自分は内向型が故にうまく生きて行けていないと感じている人はいると思います。そのような人の悩みを取り払うための本です。
自分が内向型か否か、それは下記の項目で判断できるそうで・・・

あなたは内向型?
●自分ひとりか、二、三人の親しい友達とくつろぐほうが好ましい。
●深くつきあっている人だけを友達だと思っている。
●たとえ楽しいことでも、外で何かしたあとは、休息をとる必要がある。
●無口で冷静に見え、観察するのが好きである。
●話したり行動したりする前に、考えることが多い。…
(自己診断のための「小テスト」より)

などがあるそうです。



内容説明

内容紹介

つきあい下手、考えすぎ、疲れやすい――
内向的なあなたが長所をいかして堂々と楽しく生きるコツ

世の中の75%は楽天的で活発な「外向型人間」だという。
残りの25%の「内向型人間」といえば、大勢の人が苦手、外に出ると疲れやすく、考え過ぎるタイプで、とかく肩身が狭くて、「なんとか自分を変えようと思いがちだ。

「外向型」と「内向型」がじつは生来の脳の回路の違いによる気質タイプの違いであることをご存じだろうか。エネルギーの取り組み方、刺激に対する反応、情報や経験に対するアプローチが最も大きなちがいだといわれる。

「外向型」は人と話したり外の活動からエネルギーを得、少しでも多く刺激を得たいと飛び回り、広く浅く経験を積み重ねていく。一方「内向型」はエネルギーをアイデアや感情などなかの世界から得て、静かに自分と向き合うことで充電し、深く経験することを好む。

このちがいと自分の特性がわかれば、今までのように自分を責めたり、別の人間になろうと思うことなく、ありのままで生きられるだろう。

パートナーや子供、同僚とどうつきあえばうまくいくかという具体的なアドバイスも豊富なので、「内向型」の人がラクに楽しく生きることに大いに役立つはずだ。

あなたは内向型?
●自分ひとりか、二、三人の親しい友達とくつろぐほうが好ましい。
●深くつきあっている人だけを友達だと思っている。
●たとえ楽しいことでも、外で何かしたあとは、休息をとる必要がある。
●無口で冷静に見え、観察するのが好きである。
●話したり行動したりする前に、考えることが多い。…
(自己診断のための「小テスト」より)

※本書は「小心者が世界を変える」(ヴィレッジブックス)の新装改訂版です。

内容(「BOOK」データベースより)

ありのままの自分でいい。パートナーや子供とのつきあい方から職場でのふるまい方まで、外向型人間主流の社会を泳ぎきるわざを丁寧にアドバイス。



カスタマーレビュー


安心しました
投稿者
読書好きのMD,PhD
投稿日 2015/1/3
形式: Kindle版 Amazonで購入
自己診断リストでほぼ当てはまり、僕は内向型人間であることを確信しました。

最もよかったのは、内向型は僕だけでは無かったことを知ったことです。
4分の1の人、少なくともレビューを投稿している人たちは内向型の仲間であり、安心しました。

私は40代ですが、子供の頃からその性格や気質を変えるように親や周りの人に言われてきました。
もっと社交的になれと。

この本を読んで、内向型には内向型なりの生き方をしていけば良いのだと、気持ちが楽になりました。

大変感激しています。強くお薦めします。
投稿者
miaoer
投稿日 2013/9/1
形式: 単行本(ソフトカバー)

最近最も感謝したいことは、この本との出会いです。

それまでは「内向型」に関する知識はなく、
自分のなかにあるいろんな矛盾や、
変えたいけどいくら頑張ってもなかなか変わらないところについて
ずっと葛藤を持っていました。
自分はおかしい、変わっている人間なんだと時々思います。

しかし、この本を開くと、まるで自分のことを書いているようで
著者自身の経験や内向型人間の特徴にいちいち共感して、
「同じ思いをしている人はいっぱいいるんだ」
「自分がおかしいわけではなく、ただ内向型人間だけなんだ」と
本当に生まれて初めて真の理解者に出会ったような感動を覚えた。
目から鱗の連続でした。

いままで自分に関する謎を解けたくて様々な心理学の本を読んできたが、
ここまでピタッとあてはまれたのが初めてです。
まだ少ししか読んでないが、まずこの感謝の気持ちをどうにかしたく
ここで読書感想の形で書かせていただきました。

「内向型」という存在は本当にもっともっとこの世界に知られるべきです。
自分のことを正しく認識することで、きっと自分のことをもっと好きになれ
自分の正しい使い方を知ることにつながるでしょう。

「内向型」かもしれないと思った方には、ぜひこの本をお薦めしたいと思います。

*「内向型」であるかどうかの判断にご参考を:

外向型人間はさまざまな活動や人や場所や物(外からの刺激物)からエネルギーを得る。
内向型人間はアイディア・感情・印象(自身の中の世界)からエネルギーを得る。

【内向型人間の特徴】
・自分で自分がわからない
・自己アピールがものっそい下手
・人は好きだが、パーティや飲み会が怖い
・最高に楽しいときですら、帰って寝たくなることがある
・何事も、狭く深く、です
・邪魔しないし、邪魔されるのが嫌い
・プレッシャーに弱い
・考えがまとまるまで話さない
・慎重すぎて、人に嫌がられる
・ちょっとした知り合いは、友達とは考えない
・自分の得意なことや趣味が思い出せないときがある

ほぼ100%内向的に該当、私の説明書でした。
投稿者
momonga
投稿日 2015/2/1
形式: Kindle版 Amazonで購入

電話の前にはリハーサル、面接や結婚式に行けばトイレへ引きこもり、外出は楽しいけど出来れば出かけたくないしゆっくりしたい…。人に会えば疲れて、もう半年は会わなくていい。大声の人、よく喋る人は刺激が強く苦手。少しの人付き合いですぐお腹いっぱいだった私。

子供の頃から活発な母親に個性を否定批判されて、すっかり自信を失っていました。

人が怖くなり何か病気なのか?とカウンセリングを受ける日々、これではいけないと自分を変えることに躍起になっていましたがそもそも脳や体の仕組みから遺伝子レベルで設定されているのだと知って楽になりました。

食べ物や自分を癒す対処法、消耗して閉じこもるのを予防する方法が具体的でとても参考になりました。力尽きてつい孤独になりがちですが、ネット上の付き合いでもいいから人と関わりを持つことは大切と書いてあり私でも出来そうだと思いました。
これからはもっと自分を労ってあげたいと思えるようになりました。