番組が500人にアンケートを取った結果の主婦人気ベスト3はこれ。


①ピエトロ和風しょうゆ

これは唐揚げの下味にも使える




マツコも「もっとみんなやるべき」とコメント。

さらにこれだけで簡単にチャーハンが作れる。ご飯にドレッシングと具材を混ぜて焼くだけ。


ドレッシングの中に油成分が入っているので新たにフライパンに油は引かなくていいとの事。これだとパラパラに作れるらしい。

ポテトサラダのマヨネーズ代わりにも使える。ジャーマンポテトの様な味に。万能すぎ。



②ノンオイル青じそドレッシング(リケン)

サラダ以外に豆腐にも使えると評判。納豆のタレの代わりにも使えるそう。
③キューピー 深煎りごまドレッシング

2004年からこの10年間ずっと売り上げTOP

日本には1000種類のドレッシングがある中、その内売上10%がこのドレッシングだとの事。年間6000万本売り上げる。しゃぶしゃぶのタレに近く、どんな野菜にも合うと評判。



④胡麻ドレッシング(はつかり)

埼玉県川越市の松本醤油商店が180年間使い込んだ杉樽で作った醤油が味のベースになっている

ドレッシングと言うよりもゴマをすり潰した感じに近い程の「ごま感」が強いドレッシング。ごまの風味が効いていながら最後に醤油の味が効いてくる。

豆腐に合うということで新宿伊勢丹では豆腐コーナーに置いてあるとの事。

今回マツコが最も美味しいと評価した一品。



⑤すりおろしにんじんドレッシング(セゾンファクトリー)

バイヤーが超薦める、新宿伊勢丹の売り上げNo.1

人参の甘さは来るけれども必要以上に「にんじん、にんじん」はしていない。人参丸ごとを食べてるような感覚ではないらしい。この段階でマツコ絶賛。



⑥葱ドレッシング(朝倉物産)

青ネギが40本使われている

一瞬ドレッシングをかけてないかのように感じるほどに野菜感が強い。「今まで食べたことのないドレッシングで美味しい」とマツコ。

このドレッシングは魚や肉にも合うらしい

さらにパスタに合わせればジェノベーゼ風に出来上がる
⑦黒酢たまねぎドレッシング(アジア食品)

玉ねぎドレッシング独特の辛味を黒酢が優しくしてくれている。バイヤーがオススメするのはアジの南蛮漬けに活用する方法。

パスタに合わせるのもアリとの事。

ドレッシングの中の玉ねぎ自体が具になる程の存在感。


⑧すりおろしオニオンドレッシング(キューピー)
大した説明はありませんでした
⑨シーザーサラダドレッシング(キューピー)

余った時にタマゴサンド用のゆで卵に合わせると美味しい。塩コショウが強めのタマゴサンドが好きな人にはちょうど良いらしい。


※関連記事
あごひげ海賊団 : マツコの知らない世界に出ていたイヤホン専門店販売員が「この世で最も良いイヤホン」と称した格安イヤホン