中京個別指導学院如意申教室ブログ

愛知県春日井市にある春日井市立西部中学校、柏原中学校を対象にした学習塾です。日々の塾のこと、普段思うことを綴っていきます。

こんにちは、破田野です。

柏原中のテストまで残り3日となりました。
テストまでの時間が少なくなってきていますが、焦らずに取り掛かってもらいたいと思います。

最近ではテストが近くなり、長い時間の授業でもさらに集中して取り組んでいるように感じます。


しかし一向に減らないと感じるのは忘れ物(僕の体重もですが…)

毎日誰かが忘れ物をしたと聞くので、本当に残念に感じます。

生徒に理由を聞くと全員が
「あるだろうと思ってたら入ってませんでした。」
と答えます。

流れ作業で確認が取れていないですね。

また、上記の言葉が出てくるところにまだ自分に対する甘い姿勢が出ているように感じます。

これを入試当日に変えてみます。
会場に着いたけど、受験票を忘れた。
その後どうなるか。
当然受験はできないのでもうそこでお終いです。

このようなことにはなりたくないので、大事な時ほどきちんと確認はするはずです。

では、その時だけちゃんとやればいいのか?
僕はそれは無理なことと思います。

普段から準備の段階で確認を怠らなければ忘れることはまずないはずです。

それが大事な時にだけ突然できるものではありません。

忘れないという意識し続けることの積み重ねです。

勉強する上で忘れ物をしないことは最低ラインのものです。
そこができていないのであれば、勉強をする前にもう一度考え直してもらいたいと思います。


-----------------------------------------------------------------------------
中京個別指導学院 如意申教室
住所:愛知県春日井市如意申町8-7-18
電話番号:0568-37-3710
受付時間 15:00~22:00(月曜日~金曜日)
-----------------------------------------------------------------------------

こんにちは、破田野です。
テストも近づいていますが、先日行われた全権模試の結果が届きました。

結果はテスト後の面談時にご父兄様にお渡しする予定です。

また、第4回テスト後にも全権模試が行われますので、そちらも受けてもらい、入試への意識をさらに高めてもらいたいです。


さて、3年生の第3回テストと全権模試の結果を見て思うことは、夏休みの頑張りがそのままダイレクトに出ていると感じました。

夏休み頑張った生徒は、学校のテスト、模試ともに結果に反映されています。
反面、頑張りきれなかった生徒は結果として下がっています。

頑張りきれなかった生徒は2学期、3学期の成績が入試に反映されるので、今から危機感を持って、持ち直すように動き出さなければなりません。

しかしながら、その頑張りきれなかった生徒たちの一部はいまだ危機感を持っていると思うには程遠いようにも感じます。

今回のテスト対策授業が始まる前に、一部の生徒に今回のテストに関する目標について書いてもらいました。
内容に関しては具体的な数字、自習での具体的な内容を書くように伝えましたが、見せてもらったところ、全員が数字がなく、書き直し、あるいは目標を書くことに時間が掛かってしまっていました。
非常に残念に思います。

以前から具体的な目標を何度も確認していましたが、この時期においても未だ抽象的な目標を出しているようですと今後がさらに状況は厳しくなります。

目標を実現するためには、行動例を具体的に示すことで、さらに自分自身の行動が明確になるものです。

「〇〇になりたいな。」
「〇〇できたらいいな。」

このような状態でははっきりと言えば何もならないでしょう。

これを
「〇〇になる。そのために・・・」
「〇〇できるようにする。そのために・・・」

と考えるようにするだけで変わります。

それとネガティブな発想をしないことです。

ポジティブに考えると結果が悪くても課題が見えるようになるので次につながります。
その結果現状の自分もよくわかり、危機感という点でも明確に現れます。

もっと時間が少なくなってから焦るのでは遅すぎます。

今こそ危機感を持つべきです。


-----------------------------------------------------------------------------
中京個別指導学院 如意申教室
住所:愛知県春日井市如意申町8-7-18
電話番号:0568-37-3710
受付時間 15:00~22:00(月曜日~金曜日)
-----------------------------------------------------------------------------

こんにちは、破田野です。
柏原中のテストが近く8日後に行われます。

最近では、3年生の全員が授業後も残って勉強しており今回のテストにかける思いが強くなってきているように感じます。
僕も全力でサポートしていきます!

さて、テストも近くなると特に心配なこととして睡眠不足になる生徒が増えることです。
今週に入り、提出課題の期限日になる教科が多く、特に副教科の課題が終わらずに夜遅くまで課題をして次の日に提出という生徒も何人かいました。

提出期限を守るように以前から何度も言っていましたので、その点には及第点を出すとして、同時に早く寝ることも言っていましたので、この点は非常に残念に思います。

夜更かしすることは、次の日には眠い状態が続き、勉強にも集中できなくなってしまいます。

だからと言って、睡眠不足を解消しようと早く寝たりしてしまうと、さらに次の日以降の睡眠のリズムが狂い、返ってよくないことになってしまいます。

ですから、夜更かしはせずに12時までには寝るという生活リズムをつけてもらいたいです。


また、副教科の提出課題の提出もあらかじめ分かっていたはずです。
次回のテストは行われずとも、提出しないといけないものは確認して段取りを決めて、行うことです。

「こんなに早く提出するなんて思わなかった・・・」

なんてことを言わずに計画を立てれば、ぎりぎりになることはないものです。
そして、細かく計画を立てれば、就寝時間も決めることができます。

ですので、目の前のことをやるだけでなく、いつ何をして、いつまでに終わらせるというように日ごとの計画と、この時間に何をするかなどの時間ごとの計画を立ててほしいと願います。

そのことによって、睡眠不足で効率が悪くなるということも防ぐことができます。

-----------------------------------------------------------------------------
中京個別指導学院 如意申教室
住所:愛知県春日井市如意申町8-7-18
電話番号:0568-37-3710
受付時間 15:00~22:00(月曜日~金曜日)
-----------------------------------------------------------------------------

こんにちは、破田野です。
3連休が明けましたね。
柏原中では、テストが来週に迫り、この3連休のうち2日を朝から集中的に行いました。
次の日曜日にも朝から行う予定ですので頑張ってもらいたいと思います。

さて、柏原中ではテストが来週です。西部中はテストは約1か月後です。
両中学校ともテスト対策授業を現在行っています。

その中で、生徒の中にも勉強に対する意識の違いが多く感じます。
授業の持ち物に対して、授業受ける目的、意識、勉強に対する取り掛かりの点において、3年生でも大いに感じます。

授業に持ってくるものの点からみると、忘れ物が多い、確認事項を見落とす。
授業を受ける点で見ると、下をうつむいて授業を受ける、言われたものをただやる、終わったら確認せずに次にいく。

このようなところが大いに気になる生徒もいます。

テストの時期が違うからでしょうか。


それはないです。

勉強をただ言われたからやるというものでは、自分のものになるというのは言い難いです。
それを自分が意識的に覚えようとするということで、身に付きますし、課題を見えてきます。
その結果、自分のするべきことが見え、自分のものになります。

以前にもこのブログで書いたことがありますが、能動的に動かないと自分の必要なことは見えてきません。

早い段階から動くように意識すれば、時期が迫り焦ることもなくなります。

こちらから何度も忠告をしても実際に行動するのは自分です。
自分にその気がないのあれば変わることはできません。
他人を当てにしてはいけません。
うまくいかなかったからと言って人のせいにしてはいけません。
他人は責任を負うものではありません。
最後の決定権は自分です。

3年生は再度このことを意識してもらいたいと思います。


-----------------------------------------------------------------------------
中京個別指導学院 如意申教室
住所:愛知県春日井市如意申町8-7-18
電話番号:0568-37-3710
受付時間 15:00~22:00(月曜日~金曜日)
-----------------------------------------------------------------------------

こんにちは、破田野です。
最近ますます朝晩涼しくなってきましたね。
急に寒くなるので、風邪をひかないように注意したいです。

仕事柄深夜に帰宅するので、正直なところ帰宅後というのはすることが限られています。
テレビも観るのですが、ニュース番組が中心でこれは絶対観たい!というものはあまりないですね。

そんな僕なのですが、久々にドラマを全部観たものがありました。
昨日まで放送されていた『脳にスマホが埋められた』というドラマです。

第1話にたまたま家で観ていたら面白くてそれから毎週録画をして観るぐらいハマっていました。
内容は脳にスマホが埋められた通称スマホ人間が問題を解決していく話です。

まず思ったのが着眼点がすごいと思いましたね。
スマホ自体が自分の体に入ってるなんて想像できないですから。

でも、その番組を観ていると自分もスマホ人間になりたいということを考えてしまいます。
そしてそうなったら悪用するだろうなと(笑)。

この力があればテストだって100点なんて楽勝だ!とか。


自分の妄想話はここまでにして、このスマホ人間じゃないにしろ誰にも便利に、楽に生きていきたいなんて考えることはあると思います。


しかしながら、そんなことまずあり得ませんよね。
楽に得るものほどその物自体のありがたみは皆無に等しく感じてしまうものです。

逆に苦労したものほどそのありがたみが強く感じるものです。

どうすればよいかというのは苦労を必ずしなさいというわけではありません。
重要なのは行動することです。
そして行動を続けることです。

そのことで結果として苦労することが出てきますが。
その分だけありがたみがあり、忘れにくくなるものです。

勉強においては、勉強という行動を絶やさないことです。
その継続が力になり、経験値になり、自信になります。



僕の好きな歌手のある歌詞に
『何も失わずに手に入れたものなどくれてやる』
という歌詞があります。


楽せずに自分なりのやり方や手応えで手にしたもののほうがずっといいものなのです。

決して楽な方法を考えてほしくないと僕は思います。


-----------------------------------------------------------------------------
中京個別指導学院 如意申教室
住所:愛知県春日井市如意申町8-7-18
電話番号:0568-37-3710
受付時間 15:00~22:00(月曜日~金曜日)
-----------------------------------------------------------------------------

こんにちは、破田野です。
2学期が始まって徐々に学校の授業と部活、塾という生活サイクルも感覚を取り戻してきたころかと思います。

その中でですが、再び多くなってきていると感じるものが『忘れ物』です。
2学期が始まってテキスト、以前配布したプリント、教科書など様々なものを忘れてくる話を聞きました。

まだ2週間しか経ってないのですが・・・

まだそこに意識いっていないので気持ちを変えてほしいです。


持ち物の忘れ物もありますが、それ以上に気になるのが授業を受ける意識・態度が圧倒的に減ってきているように感じます。
これは気持ちの面での忘れ物といったものです。


擁護をするつもりではないのですが、持ち物を忘れてくるのは挽回できるチャンスはあるでしょう。

しかし、気持ちの面の忘れ物はもうその日一日は何をやっても駄目でしょう。
どうやっても負けが確定しているのですから。

2学期ですから、行事ごとが一番多い時期です。
なので、疲れたり、急に冷え込み体調を悪くなることも出てきます。

だからと言ってそれを言い訳にできるものではありません。

テストあるいは入試前日に同じ気持ちで行けますか?

ほぼ答えは「ノー」と返ってきます。

そうであるならばあらかじめ自分に負けないように気持ちをつくることです。

心身はつながっています。
気持ちがそのまま体にきます。
体の状態が気持ちにきます。

だからと言って悪い状況をなすがままに許してしまうと状況は悪くなる一方です。
どこかで断ち切らないといけません。

そこを断ち切れるようになれば良い状況が見えてくると思います。


-----------------------------------------------------------------------------
中京個別指導学院 如意申教室
住所:愛知県春日井市如意申町8-7-18
電話番号:0568-37-3710
受付時間 15:00~22:00(月曜日~金曜日)
-----------------------------------------------------------------------------

こんにちは、破田野です。
柏原中では月末のテストなのでテストまであと2週間です。

前回のテストが終わってすぐですが、さらに勉強のギアを上げてもらいたいと思います。

西部中は来月の16日からテストなので1か月後のテストです。
2年生は野外学習の関係から今週から、1・3年生は来週からテスト対策授業を始まます。

前回第3回のテストはどちらかといえば夏休みの勉強の頑張りを見るものの要素が強いですが、第4回は学校の授業をどれだけ身についたかというものの要素が強いです。

ですからどれだけ授業を真剣に取り組んだか、そして学校の授業だけでなく自分でどれだけ努力したかを確認するものです。

時間には限りがあります。無限ではありません。
その中でいかに自分で身に着けるかです。

量をこなすということも必要ですが、ただやればいいというものではなく質を上げないと時間が足りなくなり意味がなくなってしまいます。

なので量と質の両方のバランスをとっていけば結果としてよくなるものになっていきます。

テストが近づくと焦りがちです。
最初の計画の段階でその2つのバランスを考えていけば焦る気持ちも減っていくものと考えます。


-----------------------------------------------------------------------------
中京個別指導学院 如意申教室
住所:愛知県春日井市如意申町8-7-18
電話番号:0568-37-3710
受付時間 15:00~22:00(月曜日~金曜日)
-----------------------------------------------------------------------------

こんにちは、破田野です。
最近のことですが、絵を描くことを時々しています。

ちなみに絵の才能は皆無です。
中学生時代の美術の授業では先生からは絶句され、両親にも心配されるほどです。(中学3年生の時の写生会で色をきちんと塗っただけでその先生に驚かれるほどです。(笑))

そんな僕ですが、きっかけは授業後の生徒に何か絵を描いてといわれて人物を描いたはずが人外のものに・・・
当然失笑を買うほどでしたが、以前でしたらもうそこで当分は描かないであろう僕が、何を思ったか火が付いてしまい、1日に数分程度描き続けることにしました。

最初のうちは、本当にひどい・・・

ですが、繰り返し描き続けることによってコツをつかみ始め人外から人を描けるくらいにレベルアップしました!
最近ではあるアニメLのaのグループのメンバーを一人一人描いて誰が誰だかわかるくらいになりました!(何のアニメかは調べないでください)



描いていく中で思ったことは、やはり自分はできないと思ってはいけないということを肌で感じました。
それとできないと思う中でやることと、できなくてもやってみようと思う中でやることは大いに違うように感じました。

やはり勉強していくことも同じことだと思います。
・ただこの内容をやらされているからとりあえず解くというように考える。
・自分には難しい内容かもしれないけど解いてみて、間違えたときにどのように間違えたかを考えて再び解き正解に導くように考えること。
この2点で考えるならば後者が圧倒的に効果的に違ってきます。

勉強ではなかなか意識しづらいことではありますが、乗り越えないといけない壁です。

いやいややることほど身につかないものはありません。

なので何をするにしても良い意識をもってすべきです。
勉強においてはその意識の差が大いに関わってきます。


-----------------------------------------------------------------------------
中京個別指導学院 如意申教室
住所:愛知県春日井市如意申町8-7-18
電話番号:0568-37-3710
受付時間 15:00~22:00(月曜日~金曜日)
-----------------------------------------------------------------------------

こんにちは、破田野です。
新学期が始まり、10日が経ちました。

そろそろ夏休みの気分が抜け勉強に対する意識が高まるには充分な時期であると思います。
2学期は行事も多く、テストの回数もほかの学期と比べて多いです。

ですから、行事ごとの準備と勉強とのバランスを大事にしていかないといけない学期です。
とくに3年生は入試に向けた内申点にも関わってきますので、踏ん張りどころの時期です。


今学期最初のテストの結果も返ってきて、今回は焦りの表情をしている生徒が多くいました。
原因は、慢心・油断・準備不足といったところが大半です。

そのなかで、焦りの表情をしていた生徒の一人の話です。
今回は慢心・油断によって結果が本人の思っているようになりませんでした。

そのため、次回のテストに向けて、自らの目標を、さらには具体的な勉強内容も話していました。

その内容を1・2日は塾で自習をするぐらい続けていました。

しかしその後は、自習に来ず何をしていたかというとはぐらかしていたので、継続されていないように感じました。


ここで悲しかったのはせっかく自分で宣言をしておきながら継続ができていなかったということです。


学校、塾で勉強をするということだけでは、足りません。
学校や塾の先生に宣言することは大変素晴らしいことです。
継続していくことも素晴らしいことです。
しかしながら継続をすることは時として労力がいることです。

それが周りの宣言した人に続けているか確認されて、嫌々するようになってしまうものになればその勉強には意味がないものになってしまいます。


宣言をしたからには、継続をする気持ちをもち、さらに自分が主体となって行動していくかが、勉強において身についているかの大事な部分になります。

ここで自分に厳しくしていけばその気持ちが自信にもなり、はたまた勉強が身についていることでしょう。
その積み重ねで大いに変わることに早くつながっていきます。


-----------------------------------------------------------------------------
中京個別指導学院 如意申教室
住所:愛知県春日井市如意申町8-7-18
電話番号:0568-37-3710
受付時間 15:00~22:00(月曜日~金曜日)
-----------------------------------------------------------------------------

こんにちは、破田野です。
最近は朝晩は涼しいですが、日中はまだまだ暑いですね。
体調管理には注意したいと思います。

先日の休みの日の話になりますが、高校時代の友人から久しぶりに連絡があり、後日2人で飲みに行くことにしました。
長い付き合いなので、高校時代の話や社会人になってからの話を尽きることもなくずっと話をしていました。

その中でその友人は、
「高校時代から大学時代、社会人になってからもずっと固定観念で動いていた。だから、良い方法でなくても人の意見も聞かずに動いていた。でも、それではダメな気がするから変わってみようと思って色々行動してみた。」
と話していました。

その固定観念によって動けていなかったことから行動したことによってずいぶんと変わったようです。


そしてその話をしていた後の最近の話ですが、すぐに自習することをせずに逃げ出してしまうような生徒がいました。
その状態が続いていたのでなぜ逃げ出してしまうのかと思い話をすることにしました。

聞いてみたところ自分にはできないと思い込んでいるからやれないし続けることができないと話しました。

最初は意気込んで始めるものの1週間2週間と過ぎると諦めの心が出て持続できなくなってしまいます。

しかしその思い込みは間違いだと僕は思います。


しかし1か月もたっていないのにすぐ諦めるには期間としては早計です。

最初から全てうまく結果がいくわけではありません。

しかし続けることによって結果が良くなっていくものです。


100回叩くと壊れる壁があったとする。

でもみんな何回叩けば壊れるかわからないから、

90回まで来ていても途中であきらめてしまう。

 

- 松岡修造 -



このブログで何度か引用させていただいた松岡修造さんの言葉です。
これも結果としてもうできないんだという固定観念で諦めてしまうことであると思います。


続けることの大変さはありますが、自分はもうできない、最初からできないという固定観念は捨てて結果が出なくても前向きに取り組み持続していくようになれば、その経験が自信になり、やがて考えや気持ちが良い方向に変わります。

-----------------------------------------------------------------------------
中京個別指導学院 如意申教室
住所:愛知県春日井市如意申町8-7-18
電話番号:0568-37-3710
受付時間 15:00~22:00(月曜日~金曜日)
-----------------------------------------------------------------------------

このページのトップヘ