February 14, 2007

直島、尾道、広島、倉橋島に法事ついでにいってきた。
倉橋が一番すてき。あの大きな門と瓦、海沿いの匂い。。

それにしても国内旅行をしていて思うのは
この町並みどうにかならないのか、ということ。
広島は原爆で全部やられたから道とか広くて
新しい町なんだけれど、四角くて無機質で
ここ、吉祥寺ですって言われても納得する色のなさ。

やっぱり、土地の持つ磁場っていうか
特別な感じとか全然なくって、どこも変わりはしない。
今、情報化社会を迎えて、いつでもどこでも同じように
便利な生活が出来る。
資本主義の中で、店がチェーン展開し信頼を勝ち取り
街は画一化していく。
だからこそ、土地の価値が低下している今だからこそ、
その土地のもつ力を吸い取ったまちづくりが不可欠なのでは
ないかしらと思うわけ。
歴史を内包しつつ、それが表象されているような町並みが
やっぱり魅力的だし、だから京都は素敵だしと思うのですね。
東京の、あのスーパーフラットなスタイルが東京らしさ
だと言ってしまえば楽だけれど、街というものは
そう簡単に形成されゆくものではないし、しっかり時間をかけて
いかないと、やっぱり土台が緩んですぐ壊れてしまうと思う。
力のある街をつくるにはどうすれば良いのかという永遠の課題を
私は少しでも解いていきたいと願うのであります。

それにしても、どうすればいいのでしょう。
私はいざという時自信がなくって、ついつい諦めてしまう。
やっぱり、ちょっと不細工ぐらいじゃないと私は緊張して
喋れないのよー。まあ、時の流れに身を任せる!

(12:14)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔