最初は、焼き麺なので、スープとの絡みがイマイチだったが、焼き麺が次第にスープを吸い、一体感が出てきた。

チャーシューは、サイコロ状の細かいものと肩ロースの2種類。いずれも、ややパサつき気味で、肉の旨味が抜けていた。

その他、モヤシ、キャベツ、海苔が入る。茹でモヤシとキャベツが大量に入るのは、何となく二郎系を意識した感じだ。野菜が増えると、どうしてもその水分で、スープがマイルドになるので、それに負けないだけのスープの強さが欲しい。

店内はカウンターとテーブル席。店主とお母さん?の目配り、気配りの利いたサービスは、とてもレベルが高いし、心を安らぐ空間になっている。今日ものんびり、美味しいラーメンを頂くことができた。

 

この日の軽井沢は、なんと吹雪。もう4月なのに。で、あまりにも寒いので温泉に入りに長野市へ。長野市では、雪は降っていなかった。駅の近くで何か食べようと思い、こちらへ。駅からとても近い。

IMG_1079


食べたのは、みそらぁめん 670円。 

IMG_1078


麺は、捻りの入った中太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感で、コシもあり、小麦の香りも十分で、非常にレベルの高い麺。これは美味しい。後述する味噌スープとの相性も良い。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採り、信州味噌で返す。ボディがしっかりしたフルボディスープ。野菜と一緒に炒めているので、野菜の旨味もスープに滲み出ている。
スープだけでも美味しいのだが、これにニンニク唐辛子をトッピングすると、最強。口が臭くなってしまうが、パンチの効いた辛味噌スープが出来上がる。

IMG_1076


チャーシューは、ばら肉を炙ったもの。トロトロで美味しい。

その他、炒め野菜が入る。ニンジン、タマネギ、モヤシが入り、良く炒められており、タマネギの甘みが引き立つ。更に、ネギと胡麻がトッピング。

今日は、大盛ではなく普通にしたが、普通でも十分満足できる。4月にしては寒い日だったが、ぽかぽかになった。 


長野市にも春が訪れ、桜がちらほら咲いている。こちらでは、サービスチケットをもらうのだが、その期限が迫ってきた。これはリピートを促進する上手な仕組みで、月に1回は訪れるインセンティブになる。

IMG_1060


今まで、富士ラーメンを中心に食べてきたので、今日は違うメニューで。

食べたのは、濃厚味噌らーめん サービス大盛 720円。 

IMG_1056


麺は、ストレートの中太麺。デフォルトで頼んだのだが、若干緩めのコシを感じられない麺が出てくる。まだ富士ラーメンの方が全然よく、小麦の香りも弱く、イマイチ評価できない。この評価できない麺を大盛にしたのは辛い。結構な量で250g以上あるのだが、美味しくない麺をたくさん食べるのは、ある意味作業になってしまう。

IMG_1059


スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。返しの味噌は、信州味噌だと思われるが、あまり旨味を感じない。また、「弁慶」ばりに細かい背脂が大量投入されるのだが、「二郎」や「弁慶」と違い、背脂に甘みがない。なので、ブヨブヨした物体が、たくさん入っているだけになる。
背脂を大量投入するなら、スープのボディをしっかりさせなければならないが、それが脆弱。なので、背脂の油分に押されて、スープの輪郭がはっきりしない。

このように、ラーメンの背骨である、麺とスープの印象がイマイチなので、今日のラーメンの評価は低い。

チャーシューは、富士ラーメンと同じものだが、この日のチャーシューは臭みがあり、美味しくなかった。

IMG_1058


その他、青菜、メンマ、味玉、キクラゲ、ネギが入る。なぜかキクラゲが大量投入。食感はコリコリしているのだが、あまりスープと馴染まない。

総じて、評価の低いラーメンだった。デフォルトである、もりそばなど、まだ試していないので、そちらも機会があれば試してみたい。

 

長野市温泉旅行2日目。昨日は「」で、美味しいラーメンを頂いたが、今日はこちら。さすがに3月になると、次第に暖かくなり、随分過ごしやすくなった。



まずハイテク券売機で、チケットを購入。



食べたのは、味噌富士ラーメン サービスチャーシュー 820円。



麺は、ほぼストレートの太麺。デフォルトで頼んだのだが、モチモチした食感。小麦感はそれほどない。二郎インスパイア系であるのだが、麺量は実は多くない。おそらく200gないだろう。でも、満腹になる。それは、後述するモヤシのせいだ。



スープは、豚骨から動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。今日は、その後のスケジュールのため、ニンニクをトッピングしなかったのだが、その際、店員が「スープにもニンニクが入っていますが」と、確認をしていた。
ニンニクをトッピングしないと、かなり大人しめのスープになる。完全に乳化させたスープで、表面には小さな背脂も。返しの味噌は、あまりつよくない。醤油にしても味噌にしても、そんなに味は変わらないだろう。

チャーシューは、ばら肉スライス。サーヴ直前に炙ってくれるので、旨味が活性化している。サービスチャーシューで合計4枚。肉質自体はそれほど良いものではないが、なんとか美味しく提供しようと工夫を凝らしている。



その他、ヤサイ。二郎直系とは違い、キャベツは皆無。浅茹でのモヤシがぎゅうぎゅうに詰め込まれている。頂上にはネギ。それだけでは美味しくないので、一度取り皿へ移し、ニンニク醤油をかけ、馴染ませる。その後、徐々にラーメンに戻しながら、食べ進める。


麺1に対し、モヤシ2くらいで食べていくとちょうど良いバランス。だから、麺量が二郎系にしては少なくても、最終的には満腹になる。

店内はカウンターとテーブル席。テーブル席と言っても目の前に仕切りがあるので、カウンターのようなもの。カフェ風の雰囲気で、お洒落な感じだ。

 

↑このページのトップヘ