厨房機器リサイクル

厨房機器販売

厨房機器リサイクル オセロ中島ついに引っ越し、家賃問題収束見えた

洗脳騒動の渦中にあるお笑いコンビ「オセロ」の中島知子(40)の都内にある自宅用と個人事務所用のマンションから21日、家財道具が運び出された。家具類には、先月23日にリサイクル業者が搬出した高級ソファと同じピンク色のものが続々。昨年6月の家賃滞納以来、ようやく退去に向けて動き出した。また、中島と同居していた自称占い師の女性(43)の親族がフジテレビなどの取材に応じ、洗脳を否定した。

 オセロ中島の家賃滞納問題が解決へと大きく動いた。この日午前中、自称占い師の親族の女性2人が、荷物整理のため中島のマンションに姿を見せた。その後、リサイクル業者とみられる男性3人が個人事務所用マンションから大型冷蔵庫などをトラックに積み込んだ。

 午後2時頃には、今度は向かいの自宅用マンションにトラックが移動。大型冷蔵庫2台、55インチのテレビ、マットレス、巨大なスピーカーなどを次々と運びした。細かいものは段ボール箱に「浴室関係」などと仕分けされていた。

 目立ったのがピンク色の家具。計3台の冷蔵庫や棚、カーテンに至るまで、先月23日にリサイクル業者が搬出した高級ソファと同じように鮮やかなピンク色だった。自称占い師の指示によって、中島がピンクに囲まれた生活を送っていた可能性もある。トラック計3台にぎっしり荷物を積み込み、午後5時40分頃に作業は終了した。

 中島は昨年6月から家賃を滞納。個人事務所用は損害金などと合わせて646万円の支払いと立ち退きを裁判で命じられた。自宅用も家主の俳優・本木雅弘(46)から家賃390万円の支払いと立ち退きを求めて訴えられている。

 中島の所属する松竹芸能は今月5日、両方のマンションについて「中島知子本人の意向を踏まえ、速やかに、自主的に退去し、滞納家賃を弁済する方向」と説明。これを受け、本木側は訴訟を取り下げる意向を示していた。

 家賃問題は先が見えてきたが、洗脳問題は依然、先行き不透明。この日、占い師の親族がフジテレビなどの取材に「全部あの人(中島)が指図していた。週刊誌やテレビも見るなと言われ、家賃滞納も知らなかった」と主張。マインドコントロールについては「真っ赤なウソ」と否定。女性占い師は人間不信に陥り、誰にも会えない状況だという。「中島さんとの関係が終わったのか?」という問いには、「いや、ちょっと分からないです」と言葉を濁した。中島は現在、都内のホテルで専門家のカウンセリングを受けているとみられている

エアコンクリーニング

厨房機器 「一意専心」を貫き成功する企業21/加賀谷貢樹(ジャーナリスト)

◇新興IT企業の「人づくり」◇

 新興国の台頭を背景に、企業活動のグローバル化が急速に進む日本。熾烈な競争に勝ち抜く「強み」の再構築が求められているいま、「日本流」がもつ価値について、あらためて考えてみることに意義があるのではないか。

 たとえば若いIT企業にも、成長の背景に「日本流」の経営思想が活きていると思われる例がある。その一つが、家庭用ゲームソフトや携帯電話向けアプリケーションなどの動作検証を行ない、不具合を発見する「デバッグ」を手がけるデジタルハーツ(東京都新宿区)だ。

 同社は、開発者が予期しない動作や、ユーザー目線からみて「不快」と感じられる不具合などをチェックする独自の「ユーザーデバッグ」の手法を確立。2003年10月の会社設立から4年3カ月後の2008年2月に、東証マザーズへの株式上場を果たした。

 同社の宮澤栄一社長は、かつて「フリーターに怠け者はいない。活躍の場が与えられていないだけだ」(2008年3月7日付『週刊ダイヤモンド』)と明言し、フリーターを社員に大量採用。彼らを「社会に貢献する技術者」へと育て上げてきた。

 このように「人づくり」を大切にしてきたからこそ、今日の同社の発展があるといっても過言ではない。厳しい経営環境のもと、日本企業の人材育成にかける余力が徐々に失われているなかで、「企業は人なり」という言葉の重みについて、あらためて考えさせられる。

 また、ネット求人専業首位のエン・ジャパン(東京都新宿区)は、企業理念の「人間成長」を、商標登録するほど大切にしているという。

 同社のミッションは「『人』、そして『企業』の縁を考える」こと。普通なら「企業と働く人とのマッチング」とでもいうところを、「縁」と記しているあたり、非常に日本的だ
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ