NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」などのTVでご活躍中の茂木健一郎さんの著作が本日セール中です。67%OFFなのですが、その結果1113円ものマイナスになっています。

この本は朝時間の活用に付いて書いています。朝の貴重な時間の本当の大切さは数ヶ月程の早起きを敢行した人だけがその享受できるものの大切さを実感できているものかもしれません。その「1日の朝」を有効に使いたいと考えている人には有効な本だと思います。







商品説明

内容紹介

朝こそ、脳が喜ぶことをやりなさい!
──仕事で成功している人・幸せな人生を送る人と、そうでない人との違いは「朝時間」の過ごし方にあった!?
脳が喜ぶ朝習慣や快適な朝を迎えるための睡眠法、最新のツールを駆使した朝活まで、茂木式・『朝型脳』のつくり方を公開!
「変わりたい」「挑戦したい」と思ったその瞬間から脳は活発に動き出す。
朝に最高のスタートを切って、一気に脳をハイパフォーマンスにするヒントが満載!

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ、成功者は「朝時間」にこだわるのか!?毎朝10分程度の「歩行禅」で気分爽快。「朝カレー」はストレスや疲労抑制に効果大。「リラックス脳」で朝を迎える就寝前の過ごし方。茂木式『朝型脳』のつくり方を公開。





カスタマーレビュー
脳科学的に朝時間をどう過ごすべきかを知りたい方におすすめ。
 投稿者 cyclone 投稿日 2015/12/29
形式: Kindle版 Amazonで購入

朝の時間は脳科学的にどのように過ごすべきなのか。
人間は朝の3時間がゴールデンタイムであり、一番集中できる。
朝ごはんを食べるとパフォーマンスが落ちるので、一番集中しないといけない仕事は朝食前に終わらせるべきであるというのが学び。

あと、驚いたのは、カレーにはやる気を出す効果があることが検証済みの結果として得られているということ。
やる気がでない時はカレーの食べるのも良いのかもしれない。

脳科学的に朝時間をどう過ごすべきかを知りたい方におすすめ。

やっぱり
投稿者
あや
投稿日 2015/5/13
形式: 単行本


デキる人は、朝の活動を大事にしているんだな~と、あらためて思いました。
茂木さんの、朝起きてからの行動が具体的に書いてあるのがよかったです。
「アウェー」に身を置くことが、脳のパフォーマンスを上げる、という部分、参考になりました。
茂木さんの本を読んでいると、「いつからでも脳は変われる」とあって、前向きな気持ちになれます☆

疑問が晴れました
投稿者 千葉県民 投稿日 2015/2/7
形式: 単行本 Amazonで購入


私の尊敬する人が「早朝は重要なことを思考するのに最も良い時間帯」と言っていたので、それは本当かな?本当だとしたら何故なんだろう?と思い、色々調べていたら、この本にたどり着きました。
この本によると、睡眠は、脳に入った情報を整理整頓する時間であり、寝起きは情報がすっきりお片づけされた状態なので、頭が冴えるのだそうです。そのため、重要なことを考えるには朝がいいのだそうです。
だから逆に、夜は脳内の情報が散らかっているので、難しい問題を考えるには効率が悪く、向いていないんだとか。
その他にも、推奨される生活習慣についての疑問が解りやすく解かれていたのでとても楽しめました。