Chris MacArthur, The Well-known Gourmet Scholar

I have always enjoyed sharing my enthusiasm for ramen and good cuisine with others. It gives me a big thrill when my sharing leads to someone trying something new or developing an interest for ramen or good cuisine.

カテゴリ: 中華・中国料理

青山学院大学での会合後、乃木坂へ。青山一丁目方面へ高級住宅街を進む。その中にある一軒家のこちらへ。

食べたのは、 5000円+アルコールをいろいろ。

まず前菜。中華っぽくなく、パプリカが入りイタリアンっぽい雰囲気。
P1080432

その後、鍋。胡麻油を鍋に入れた後、まず、豚バラ肉と牛肉を炒める。しかし、ここで肉を食べるわけではなく、軽く炒めたら、一旦鍋から上げる。その後、鶏がらスープを入れ、青梗菜、ネギ、白滝などが入る。
P1080427

そして、再び豚バラ肉、牛肉が入り、完成。ここまでは、すべて、調理、サーヴともお任せ。
P1080439

第2弾は、肉団子が入り、これもまた美味しい。お腹一杯になり、満足。アルコールをしっかり飲んでも1万円程度で終わる。
P1080442

店内は、テーブル席のみ。和気あいあいとしたサービスで、ゆったりできた。


東京大学での会合後、散歩がてら茗荷谷へ。駅前にある、こちらへ。
P1080038

食べたのは、チャン玉+辛口+禁断のトッピング アブラ 700円。
P1080035

チャン玉は、相変わらず大変美味しかった。玉子の油が素晴らしく、揚げ玉子のような雰囲気もある。そこにトッピングの脂が、今日はマシマシで入っており、素晴らしいコクと甘み、旨味。チャーハンの量は並では標準量だが、一度是非特盛を試してみたい。
P1080036

付け合わせのスープもなかなか。今日は、モヤシがサーヴされなかった。
P1080037

店内は、カウンターとテーブル席。相変わらず安定したオペレーションで、素晴らしいお店だ。


専修大学での会合後、九段下へ。巷でも評価の高い、こちらへ。
P1070880

食べたのは、香港式焼き物3種の飯 1300円+税。

まずサラダ。トマトとレタスに和風ドレッシングで、それほど特徴はない。
P1070873

そして、メイン。構成は、脆皮燒肉、蜜汁叉燒、滷牛腱の焼き物3種に、ご飯、青梗菜。
P1070875

脆皮燒肉は、皮がパリパリ、肉はジューシーで、噛みしめると肉汁があふれ出る。これは美味しい。あふれる肉汁と一緒にご飯を頬張ると、もう至福だ。
P1070878

蜜汁叉燒は、甘めのタレがぴったりで、これも美味しい。ご飯が進むアイテムで、食欲を抑えるのが難しいほどだ。
P1070877

そして、滷牛腱。筋も柔らかく、冷製の仕上がりも素晴らしい。紹興酒と合わせたい。
P1070876

青梗菜は程よい茹で加減。ご飯も、この美味しさなら、更に欲しいところだ。スープも、隙はない。まるで良質のコンソメスープを飲んでいるかのよう。素晴らしい美味しさだ。
P1070879

店内は、テーブル席のみ。人気店だが、ご夫婦?の厨房1+ホール1の構成。全く追い付いていない。しかし、ここは香港に来たつもりで、気長に楽しむのも一興だろう。


東京大学での会合後、赤門の目の前にある、こちらへ。横断歩道を渡るだけなので、数十秒で到着。
P1070706

食べたのは、四川蒸し鶏定食 辛目 750円。
P1070702

よだれ鶏っぽい名前だが、微妙に違う。蒸し鶏には、胡麻ペーストの芝麻醤がかかっている。結構、辣が効いていて辛い。更に唐辛子。辛目でオーダーしたのだが、しっかりと辛目に仕上げてくれた。蒸し鶏の下には、角切り胡瓜。シャキシャキして瑞々しく歯ごたえも良い。
P1070703

ライスは、デフォルトで多め。さすが学生街というか東京大学の目の前だけある。スープは、豆腐が入った中華スープだが、独特の味。
P1070704

店内は、カウンターとテーブル席。いわゆる街中華。オペレーションもホールも中華。サービスはそれなりだった。


専修大学での会合後、神田神保町へ。近くには、元「二郎神田神保町店」、現「立川マシマシ」がある。今日は、以前から気になっていた大盛メニューを楽しみに、こちらへ。
P1070646

食べたのは、カレー炒飯 700円。
P1070643

炒飯は、デフォルトで大盛。推定350g。米がパサパサで、古米っぽい。甘みもあまり感じられない。具はシンプルで、玉子とネギ。この炒飯だけでは食べるのが、かなり苦しい。
P1070644

しかし、カレールーを加えると、様相は一変する。ルーは、中華スープにカレー粉を混ぜた感じ。具は、玉ねぎ、タケノコ、豚肉。玉ねぎは、かなりシャキシャキしており後入れだ。このルーが相当な量で、大きな皿一杯に入っている。で、パサパサ炒飯とカレールーを混ぜると、一気に炒飯が花開く。ルーの水分を吸い込み、美味しい炒飯が出来上がる。炒飯単体ではなく、ルーと一体化することで真の価値を発揮するのだ。

スープは、中華スープ。ルーが多いので、スープの必要性をそれほど感じない。
P1070645

店内は、テーブル席のみ。カウンターもあるが、椅子が置かれておらず使われていないようだ。ご夫婦?のサービス。街中華の穏やかな雰囲気だった。


大阪大学での会合後、梅田からスカイビル方面へ。スカイビル麓にある、こちらへ。
P1070442

まず、生ビール 500円。お通しで、キムチ。旨味のあるキムチで美味しい。
P1070436

そして、立山餃子 350円。白菜を中心とした野菜がしっかり入った餃子で、青森産ニンニクがしっかりと効いている。これが基本の餃子で、出汁醤油と辣油で頂く。旨味が濃厚で、とても美味しい。
P1070438

そして、海老餃子 480円。こちらは、塩とレモンで。プリップリの皮と海老で、これもまた絶品。皮と海老の弾力がたまらない。
P1070439

これらの餃子に合わせたのが、黒霧島ロック 430円。芋らしいしっかりした風味で、しっかりした餃子との相性が良かった。
P1070437

店内は、カウンターのみ。おしゃれなバーのような造りで、店主の接客もよく、さすが良店だと感じた。


駐大阪・神戸米国総領事館での会合後、北新地へ。路地裏にある、こちらへ。
P1070374

食べたのは、名物ひとくち餃子 1500円+瓶ビール 600円。

まず瓶ビールとお通し。胡瓜と沢庵。この沢庵が、甘い沢庵で無茶苦茶美味しい。沢庵とビールで、幸福に浸れる。
P1070369

そして、餃子。なぜか平べったい餃子。豚ミンチ、白菜、ニラは当然なのだが、そこに相当量の唐辛子、ニンニクが入る。なので、唐辛子、ニンニクで、かなり辛めの仕上がり。でも、卓上の辣油が唐辛子入りなので、それをガンガン入れて、激辛で頂くと、ビールが進くんになる。20個の餃子がデフォルトだが、あっという間に頂いた。
P1070371

店内は、カウンターとテーブル席。ぶらっと訪問して、サクッと餃子を頂く。長居無用の店だが、さっぱりしたサービスで好印象だった。


東京大学での会合後、茗荷谷へ。千川通り沿いにある、名店のこちらへ。
P1070289

食べたのは、よだれ鶏 850円+豊栄チャーハン 1200円+アイスジャスミンティー 350円。

よだれ鶏は、最初はそれほど辛さを感じないのだが、後半にしっかりと麻と辣を感じる。ネギ、玉ねぎ、キュウリなどが大量に刻まれており、非常に風味が良い。これは人気なのも頷ける。鶏は、蒸し鶏で、プリプリ。とても美味しい一品だ。
P1070284

豊栄チャーハンは、特徴的な醤を使った炒飯で、結構味がしっかりしている。ネギ、パクチーが入り、東南アジア的な香りがする。トップには、素揚げされた海老。単なる茹で海老ではなく、ひと手間かけられている。
P1070288

店内は、テーブル席のみ。人気店で、予約がないとなかなか入れないが、週末のランチは、当日席も用意されているので、まだ使い勝手が良いだろう。


東京大学での会合後、上野桜木町から上野へ下る。そして、上野と入谷の間にある、こちらへ。
P1070214

食べたのは、豚角煮炒飯 大盛 780円。
P1070210

大盛にすると、本当に大盛。普通の炒飯3杯分くらいの盛りだ。角煮、角煮の煮汁、キャベツの千切り、ニンジンなどが入る。角煮は具材としては大振りのものが入る。十分な食べ応え。煮汁は、黒酢の影響もあって、酸味や甘みを感じる。とにかく量が多いので、後半は食べきることに集中した。
P1070211

スープは、卵スープ。キャベツのサラダもつく。
P1070212

デザートは、杏仁豆腐。手作りの一品で、美味しかった。
P1070213

店内は、テーブル席のみ。建て増しをしているようで、隠し部屋っぽい造りになっているのが、面白い。


明治大学での会合後、神田神保町へ。交差点から皇居寄りに少し南下したところにある、こちらへ。
P1070180

食べたのは、カレーチャーハン 760円。
P1070177

カレーパウダーがまんべんなくいきわたっている。ドライカレーではなく、カレーチャーハンである由来は、かなりのパサにあると思う。水分を極限まで飛ばされたお米。そして、油がお米を纏っていないので、食べるたびに水分が口内から失われる。なので、スープ必須。具材は、卵とネギとチャーシューとシンプル。デフォルトで結構量があり、食べ応えがある。
P1070178

スープは中華スープに揚げネギが入る。この揚げネギがさりげなく美味しい。
P1070179

店内は、カウンターとテーブル席。昔ながらの中華料理店で、穏やかな空気が流れていた。


東京大学での会合後、本郷から茗荷谷へ。駅前にあるこちらへ、久しぶりに訪問。
P1070165

食べたのは、チャン玉 辛口 禁断のトッピングアブラ 700円。
P1070163

今日の辛口は、しっかり辛口。炒飯だけでも美味しいのだが、辛口にし、アブラをトッピングすると、旨味がさらに増す。本当に素晴らしい美味しさだ。そして、玉子は玉子焼きというよりも玉子揚げ。油をしっかりと吸った玉子はトロトロで、これも炒飯に最適なトッピングである。
P1070164

付け合わせは、スープとモヤシ。モヤシをチャン玉にトッピングすると、これもまた美味しい。

店内は、カウンターとテーブル席。今日は珍しくテーブル席。いつもと違う風景で、新鮮だった。


東京大学での会合後、西日暮里経由で町屋へ。偶然夜の時間帯だったので、夜営業のみのこちらへ。
P1070156

食べたのは、ミックスセット 1080円。

まず、瓶ビール 600円+お通し 300円。
P1070154

お通しは、キャベツの酢漬けなのだが、ミックスセットにもキャベツがついているので、かぶる。これは何とかしてほしいところだ。

そして、ミックスセット。7種類の餃子がセットになっている。右から、びっくり餃子。これはベースとなる餃子。肉汁あふれる餃子ではなく、白菜をざっくり切った野菜中心の餃子。健康によさそうだ。そして、何よりも大きい。女将さんが半分にカットしてくれるが、それでも、大きく頬張る感じだ。次に、しそ餃子。紫蘇が入る分、さっぱりする。そして、納豆餃子。これは美味しい。コクが増し、なめらかになり、とても気に入った。いか餃子。烏賊のゲソを使用する。ゲソのプリプリ感が良いアクセントだ。明太子餃子。あまり辛くない。一番高いのが、えび餃子。海老がプリプリで美味しい。最後は、うめ餃子。これはかなり梅干の存在感が強い。
P1070155

店内は、カウンターとテーブル席。正に飲み処であり、つまみながら仕上げるのによさそうだ。赤毛の女将さんが良い味を出していた。


名古屋大学での会合後、栄の外れにあるこちらへ。前回訪問し、とても美味しかったことから、期間をおかずに再訪。
P1060552

食べたのは、台湾ラーメン 麺硬め 680円+ニンニクチャーハン 650円。
P1060550

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、コリコリした食感の美味しい麺が出てくる。このくらいの硬さが、やはり丁度良い。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。ニンニクと唐辛子が大量に入り、とても辛い。ただ今日のスープは、出汁の旨味以上に、塩辛さが前面に出てくる。後述するニンニクチャーハンもイマイチで、作り手が違うのかもしれない。

チャーシューは、存在しない。

その他、大量の唐辛子、ニンニク、ニラ、ひき肉が入る。ひき肉は甘辛く炊いてあり、台湾ラーメンの特徴だ。

ニンニクチャーハンは、今回はかなりあっさりしている。前回むせかえるようなニンニク風味に感動したので、今日はイマイチ。その分、パラパラしていた。
P1060551

店内は、テーブル席のみ。活気のある店内で、相変わらず良い雰囲気だった。


三菱商事での会合後、東京駅へ。東京駅構内にあるこちらへ。丸ビルの「筑紫婁」と比較すると、ややチープな造りだ。
P1060499

食べたのは、ふかひれの煮込みつゆそば 麺硬め 1600円+税。
P1060498

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、まあそれなりのコシ。小麦の香りは、そこそこ。後半戦はスープの熱さも相まって、次第にダレてくる。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、オイスターソースで返す。鶏白湯とオイスターソース。返しというか、オイスターソースの餡に旨味がある。なので、最初はドロドロなのだが、次第にスープ本来のサラサラ感が。

チャーシューは、存在しない。

その他、鱶鰭が入る。ただ姿煮ではないので、細かい繊維を餡の中にたまに見つける程度。

店内は、カウンターとテーブル席。丸ビルの「丸の内店」と比較するとかなりチープ。店内の雰囲気、店員ともに全然違う。東京駅でカジュアルに楽しむには、良いだろう。


名古屋大学での会合後、矢場町へ。中心部から少し離れたところにある、こちらへ。目の前が高速道路の高架で、ちょっと外れにある雰囲気だ。しかし「味仙」はビルになっており、灯りが煌々と照らされ、この一角だけはとても活気がある。
P1060375

食べたのは、台湾ラーメン 麺硬め 680円+ニンニクチャーハン 650円。
P1060371

麺は、ストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、非常に良いコンディションのコリコリした食感の麺が出てくる。このコリコリ感は最後までダレることなく、美味しく頂くことができた。
P1060372

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、香味野菜で味を調える。「JR名古屋駅店」でも食べたことがあるのだが、スープの深み、旨味が全然違い、非常に美味しいスープ。辛さのバランスも絶妙で、辛さ旨味のバランスが非常に良い。後述するチャーハンとの相性も非常に良く、ほぼ飲み干した。

チャーシューは、存在しない。

その他、ニラ、唐辛子、ニンニクが入る。

そして、ニンニクチャーハン。かなりニンニクが効いたチャーハンで、コクがあり旨味も濃厚。台湾ラーメン含め、ニンニクのオンパレードだ。
P1060373

店内は、テーブル席のみ。非常に活気のある店で、この空間は日本ではないようだ。是非また再訪したい。


東京大学での会合後、湯島、池之端を経由して上野へ。上野から、更に入谷方面へ向かう路地裏にある、こちらへ。店員は、完全に中国人。サービスマインドも中華風だ。
P1060252

食べたのは、リアル回鍋肉定食+ご飯お代わり 880円。
P1060247

リアル回鍋肉は、野菜がキャベツではなく、ニンニクの芽が中心。そこに玉ねぎ、人参が入る。豚肉は、豆鼓、甜面醬、豆板醤で味付けされ、赤っぽい色合い。最初、量が少ないのではと感じたが、なかなかどうして、十分な量で、お腹一杯だ。
P1060248

ご飯は、熱々だが、水分が飛びきっていない、ややべちょ飯。しかし、回鍋肉でご飯が進むので、思わずお代わり。
P1060249

スープは、玉子とワカメのスープ。味付けも良い。
P1060250

デザートには、杏仁豆腐。プルプルだ。これで880円は、かなりお買い得だろう。
P1060251

店内は、テーブル席のみ。人気店で、続々とお客が入っていた。異国情緒あふれるリトル成都。再訪したい。


東京大学での会合後、千駄木、谷中から三河島へ。麻婆豆腐の名店があると聞き、こちらへ。路地裏に入った静かな住宅街の中にポツンとある小さなお店だ。
P1060220

食べたのは、「五味一体」麻婆豆腐 5辛 ご飯ザーサイセット 800円。
P1060215

麻婆豆腐は、辛さを1辛から5辛の中で5辛を選択。辣=辛さだけではなく、麻=痺れもかなり入ってくる。旨味をしっかりと感じられる美味しい麻婆豆腐なのだが、次第に痺れでご飯を呑み込むのが難しくなってくる。
P1060216

ご飯は、お代わり自由。なのだが、麻婆豆腐の痺れで、喉の感覚が薄れてくる。なので、先にご飯を食べてしまい、その後、麻婆豆腐を片付けることにした。そして、なんとか完食。
P1060217

店内は、カウンターとテーブル席。小さな店だが人気店で、ひっきりなしにお客が入っている。素晴らしい名店を発見した。


東京大学での会合後、散歩がてら茗荷谷へ。最初「かとう」に行こうと思ったのだが、食べたいメニューがなかったので、急遽こちらへ。
P1050535

食べたのは、チャン玉 大盛+辛口+禁断のトッピング アブラ 850円。
P1050533

大盛にすると、相当量増えて、並盛なら炒飯に覆いかぶさる卵が、ちょこんと乗っている感じになる。量は多いのだが、辛口とアブラのおかげで、グイグイと蓮華が進む。本当に美味しい炒飯だ。トップに乗る卵も油を吸い、若干カリカリの部分とトロトロの部分が上手く混ざり合い、とても美味しい。
P1050534

中華スープを途中に挟みながら、余裕で完食。大満足だ。

店内は、カウンターとテーブル席。相変わらず活気のある接客で素晴らしい。


三菱商事での会合後、丸ビルへ。またまた時間のない中、事前情報なくこちらへ。
P1050532

食べたのは、ふかひれと蟹肉の煮込み汁そば 1900円+税。
P1050531

麺は、ストレートの細麺。デフォルトで頼んだのだが、意外にコシのある美味しい麺が出てくる。量もそれなりに多い。

スープは、なんと塩スープ。ふかひれのオイスタースープを想像していたので、これは意外というか残念なスープだった。もっとも塩スープとして飲むと、もちろん美味しいスープ。ふかひれと蟹肉では、蟹肉優勢でふかひれは気持ち程度。

その他、美味しいジャスミン茶がセットされる。
P1050529

店内は、テーブル席中心。高級店なのでサービスの質は高かった。


慶應義塾大学での会合後、広尾へ。広尾といいながらかなり恵比寿寄りのこちらへ。
P1050270

食べたのは、数量限定 JASMINE名物“よだれ鶏” 1100円+ミニ麻婆豆腐 250円。

まず、食前ジュースがサーヴされる。ベースはニンジンなどの野菜ジュースだが、ミカンなど果物もミックスされており、甘さの中に爽やかさを感じる。
P1050260

そして、結構待って、よだれ鶏が登場。構成は、メイン、小鉢、スープ、ご飯、デザート、そして、麻婆豆腐。
P1050262

よだれ鶏は、皮が厚めのもので、皮もプリプリで美味しい。肉はとてもジューシー。サイドには、茄子の素揚げが入る。ソースは、黒酢ベース。麻辣でいうと麻が強い。たっぷり胡麻がかかりトップには素揚げのピーナツ。暑い季節にはさっぱりする素晴らしい一品。
P1050263

小鉢は、きのこの煮野菜。
P1050266

スープは、玉子と人参のスープ。
P1050265

ご飯は、デフォルトで量が少ない。女性客が多いからだろうか。
P1050264

もっとも、お代わり可能なので、お代わりは大盛指定。これで丁度良い感じだ。
P1050268

そして、麻婆豆腐。意外に普通の味付けで、これはちょっと期待外れ。
P1050269

最後に、杏仁豆腐でクールダウン。
P1050267

この構成で、この価格はコストパフォーマンスが高いだろう。

店内は、カウンターとテーブル席。女性に人気のお店で、活気があった。


東京大学での会合後、湯島経由で御徒町へ。久しぶりにこちらへ。お昼を外した時間帯だったが、かなりの人気。回転は良いが、満席が続く。
P1050076

食べたのは、ランチ 豚の角煮+ライスお代わり 700円。
P1050070

角煮なんて鍋からサーヴするだけだろうと思うのだが、意外に時間がかかる。15分ほど待ち、サーヴ。大きな角煮が2つ入っている。重要なのは、タレなのだが、今回はタレが少ない。青梗菜が添えられる。角煮は、しっかりと煮込まれている。若干硬めに感じる部分もあったが、箸で切れるくらいトロトロに仕上がっている。
P1050071

ライスは、基本で大盛。角煮1つで一杯を頂く。
P1050072

途中で、更にお代わり。
P1050074

後半では、タレをかけてご飯を頂く。これが最高に美味しい。
P1050075

小鉢は、ポテトサラダ。サツマイモのポテトサラダで、甘みがあり美味しい。スープは、卵スープ。若干酸味を感じるが美味しいスープだ。
P1050073

店内は、テーブル席のみ。人気店なので、まず間違いなく相席。皆さん、思い思いに食事を楽しんでいる。非常に良い雰囲気で、素敵な空間だった。


東京大学での会合後、千駄木から西日暮里へ。偶然見つけたこちらへ。事前情報がなく、どんな料理を楽しめるのか分からず入店。
P1040527

食べたのは、坦仔麺 麺硬め+半チャーハン 720円。
P1040523

麺は、ほぼストレートの中細麺。麺硬めで頼んだのだが、それほどコシを感じることのできない麺。「街の中華屋」だから当たり前だが、業務用の麺っぽく、イマイチ美味しさを感じられない。デフォルトで結構な量。後述する炒飯と一緒になると、お腹いっぱいになる。
P1040524

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、鰹節から魚介系の出汁を採る。担仔麺というので期待したのだが、ベースは、普通の醤油スープ。そこに八角の効いたひき肉を入れることで雰囲気を醸し出そうとしているが、これは担仔麺のスープではない。かなり日本仕様にカスタマイズされている。

チャーシューは、存在しない。

その他、ニラ、モヤシ、ひき肉が入る。

炒飯は、かなり薄味。ややべちょ気味の炒飯で、好みの範囲からは外れる。
P1040525

杏仁豆腐もついたが、かなり薄味。
P1040526

店内は、テーブル席のみ。中華系の店員で、サービスは上々だった。


東京大学での会合後、散歩がてら茗荷谷へ。本当は、ミシュラン獲得店の「豊栄」に行こうと考えていたのだが、予約で一杯。ということで、急遽予定を変更し、こちらへ。
P1030888

食べたのは、チャン玉 辛口+禁断のトッピング アブラ 700円。
P1030886

相変わらず熱々で、素晴らしく美味しいチャン玉。玉子を崩しながら、炒飯と一緒に食べると至福だ。玉子は、油をしっかり吸った揚げ玉子のような感じでもあり、非常に美味しい。炒飯には、トッピングの脂が追加される。この脂がコクを出し、更に炒飯を美味しくする。
P1030887

付け合わせに、モヤシとスープがつく。モヤシは味付けモヤシで、チャン玉に乗せると美味しい。スープは、ワカメの中華スープ。

店内は、カウンターとテーブル席。今日はいつもの3人のメンバーに、アジアンな女の子が入っていた。新人さんのようだが、頑張っていた。



東京大学での会合後、茗荷谷へ。今日は時間があったので、ゆっくりできるこちらでランチ。
P1030320

食べたのは、本日のおすすめ昼膳 花山椒入りピリ辛麻婆豆腐 1680円。
P1030315

まず、前菜がサーヴされる。前菜は、蒸し鶏、カツオ、ザーサイ。蒸し鶏とカツオはタレの使い方が上手で、とても美味しい。
P1030312

そして、水餃子。こちらもピリ辛なのだが、美味しいタレ。皮はモチモチでなめらかな食感。
P1030313

メインの麻婆豆腐は、ベースの自家製甜面醬と花山椒、辣油のバランスが良く、ご飯が進む。量も丁度良く、バランスの取れたメインだった。
P1030317

デザートは、杏仁豆腐。中国の杏仁豆腐は、日本の杏仁豆腐と比較して、しっかりモチモチしている。本場さながらの美味しい杏仁豆腐だ。
P1030319

店内は、テーブル席のみ。落ち着いた空間で、大人のランチを穏やかにゆっくりと楽しめる雰囲気だった。



東京大学で会合後、茗荷谷へ。駅前のこちらに。ちょうど開店の時間で、口開けの客となった。
F3B8C6E9-8104-4986-A130-0253A1198C61

食べたのは、チャン玉 辛口+禁断のアブラ 700円。
FBB53703-260F-4783-814E-C567BC9E2AD8

今日もお気に入りのメニューで。まずチャーハンを辛口+禁断のアブラで。今回は、禁断のアブラを後乗せトッピングになっていた。そして、トロトロ玉子。これが本当に美味しい。
8464B24B-595A-4D9D-A6C9-D2578B7283ED

トロトロ玉子を乗せることで、チャーハンがジューシーになる。禁断のアブラは、チャーシューの切り落とし。こちらもジューシー。相変わらず満足できる一杯だった。

店内は、カウンターとテーブル席。いつものメンバーが厨房内で頑張っていた。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【送料無料】【大阪王将】炒めチャーハン230gX12袋セット
価格:2999円(税込、送料無料) (2017/7/25時点)


六本木ヒルズで会合後、麻布十番へ向かう途中にあるこちらへ。四川料理で有名な店だ。
P1020322

食べたのは、生椒椒香羊肉面のランチコース 1500円+税。
P1020315

前菜から徐々に出てくるのかと思いきや、一気にすべてがサーヴされる。

まず前菜の農家冷菜四味盆から。
P1020316

辛味の効いた枝豆やカシューナッツなど、それぞれ四川風の唐辛子と醤油が使われているのだが、それぞれに風味が違う。同じ辛さではなく、違う辛さ。その違いを楽しむのが、とても面白い。

そして、羊肉=マトンの汁なし担々麺。カットされた大量のマトンと、ナッツ、唐辛子、パクチーが入る。しっかりかき混ぜると底にあるタレと麺が絡み合い、絶妙の色合いに。激辛だと言うが、それほど激辛ではなく、花山椒の麻と辣が絶妙のバランスで仕上がっている。
P1020317

P1020320

スープは、トウモロコシと人参。あっさりとしたスープだが、滋味深い。
P1020318

その他、四川豆腐。柔らかく、レンゲで掬って頂く。
P1020321

店内は、テーブル席のみ。しっかりしたお店なので、サーヴもベテランはしっかりしている。満足の出来るサービスだった。



東京大学での会合後、茗荷谷駅へ。久しぶりに駅の横にあるビルの階段を上り、こちらへ。ランチタイムを大きく外れ夕方だったにもかかわらず、しっかり客入り。手堅い人気だ。
P1020073

食べたのは、チャン玉 辛口 禁断のアブラ 700円。
P1020070

カウンターの前に、禁断のアブラを発見。
P1020069

金髪の店主が、禁断のアブラを手にし、中華鍋で炒飯と共に炒めてくれる。素晴らしい。辛口なのでしっかりとした味付け。そこに油を含んだ、ふんわり玉子。オムレツとは違う、この店ならではの玉子。これが非常に美味しい。
P1020071

付け合せのモヤシは冷たいので、炒飯の中に埋め込む。温まり、これが美味しい。生姜スープも相変わらずの出来。安定している。
P1020072

都心にありながら、昔ながらの穏やかな空気が流れる。貴重なお店だ。



東京慈恵医科大学での会合後、大門へ。紅焼牛肉が食べられるというこちらへ。本店は非常にこじんまりとした店で、支店が立派なようだ。今日は、本店へ。
P1010930

食べたのは、牛肉丼 1300円。
P1010926

最初にスープが到着。この段階で、スープを堪能しておくべきだった。初めてなので、要領が分からなかった。
P1010927

続いて、牛肉丼と、キャベツの酢漬けが到着。牛肉丼は、山椒、豆板醤、ニンニク、八角、唐辛子、五香粉、クローブ、シナモンなど8種類の薬膳スパイスが入っているという。牛肉は一口大のほほ肉とスジ肉。スジ肉は若干硬めだが、基本的にはトロトロで、非常に美味しい。とにかく辛みが強く、日本市場で手加減をしない辛さ。そのため、ご飯を食べても熱いし、スープを飲むと舌に熱さがダイレクトに伝わる。なので、最初にスープを飲んでおくべきだった。モヤシのナムルは逃げ場になっており、ここで一息つくことができる。
P1010928

キャベツの酢漬けは、かなり酸っぱい。こちらも手加減なし。
P1010929

店内は、テーブル席のみ。小さな店なので、基本的に相席。風情と歴史を感じさせるお店だった。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1人前 / 紅焼牛筋牛肚牛肉麺
価格:1188円(税込、送料別) (2017/5/25時点)


開成学園での会合後、西日暮里駅前へ。で、夜の若干猥雑な雰囲気を纏う通りへ歩を進め、こちらへ。飲食店が入るビルの地下にある。
P1010824

食べたのは、麻辣湯 味玉+羊肉+エノキ 650円。 
P1010821

麺は、米麺、中華麺、刀削麺から選べるが、米麺の太麺を選択。太平麺で、非常にモチモチした麺だ。コシもしっかりしていて、これは美味しい。

スープは、豚骨、鶏がらから動物系の出汁を採る。ただ、このスープだけでは、所謂ライト豚骨と変わりはない。ここに、ラー油、生姜、ニンニク、唐辛子、五香粉、その他薬膳が入り、スープを構成する。2辛(中辛)でいったのだが、十分な辛さ。辣よりも麻が効いており、かなり酸味を感じる。

トッピングの羊肉は、パサパサだが、このスープによく馴染む。味玉は、出汁が黄身に入ったもので、このスープとはあまり合わない。

店内は、カウンターとテーブル席。モデルを思わせるような美人の中国小姐がサーヴしている。これは驚いた。

 

明治記念館で会合後、そのままこちらへ。地下にあるお店で、こういったホールに附設したレストランとしては、それほど大きくはない。

食べたのは、チャーハンセット 1390円。 
P1010107

炒飯は、蟹炒飯。かなりライトな味付けで、シンプルな構成。場所柄年配の顧客層が中心で、それに対応した味付けになっているのだろう。ボリュームもそれほど多くはない。
P1010108

セットでミニつゆそば。
P1010109

麺は捻りの入った中細麺。デフォルトで頼んだのだが、中華料理店に見られるごく普通の麺。

スープは、鶏がらベース。あらゆる中華スープのベースになるようなスープだ。

チャーシューは、ロース。

その他、メンマ、小松菜が入る。

店内は、テーブル席のみ。シニア層が多い、落ち着いた雰囲気だが、広さに対しスタッフの数が足りず、やや慌ただしさを感じる。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

東京ビアガーデン・ベストガイド [ カシハラ@姐御 ]
価格:972円(税込、送料無料) (2017/3/20時点)


東京大学での会合後、湯島経由で御徒町へ。寺門ジモン氏も絶賛する取材拒否の名店と言われるこちらへ。昼時なので満席で、少し待つ。間もなく入店。非常に活気のある店だ。
P1000786

食べたのは、ランチ 1.豚角煮 ライスお代わり 700円。
P1000782

まず、マカロニサラダと中華スープがサーヴされる。中華スープは、やや酸辣を感じる卵スープ。食欲を掻き立てる。
P1000783

そして、すぐにメイン。角煮は大ぶりのものが3個。青梗菜が添えられる。タレがスープのように入っていて、このタレに絡めながら食べると非常に美味しい。それでもタレは全然減らない。そこで、考えた。このタレをライスにかけると美味しいのではないか。八角の香りがしっかり効いている。
P1000784

ライスは結構多めだが、お代わり。このお代わりにも、タレをかけてしっかり全部頂いた。
P1000785

店内は、テーブル席のみ。非常に活気のある素晴らしい店だ。高い人気も頷ける。

 

上智大学で会合後、総武線で代々木へ。駅からすぐのこちらへ。
P1000689

食べたのは、半餃子(3ヶ)+台湾辛口ラーメンセット 830円。 
P1000687

麺は、若干捻りの入った中細麺。デフォルトで頼んだのだが、高速道路のSAで出てくるような業務用の麺だ。まあ、あまり期待できないとは思っていたが、その通り。

スープは、鶏がらから動物系の出汁を採り、生姜など香味野菜で味を調える東京醤油スープがベース。これに辣油や肉みそ、揚げ唐辛子で辛みを出すというのが、こちらのスタイル。ベースが東京醤油スープなので、かなりボディが弱く、加えて辛みもあまり感じられない。麺共々中途半端なスープだ。

チャーシューは、存在しない。

その他、肉みそ、モヤシ、メンマ、ニラが入る。肉みそもそれほど辛くなく、イマイチピントがボケた感じ。

但し、こちらの店は、ラーメンがメインではない。餃子がメインである。モチモチの皮にしっかり包まれた餡は、肉汁を豊富に保持している。素晴らしい餃子。ニラがしっかり効いた餡で、これは美味しい。
P1000688

店内は、カウンターのみ(1階席)。台湾出身の夫婦?がオペレートしている。ラーメンと餃子の出来上がりにかなりのタイムラグがあるのも本場っぽい。なかなか良い雰囲気だった。

 

Cartierで会合後、銀座1丁目へ。日曜日なので、歩行者天国で銀座通りものんびりした雰囲気だ。そして、大塚家具が入るビルの地下のこちらへ。
IMG_0107

食べたのは、Joe's スペシャルコース 2980円。 

まず前菜。若干辛みのあるタマネギの和え物と、鶏ササミ。いずれも凡庸。最初の皿から、あまりインパクトを感じない。
P1000588

次に、小龍包。蟹と豚肉。ジュースはたっぷりで美味しいが温い。そして、皮が厚い。小龍包は、薄皮を丁寧に持ち上げ、熱々のジュースを火傷しそうになりながら楽しむものなので、アメリカナイズされた、または、日本用にカスタマイズされた小龍包という感じ。
P1000590

そして、点心。海老、ホタテ、豚肉。こちらは、まだ温かかった。
P1000591

鎮江黒酢の酢豚は、ナス、山芋、サツマイモ。結構、黒酢が効いている。メリハリがあり、美味しい。
P1000600

麻婆豆腐。麻が結構効いている一方で、辣はそれほどでもない。麻が効きすぎると、料理を酸っぱく感じるので、個人的には辣が強めで、麻は抑え目の方が好みだ。
P1000602

麻婆豆腐には、汁そばを合わせた。時間が経ってから食べられることを考えてか、かなり硬めの仕上がり。スープは、あっさりしている。
P1000604

〆は、杏仁豆腐とマンゴープリン。
P1000605

店内は、かなりの大箱。この大箱に対して、スタッフの数も少ないし、質も低い。
P1000608

美味しいことに間違いはないが、ちょっと気取ったファミリーレストランに来ているような気分だった。

 

東京大学医科学研究所での会合後、目黒駅へ。目黒駅を抜け西口方面へ。すぐのところにあり、階段を地下へ降りる。
P1000501

食べたのは、龍門特製炒飯 1315円。 
P1000500

お米は本場長粒米ではなく、日本米。しかし、しっかりと炒められ、パラパラに仕上げられている。若干、卵とネギが入るが、ほとんどは、唐辛子と花山椒。名物「辣子鶏」の残った唐辛子と花山椒を使った炒飯で、辛み、痺れ、鶏油の旨味が混在一体化している。この中では、痺れが一番強い。最初は心地よい痺れなのだが、それが続くと若干辛くなる。アントニオ猪木考案らしい。

店内は、テーブル席のみ。寡黙で優しそうなご主人とちゃきちゃきしゃべる女将さんとのナイスコンビネーション。楽しい時間を過ごすことができた。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

四川料理には欠かせない!朝天辣椒 業務用1kg
価格:5940円(税込、送料別) (2017/2/20時点)


東京大学での会合後、春日から茗荷谷へ。今日はあまり時間がなかったので、時間が読めるこちらへ。
P1000559

食べたのは、チャン玉 辛口 700円。 
P1000557

残念ながら禁断のアブラトッピングはなし。ということで、シンプルに辛口で。今日は夜のオペレーションだったので、おばちゃんのオペレーション。玉子の揚げ具合が、昼と比較するとウェルダン。これはこれで美味しいのだが、ふわっとした昼の玉子がやはりポイントが高い。

炒飯は、辛口で、おばちゃんのほうがはっきりした味付け。これはこれで美味しい。卓上の胡麻をトッピングすると更に美味しく仕上がる。

スープは生姜が効いている、いつものスープ。
P1000558

店内は、カウンターとテーブル席。いつ訪問しても穏やかな空気が流れており、リラックスできる。素晴らしいお店だ。

 

アマン東京で会合後、新丸ビルへ。シンガポールベースの四川料理店であるこちらへ。
P1000374

アラカルトでいろいろ注文した。

まず、川式三拼盤 3240円。冷菜三種セットだ。冷菜は、蒜泥白肉。 蒜泥とはニンニクのソース。泥がソースだ。確かに。それほどニンニクはきつくなく、美味しい豚ばら肉。
P1000379

重慶口水鶏は絶品。よだれ鶏で、四川辣油がしっかりとかかっているが、意外に辛くなく爽やか。鶏はしっとりしていて、たまらない美味しさだ。
P1000381

凉拌海蜇皮はコリコリ。クラゲもしっかり辛みがついている。
P1000380

そして、メインの重慶辣子鶏 2700円。鶏肉より唐辛子の方が多いのではないだろうか。非常に良い味がついている。唐揚げは小さめの唐揚げで、ほぼ皮の食感。ここにしっかりと辛みが移り、最高の美味しさだ。
P1000384

四川豆花飯荘 麻婆豆腐 1944円は、それほど辛くない。痺れと辛みがちょうど良いバランスだ。
P1000384

ご飯にかけて、麻婆丼にした。
P1000386

店内はテーブル席のみ。洗練されたサービスで、スタッフの目配り、気配りも利いている。美味しい料理だった。

 

東京大学での会合後、茗荷谷まで散歩。年が明けて1月になり、一段と寒さが増してきた。なので、熱い料理を食べたい。ということで、駅前のこちらへ。
P1000022

食べたのは、チャン玉 辛口+禁断のアブラ 700円。 
P1000018

大将が外出中だったため、スポーツ新聞を読みながらのんびり。で、大将が帰ってきて早速調理。禁断のアブラも随分入れてくれ、これは美味しい。禁断のアブラを含め、結構油は入っているのだが、火の入れ方が上手いので、油の熱さと相まって非常に美味しいチャーハンが出来上がる。 ご飯一粒一粒が、油と熱さを纏っている。
P1000020

玉子も相変わらず良い塩梅でトッピングされる。これを崩しながら炒飯と一緒に食べると最高の美味しさだ。スープは生姜ベース。炒飯の油をすっきりとさせてくれる。

店内は、カウンターとテーブル席。独りで行くことが多いのでカウンターばかりだが、なかなか落ち着けて良い雰囲気だ。

 

東京大学での会合後、年末の茗荷谷へ。年末も押し迫ると、どの店も閉店か大掃除。かなり選択肢が少ない。そんな中、OPENしていたこちらへ。しかし、その後数人の客で打ち止め。ギリギリセーフだった。
P1060434

食べたのは、坦々炒飯 800円。 
P1060433

坦々というが、実際は豆板醤ベースの炒飯。他のメニュー同様かなりのボリュームで、しっかり火の入った熱々の炒飯は食べ応えがある。具材はそれほど多くないので、味のついたご飯をモリモリ食べる感じだ。
P1060431

スープは、中華スープ。生姜の香りがなかなか。
P1060432

店内は、カウンターとテーブル席。年末の選択肢が少ない中、ランチ難民が押し寄せてきていた。

 

東京大学での会合後、散歩がてら茗荷谷へ。年末を迎えたが、穏やかで温かく過ごしやすい。で、茗荷谷駅近くのこちらへ。
P1060361

食べたのは、チャン玉 辛口+禁断のトッピング アブラ 700円。 
P1060358

何度もチャン玉を食べているが、今日のチャン玉はかなりレベルが高い。辛口の効き方、禁断のアブラのバランス、いずれも非常に素晴らしかった。
P1060359

チャン玉の構成要素で重要なのは、炒飯、辛口、禁断のアブラ、ふわふわ玉子である。基礎のチャーハンは、禁断のアブラを加えることでグッと深みが増す。パラパラの炒チャーハンなのだが、禁断のアブラが油分を増し、パラパラながら重厚な味わいになる。また、禁断のアブラがラーメンの醤油ダレに漬かっているため、チャーハンの味も濃くなる。

辛口は、どうやら大盛でもレギュラーでも同じ量の辛口を足しているようで、大盛だと、ややボンヤリする。しかし、レギュラーだと、しっかりと味がついていて、これは非常に美味しい。トップを覆う玉子もふわふわ。素晴らしい出来だった。

付け合せの、モヤシとスープもなかなか。スープは、生姜がよく効いている。

店内は、カウンターとテーブル席。元気のある接客で、いつも素晴らしい。

 

東京大学での会合後、茗荷谷まで散歩。時折強く吹く北風に、晩秋から初冬への季節の移り変わりを感じる。で、茗荷谷駅近くのこちらへ、久しぶりに。
P1050989

カウンターに座ると、懐かしい「アブラ」の文字が。
P1050988

食べたのは、チャン玉 大盛+辛口+禁断のアブラ 850円。 
P1050985

チャン玉は、しっかり油をひかれた中、中華鍋を泳いだ卵がトッピングされる。これが非常に美味しい。辛口を加えたチャーハンは、味が引き締まっている。そして、禁断のアブラ。もともとラーメン用にタレに漬けられたチャーシューの脂部分を取り除いたものなので、タレの味がついた脂。もう至福である。

付け合せのスープと辛モヤシ。スープは、かなり生姜の効いたタイプ。辛モヤシは、チャン玉にオンし、一緒に頂く。
P1050987

店内は、カウンターとテーブル席。おひとり様は毎度カウンターなのだが、なかなか居心地が良い。いやぁ、アブラの復活は嬉しい。またヘビーユーザーになるだろう。

 
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

豚背脂 500g【冷凍便】業務用 国産 豚 背脂
価格:400円(税込、送料別) (2016/11/28時点)


東京大学での会合後、茗荷谷へ。ちょっと久しぶりのこちらへ。お昼を外した時間帯だったので、ちょっとまったりした雰囲気。スポーツ新聞を読みながら、出来上がりを待つ。
P7210764

食べたのは、チャン玉 辛口 700円。 
P7210761

前回に続き、禁断のアブラがない。これはちょっと残念。かなり美味しいトッピングだったので。で、ノーマルなチャン玉に辛口で。まあ、これでも、十分に美味しいのだが。
P7210763

玉子を崩しながら、チャーハンが出てきたところに、卓上の胡麻を振りかける。そして、食べ進め、更に玉子を崩し、チャーハンが出てきたところに、胡麻を。この繰り返しにより、次第に皿の上のチャーハンが少なくなっていく。至福の時間だ。

最近は、チャン玉ばかりだが、味噌ラーメンも美味しいので、次回は回帰してみよう。

店内は、カウンターとテーブル席。ランチタイムを外したが、根強い人気で客が途切れることはない。さすがだ。

 

東京大学での会合後、茗荷谷へ。前回、臨時休業だったので、一回食べ損ねたこちらへ。

食べたのは、チャン玉 辛口 700円。 

今日は、残念ながら禁断のアブラがない。ということで、プレーンなチャン玉。プレーンな分、辛口が前面に出てくる。辛さはそんなに辛いという感じではないのだが、ピリッと輪郭を引き締める感じだ。
アブラがない分、チャーシューやハムの肉系の味が引き立つ。カバーされている玉子と相まって、チャーハンの中に重みを出していく。

玉子と炒飯のバランスを考え、進捗管理をする。途中、スープを挟む。いかにも王道の中華スープだ。ショウガの香りが心地よい。途中、卓上の胡麻をふりかけ、味に変化をつける。

午後を少し過ぎた時間なので、まったり。このダレたというかのんびりした雰囲気がたまらない。

店内は、カウンターとテーブル席。意外に座り心地の良い椅子で、今日も炒飯を楽しんだ。

 

GYMでトレーニングを終え、身体がタンパク質と炭水化物、脂質を欲している。そこで、こちらで今日は大盛りで行くことにした。
P4090447

食べたのは、チャン玉 辛口 禁断のアブラ 大盛 850円。
P4090444

ファーストインプレッションから、並とは違う。並は、玉子が炒飯を覆うようにして、ほぼ全面を覆っているが、大盛の、このはみ出具合は、そのボリュームを雄弁に語っている。
P4090445

そして、大盛にすると禁断のアブラも結構増してくれ、嬉しいことに脂部分のみならずチャーシュー部分も結構入る。タレに染みたチャーシューが劇的に美味しい。

玉子とのバランスを考えながら、普段よりも炒飯の進捗を進めて、消費していく。辛口にしているので、炒飯の主張もしっかりしていて、とても美味しい。レンゲで掬いながら食べ進めるこの瞬間は、本当に至福の瞬間だ。

そして、とうとう完食。お腹いっぱいだ。大満足で、スープを飲み干した。

店内は、カウンターとテーブル席。今日は常連と店主がのんびり話していて、そのBGMも素晴らしいものだった。

 

東京大学での会合後、散歩がてら茗荷谷へ。随分暖かくなり、日差しもポカポカ。どの店にも看板メニューがあったり、自分の好みにぴったりのものがあったりするが、こちらでは今のところ、このメニューが最高だ。
P3210225

食べたのは、チャン玉 辛口 禁断のアブラ 700円。 
P3210223

お昼過ぎの訪問だったのだが、そこそこの混み具合。ちょうどカウンターが1席空いていたので着席。店内にあるスポーツ新聞を読みながら出来上がりを待つ。

最初に、モヤシがサーヴされ、直前にスープ。そして、チャン玉が登場。
P3210224

デフォルトのチャーハンは、やや味が薄めなのだが、辛口にすることで味に締りが出る。そして、禁断のアブラ。デフォルトだと刻みハムだけなのだが、このアブラがコクをだし、タレに漬かっているので、アクセントとなる。
玉子は、フワフワ。油で炒められているので、トロトロ。非常にふんわりとしていて、たまらない美味しさ。

茗荷谷にありながら、場末感満点で、とても落ち着く雰囲気だ。今日もカウンターで、一気にチャーハンを掻き込んだ。大満足だ。 


沈黙のオヤヂ食堂 [ 北尾トロ ]

沈黙のオヤヂ食堂 [ 北尾トロ ]
価格:1,512円(税込、送料込)

護国寺の出版社で会合後、茗荷谷へ。この辺りは、茗荷谷というよりも、茗荷台だ。そして、駅前のこちらへ。
P2270105

食べたのは、チャン玉 辛口+禁断のトッピング アブラ 700円。 
P2270104

前回、チャン玉を食べた時、もちろん美味しいのだが、やや薄味に感じたことを覚えていた。なので、今日は、辛口を追加。辛口とは豆板醤系のトッピングで、味噌スープにはイマイチ合わなかったのだが、ご飯ものには合うだろうと予測した。

果して正解。辛口のおかげで、チャーハンの味がグッと引き締まり、これは美味しい。更に、禁断のトッピングアブラの醤油味が、良いアクセントとなり、チャーハンに豊潤さを出していく。

トップに鎮座する玉子は、フワフワ。これもまた、美味しい。全体のバランスが良くなり、熱々の炒飯で、身も心も温まった。
P2270101

付け合せのモヤシは、チャーハンにイン。熱で活性化され、これもまた美味しく仕上がった。
P2270100

店内は、カウンターとテーブル席。茗荷谷にありながら下町チックな風情が色濃く出ている。スポーツ新聞を読みながら、のんびりするスタイルが似合う店だ。

 

暖冬から少し寒くなったように感じるが、例年と比較するとまだまだ温かい冬の日。護国寺の出版社での会合後、こちらへ。今日は、前回隣の席にいた人が食べていた美味しそうなメニューを。
P1040366

食べたのは、チャー玉+禁断のアブラ 700円。 
P1040363

チャー玉とは、チャーハン+玉子だと思われる。チャーハンの上に、オムライスのように玉子が乗っかっている。これが油で上手に成形された美味しい玉子で、食欲をそそる。
P1040365

炒飯自体は薄味の炒飯なのだが、ここに禁断のアブラが入ると一気にジャンクな美味しさが加わる。禁断のアブラは、チャーシューの脂部分をカットし、それを細かくしたもの。すでにチャーシューのタレが染み込んでいるので、チャーハンと一緒に炒めると、一気に脂の旨味が活性化する。

スープと、付け合せのモヤシは、まあ凡庸だ。

店内は、カウンターとテーブル席。前回は相当混んでいたが、今日は適度な混み具合。茗荷谷にも、こういう場末の雰囲気を残すお店があるかと思うと(しかも駅前に)、嬉しくなった。

 
炎のチャーハン Perfect Book

炎のチャーハン Perfect Book
価格:1,188円(税込、送料込)

真夏の炎天下、日本橋から馬喰町へ。この辺まで来ると、浅草橋までもう間もなくといった感じで、随分下町っぽさが増してくる。そんな中、こちらへ。

P1020487


食べたのは、担担麺+焼き餃子+炒飯 500円! 

P1020488


ワンコインランチを食べることが多いが、それでもこの内容でワンコインは衝撃的な価格だ。

P1020484


麺は、やや捻りの入った中細麺。デフォルトで頼んだのだが、意外にもコシを感じられる麺が出てくる。小麦の香りはイマイチ。そして、すぐにダレてくる。この辺は、業務用のレベルなのだが、この価格、全く文句はない。

スープは、ゴマ風味が弱い担々スープ。辛みもそれほど感じない。しかし、コクはあり、僕の想像する担々スープとは違うが、これはこれで美味しい。トッピングのひき肉が混ざると、コクも感じられる。

チャーシューは存在しない。

その他、ひき肉、ネギ、水菜、モヤシが入る。ひき肉に少々辛みをつけているようだ。モヤシはシャキシャキ。

炒飯は、卵炒飯。意外に薄味。坦々麺のお供だからだろうか。

P1020485


出色は、餃子。モチモチの手作り皮が最高に美味しい。正直、担担麺も炒飯も500円レベルだなぁと思っていたが、この餃子だけは、本場の風味を想起させ、驚きの美味しさ。

P1020486


店内はテーブル席のみ。気の良い中国人夫婦が一生懸命頑張っている。その姿を見るだけで、元気を分けてもらえた。

    

朝の尖沙咀海濱長廊は、とても気持ちが良い。ヴィクトリア湾は穏やかで、これでメインランドに由来する靄さえなければ、ベストの眺めだ。気持ちよく散歩を楽しんだ後、香港文化中心へ向かい、こちらへ。

IMG_1877 (1)


最近の飲茶は、オーダーシートに記入するスタイルで、こちらもそう。さすが観光地、写真付きのオーダーシートで分かりやすい。ただ、オーダーすると、昔ながらのワゴンで運んできてくれる。これは嬉しいサービスだ。

IMG_1867


サンミゲルがあったので、食前酒に一杯。

IMG_1865


食べたのは、原隻鮑魚蒸燒賣。 

IMG_1872


基本は豚の焼売なのだが、上にオイスターソースで味付けされた鮑が乗っている。もっとも、鮑というサイズではなく、トコブシといった感じだ。噛みしめると、磯の香りと肉の旨味が口の中にジュワッと広がる。さすが、鮑を売りにしているだけあり、その調理は素晴らしい。

店内は光が入りこみ、とても穏やかな感じ。ヴィクトリア湾を望み、眺めもとても良い。

本来であれば、ゆっくりいろいろな皿を楽しみたいところなのだが、この日はスケジュールが立て込んでおり、また、連食の予定もあったので、一皿だけ楽しんで、店を後にした。


香港飲茶ガイド 本場で味わう「食」の芸術品

香港飲茶ガイド 本場で味わう「食」の芸術品
価格:1,728円(税込、送料別)

土鍋炊き込みご飯の有名店。男人街のナイトマーケットのすぐそばにあり、なかなか猥雑な雰囲気。

IMG_1823
 

僕が口開けの客だった。でも、夕方5時過ぎにもかかわらず、次から次へと客が入り、あっという間に満席。

IMG_1822
 

缶ビールの青島ビールがあったので、それを飲みながら出来上がりを待つ。

IMG_1814
 

食べたのは、章魚雞粒煲仔飯HKD36=610円。

IMG_1819
 

土鍋炊き込みご飯なので、出来上がりまで結構時間がかかる。厨房から長粒米を炊き込む独特の香り(これはこれで慣れると美味そうな匂いに感じる)がしてくると、間もなく出来上がりだ。

章魚とはタコのこと。雞粒とは、鶏肉のこと。鶏肉とタコの出汁が、長粒米に染み込んでいるのだが、結構淡泊な染み込み方なので、専用醤油とチリソースで味を調える。
土鍋のおこげが最高で、これをスプーンでこそげ取りながら食べると最高の味。ご飯も然ることながら、おこげが美味しい。

場末の定食屋という感じだが、なかなかどうして。美味しい土鍋ごはんで温まり、ナイトマーケットの散策に出かけた。

 

大規模なショッピング・モールの海城港(ハーバー・シティ)を訪れた際に、こちらへ伺った。とにかく大きなショッピング・モールで、日本にも郊外には御殿場や軽井沢に大きなモールがあるが、海城港の場合は、ヴィクトリア湾岸を再開発し、都心のど真ん中にこれだけ大きなショッピング・モールを開いたところに価値がある。

IMG_1793
 

アジア諸国は、貧民層がなかなかそのセグメントから脱出できない一方で、アッパーミドルクラスが、次々とアッパークラスへステップアップしている。彼らの所得は、日本の東証一部上場企業のサラリーマンのように、企業から搾取された所得金額ではなく、しっかりとその成果に対する報酬を手にしている。なので、アッパークラスでは、一般的に日本の上場企業のサラリーマンの数倍の報酬を得ている。
そういう層をターゲットとしているので、ショッピング・モールには、有名ブランド店が立ち並び、一見若そうで所得が低そうな香港人が実は高所得で、ポンポン買い物をしている姿を見ることができる。

と、いろいろ現状調査をしたところで、ランチタイム。

IMG_1810
 

食べたのは、辣子香江子鴨 HKD120+青島ビール HKD38×2+服務費 HKD20=HKD216=3670円。

IMG_1802
 

もともと北京料理の店で、得意とするのが、北京ダック。なので、鴨を使った料理を食べようと思った。北京ダックは、一人では食べきれないので、メニューを見て、美味しそうなこちらに。

IMG_1806
 

四川料理の辣子鶏のような感じだ。上海で食べた辣子鶏と比較すると、唐辛子の量は少ない。しかし、代わりに青ネギとタマネギ、パプリカなど香味野菜がふんだんに入る。これがほとんど生なので、「食べ終わったら、口臭いだろうなぁ~」と思いながら、でも、美味しいのでガンガン食べる。

鴨肉は、身が締まっていて、結構歯ごたえがある。噛みしめると肉の旨味がジュワッと広がり、皮の近くは肉がプリプリしている。肉自体の量はそれほど多くないが、素晴らしく美味しかった。

IMG_1809


店内は新しく、清潔。日本のお洒落なレストランと全く遜色ないレベルだ。

IMG_1804


香港のアッパークラスが、手軽に北京料理を楽しむ雰囲気で、周囲では新興富裕層とみられる若者が、スマホ片手にランチを楽しんでいた。
 

↑このページのトップヘ