過去の暴力事件

1980年代には、日生第一、第二高校の学内及び寮内で暴力事件が多発するとともに、生徒の自殺や集団脱走事件が相次いだ。

1985年には、教師による荒れた学園内の告発が週刊現代誌に掲載され、全国的な社会問題として取り上げられるようになった。こうした事態を受け、 国会議員による国政調査が行われ、参議院文教委員会及び決算委員会にて事件の報告が行われたほか、三重県も日生学園に対し、私学助成金交付に関連した行政指導を講じている。

 

今田耕司の脱走

1981年、 全寮制の日生学園に入学。しかし、寮から脱走しそのまま中途退学した。今田が在籍していた当時は、朝4時起床、校外 への外出は春休み、ゴールデンウイーク、秋の帰省、冬休みのみで、寮生活は上級生が下級生を奴隷のように扱うなどといった厳しい校風であったといい、さら に先輩からの強制的な同性愛行為を恐れた末の脱走だったという。



YouTube - 日生学園